現在のタグが付いて投稿を参照しています。 デザイン

ご注意: 以下の記事は機械によって翻訳されたものです。ドイツ語のオリジナルは 。,,en,隠された年 - 日本のアンダーグラウンド,,de,t.co/Hw9Mu9af0Y,,en,@ midori1kwh,,en,@tonjifan,,mg,日本でも見えます。というのは、日本で見た,,ja,ArteのMediathekで,,ja,あなたに単に日本で周りを取得することはできません - 今日,,de,Matsuko DeLuxe,,ja,t.co/cF3ksO5mJf,,en,t.co/hXp0nVJzR9,,en,ワードプレス,,en

涙のボス

1月27日, 2011 | タグ付け , | 10 注釈 | 837 読み込み

日本の広告は非常に面白いことができます – これはおそらく理由の一つです。, より多くの広告があることを, とにもアマチュアはアドバタイズしてみろ – あなたは、何度も何度も笑いに持っているので何. もちろん、日本のいくつかの用語やフレーズもあります, 何度も現れる.
メールでのチラシ今日 – すべての後、私は1秒間、時にはスクラップに感謝, 私はセットでドロップされた社長が涙の一大決心 (shachōGA
涙·デ·一代kesshin) – その文は黄色の枠を持っている – 上の. 約ドイツ語で: “最高経営責任者(CEO)は涙ジャイアントの決定に適合”. ハンガーを含む – 上の特別割引 20,000 学校のコースを駆動するための円. への完全なコース費用の方法 – 提供, それは最初のときにすべてである – 単なる300’000 円, とても良い€2,500. 想像して、直前に, 泣きの頭は机の上にこぶしをタップのような…

ACH JA, 手作り広告, 多くの場合だけでなく、プロの広告, 日本は明らかに3つの重要な原則を持っている:

1) できるだけ多くのフォントとして使用する.
2) できるだけ多くのフォント·サイズとして使用する
3) 可能なフォントとして多くの色として使用する.

と, タイポグラファーが言うように – 特に単純および複雑な文字と仮名文字の野生のミックスを与えられた…

シェア:  

モーションの建物

5月17日, 2010 | タグ付け | 16 注釈 | 1090 読み込み

この記事の準備は昨年10月に始まった – 一つとして始まった, 当社が継続するの背後にある裏庭を介して構築する.
フラッシュバック: 前 5 年は私達の会社は次のバルコニーからの眺めをもたらした: 左側の2階建ての家の. 中央に, 大, フラットではなく、荒廃したガレージ、右手と標高数メートル以上では絶対的なダンプです. これら3つのオブジェクト間で多くの木々や低木があった, ザ, 一緒にガレージの屋根を持つ, 感謝して地元の猫の人口に受け入れられた. まで寝そべって、いくつかの晴れた日に 5 ホットガレージの屋根の上の猫. 時には昔の女性は茂みを介して右にプロパティに忍び込ん. 夏に、彼女の緑の上に蝉作る – 時には我々は夏にウィンドウを閉じなければならなかった, 電話でもはやと比較すると後者は理解することができるので、.

四年前、突然姿を消し、右に木々や茂みがたくさんとともに、財産. 彼らは2つの冷たいコンクリートブロックで簡単に置き換えられました. クリーニングせずに, 単離することなく、. ドイツでは彼らはそれを何と呼ぶ “あまりにけちな, 配置される石膏” – 対照的に、日本 “デザイナーズマンション”. 家賃はしたがって、より等しい. 冗談なし. 3匹の猫であった.

昨年10月、再び丸鋸を回転させ – 多くの木々が姿を消した, とガレージの後ろに小さなコテージ. と, 想像したであろう人 – 寒さに置き換えられ、全体, グレー, ギプスで固定されていない建物, ちょうど隙間にフィットを始めている. 屋根はすぐそこです。, ここで、私たちのバルコニーから始まる – そしてバルコニーから、私は今、非常に簡単に屋根に飛び乗ることができる, それらは2メートルではありませんので、. プロパティの右側まで、いくつかの場所でいくつかの2メートル、左側の壁へのラウンドもあります 50 センチメートル. 悪い猫.

興味深いことに、それは、, 確認してください, 日本に建設される: 原則として、それはここでセラーズはありません. 代わりに – の場合 2- 3geschössigen建設へ – 10 mの鋼製柱が地面に駆動. その後、トレンチは、フロアプランに沿って掘った. その後、絶縁厚さが来る – そして具体的には純粋注がれる. 地球からその基地の真ん中に立つことを許可 (私は推測する, 彼らは地震に確認する必要があること, その振動の一部が減衰されている. 残りはもちろん、ドイツと似ています: プルを閉鎖, 具体的には純粋注ぐ, 筐体とトップマウントを取り外します, 再び純粋にコンクリートなど. 動きで、全体は次のようになります。 (ビデオはまた、それに音楽を持っている):

私は常に理解していない, です。, 日本で分離されていない理由 – 内側も外側も. あなたはこの国で起動した場合, 正しい分離する (含む. 二重窓!), すべての確率でいくつかの原子力発電所をオフにすることができる。….

そのビデオが速すぎた場合 – ここで年代順に写真があります:

ここでのFlash Playerを入手してください: HTTP://www.adobe.com / FlashPlayerの

Weitergehende, sehr empfehlenswerte Literatur zum Thema: BigAl’s “Wie man in Japan Gebäude baut – Teil 1, 2, 3 und 4.

Das Wort des Tages: 建設 kensetsu. Das Bauen, der Bau.

Teilen:  

Design-Festa: Kunst, Kunst, Kunst

October 24th, 2009 | Tagged , , | 18 Kommentare | 978 mal gelesen

Seit 1994 findet sie statt, und das zwei Mal im Jahr – dementsprechend findet in diesem Jahr die 30. Auflage des Design-Festa statt. Das Konzept ist denkbar einfach: Es kann jeder teilnehmen, der irgendetwas originelles macht, und zwar umsonst. Dieses Jahr sind es insgesamt 8,500 Künstler. Besucher bezahlen hingegen Eintritt, aber der ist recht zivil: Ein Tagesticket kostet 800 Yen im Vorverkauf, ansonsten 1,000 Yen vor Ort. Das Fest dauert zwei Tage – wer beide Tage gehen möchte, zahlt 1,800 Yen.

Das Hauptquartier der Organisatoren inkl. zweier Galerien liegt etwas versteckt in Harajuku, der Modehochburg von Tokyo. Die Gebäude kann man, so man die Ecke gefunden hat, kaum verfehlen (siehe oben). Die ganze Ecke dort ist ein Künstlerviertel, sehr ruhig, mit vielen interessanten Boutiquen und Cafés (so zum Beispiel das genial gelegene Café bzw. Restaurant zwischen den beiden Design Festa-Galerien).

Im Mai fand das Design-Festa in Odaiba statt, dieses Wochenende ist es in Big Sight, eines der grössten Ausstellungsgelände der Stadt (Rinkaisen: Bahnhof 国際展示場 Kokusai Tenjijō und Yurikamome-sen, Bahnhof 有明 Ariake). Das sind riesige Hallen, in denen sich alle möglichen Künstler einfinden – Kleidungs- und Schmuckdesigner, Kalligraphen, Kleinkünstler usw. usf. Grosser Vorteil: So die Künstler etwas herstellen, kann man es dort meistens auch kaufen. Und da ist für jeden Geschmack etwas dabei. Ansonsten ist die Atmosphäre natürlich fantastisch, da wirklich jeder mitmachen kann.

Oben eine Auswahl an “Dumme-Sprüche-T-shirts”, die es auch hier vereinzelt gibt. Praktisch: Das T-Shirt in der linken Mitte, dass da sagt “私はアメリカ人ではありません” – Ich bin kein Amerikaner. Kann in Japan mitunter praktisch sein, und wer das anzieht, kommt bestimmt schnell mit den Einheimischen ins Gespräch.

Ach ja, auch Kulinarisch gibt es ein paar kunstvolle Sachen. Und zu guter letzt dürfen bei Kunst auch die Musiker nicht fehlen – aussen wie innen gibt es jeweils eine Bühne, in der viele Bands ca. 30 Minuten Zeit haben, sich darzustellen.
Darunter war heute eine Band namens 白病 Shiroyamai (zu deutsch: Weisse Krankheit), eine interessante Metal-Band aus Japan in bester Zombie-Manier. Webseite gibt es hier. Aufgrund des Regens schauten sich nur sehr wenige das ganze von Nahem an, aber die Band gab trotzdem alles – und war allen Anschein nach gut angetrunken. Unten ein Video des Auftritts, das ich heute aufgenommen habe:

Das Design-Festa wird übrigens auch im Ausland immer bekannter – mittlerweilen reisen Künstler auch aus anderen Ländern Asiens, aus Amerika, Australien und Europa an. Die Hauptwebseite (mehrsprachig, sogar mit deutsch) findet man hier.

Wer also morgen in Tokyo weilt und eh nichts besseres vorhat (es soll ja regnen), sollte mal vorbeischauen – es lohnt sich.

Das Wort des Tages: 芸術 geijutsu. Die Kunst.

Teilen: