アルメニア:エレバン

第5日 | 第6日: トビリシ→エレバン | 第7日

グルジアとアルメニアの国境通過地点−最初の印象はどう?

今日は8月の15日なので、グルジアのトランジット・ビザは失効する。そしてアルメニアのビザは今日から有効になるので本日は必ずアルメニアを入国しなければならない。Nasiという宿泊所のママによって、エレバン行きバスは朝8時15分に出発する。要するに朝7時に起きる。皆はまだ寝ていた。旅行者はかなり多かったからNasiはテラスの上にベッドを置いて外で寝た。私達はマルジャニシュヴィリ広場へ歩いてマルシュルトカを捜したが、朝早いからまだ少なかった。しょうがなくてタクシーの運転手と値切ってタクシーでオルタハラというバス・ターミナルへ行った。降りた後、すぐ色々な人にタクシーまたはマルシュルトカでエレバンへ行きたいかどうかと聞かれたが、普通のバスで行きたいので断る。そのバスは、東欧にどこでもあったハンガリー製の黄色い「イカルス」バスだった。懐かしいと思った。切符と弁当を買うことをすぐ済ました。バスに乗る前に運転手にビザがあるかどうかと聞かれた。そのビザを見せた後に指定席を案内してくれた。バスの中はものすごく狭い。いつもそういうバスに乗ったのは子供の頃だったのでびっくりした。そんなに狭かったんだ…もっと広かったじゃないじゃん!?と思った。時間に遅れなく出発したバスは最初にかなり早く運転する。途中の村はまたロシアっぽい。農家はたいてい木材から作ったものだ。泥だらけの道路には沢山の穴があいている。あちこちに頭にかぶる布の生活は身にはっきり現れているおばあさん達が見えた。バスは広いカスレティ谷から離れて人があまり住まない山地に入った。だが、満席のイカルス・バスはそういう風景のために作ったものではないのでよく並足のテンポで進んだ

休憩所のトイレ その1

あるときに木が全くない緑の丘にある峠についた。それはアルメニアとグルジアの国境だが、暫定的な国境通過地点だという印象を与える。門の前には運転手はパスポートを集めて警備員に渡して10分後戻した。そしてまた100メートル運転してまた止まった。今回はアルメニア側のチェックポイントだった。そこでもパスポートを渡したけど、戻さなかったのは私達のパスポートだけだった。私達はそれを運転手などに言ったが、バスはまた運転を始まって100メートルぐらいアルメニアの税関へ行った。多分私達は唯一のアルメニアまたはグルジアの国民ではなかったのでパスポートは戻さなかったと思って安心した。税関では皆は荷物を出したが、収税吏は荷物をコントロールしなかった。少し待った後、ある人は私達のパスポートで走ってきた。やっぱり外国人の登録はグルジア人とアルメニア人より手間がかかる。
国境を通過するのは30分しかかからなかった。その後、運転を続いた。高原を超えたとき地平線に高い山脈が見えた。アルメニアで最初に目立ったのは木が全然ないということだった。道路には穴があいているとあまり言えなかった。その道路は一つの大きな穴みたいな感じがした。2時間以上激しく揺り動かせた後にずっと見えた山脈に入ってすぐ止まった。そこには休憩所があった。休憩所というのは、三つの窓がなくてぼろぼろしている小屋と面白いトイレ(参照:写真)と水ポンプがある。1時ぐらいだったので昼の休憩だった。運転手はある小屋に入って休憩所の管理者と昼食を食べた。他の小屋から煙が出てきた。中には焼肉が作られたが、私達はアルメニアのお金をまだ持ってなくて、そして弁当があったから食べなかった。

普通のアルメニアの小さな町の外見

休憩所で様々な乗客に話しかけられた。地元はどことか、これからどこに行くなどの普通の質問だった。ちょっと年をとった偉そうに金色のめがねをかけているおばあさんにも話しかけられた。他の人と同じくロシア語で「仕事は何ですか」と聞かれて、「先生」と答えたときすごく喜んでくれた。「そうすると私達は同僚だね!いいね!」と彼女が言って、それからすごい喋った。ソビエト連邦の時代について(おいおい、私はそんなに年をとったじゃないんですよ!)とか、現在のアルメニアでの生活などについての話になった。そしてアルメニアで何を見たいかとか、計画を立てたかどうかなどの質問をした。結局、どこに泊るかという質問が出てきた。私達はトビリシのNasiからエレバンの民宿の住所を教えてくれたので、私は一応「宿泊所は決まってるんです」といった。だが、彼女は頑固で「もしよろしければうちのアパートで泊めて上げる」と言った。そして「物乞いはしたくないが、内の家で泊ったらちょっとだけお金を出すと幸せです」ということを言った。私はそれをわかるけど、彼女は喋りすぎるのでまた断る。
話が他の話題について続いているけど、彼女はやっぱり頑固でまた宿泊について話している。しつこいなと思った…遂に本当のことを喋ってしまった。「二人で二泊・三泊泊ると100ドルだけで本当に十分だよ!」…「し〜ん」。それは十分だとよく信じているけど、私達はそんなにおしゃべり、そして高い民宿を目指さなかった。だから今回はきっぱりして断った。1時間以上の休憩の後に運転を続いた。そのとき、ほとんど全員と知り合ったから途中でよく他の乗客に微笑みかけられた。

アルメニアの村と町を見ると、一つのすぐ目立つことがある。ほとんど全てのちょっとだけ大きな建物は明るい赤褐色の凝灰岩から作ったものだ。バスは途中でスピタク市を横断する。そのスピタクは1988年に地震で完全に崩壊されたものだ。その町は部分的に再建されて他の町より建物の多様性がある。

エレバンの都心と背景に見えるアララト山(トルコ)

スピタクからギュムリ市(旧名レニナカン)方面へ行った。途中でその道路から離れて蛇行している道路でまた山に登った。どこでも木がなくて、果てしない広がりだった。草の緑、空の青と雲の白はものすごい組合せになった。ある峠を超えた後に目の前に雪に覆われているアラガツ山が見えた。残念ながらその4000メートルの山はだいたい雲に覆われた。また数時間ステップという広大な草原を横断した後にやっとエレバンが近づいてきた。山峡に入って、出たときに町が見えた。午後6時半になるとやっとエレバンのバス・ターミナルに着いた。要するにトビリシからの運転時間は全部で9時間で、バスの中は本当に狭いから疲れた。中央バス・ターミナルはちょっと中心から離れている場所にある。中心に行こうとしてもまず間違って違う方面に言ってしまった。間違ったとすぐ気づいて良かった。飲み物はもうなくなったけど、アルメニアの現金はまだ持っていなかったので喉がずっと渇いて歩いた。アララト山というトルコ側にある5000メートルを超える山は本当に見えると気づいた。だが、空気が霞んでいるので「見える」より「ぼんやりと分かる」のほうがあってる。それだけでもアララト山はやっぱり膨大な山だと分かる。
エレバンの中心は山峡で南方と西方の郊外から別れている。目立つのは無数の大きな工事現場だ。沢山の道路や建物などは工事中だ。私達が最初に目指したのは現金をもらうことだった。だからまず現金自動支払機を探そうとした。少し歩いた後に共和国広場の前に銀行をみつけた。そこでお金を降ろして隣にある喫茶店に入った。やっと飲み物を買えた。そしてやっと疲れが取れた。その喫茶店からかなり広い共和国の広場の眺めを楽しんだ。その広場は4つの四分円形の大きくて赤褐色の宮殿みたいな建物に囲まれている。その建物も凝灰岩から作ったもので綺麗だ。沢山のラダというソビエト連邦製の車とときどきベンツまたはBMWがその大きな円形広場をかなりスピードを出して横断する。

段々遅くなるので民宿の場所を探したほうがいいと思った。途中でかなり若いアルメニア人に話しかけられた。彼は片言の英語で話してみるけど、中々分かりにくい。私は彼に「ロシア語が出来るからロシア語で喋っていいよ」といっても英語を練習したがったらしい。彼は一緒にその住所を探した。彼はいなかったら多分15分かかるけど、彼と一緒に探したから1時間の4分の一しかかからなかった。建物を探すのは簡単だったけれども、三つの入り口があった。最初の入り口に入っていたけどそれではなかった。二番目もだめだったからやっぱり三番目だった。優しそうおばさんはドアを開けて「うちは今ハンガリー人が泊っているので残念ながらスペースがないが、隣の入り口に住んでいる人のアパートに泊れると思う!」。そしてその人に連絡して、「大丈夫ですよ!」と言った。ネットワークみたいなものがあるらしい。Nasiから「よろしく!そして連絡して下さい!」と伝えてアルメニアの若者と一緒にまた隣の入り口に入った。

ずっと一緒にいるアルメニアの若者はまた興奮して私達をおだててご機嫌を取る。チャイムを鳴らすと大きなめがねをかけている50歳ぐらいの女の人はドアを開ける。親切に挨拶して休憩せず喋っているおばさんはアパートを見せてあげる。アルメニアの若者はそのときにも一緒にいて益々邪魔になる。私はたいてい彼女のロシア語をわかってちゃんとロシア語で答えるが、彼はそれを無視して同じことを英語で言って見る。「わかったよ!」と言ってもご機嫌で頑張っている彼は優しいけどやりすぎる。半時間後彼に「じゃあ、また会おうよ!今ちょっと休みたいから」と言った。彼はまた興奮して「いいの?本当に?今日会えば?」などを言ったが、今日はもういいだったから明後日にした。そういうふうに追っ払った。彼女のアパートはかなり広くて、壁にはどこでも無数の絵画がかけてある。普通の住宅ではなくて美術館みたいな場所だった。しかもその絵画のスタイルと主題の多様性は素晴らしい:表現主義から点描主義まで、静物画から肖像画まで、共産主義のプロパガンダから宗教芸術まで…それは全部同じ人が作ったものは信じにくい。だが、全部は彼女の旦那が描いたものだ。彼はアルメニアでかなり有名な画家だ(った!?)と彼女が言った。彼の絵は国立美術館にも展覧されているそう。

おばさんは本当にずっと喋って、話のスピードも非常に早い。私は久しぶりにそんなに沢山のロシア語を聞いたのでときどきフォローできなくて頭が痛くなる感じがする。特にお風呂の扱い方についての説明はやや難しい。アルメニアには特に真夏に水が少ないので毎日数時間水道から水が出ない。そのため、彼女のバスには大きな自分で作った貯水タンクがある。バスチューブの上にあるのでそれでシャワーも浴びることができる。しかもそのタンクに入っている水を温めるデバイスもある。要するに「国立水」(おばさん曰く)がないときだけそれを使っていい。そのタンクはトイレのフラッシュと台所の給水栓、そして洗濯機などでつなげれていて中々すごいものだ。その後、アパートの鍵をもらった。何時でも帰っていいし何時でも出かけれるようになるのでありがたいことだ。鍵の使い方もちょっと難しいので彼女はそれを全部で3回説明してしめす。ロシア語はとりあえずそれで十二分だったしお腹が空いたから出かけた。民宿の前にある広い道路の反対側にはオペラがある。オペラの周りに綺麗な公園があり、その公園には沢山のオープンエア・レストランとバーがある。そのバーなどは多色のネオン光に照明されてすごい雰囲気だ。エレバンの中心は驚くべき美しいと気づいた。大都市なのに落ち着いた雰囲気だ。私達はその公園の一つのバーに入ったが、もう遅かったので食べ物は少なかった。仕方なくておかしいハンバーガーとサラダ、そしてビールと有名なアルメニアのコニャックを頼んで、それで二人で3500ドラム(約900円)を払った。かなり高いと思ったが、華麗な場所でお金持ちのアルメニア人のホットスポットだから確かに比較的に高い。夜中には雷雲が押し寄せてきて、それを泊ったアパートのバルコニーから見るのは気持ち良かった。エレバンの最初の印象はすごくいい。この町はそんなに快適な場所だと思わなかった。もっと滞在してほしいところだ。それは部分的にアナイトという民宿のママのおかげだと思う。

動き方

普通のバスでトビリシからエレバンへ行くのは15ラリ(約900円)かかり、ぼろぼろにさせる運転はほとんど10時間かかる。それと対照的にマルシュルトカ(バスのルートと違うルートを走る)の所要時間は7時間弱で、値段は6500ドラム(約1600円)だ。エレバン行きバスとマルシュルトカは南西にあるアドミラル・イサコフ通にあるバス・ターミナルに到着する。オペラから2キロ以上離れているので歩けるが、マルシュルトカもある。例えば77番は直接オペラへ行って運賃は100ドラムだ。唯一の大きなバス・ターミナルなので、全ての国内と国際バスとマルシュルトカはそこから出発する。直接トルコとアゼルバイジャン行きバスがない(アルメニアの政治についての章参照)。地図は→第8日参照。エレバンの国際空港はエチミアツィンに近い。それは中心から約20キロ離れている。エレバンと空港の間には無数のバスがありそう。鉄道もあるが、鉄道網はかなりあらい。鉄道でセワン、ギュムリ、そしてトビリシなどへ行ける。だが、その列車はどこへ行っても信じられないぐらい遅い。エレバンには駅みたいなものがなさそう。ただ二つのホームがある。一つは勝利公園の近くにあり、中心からあまり離れていない。エレバンの中心はあまり広くないので全ての名所へ歩ける。それ以外は、トビリシと同じくどこにも行ける無数のマルシュルトカがある。特にマシュトツ通にはマルシュルトカとバス停が多い。運賃は普通に正面ウインドーの内側に書いてあり、たいてい100ドラム(約25円)だ。

宿泊所

観光客はかなり少ないので、豊富な宿泊設備の供給がない。当然ながら高級ホテルがあるが、ホステルみたいな安宿がないみたい。だが、それは問題ではない。インフォメーションに行くと、民宿の場所を教えてくれる。その民宿はだいたい中心にある。但し、直接民宿で聞いてみるとそれより安くなると思う。そのため二つの例を挙げる。アナイト・アヴェティスヤンはすごく親切なおしゃべりの女の人だ。しかも彼女の住宅は非常に面白い(上のテキスト参照)。一泊は一人で7ドルになる。色々な自分で作った設備(やっぱり必要は発明の母)のおかげでいつも水がある。台所でコーヒーなどを自由に作れる。バルコニーもある。そして聞いてみたから衣類を洗濯してくれた。それを払いたかったが「要らない」と言われた。彼女と話すと、アルメニアとエレバンについてかなり勉強になる。そこに泊ると鍵をもらうから適当に行ったり着たりしていい。場所もわかりやすい:オペラの正門の前にいると、ただ右に曲がって、道路を渡ると長い建物に着く。真中の入り口の二階の左のドア。二つのゲスト・ルームがあるから多くとも5人が泊れる。住所:Jerevan 375001, Avetisyan Anait, Prospekt Sayat-Nova 5 kv. 6; 電話: 58 16 17.隣の右の入り口にはガヤネ・ズィモニャンが住んでいる。彼女も観光客を泊めて上げるが、多きとも2人だと思う。値段や設備は多分アナイトのアパートと同じ。住所: Jerevan 375001, Simonyan Gayane, Prospekt Sayat Nova 5, kv. 22; 電話: 52 75 88.

Ani Plaza Hotel

Yerevan · 19 Sayat-Nova


建築年: 1970
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 246
価格: 105米ドル〜
レビュー 8.1/10

今すぐ予約!
エレバンの便利なロケーションに位置するアニ プラザ ホテルは、この魅力的な都市を観光するのにもってこいの滞在先です。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 ラバリン ドゥプラトーン, カトハイク, ホバネス トゥマンヤン シアター オブ マリオネッツ のような観光スポットから近い滞在先を探しているなら、このホテルがもってこいです。 フレンドリーなスタッフがクオリティの高いサービスを提供することでGreat Hotels of the Worldは有名です。 アニ プラザ ホテル滞在は、期待以上の素晴らしい時間になるでしょう。 ホテル内施設には、セーフティーボックス, 会議/パーティー設備, エレベーター, レストラン, 駐車場 があります。 全室に バスローブ, テレビ, コーヒー・ティー, セーフティーボックス, ヘアドライヤー があるので、快適に滞在できます。 ホテルは サウナ, ジャグジー, 屋内プール のような娯楽施設を完備しています。 宿泊の際、いつもリラックスできるアニ プラザ ホテルは、エレバンでとっておきのホテルです。
Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>