セルビア:ノビサド


一般的な情報 | 見所 | 周辺 | 宿泊 | リンク集

一般的の情報

地名

ノビサドНови Сад(ノビサド)。この町はあまり古くないので、地名は創設された後のままだ。ノビサドの意味は新しい庭だと思う(確認できなかったが、「サド」はほとんど全てのスラブ系の言語で「庭」という意味する)。オーストリア・ハンガリー帝国時代には、ドイツ語の名前のほうが通じた ― それはNeusatz (ノイザツ)(”ノイ”は「新しい」という意味で、”ザツ”は多分スラブ語の”サド”から発生した)。

位置

セルビアを西から東へ貫流しているДунав (ドゥナフ ― ドナウ)川の左岸にあり、範囲が広いパンノニア平原の真中にある。南には75キロぐらい離れているセルビアの首都Београд(ベオグラード)がある。隣国のハンガリー(北方)、ルーマニア(東方)、ボスニアクロアチア(西方)まではどこへ行っても100キロ以下だ。自治州の事態の剥奪まで、ノビサドはВоjводина (ボイボジナ)自治州の州とであった。ボイボジナの人口の4分の一ぐらいはハンガリー系民族なので、自治州に格上げされた。

人口

約35万人。セルビア共和国の第二の都市だが、それでもかなり小さい。

町の姿

上記のように、ノビサドは比較的に若い町だ。歴史的な旧市街は18〜19世紀に作られたもので、一番真中にあるТрг Слободе (スロボデ広場)の周りにわたっている。そこからはドナウ川まで一キロぐらいだけで、そのあいだに公園と様々な横町がある。スロボデ広場からЗмаj Jовина (ズマイ・ヨーヴィナ)通りという店とレストランが多い歩行者専用通りが分かれる。同じ広場の少し南にはбул. Михаила Пупина (ミハイル・プピン)大通りというノビサドのショッピング街がある。そこにも優しくて熱心に助けるツーリスト・インフォメーションがある(ミハイル・プピン大通り9)。この大通りをずっと辿ると、真直ぐドナウ川の橋へ行ける。ドナウ川の対岸には、 Петроварадин (ペトロワラディン)要塞が目立つ。新しくてあまり綺麗ではない中央駅と新市街の大部分は旧市街の北西にあり、長くて広いбул. Ослободженjа (オスロボジェニャ)大通りの終点にある。中央駅の前に立つと、左手に中央バス・ターミナルがある。駅はやや遠いので、バスで行ったほうがいいかもしれない。

歴史

ノビサドの全景

ノビサドの全景

ノビサドより古いのはドナウ川の対岸にある Петроварадин (ペトロワラディン)要塞だ。要塞のおかげでその周辺は防衛を受けて、ドナウ川の左岸には17世紀以来に商人と職人が定着した。同じ世紀には、ボイボジナはオスマン帝国の枷から解放されて、オーストリアとその後にオーストリア・ハンガリー帝国の領地になった。1748年に、ノビサドの市民たちはウィーンの政府から国王に属する自由な町という法的事態を買い取った。かくしてノビサドは特に農業があるボイボジナの州都になって繁栄した。一つの特徴は市民達の多様性だった。そのとき、ノビサドにはセルビア人、ハンガリー人、ドイツ人、ユダヤ人、スロバキア人、ルテニア人、ギリシア人、アルメニア人等などが居住した。第一次世界大戦によるのオーストリア・ハンガリー帝国の敗北の後、ノビサドとボイボジナはスロベニア・クロアチア・セルビア帝国の一部になって、その後に第一次ユーゴスラビアの州であった。ノビサドは最初からDanube Banovina (ダヌベ・バノヴィナ)州の州都になった。その州は後にボイボジナに改称された。
ノビサドには戦略的に大切なドナウ川の橋や石油産業などがあるので、この町はコソボ紛争の結果として非常に激しい空襲を受けてしまった。産業地帯と市内の橋以外に、中心にある官庁やテレビ局なども空爆された。町の郊外にある石油産業の崩壊と共に、有毒物質が大規模に解き放たれた。全ての橋が崩壊されたので、交通ばかりではなく、給水なども麻痺して市民の生活を苦しくした。

往路

オーストリアの首都Wien (ウィーン)からGyör (ジョール)Budapest (ブダペスト)経由のБеоград(ベオグラード)行き国際急行はノビサドにも止まる。それ以外は一日中数本のベオグラード行きの各駅停車がある。バスターミナルから、セルビアの各地と外国行きバスが出発する。各駅停車でベオグラードへの運賃は135ディナール(270円)、所要時間は2時間だ。
Wien (ウィーン)までは毎日午後10時発急行がある。その急行はハンガリーの Györ (ジョール)まで7時間ぐらいかかり、運賃は約3600円だ。長距離バスの運賃は列車より少し安い(ブダペストまで2400円ぐらい)。市内には、バスは一番快適だ。

見所

ノビサドはあまり古い町ではなくて、史跡などの大したものがない。ただ賑やかな中心の雰囲気とドナウ川の辺は中々素晴らしい。この町は地図を見ず散歩するのは一番楽しいという場所だ。色々な博物館もあり、そのうちМузеj Воjводине (ボイボジナ博物館 )という民族・歴史博物館がある(ドゥナフスカ通り35−39)。ボイボジナの歴史、手工業や芸術について情報が多い。学生なら、入場料は20ディナールだけ。

スロボデ広場にある教会

スロボデ広場にある教会

 

一番真中にあるТрг Слободе (スロボデ広場)沿いには無数のおしゃれのカフェやレストラン、ブディックなどが密書している。そのため、この広場は昼にも夜にもいつも賑やかだ。写真で見える教会はローマン・カトリックの”マリアの名前”教会だ(誤りではなく、本当の名前!)で、19世紀後期に建築されたものだ。周りの家屋は大体同じ時代に築かれたものだ。

周辺

長くて幅が広いбул. Михаила Пупина (ミハイル・プピン)大通りをずっと東方へ歩くと、Главни Мост (メーン・ブリッジ)という橋がある。そこから下の眺望がある:

ドナウ川の右岸にあるペトロワラディン要塞

ドナウ川の右岸にあるペトロワラディン要塞

 

右には一時的な平底ボートから作られた橋が見える。その裏側には、ナトーの空爆によって破壊されたワラディン橋の橋柱が見える。市内には、四つの大切な橋があった。全ての橋はコソボ紛争のときに崩壊された。今までは二つの橋が再建され、三番目の橋は見えるように一時的な橋だ。もう一つの高速道路の橋があったが、半分しか残らなかった。

オーストリア帝国様式のペトロワラディン要塞

オーストリア帝国様式のペトロワラディン要塞

 

右岸の丘の上にはかなり大きなПетроварадин (ペトロワラディン)要塞がある(ドイツ語の旧名は Peterwardein ―  ペーターワーデイン)。この要塞は1699〜1780年まで建築され、その建築家はフランス人の名匠Vauban (ヴォーバン)だった。要塞を作る命令を出したのはオーストリアのマリア・テレジア女帝であった。ペトロワラディンの城下町はかなり狭くて18世紀のままだ。そこから坂がきつい階段を上ると、要塞の中に入ることができる。中庭には修復中(2003年現在)の家屋と教会がある。多くの外壁は部分的に取り壊されたが、要塞はそれにもかかわらず印象的だ。要塞全体の範囲はびっくりするほど広かったらしい。ペトロワラディンはФрушка Гора (フルシュカ)山脈の支脈にあり、フルシュカ山脈の最高峰の標高は539メートルだ。この山脈は北セルビアの唯一の山地だ。ノビサドの周辺にはツーリスト・インフォメーションによって他の面白いところが沢山あるので、数日間滞在しても退屈しないと思う。

宿泊

安宿があまりないらしい。駅前にはホテルがあるが、それは旧市街からかなり離れて高い。長く探す気がなかったので、私たちはツーリスト・インフォメーションで勧められた古くて綺麗なХотел Воjводина (ホテル・ボイボジナ)に泊まった。中心のТрг Слободе (スロボデ広場)沿いにあるので、かなり便利だ。大きいダブル(バス付き)は2600ディナール(5000円)かかって、中々高い。しかし、朝ご飯が付いている。高いのに、ペットもいる:それは小さいゴキブリだ。ペット付かない部屋なら安くなるかなと思った・・・ホテルでのゴキブリはセルビアで義務らしい。ホテルの住所:Trg Slobode 2, 電話: 622 122, Fax: 615 445.

Planeta Inn Hotel

Novi Sad · Jevrejska 36


建築年: 2009
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 24
価格: 57米ドル〜
レビュー 8.7/10

今すぐ予約!
ノービサードをすみずみまで観光する場合は、プラネタ イン ホテル が最高のチョイスです。 市内のエキサイティングなスポットまで 0.3 Kmなので、この4つ星ホテルから観光アトラクションまで簡単にアクセスできます。 アクティブに観光したい旅行者なら KSR ベオグラード ツアー, ボイボディナ博物館, クロック タワー がオススメです。 宿泊客は、プラネタ イン ホテル の施設とサービスに満足するでしょう。 目利きの滞在客でも満足できるよう、ホテル内施設が数多く完備してあります。 豊富な客室アメニティが揃えてあるので、充実した滞在ができます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 便利で快適なノービサードのホテルを探しているなら、 プラネタ イン ホテル はもってこいです。

CitiHotel Veliki

21000 Novi Sad · Nikole Pasica 24


建築年: 1801
位置: 地図
ホテルの階数: 3
客室数: 10
価格: 60米ドル〜
レビュー 7.3/10

今すぐ予約!
ノビ サドの中心に位置するシティホテル ヴェリキは、ノービサード観光にもってこいの滞在先です。 市内のエキサイティングなスポットまで 0.1 kmなので、この3.5つ星ホテルから観光アトラクションまで簡単にアクセスできます。 KSR ベオグラード ツアー, ボイボディナ博物館, クロック タワー のような多数の観光アトラクションの近くに位置していますが、ホテル内ではリラックスした時間が過ごせます。 一流のサービスを提供し、幅広いアメニティを完備するシティホテル ヴェリキでは、滞在する誰もがゆったりとリラックスできます。 コーヒーショップ, 公共エリアでのWi-Fi, 空港送迎, 会議/パーティー設備, 喫煙所 などのホテル内施設が完備してあり、滞在が満喫できます。 シティホテル ヴェリキには10室の客室があり、全室に 冷蔵庫, バスタブ, ヘアドライヤー, エアコン, 禁煙ルーム が完備してあります。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 便利で快適なノービサードのホテルを探しているなら、 シティホテル ヴェリキはもってこいです。

リンク集

ノビサドについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか? その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。 商業上のホームページはお断りです。

Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>