ブルガリア:ドブリッチ


一般的な情報 | 見所 | 周辺 | 宿泊 | リンク集

一般的な情報

地名

ドブリッチДобрич(ドブリッチ)。ローマ字の書き方は “Dobrich”。オスマン帝国とルーマニアの支配下のとき、ドブリッチはBazargich(バザルギヒ)と呼ばれた。町の共産主義時代の旧名はТолбухин(トルブヒン)であったが、 1990年にドブリッチという伝統的な名前に変名された。

地名

南へ40キロぐらい行くと、Варна(ヴァルナ)という黒海にある大都市に着く。北へ同じぐらい距離を行くと、ルーマニアとの国境がある。ドブリッチはДобруджа(ドブルジャ)の南部というドナウ川の南方にわたっている肥沃な高原の中にある。ドブリッチはブルガリアの一番北東の町だ。

人口

約10万人。ブルガリアの最大の都市の一つ。ルーマニアにあるコンスタンツァ市の後、ドブルジャ地方の二番目に大きい都市。

町の姿

ドブリッチは昔創設された町で、長い歴史があるが、町自体にはそれの証拠となる建築物がほとんどない。ドブリッチは昔に何回も崩壊されたので、廃墟さえが残っていない。中心部の眺めは郊外と同じ ― 多様性がないコンクリートのアパートが並んでいる。それに加えて、幅が広いコンクリートの道路もある。あまり滞在するはずではないところだ。

歴史

上述のように、ドブリッチは南ドブルジャという地方の中心だ。ドブルドシャは北部と南部に分かれ、北部は現在にルーマニアの領地だ。ローマ時代から、この肥沃な地方は穀倉地帯として使われて、紀元前500年には最初の町のような部落が創設された。この辺はブルガリアの一番北東の地方で、トルコの少数民族は他の地方と比べてかなり強い。その内、ガガウズ人というキリスト教のトルコ人(参照:Comrat(コムラト)・ガガウズ自治共和国)がいる。ブルガリアは1877年にオスマン帝国からの独立の宣言と共に、ドブルドジャをルーマニアと分け合った。1916年には、ブルガリアはドイツの軍隊と一緒に北部を侵略したが、ルーマニアは4年後北部も南部も併合した。1944から、現在の国境が決められた。土地は肥沃なのだが、人が少ない。農業以外には産業などがほとんどない。今日は特に小麦、トウモロコシ、ヒマワリやテンサイが栽培されている。沿岸のほうはリゾート地だ。

往路

鉄道網はドブリッチを含まれていないので、バスだけで行ける。しかし、ブルガリアの長距離バスの制度はかなりいいので、各地からドブリッチまで行ける。一番近い大都市は黒海にあるВарна(ヴァルナ)だ。約20キロ北へ行くと、Кардам(カルダム)という小町に近い隣国のルーマニアへの国境通過点がある。それを越えてもっと北へ行くと、数十キロ後Constanta(コンスタンツァ)という黒海の汀にある大都市に着く。

見所

写真で見えるように、ボブリッチはあまり魅力的な場所ではない。もっとはっきりいうと、観光客にとってはこの町はあまり面白くない。しかし、それもブルガリアの一部だろう。中心にはЕтнографически Музей (民族博物館)があり、その中で昔のドブリッチの様子が見える。

 

ドブリッチのコンクリート塊になった中心

ドブリッチのコンクリート塊になった中心

 

周辺

ドブルジャは肥沃な高原なので、農業が大規模にされている。特に小麦、トウモロコシ、ヒマワリ、テンサイや海岸沿いにワタが栽培されて、ヒマワリの畑はきれい。所々で、ブドウも栽培されて、ワインが作られている。東にある黒海の海岸沿いにはВарна(ヴァルナ)の北方で夏のリゾート地が並んでいる。その内、中々有名なЗлатни пясъци (黄金の海岸)Св. Константин (聖コンスタンティン)、そしてАлбена (アルベナ)などの中央ヨーロッパの中ですごく人気のあるリゾート地があり、シーズンになると観光客がすごく多くなる。

宿泊

同じ日に違う場所へ進んだので、詳しい情報がない。観光地ではないので、ホテルなどが少ないだろう。それに加えて、ドブリッチで長く滞在する理由があまりない。

リンク集

  • bulgaria.domino.bg/dobrich:ドブリッチについての英語とブルガリアのページ。その他にはドブリッチについての情報があまりないらしい。なぜだろう!?

ドブリッチについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか?その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。商業上のホームページはお断りです。

Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>