旅人の旅行記へようこそ!

このホームページには、旅行情報や写真、そしてゴミ問題と臨海計画などの 地理学に関するページは入っている。旅行情報を 見るため、下の地図から目的地を選んでください。 他の内容を見るため、右のメニューのアイテムを選んでください。 遠慮せずコメント機能を使ってください!

東欧の地図:クリックしてみてください!

東欧の地図:クリックしてみてください!

このページに関するニュース
2013年11月
「旅人と東欧旅行」というサイトを完全リニュアル。次はモンテネグロとアルバニアについてのページ作成。

[LINK]
2005年03月
「旅人と東欧旅行」というページを完了した。そのページはバルト三国(リトアニア・エストニア・ラトヴィア)、スロヴァキア、
ポーランドとベラルーシを詳しく紹介するものだ。

[LINK]
2004年10月
中近東についてのページを改訂して、新しい写真、そしてヘブライ語とアラブ語での地名などを入れて、
前より読みやすくなるための新しいデザインを作った。

[LINK]
2004年09月
旧ユーゴについてのページを改訂してバルカンのページに入れた。続いて、その旅行の旅行記を作った。
古い旧ユーゴのページを削除した。

[LINK]
2004年8月 バルカンのページに全部で19の新しいページを入れた。
それはルーマニア、ハンガリー、モルドヴァ共和国と沿ドニエストル共和国の旅行についてのページだ。
その内、新しい旅行記も入っているが、「あきこ曰く」はまだ未完だ。
[LINK]
2004年5月 チェコについてのページの日本語版を完了した。
チェコの12ヶ所、歴史、料理、チェコ語などを導入している詳細なページだ。
[LINK]
2004年4月 ドイツのハレ市とその周辺についてのページを改善した。

[LINK]
2004年3月 日本についてのページを完全に更新した。観光案内、そして
各地の50ヵ所ぐらいについてのページを入れた。ドイツ語版だけだが、日本語でのナビゲーション
もある。

[LINK]
2003年11月
バルカン半島についてのページの日本語版を完了した。その内、今までのブルガリアについてのページを
改善して入れた。バルカンのページはハンガリー、ルーマニア、マケドニアとセルビアについての情報を含む。

[LINK]
2003年8月 ハレ市とその大学についてのページを旅人のページに入れた。
元々旅人の指揮の下に作られたハレ大学日本学ゼミナールのホームページだったが、日本学ゼミは
そのページを削除してしまった。今のハレのページは沢山の写真を含むハレの歴史、大学生の生活や
名所などを紹介して、ハレ大学で勉強したい日本人向けのページだ。フォーラムも入っている。

[LINK]
2003年7月 ウクライナについてのページを完了してアップロードした。
[LINK]
2002年10月 トルコとアルメニア、グルジアのページをアップロードした。
写真入り詳しい旅行記だ。

[LINK]
2002年4月 台湾についてのページをアップロードした。歴史、政治、そして色々な
名所を紹介するページになった。

[LINK]
2002年3月 「 www.tabibito.de 」という住所を登録して、今までのページを新しい
プロバイダーに移動して改善した。

2001年10月 旧ユーゴスラビアの諸国についてのページを完了した。
そのページは短くクロアチア・ボスニア・スロベニアとモンテネグロを紹介する。

[LINK]
2000年12月 中国についてのページを一応アップロードしたが、完了できるまで
3年間以上かかる。

[LINK]
2000年10月 中近東(イスラエル、パレスチナ、ヨルダンとエジプト)についての
旅行記をアップロードした。旅行中でカメラがなくなってしまったので、写真は少ない。

[LINK]
1999年の夏
韓国とラオスについての旅行記をアップロードした。タイについてのページはまだ未完だ。
シンガポールについてのページには写真だけが入っている。

[LINK 韓国]  
[LINK ラオス]
1998年の秋 日本の写真と色々な記事をアップロードした。
一つのページは「ゴミ問題」についてのページで、今では最古のページだ。

[LINK]
1997/8年 小さいホームページを作ってみようと決めた。しかし、日本で留学したとき
あまり進まなかった。

Caveat
Caveat Lector
(ラテン語、”読者、気をつけろ!”という意味)。このページは段々大きくなってきて、
誤りが入っている可能性は段々高くなる。特に歴史についての文章の場合には様々な史料を使ったが、
このページは科学的な論文ではないので、使用文献一覧表がない。その上、間違えている史料を使った可能性もある。
旅人の母国語は日本語ではないので、言語上の問題による誤解が生ずるところがある。
当然ながら、値段や出発時間などの情報は保証の限りでない。
リンク
旅人のページはリンクフリー。要する誰でもにリンクをつけていい。それでもメールでのお知らせは大歓迎。
剽窃は止めましょ。
このページのテキストや写真、地図などは他のページで使っても良いが、出典指示(=リンク)は義務だ。
プロバイダーのおかげで、材料の盗難は調査することができる。特に”ディープ・リンク”(他のページの
材料を使うが、ただそのファイルへのリンクを作ること)は禁止されている。
商業上のページに本ページの材料を勝手に使うのは厳禁。
エストニアへ リトアニアへ ベラルーシへ ポーランドへ チェコへ スロバキアへ ハンガリーへ スロベニアへ クロアチア ボスニア・ヘルツェゴビナへ セルビアへ モンテネグロへ アルバニアへ マケドニアへ ブルガリア ルーマニアへ モルドバへ グルジアへ アルメニアへ トルコへ ウクライナへ
Twitter0Facebook13LinkedIn0Google+0Email