マケドニア:スコピエ

一般的な情報 | 見所 | 周辺 | 宿泊・食事 | リンク集

一般的な情報 地名

スコピエ

Скопjе(スコピエ)。ローマ字で「Skopje」と書かれている。古代ローマ帝国のとき、Scupiと称され、オスマン帝国の支配下のとき、1912年までUskub あるいは Üsküb (ユスキュブ)と呼ばれた。

位置

マケドニアの北部の真中にあり、Вардар(ヴァルダル)川の両岸沿いにわたっている。紛争があったКосово (コソボ)は北にあり、15キロしか離れていない。セルビアとの国境は40キロだけ離れている。市内には様々な丘と山がある。南西の山の上には夜にライトアップされている巨大な十字架が立ってあるので、オリエンテーションは中々簡単だ。本当の山地は西方に始まる。

人口

約60万人。比較的に少ないが、スコピエはそれでマケドニアの第一都市で、マケドニアの人口の三分の一は首都に住んでいるということ。

町の姿

スコピエは蛇行しているВардар(ヴァルダル)川に北東部と南西部に分かれている。一番真中にはКамен Мост (カメン・モスと ― 石橋)という古いトルコ風の橋がある。トルコ橋の北東にはスコピエの城塞の跡と大地震を生き残ったトルコ風の旧市街がわたっている。城塞の前には見るとわかるАвтобуска Станица (アヴトブスカ・スタニツァ ― バス・ターミナル)がある。この中心的なバス・ターミナルは国内と国際バスの始点と終点だ。ターミナルの中には両替ができる。バス・ターミナルから数十メートル北へ進むと、狭い横町の旧市街に入る。その旧市街の中には色々なモスクがあり、トルコにいる感じがする。旧市街の真中には親切なИнформации(インフォルマツィイ ― 観光案内)がある。そこには、沢山の英語のパンフがある。東方にはУниверзитет Кирил и Методиj (ウニヴェルズィテート・キリル・イ・メトディイ ― キリルとメトード大学)のキャンパスがある。この大きい大学はマケドニアの第一の大学だ。

旧市街の対岸は全然違う。トルコ橋を渡ると、近代的なпл. Македониjа マケドニア広場 (旧名 Маршал Тито ― ティト元帥広場)がある。トルコ橋から見ると、広場の左側には醜くて膨大なコンクリートの建物がある。それはТрговски Центар (ティルゴフスキ・ツェンタール ― 商業センター)という百貨店だ。この辺りは大地震で完全に破壊されて、再建された部分だ。再建したとき、外見ではなく速度が大切であったらしい。マケドニア広場から南へМакедониjа (マケドニア)通りという店が並んでいる歩行者専用通りを辿ると、直接Стара Железничка Станица [...]