→www.tabibito.de/日本語版/中欧


ブルガリア/ プリスカ/ 一般的な情報 |  見所 |  周辺 |  宿泊 |  リンク集
プリスカ

一般的な情報

プリスカ
  • 地名: Плиска(プリスカ)。古都の発掘所も3キロぐらい離れている村もプリスカと呼ばれている。
  • 位置: 北東ブルガリアにある Лудогорие (ルドゴリエ)という地方にある。 近くには Провадийска (プロヴァディースカ)川という →Варна(ヴァルナ)で黒海に流れ込んでいる川がある。 プリスカに一番近い町は Нови Пазар (ノヴィ・パザル)と呼ばれている。 南西へ20キロぐらい行くと、 Шумен (シューメン)という都市がある。 次の大都市は東へ80キロの→Варна(ヴァルナ)だ。 西方には150キロぐらい離れている →Велико Търново (ヴェリコ・タルノヴォ) という三番目の古都がある。北西には120キロ離れている→Русе(ルセ)という都市がある。
  • 人口: 発掘場では人が住まない。同名の近い村はかなり小さい。
  • 発掘場の姿: 現在の発掘場の面積は24ヘクタールだ。見えるのは様々な修復された門や外壁、そして建物の台座などだ。 入り口の手前には大きい駐車場がある。
  • 歴史: プリスカ→第一次ブルガリア帝国の都だった。 この町は681年に創設されたが、 811年にはビザンチウム(現在のイスタンブール)の皇帝がプリスカを侵略して完全に崩壊した。 それにもかかわらず、プリスカは893年まで都であって、同年には都は Преслав (プレスラフ) という場所へ移動した。 そこまではプリスカはブルガリアの政治の都ばかりではなく、商業と文化の都でもあった。 プリスカは第一次ブルガリア帝国の都であった時代に、 バルカン半島、そしてスラブの文化圏に大きい影響を与えた。9世紀には、メトードとキリルという 二人の僧はキリル文字を作って広めた。同時に、キリスト教化が行われた。 現在には、ブルガリアとドイツの考古学者はプリスカの廃墟を発掘している。
  • 往路: 上述のように、プリスカに一番近い町は Нови Пазар (ノヴィ・パザル) Шумен (シューメン)だ。 ノヴィ・パザルは→Варна(ヴァルナ)→Русе(ルセ)と結んでいる 鉄道沿いにあるので、そこまで列車でいける。 Шумен (シューメン)からも →Велико Търново (ヴェリコ・タルノヴォ) からもノヴィ・パザル行き列車がある。 その後、マイクロバスとバスで進まなければならない。古都の廃墟はプリスカ村から3キロ離れている。

  • 見所

    プリスカの発掘領域は24ヘクタールを占めて、現在のプリスカ市から3キロぐらい離れている。 しかし、考古学者はプリスカという昔の大都市の範囲を7キロ×4キロと踏む。 ここにみつけられた拾得物は様々な博物館へ移動された。大きなお風呂と ヒーティング・システム以外、小さい宮殿と大きい宮殿の史跡や 宮廷内礼拝堂の基礎壁が発見された。

    プリスカの再建された東門
    プリスカの再建された東門


    今まで発掘された部分を見ると、昔の豪華さはあまり理解できない。しかし、これからの発掘は一体何を 白日の下に晒すんだろう。そして何が結局再見されているだろう。ただプリスカは考古学的なディズニーランドにならないと望んでいる。


    周辺

    プリスカまで行ったら、それに近い Шумен (シューメン)というやや大きい都市まで行ってもいいだろう。 続いて、ブルガリアの第二の古都 Преслав (プレスラフ)は中々近い。 20キロだけ南へ行くと、→Мадара(マダラ)で「騎手の彫像」という世界文化遺産が見える。


    宿泊

    発掘場の近くにはホテルなどがなさそう。あまり離れていない Шумен (シューメン)で 宿泊所を探したほうがいいかもしれない。→Мадара(マダラ)にはホステルとキャンプ場がある。


    リンク集

  • oak.zero.ad.jp/~zae06141/pliska.shtml
  • 日本語でのプリスカ奇跡についての詳しいページ。
  • www.peakview.bg/old_capitals/pliska.htm
  • プリスカの写真と説明が載っている英語のサイト。
    プリスカについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか? その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。 商業上のホームページはお断りです。 メールのリンクは左側のメニューに入っています。


    ©2022 tabibito