→www.tabibito.de/日本語版/中欧


ハンガリー/ ジェール/ 一般的な情報 |  見所 |  周辺 |  宿泊 |  リンク集
ジェール

一般的な情報

Gyoer
  • 地名: ジェール (ジェール)。 カタカナで「ジェール」と書かれているが、本当の発音は「ジェール」と「ジョール」のあいだにある。 HTML には、「オ」の上の二つの長い線がある文字がないので、この町はインターネットでよく ”Gyõr” と書かれている。古代ローマ帝国のとき、同じ場所で Arrabona(アッラボナ)という集落があった。 ドイツ語の名前もある。それは同名の川と同じく Raab(ラーブ)だ。
  • 位置: ジェールは西トランスダヌビアにあり、北の→スロヴァキアとの国境から数キロだけ離れている。 北西にあるスロバキアの首都 Bratislava(ブラチスラバ)は約70キロ、 東方にあるハンガリーの首都 →ブダペストは約100キロ離れている。 ジェールには、Rábca と Rába (ラーブツァとラーバ)川Mosoni-Duna(モショニ・ドナウ)というドナウ川の支流に流れ込んでいる。
  • 人口: 約13万人。ハンガリーの大都市の一つ。


  • ジェールの旧市街の中
    ジェールの旧市街の中
  • 町の姿: ジェールはハンガリーの第三の産業地帯だが、中心にいるときに、それは信じられない。産業はどこでも見えない。 町の中心は西方と北方で Rába(ラーバ)というドナウ川の大きな支流の一つに 限られている。砦のように、司教の要塞は川の曲がりの上に聳えている。 司教の要塞の南東には、範囲があまり広くない旧市街がわたっていて、南の鉄道線まで広がる。 要塞と中央駅は長い Baross Gábor utca(バロッシュ・ガーボル通り)という ショッピング街につながれている。その通りを駅から数百メートル北へ辿ると、ツーリスト・インフォメーションがある。 駅の裏側には、ジェールのバス・ターミナルがある。 バス・ターミナルまでは、橋も駅の下のトンネルもある。他のハンガリーの町と同じ、一番中心的な広場は Széchenyi tér(セーチェニイ広場)と呼ばれている。 中央広場と司教の要塞のあいだには、沢山の狭い横町がある。狭すぎるので、車が入れない通りが多い。 旧市街全体の均質性は素晴らしい。中心には、全景を邪魔する新しい建物がほとんどない。


  • 歴史: 上述のように、ジェールでは古代ローマ帝国のときに Arrabona(アッラボナ)という集落があった。 そのアッラボナはトランスダヌビア属州の北の国境沿いにあった。イシュトヴァーン一世という第一次ハンガリー帝国を 創立した王様は11世紀にジェールを 司教の所在地に指定した。そのため、現在にも見える 司教の要塞などの史跡がある。
    16世紀中、ジェールはオスマン帝国の襲撃を跳ね除けるために要塞を建築した。然し、オスマン帝国はジェールまで 前進しなくて、 →ペーチと対照的にオスマン帝国の証が全くない。現在には、ジェールは 大切な産業の町だ。


  • 往路: ジェールは →Budapest(ブダペスト)とオーストリアの首都 Wien(ウィーン)を結んでいる鉄道線沿いにある。そのため、毎日数本のブダペスト 行き(終点は大体 Déli (南駅)と Nyugati(西駅)とウイーン行き(終点は南駅)列車がある。 その内、ウイーンから セルビアの首都→Београд(ベオグラード)行き急行は ジェールに止まる。 ブダペストまでの所要時間は約 1½ 時間だ。普通の列車では、ウイーンまでの所要時間は2時間で、 運賃は4000HUF(約2000円)だ。スロバキアのブラチスラバまでは、一日中二つの列車しかない。 南方行き列車もある。一つの各駅停車は Veszprém(ヴェスプレーム)という バラトン湖に近い町まで走る。
    各地へのバスがある。バラトン湖へ行きたい場合には、バスは列車より早くて便利だ。上記通り、バス・ターミナルは駅の 裏側にある。


  • 見所

    ただ旧市街を地図使わず歩くのは楽だ。駅の斜め向かいに、 四角の Városháza(ヴァーロシャーツァ)広場がある。その広場に面して、 立派な市役所が建ってある。

    ネオ・バロック様式のジェールの市役所
    ネオ・バロック様式のジェールの市役所


    ジェールのネオ・バロック様式の市役所は1898年に完了され、町の大きさを考えると比較的に大きい。 夜にライトアップされているので、夜景は綺麗だ。

    ジェールの中央広場
    Széchenyi tér というジェールの中央広場


    ジェールの旧市街の真中には、Széchenyi tér(セーチェニイ広場)という 場所がある。その広場の真中には、聖処女の円柱が目立つ。 その他には、広場に面している聖イグナツィウス教会がある。この教会は 1641年に作られ、ジェールの沢山の教会の一二綺麗だ。他の旧市街の家屋は大体17〜18世紀のときに 築かれ、例外なしよく保存されている。


    周辺

    ジェールから20キロぐらい南へ行くと、 Pannonhalma(パンノンハルマ)という場所がある。 パンノンハルマには、丘の上に膨大な大修道院が聳えている。その修道院は1000年ごろ創立された。 ジェールからバスでも列車でも行ける。


    宿泊所

    ジェールには沢山のペンションと民宿がありそう。そういう宿泊所は中心のほうで密集している。 駅に近いところに泊まりたい場合には、Szárnyaskerék(サールニャシュケレーク) というホテルだ。駅の手前にあるので、とても便利だ。そのホテルはかなり大きくて、 国立鉄道会社のホテルであるらしい。中の設備はやや古いが、部屋は清潔だ。ダブルの一泊は 2500円だ(共用バス・トイレ)。スタッフは親切で、お金の両替もできる。
    住所: Révai Miklós utca 5, пF 314 629.


    リンク集

  • www.geocities.com/chapeaus/hungary.html
  • ジェールとパンノンハルマを旅した個人旅行者の日記。日本語。
  • www.gyor.hu
  • 町のホームページ。工事中らしい。

    ジェールまたはパンノンハルマについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか? その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。 商業上のホームページはお断りです。 メールのリンクは左側のメニューに入っています。


    ©2022 tabibito