トルコの歴史とリンク集

歴史 | リンク集

歴史

現在のトルコは1923年にケマル・アタテュルク(下のお札に見える)の治下に成立された。トルコの領域はその前にオスマン帝国と呼ばれた。アタテュルクという名前は愛称で、その意味は「トルコの父」だ。アタテュルクはトルコで相変わらず熱烈に賛美されている。彼はトルコ人を戦争で統一して、宗教と国家を別れてトルコの世俗化を推進した。その他、1938年にみまかったアタテュルクはローマ字や名字などを導入して、男女同権を促進した。

トルコは共和国になったのは1982だった。現在にも、宗教と国家は厳しく分離されている。反対運動は強過ぎになると、結局トルコの有力の軍隊はその原理を守って断固たる処置を取る。それは政治的な政策を含む。現在のトルコは欧州共同体のメンバーになることを努力し、その為に2002年に憲法を変更した。その変更の一つは死刑の廃止だ。

遠くから見える、岩に彫ってある愛国心(東アナトリア)

遠くから見える、岩に彫ってある愛国心(東アナトリア)

今でも、トルコの政治は刑務所などに於ける人権蹂躙のためにさらし者になる。様々な非政府組織などによると、トルコには反対派の人に対しても又はクルド人やアレヴィー派などの少数派に対しても時々抑圧手段がとられている。
外交上の状況を見ると、論議をよぶテーマが多い。一つは、キプロスという地中海にある大きな島の問題だ。キプロスは独立の国家であったが、ギリシアとトルコはその島を要求して、同時に侵略してキプロスを分けた。そのため、昔からあったトルコとギリシアの間の政治的な緊張が強くなってきた。両国ともは北大西洋条約機構のメンバーだという事実はその緊張をある程度まで弱めると思う。ブルガリアとトルコの関係もやや悪い。特にアルメニアという東にある隣国との関係は非常に難しい。1915年頃、ケマル・アタテュルクの軍隊はトルコで約150万人のアルメニア人を殺戮した。それは20世紀の一番最初のジェノサイドであった。だが、トルコはまだまだその事件を白状しない。白状する場合には、両国の関係に大規模な影響を与えるだろう。1990年代にあったアルメニアとアゼルバイジャンの間の戦争のとき、トルコはアゼルバイジャンを応援した。アゼルバイジャンとトルコの間には、昔から切っても切れない関係があるという理由だ(それは両国の言語も含む)。その応援は軍事援助を含まなかったが、トルコはさっさとアルメニアへの天然ガス・水・商品・電力などの供給を遮断した。当然ながらアルメニアとトルコの間の国境は相変わらず閉鎖されている。クルド民族の独立運動に対しても、トルコの軍隊は激しく反応してよく国境を超えて北イラクで作戦行動をする。だが、北イラクには無法状況があるのでその国境侵犯に抗議する人がいない。但し、その状況はごく最近大変に改善したと言える。クルド語はクルド民族の地域の学校などで許可され、トルコの政治はクルドの独立運動との相談を開始した。

トルコについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか?その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。商業上のホームページはお断りです。

Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>