ルーマニア:ヴァトラ・ドルネイ


一般的な情報 | 見所 | 周辺 | 宿泊・食事 | リンク集

一般的な情報

地名

Vatra Dornei(ヴァトラ・ドルネイ。旧称はただDorna(ドルナ)またはDorna Watra(ドルナ・ワトラ)だ。その地名は同名の川の名前に由来するかもしれない。

位置

この町は北ルーマニアの真中にあり、首都のブカレストは南へ300キロぐらい離れている。ドルナは南ブコヴィナの西端にある。町の中にはDorna(ドルナ)川がそれより大きいBistriţa(ビストリツァ)川に流れ込んでいる。ヴァトラドルネイは谷沿いに亘り、標高2000メートルを越える カリマニやスハード、ビストリツァ山脈に囲まれている。その為、ヴァトラドルネイは冬のスポーツやハイキングなどをするための天国だ。

人口

約19,000人。昔は多くのユダヤ人がここに住んでいたが、戦争に殺されたまたは外国へ亡命したユダヤ人が多い。

町の姿

ヴァトラ・ドルネイは中々長い町だが、中心部は小さくてわかりやすい。鉄道はドルナ川に沿い、中心を北部と南部に分かれている。北部には、店やレストランなどが密集している。南部には、綺麗な公園と色々な面白い建物がある。町を囲む山々は近くて、公園の後ろに始まる。バス・ターミナルは南部にあり、大きい橋に近い。色々な駅があるので、迷う可能性が高い。Suceava(スチャヴァ)から着く場合には、最初の「Vatra Dornei」が書いてある駅ではなく、二番目の駅で降りたほうがよい。

往路

バスでも列車でも簡単に行ける。一つの急行(Acc.)は直接北トランシルバニアの大都市Cluj-Napoca(クルージ・ナポカ)からヴァトラへ行く(4時間半、約250,000レイ)。同じ列車は東方へ進んでSuceava(スチャヴァ)経由(3時間、124,000レイ)モルドヴァ地方の大都市Iaşi(ヤシ)(4時間半、200,000レイ)まで行く。その列車の終点は南東ルーマニアの大都市 Galaţi(ガラツィ)だ。その列車も色々な各駅停車も途中でGura Humorului(グラ・フモールルイ)に止まる。その町は南ブコヴィナに点在している Cinci Mănăstiri(五つの修道院)を見学するためにいい基地だ。

山を越えて北西にあるBorşa(ボルシャ)、そしてSighetu Marmaţiei(シゲット)へ行きたい場合にはバスしかない。そのバスはルーマニアの最高の峠 Prislop(プリスロプ)峠を越えて Vişeu de Sus(ヴィショウ・デ・スース)まで行く。途中の景色は素晴らしい。一日中に一本のバスしかない。そのバスはヴァトラ・ドルネイから13:30出発して、所要時間は3時間半で、運賃は100,000レイ(約300円)。峠は冬に不通になるところが多い。

見所

ヴァトラ・ドルネイはあまり歴史的な町ではないが、大自然の愛好者にとって面白いところだ。ハプスブルク家の貴族はそれを尊重していたので、オーストリア・ハンガリー帝国の時代にヴァトラで保養地を作った。そのとき、綺麗な公園や立派なホテル、そしてカジノなどの施設が作られた。残念ながら、ヴァトラの繁栄時代はずっと前終わって、社会主義時代にはホテルやカジノなどが荒れるにまかされた。現在には、町を復興する推進がある。

 

ドルナ川とぼろぼろしているカジノカジノ

ドルナ川とぼろぼろしているカジノカジノ

 

中心にはまず大きい教会とその周辺の公園が目立っている。その辺には、ブコヴィナはオーストリア・ハンガリー帝国の領地であった時代に建築された建物が多い。公園には公衆源泉が立っている。ヴァトラには、美味しい清水があるので、ヴァトラ製のミネラル・ウォーターは国全体で有名だ。それに加えて、ヴァトラの周辺で畜産が営まれ、その地方の乳製品も有名。

 

Str. Republicii(共和国通り)沿いの綺麗な建物

Str. Republicii(共和国通り)沿いの綺麗な建物

 

色々な博物館もある。その内、市内には民族博物館もあるが、今では閉館中だ。旧市街からあまり離れていないところにはスキーリフトがある。それで標高1,600メートルの身近な山Dealul Negrii(デアルル・ネグリイ)の頂上へいける。その山には、ゲレンデがある。一般的に言うと、ヴァトラは雰囲気がとてもよい小町で、周辺の山地はすごい。それでも夏には観光客が少ない。

周辺

ヴァトラ・ドルネイとVişeu de Sus(ヴィショウ・デ・スース)の間には標高1,416メートルのPrislop(プリスロプ)峠がある。ルーマニアにはカルパチア山脈を越える峠が多いが、プリスロプは一番高い。この峠は東方のBukowina(ブコヴィナ、ブナの国という意味)というモルドヴァ地方の一部と西方のMaramureş(マラムレシュ)という歴史的な地方の堺であるといえる。プリスロプに近づくと、森林が濃くなり、部落が少なくなる。その周辺には昔から林業が営まれている。再造林された領域もあるので、持続可能性の営林であるらしい。従って、峠の周辺には樹幹を運搬するトラックばかりが見える。周辺のRodna(ロドナ)山地の最高峰は標高2,302メートルのPietrosul(ピエトロスル)山だ。この山は6月まで雪冠して北ルーマニアの最高峰である。

 

プリスロプ峠に近いロドナ山地

プリスロプ峠に近いロドナ山地

 

峠の上には現在に教会が再建されている。それに加えて、最後のタタール人の侵略を記念するモニュメントがある。プリスロプの近くには毎年の8月に開催されているHora de la Prislop(プリスロプ祭)という大きい民族祭の会場がある。

宿泊・食事

保養地なので、宿泊所は非常に多い。その内、ホテルとペンションが多くて、宿泊代は他の町より低い。二つのいいペンションは中心から300メートルだけ離れて、Str. Parcului(公園通り)に沿う。一つは右側の Villa Zimbrul (ビラ・ズィンブル)で、管理人はペンションにいない場合が多いので玄関で公衆電話がある。それに向き合っている場所にはVilla Căprioara(ビラ・カプリオアラ)がある。同じ建物に住んでいる管理人もその家族も親切だ。何でも入っている部屋は大きくて清潔だ。一人での宿泊代は200,000レイ(650円)だけ。住所:Str. Parcului 29、電話: 372 643、Fax.: 373 844。

教会とカジノの間にはホテルとレストランEuro Intersportがある。スポーツと全く関係ないおしゃれのレストランは大変お勧め。スタッフもサービスも最高だ。そのレストランのパリパリしたCaşcaval Pane(焼いたチーズ)とステーキは是非食べてみよう。値段はやや安い。

町の南部の西方にはCamy-Lactというレストランが付いている乳製品の店がある。そこには、周辺で生産されているチーズの数種類や牛乳などが販売されている。レストランはその材料を使って美味しい料理を作る。お勧め。

もう一つのお勧めの場所はLes Amis(Str. Luceafarului 15)という北部の歩行者専用通りにあるレストランだ。このモダンな安いレストランはルーマニアとイタリア料理を作る。肉とマッシュルーム入りクレープは最高だ。

リンク集

  • www.geocities.com/bucovina01:ヴァトラ・ドルネイ周辺のホームページ。工事中だが、沢山の写真がある。英語。

ヴァトラ・ドルネイについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか? その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。商業上のホームページはお断りです。

Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>