ポーランド:ワルシャワ


一般的な情報 | 見所 | 宿泊・食事 | リンク集

一般的な情報

地名

ワルシャワのロケーションWarszawa(ワルシャワ)はポーランド語の地名で、「 sz 」という文字の組合せは「シ」として読まれている。その名前は昔の部族の名前に由来している伝説がある。ドイツ語での通称はWarschau(ワルシャウ)だ。そして英語での地名はWarsaw(ウォーソー)だ。要するに日本語での名前はポーランドのオリジナルに由来している。

位置

第二世界大戦の前、ポーランドの西の境界も東の境界ももっと東方にあったから、ワルシャワは戦前に丁度ポーランドの真中にあった。現在のポーランドを見ると、ワルシャワは東ポーランドの中心にある。その辺はWojewództwo Mazowsze(マゾヴィア州)と呼ばれている。町自体は大体Wisła(ヴィスワ)川の左岸(=西岸)に広がっているが、右岸には新市街の一部がある。ワルシャワは平原の真中にあり、小さい丘さえ全くない。

ワルシャワはベルリンとモスクワの間にある。ベルリンは600キロぐらい離れて、モスクワは1200キロ以上離れている。このベルリン⇔モスクワのルートは昔から大切な通商路だったから、ワルシャワは戦略的に最高の場所にある。

人口

ワルシャワには約170万人が住んでいる。だからワルシャワはポーランドの第一の都市ばかりではなくて、ポーランドの唯一人口が100万人を超える都市だ。郊外などを含んでいる首都圏の人口は300万人ぐらいだ。

町の姿

上述通り、ワルシャワの大部分はヴィスワ川の左岸にわたっている。南部にはベルリン⇔モスクワの鉄道線は首都を西から東へ横断しているが、中心部にはその鉄道線は地下にある。その鉄道線と並行している幅が広い大通りはal. Jerozolomskie(エルサレム大通り)と呼ばれている。その大通り沿いには地下のWarszawa Centralna(ワルシャワ中央駅)がある。駅の周辺はモダンな、ブーム中のワルシャワの中心になっている。近くには無数の高層ビルと工事現場が密集している。ワルシャワのStare Miasto(旧市街)は中央駅からかなり離れている。そこへ行くためには、まず駅からエルサレム大通りを東へ1,200メートルを歩いて、そしてNowy Świat(新世界)通りを左へ曲がることが必要だ。その通りを約2キロ北へたどっていくと、やっと小さい旧市街に入る。旧市街というのは、Rynek Starego Miasta(旧市街の市場)の周辺だ。もちろん、駅からバスでもそこまで行ける。しかし、その新世界通り(数百メートル後、その通りの名前が変わって、Krakowskie Przedmieście(クラクフ郊外通り)になる)には沢山の面白い建物が並んでいるから、少なくとも一回この通りを歩いてみたい。

ワルシャワのコンパクトな旧市街の境界ははっきり見える。旧市街とその周辺の市区には、どこにも建物の跡や記念銘板などが見える。それはワルシャワの第二次世界大戦の悲しい歴史を物語るものだ。現在のワルシャワは古いものと新しいものの面白い組合せだ。しかし、列車でワルシャワを横断すると、首都は全く魅力的ではないと思ってしまう人が多い。

歴史

他のポーランドの都市と比べて、ワルシャワはかなり若い町で、初めて記録に表れたのは1281年だった。そして1334年に、都市権という中世期の特権が与えられた。その時代には、Poznań(ポズナン)Kraków(クラクフ)はポーランドの一番大切な町だった。ワルシャワはただ独立したマゾヴィア公国という小さい国の首都になった。ワルシャワはポーランドの町になったのは1526年だった。ポーランドはリトアニアとの同盟を結成したとき、同盟の首都は1596年にワルシャワへ遷都された。その理由は、ワルシャワは丁度同盟の真中にあるということだった。18世紀の後期のとき、ポーランドは三回分割されてしまった(参照:ポーランドの歴史))。不思議なことに、第一次ポーランド分割と第三次ポーランド分割の間、ワルシャワは非常に繁栄していた。同時に、ポーランドは段々没落した。

 

ワルシャワでどこにも見える:反独蜂起の記念碑

ワルシャワでどこにも見える:反独蜂起の記念碑

 

19世紀以来、ワルシャワは膨大なロシア帝国の田舎の町に降格されてしまった。それは1918年まで変わらなかった。そのとき、第一次世界大戦が終わって、ワルシャワは二回目再び独立を宣言したポーランドの首都になった。しかし、1939年に次の悲劇が始まってしまった。ヒトラー治下のナチス・ドイツはポーランドの攻撃で第二次世界大戦を開いた。攻撃の戦略の一つは首都の市民の内の犠牲者を問わず空爆だった。占領された後、その空爆が終わったが、それでも一般的な住民たちにとっての状況は悪化した。数字だけを見るとナチス・ドイツの治下のワルシャワの市民たちの悲劇をわかる:戦前の人口は130万だった。次の6年間には、70万以上が殺された。それの半分はユダヤ人だった。強制収容所へ運搬された前、ワルシャワのユダヤ人は二つのゲットーに追い込まれた。1943年、ユダヤ人によるのゲットー蜂起が勃発した。反応として、ドイツの軍隊はその蜂起を流血に鎮圧して、ほとんど全てのユダヤ人を強制収容所へ送って殺戮した。続いて、ゲットーの大部分は完全に崩壊された。一年後、ポーランド人の市民たちの蜂起が発生した。それはワルシャワの蜂起として知られて、二ヶ月ぐらいかかった市街戦だった。そのとき、赤軍はヴィスワ川の右岸まで進んできた。しかし、赤軍は命令に従ってポーランド人の蜂起を全く応援しなかった。共産主義者の蜂起ではなかったから、スターリンはその「蜂起の片付け」をナチス・ドイツに任せた。ドイツ人の復讐は酷かった。数十万人のポーランド人は蜂起のときとその後にも殺された。そしてワルシャワの中心は計画的に建物ずつ爆破されてしまった。戦後のワルシャワはただ人がいない廃墟の砂漠だった。

1946〜53年の間、市民たちはすごく張り切って旧市街の一部を再建した。ほとんど何も残らなかったから、色々な手本は必要だった。その内、Canaletto(カナレット)という有名なイタリア人の画家の絵が使われた。彼は特に18世紀のドレスデンのパノラマで有名になった。旧市街の再建は結局骨折り甲斐があった:ワルシャワの旧市街はユネスコの世界文化遺産になった。それ以外、戦後時代は何らかの方法で新しいワルシャワの相貌をつくりあげた。1950年代のスターリン様式の膨大な建物、1960年代から1980年代まで続いた特色のない灰色の住宅地、そして1990年以来の近代的な銀行などの高層ビルなどが妙な雰囲気をつくりあげている。

往路と市内交通

ワルシャワのOkęcie(オケンチェ)国際空港は南の郊外にあり、中心からそんなに離れていない。そこから、175号のバスは中央駅経由旧市街まで走っている。全部で三つの主な駅がある。一番西にある駅はWarszawa Głowna(メイン駅)で、真ん中にあるのはWarszawa Centralna(ワルシャワ中央駅)で、そしてヴィスワ川の右岸にあるのはWarszawa Wschodnia(東駅)だ。上述通り、一番便利な駅はその中央駅だ。それでも中央駅から旧市街までの距離はかなり大きい。殆ど全ての国際列車はその三つの駅に止まる。ワルシャワから直行でミンスクブレストモスクワキエフベルリンブラッセルプラハブダペストとポーランドの各都市へ行ける。詳細な情報はポーランドの往路を参照。

市内にはバス、Tramwaj(トラム)と Metro(地下鉄)は一番便利だ。しかし、地下鉄の線と駅は少ないからあまり使えない。切符はいつも同じで、普通の一回使える切符の値段は 2,40 Zł だ。

見所

ワルシャワは多様性の都市で、色々な相貌がある。当然ながら、一番綺麗な地区はStare Miasto(旧市街)だ。そこにいるとき、旧市街の美しさか、ポーランドにとって大変な戦後時代のときに行われた旧市街の再建かどちらのほうが尊重すべきかということは分からなくなる。旧市街自体はかなり小さくて、大きさは500×500メートルぐらいだけだ。半円状の旧市街は東で幅が広い河岸沿いの通りWybrzeże Gdanskie(グダンスクの岸)、そして他のところで丸い外壁に囲まれている。その外壁の前には濠があり、お城の堡塁みたいなものだ。外壁沿い、Podwale(堀)という通りがある。その堡塁の一番印象的な部分はBarbakan(=見張り塔)という旧市街の北端にある、15〜16世紀まで築かれたものだ。

 

バルバカンという堡塁の一部

バルバカンという堡塁の一部

 

そのバルバカンの北方には同じように小さくて、かなり古いNowe Miasto(新市街)が広がっている。旧市街には沢山の見所がある。南から入ると、まずPlac Zamkovy(王宮広場)がある。その広場には色々な高級のレストランやカフェー、お土産の店、そしてワルシャワのツーリスト・インフォメーションが並んでいる。王宮広場の真中にはKolumna Zygmunta III.(ズィグムント3世の円柱)が立ってある。彼のおかげで、昔のポーランドの首都はワルシャワへ遷都された。

 

旧市街を囲む堡塁から新市街を見る

旧市街を囲む堡塁から新市街を見る

 

王宮広場といえば、もちろん王宮もある。それはポーランド語でもただZamek Królewski(=王宮)と呼ばれていて、ワルシャワの真珠だと言ってもいいほど美しい。展覧会で見える戦後の王宮の廃墟を見ると、その1988年に完了された再建は本当に立派な業績だ。他のヨーロッパの王宮と比べると、ワルシャワの王宮の外見は大したものではないが、内装は凄い。

 

ワルシャワの王宮の中庭

ワルシャワの王宮の中庭

 

王宮が戦争で崩壊された前、内装の一部は安全な場所へ運ばれたのは僥倖だった。昔、この王宮は上述のズィグムント3世の所在地だった。そのとき、ワルシャワのバロック様式の王宮はヨーロッパの一番立派な王宮の一つだった。次の数百年間の間に、王宮は国会や将校などとして使われていた。

現在には、王宮には博物館と色々な展覧会が入っている。展覧会ずつ、別料金を払わなければならない。しかし、9 Zł で一番綺麗な部分が見える。日曜日には入場料は無料だが、それは特別な回路だからその日に見えないものが多い。それでも日曜日の回路は十分印象的だ。このワルシャワ王宮の観光は明らかにワルシャワの訪問のハイライトだ。

 

ワルシャワの王宮の訪問は忘れられない体験だ

ワルシャワの王宮の訪問は忘れられない体験だ

 

旧市街の中心にはRynek Starego Miasta(旧市街の市場)という広場がある。その広場は王宮広場から北へ200メートルだけ離れている。途中でArchikatedralna św. Jana(聖ヤン大聖堂)というゴシック様式の14世紀に建築された綺麗な教会が立っている。市場広場にはワルシャワの黄金時代の民家が並んでいる。その美しい建物は大体17〜18世紀に築かれたものだが、王宮と同じように全部は1945年以来再建された。同じ広場に面しているMuzeum Historyczne Miasta Stołecznego Warszawy(ワルシャワの歴史的な場所の博物館)には、戦前と戦後の旧市街の様子が見える:戦争の後、本当に何も残らなかった。市場広場の周辺を見ると、それは信じられない。王宮広場から、南へ走っているKrakowskie Przedmieście(クラクフ郊外通り)が始まる。その通り沿いにも沢山の見所が並んでいる。その内、様々な教会や博物館、ワルシャワの大学や宮殿などがある。それの一つはPałac Radziwiłłów(ラドズィウィフ宮殿)という必見の建物だ。ラドズィウィフというのは、ポーランドの歴史に大きな影響を与えた貴族だった。しかし、その貴族はいつか自分の所在地を現ベラルーシのニャズヴィシュへ移動した。その時代にはニャズヴィシュはポーランドの一部だった。現在にはこの立派な宮殿はポーランドの大統領の邸宅として使われている。

 

これは近代的なワルシャワだ

これは近代的なワルシャワだ

 

このクラクフ郊外通りはただ長さが4キロぐらいのSzlak Królewski(王様の小道)の最初の部分だ。この道路になった小道はワルシャワの王宮をŁazienkowski(ワジェンキ)公園と同名の宮殿と結んでいる。それはワルシャワの南部にある大きい公園で、宮殿以外には植物園とショパン博物館などもある。

ラドズィウィフ宮殿から西へ見ると、大きい国立劇場が見える。それの南方にはpl. Józefa Piłsudskiego(ピウスツキ広場)が広がっている。ピウスツキは有名な元帥だったが、二つの世界大戦の間に彼は独裁者のようにポーランドを統治した。ピウスツキは1935年に死亡した(参照:ポーランドの歴史)。しかし、ピウスツキは議論の余地がない人ではない。だからワルシャワの中心の広場をこの独裁者に捧げることは良いかどうかわからない。その広場の西方には大きい公園がある。その後ろ、ワルシャワの主な交通枢軸Marszałkowska(元帥)大通りが走っている。この通りを南へたどっていくと、すぐブーム中の近代的なワルシャワがみえる。その近辺にはぴかぴかしているガラス・鉄鋼・コンクリートの高層ビルが密集して、大きい工事現場もたくさんあるからこれからも高層ビルが増えてくるらしい。

 

巨大な文化科学宮殿

巨大な文化科学宮殿

 

その辺に、ワルシャワの一番大きいな建物が立っているが、その建物は近代的だとあまりいえない。1950年代に建築されたPałac Kultury i Nauki(文化と科学の宮殿)はスターリンからの贈り物だ。しかし、ワルシャワの市民はあまり喜ばなかったらしい。この巨大な建築物の高さは234メートルで、ポーランドの一番大きい建物だ。ワルシャワの文化科学宮殿はたった一つしかないものではない:それの兄弟はモスクワやリーガ(リガの版のほうは小さいが)などにもある。スターリンから愛を込めて・・・現在には、この建物には色々なコンファレンス・ホールや映画館、技術博物館などがある。そして30階には展望台がある。ワルシャワの市民によって、そこからのワルシャワの眺望は一番いい。その理由は展望台の高さではなくて、ただその展望台から文化科学宮殿自体が見えないという理由だ。

残念ながら、町は最近その宮殿を広告手段として使っている。確かに文化科学宮殿の外見はあまり綺麗ではないが、外につけてある膨大な宣伝のポスターのせいで、宮殿はもっと醜くなってしまった。宮殿の正面の前、小さい公園がある。それは今でも時々屋外バザーとして使われている。宮殿の前の大通りを渡ると、地下の中央駅のホールに入ることができる。

 

ワルシャワ:ミロフ市場のホール

ワルシャワ:ミロフ市場のホール

 

バザーといえば、文化科学宮殿の前のバザーはワルシャワで珍しいものではない。ポーランドの各都市には大きいホールに入っている市場がよくある。1990年代以来郊外に築かれたショッピング・センター、そして市内に増えてきたスーパーは確かに伝統的な市場の存在を脅かしているが、色々な市場は残っている。中央駅からal. Jana Pawła II.(ヨハン・ポール2世通り)を1.5キロぐらい北方へたどっていくと、右側にHala Mirowska(ミロフ・ホール)という綺麗な市場のホールが見える。そのバザーは相変わらずかなり賑やかで、見応えのある場所だ。もちろん、上述の見所より他の名所もたくさんある。中心には、どこにもワルシャワ蜂起とゲットー蜂起の記念碑がある。戦前のワルシャワには無数のシナゴーグがあったが、今では一軒しか残っていない。当然ながら、沢山の博物館と美術館もある。しかし、私は誰かに『二日間ぐらいポーランドへ行きます。その短い間にどこへ行けばいいのか』と聞かれるとき、『ワルシャワへ!』と答えない。ポーランドにはワルシャワより雰囲気がよい場所が沢山あるからという理由がある。しかし、一週間以上ポーランドを旅行する場合には、ワルシャワは必見の場所だ。

宿泊

ワルシャワは首都だから、宿泊所がもちろんたくさんある。しかし、ごく最近まで、ブカレストの Villa Helga や ビリニュスの Old Town Hostel などのような面白いホステルがなかった。それがやっと変わってきた。今では国際的ホステルがある。そのホステルの本当にバカな名前はDizzy Daisyだ。自分でそこに泊まる機会がまだなかったが・・・このホステルは他のポーランドの大都市もあり、インターネットで探すとすぐみつける。

中央駅には宿泊所を仲介するオフィスがあるが、そのオフィスは時々開いていない。一つのお勧めは次のようだ:Pokoje Gościnne Feredacji Metalowcy(冶金学者連合の宿屋)という名前を聞くと、「ここは本当に泊まっていいのかな」と思ってもいいけど、実はそれはかなり普通のホテルだ。ロケーションと部屋の内装などをみると、それは結構いい宿泊所だ。ダブルの値段は約 2500円だが、バスは共用だ。それのロケーションはすごくいい。旧市街の入り口は500メートルだけ離れている。

住所

ul. Długa 29, 電話: 022-832 4021, Fax: 022-635 5460.

Mamaison Hotel Le Regina

Warsaw · Koscielna 12 Street


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 61
価格: 101米ドル〜
レビュー 9.2/10

今すぐ予約!
ワルシャワ中心部の中心に位置するママイソン ホテル レ レジーナは、ワルシャワ観光にもってこいの滞在先です。 エキサイティングなスポットが、ホテルからたった2.0 kmです。 ホテルに滞在すれば、ホーリー サクラメント教会, ニュー タウン, マリアスコロドフスカ-クリエ博物館 のような観光名所に簡単にアクセスできます。 一流のサービスを提供し、幅広いアメニティを完備するママイソン ホテル レ レジーナでは、滞在する誰もがゆったりとリラックスできます。 ホテル内施設には、バレーパーキング, 公共エリアでのWi-Fi, ルームサービス, レストラン, 空港送迎 があります。 全61室の上品に装飾された客室があります。全室に エアコン, プライベートプール, セーフティーボックス, バスタブ, 衛星テレビ/ケーブルテレビ が完備してあります。 屋内プール, サウナ, ジム/フィットネス, ガーデン, スパ のような充実した娯楽施設がホテルにあります。 便利で快適なワルシャワのホテルを探しているなら、 ママイソン ホテル レ レジーナはもってこいです。

Hilton Warsaw Hotel and Convention Centre

Warsaw · Grzybowska 63


建築年: 2006
位置: 地図
ホテルの階数: 28
客室数: 314
価格: 173米ドル〜
レビュー 8.8/10

今すぐ予約!
ワルシャワの便利なロケーションに位置しているホテルを探しているなら、ヒルトン ワルシャワ ホテル & コンベンション センターがオススメです。 11 kmしか離れていないので、この5つ星ホテルは空港にアクセスするのに大変便利です。 このモダンなホテルは、ワルシャワライジング博物館, ノジク シナゴーグ, アワー ルーツ のような観光スポット周辺に位置しています。 Hilton Worldwideが提供する素晴らしいサービスとアメニティで、リラックスして滞在できます。 ホテル内にある バレーパーキング, 24時間ルームサービス, VIPルーム設備, 公共エリアでのWi-Fi, セーフティーボックス を利用できます。 シャワーと浴槽は別, 衛星テレビ/ケーブルテレビ, 書斎デスク, ヘアドライヤー, セーフティーボックス のようなハイクオリティな客室アメニティが完備してあるので、1日の疲れを癒すのにもってこいです。 マッサージ, 屋内プール, スパ, ジャグジー, ジム/フィットネス のようなトップクラスの娯楽施設が充実しているので、1日の疲れを癒すことも、体を動かして汗を流すこともできます。 便利で快適なワルシャワのホテルを探しているなら、 ヒルトン ワルシャワ ホテル & コンベンション センターはもってこいです。

Sofitel Victoria Warsaw Hotel

Warsaw · 11 krolewska street


建築年: 1976
位置: 地図
ホテルの階数: 7
客室数: 336
価格: 70米ドル〜
レビュー 8.7/10

今すぐ予約!
ワルシャワの便利なロケーションに位置しているホテルを探しているなら、ソフィテル ビクトリア ワルシャワ ホテルがオススメです。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 ホテルに滞在すれば、ザヘンタ現代美術館, トゥーム オブ ザ アンノーン ソルジャー, エバンジェリカル教会 のような観光名所に簡単にアクセスできます。 Accor Hotelsは、一流のサービスと最新のホテル設備を兼ね揃えています。ソフィテル ビクトリア ワルシャワ ホテルの滞在は、きっと素晴らしいものになるでしょう。 快適に宿泊できるよう、ホテルにはビジネスセンター, ベビーシッター/託児施設, レストラン, バー, バレーパーキング のようなホテル施設が完備してあります。 全336室から選ぶことができます。どの客室もリラックス空間が約束されます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 ビジネス客、レジャー客のどちらでも、ソフィテル ビクトリア ワルシャワ ホテルは滞在先としてもってこいのホテルです。

Novotel Warszawa Centrum Hotel

00-510 Warsaw · ul Marszalkowska 94/98


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 740
価格: 65米ドル〜
レビュー 8.5/10

今すぐ予約!
ノボテル ワルシャワ セントリウム ホテルは高品質の客室と素晴らしいサービスを提供してくれるホテルです。ワルシャワでの滞在中は、自宅にいるかのように感じるでしょう。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 フォトプラスティコン, ドラマティチニ シアター, ブリティッシュ カウンシル 近隣に位置しており、周辺が整備されているホテルなので、滞在先として大変魅力的です。 一流のサービスと最新設備を兼ね揃えるノボテル ワルシャワ セントリウム ホテルでの滞在は、きっと忘れられない思い出になります。 ホテル内にある ビジネスセンター, ランドリー/ドライクリーニング, ペット可, 空港送迎, ルームサービス を利用できます。 全740室あるホテル客室の1室に入るとすぐに、衛星テレビ/ケーブルテレビ, コーヒー・ティー, ヘアドライヤー, ミニバー, 禁煙ルーム のような客室アメニティで日常の喧騒を忘れることができます。 屋外プール, スパ, ジム/フィットネス, サウナ, スチームルーム のようなトップクラスの娯楽施設が充実しているので、1日の疲れを癒すことも、体を動かして汗を流すこともできます。 便利で快適なワルシャワのホテルを探しているなら、 ノボテル ワルシャワ セントリウム ホテルはもってこいです。

Mercure Warszawa Grand Hotel

00-522 Warsaw · 28 Krucza Street


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 299
価格: 59米ドル〜
レビュー 8.5/10

今すぐ予約!
ワルシャワの文化, 観光, ショッピングなエリアに位置するメルキュール ワルシャワ グランド ホテルは、ビジネス客とレジャー客のどちらのタイプにもオススメのホテルです。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 ホテルに滞在すれば、インスティチュートイタリアノディクルトゥーラ, セント アレキサンダーズ教会, ポロニア シアター のような観光名所に簡単にアクセスできます。 Accor Hotelsが提供する素晴らしいサービスとアメニティで、リラックスして滞在できます。 いくつかのホテル内施設を挙げれば、ベビーシッター/託児施設, セーフティーボックス, エレベーター, バー, 館内ショップ があります。 メルキュール ワルシャワ グランド ホテルの雰囲気が客室にも見え隠れします。全室に 禁煙ルーム, セーフティーボックス, アイロン設備, 書斎デスク, 衛星テレビ/ケーブルテレビ などが完備してあります。 喧騒から離れてゆったりできるように、ジム/フィットネス, サウナ のような娯楽施設がホテルには充実しています。 何でもそろうメルキュール ワルシャワ グランド ホテルは、ワルシャワの中でもクオリティの高いホテルです。

Royal Route Residence

00-029 Warsaw · Nowy wiat 29 / 3, Srdmiescie


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 15
価格: 78米ドル〜
レビュー 8.4/10

今すぐ予約!
ワルシャワの観光, ショッピング, 文化なエリアに位置するロイヤル ルート レジデンスは、ビジネス客とレジャー客のどちらのタイプにもオススメのホテルです。 市内から0Kmに位置しているので、滞在客は多数の観光アクティビティが楽しめます。 フレデリック チョピン 博物館, 国立博物館, チョピン博物館 のような観光スポットから近い滞在先を探しているなら、このホテルがもってこいです。 一流のサービスと最新設備を兼ね揃えるロイヤル ルート レジデンスでの滞在は、きっと忘れられない思い出になります。 いくつかのホテル内施設を挙げれば、ペット可, 空港送迎, 公共エリアでのWi-Fi があります。 全室に キチネット(簡易台所), エアコン, 衛星テレビ/ケーブルテレビ, ヘアドライヤー, シャワー が完備してあるので、目利きの宿泊客でも満足できます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 ビジネス客、レジャー客のどちらでも、ロイヤル ルート レジデンスは滞在先としてもってこいのホテルです。

Mamaison Residence Diana

Warsaw · 13A Chmielna Street


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 46
価格: 139米ドル〜
レビュー 8.4/10

今すぐ予約!
ママイソン レジデンス ダイアナは、 ワルシャワを観光するのに理想的なワルシャワ中心部に位置しています。 エキサイティングなスポットが、ホテルからたった1 kmです。 ホテルに滞在すれば、国立博物館, セント アレキサンダーズ教会, フレデリック チョピン 博物館 のような観光名所に簡単にアクセスできます。 他ホテルでは体験できないサービスとアメニティのあるワルシャワでの滞在は、きっと素晴らしい時間になります。 ホテル内施設には、空港送迎, ファミリールーム, 駐車場, VIPルーム設備, レストラン があります。 全46室の上品に装飾された客室があります。全室に コーヒー・ティー, 洗濯機, シャワー, 液晶テレビ/プラズマテレビ, インターネット - WiFi が完備してあります。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 理想的なロケーションと充実したホテル施設といった好条件を兼ねそろえるママイソン レジデンス ダイアナは、とっておきの滞在先です。

Mercure Warszawa Centrum Hotel

Warsaw · 48-54 Zlota Street


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数:
価格: 54米ドル〜
レビュー 8.3/10

今すぐ予約!
ワルシャワの便利なロケーションに位置するメルキュール ワルシャワ セントゥルム ホテルは、この魅力的な都市を観光するのにもってこいの滞在先です。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 アクティブに観光したい旅行者なら ズローテ タラスィー, パレス オブ カルチャー & サイエンス, キノテカ がオススメです。 Accor Hotelsは、一流のサービスと最新のホテル設備を兼ね揃えています。メルキュール ワルシャワ セントゥルム ホテルの滞在は、きっと素晴らしいものになるでしょう。 ビジネスセンター, 駐車場, ランドリー/ドライクリーニング, ツアーデスク, レストラン などのホテル内施設が完備してあり、滞在が満喫できます。 豊富な客室アメニティが揃えてあるので、充実した滞在ができます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 ビジネス目的でもレジャー目的でも、メルキュール ワルシャワ セントゥルム ホテルはワルシャワの滞在先としてぴったりです。

JM Apart Hotel

00-844 Warsaw · Grzybowska 45 Street


建築年: 2012
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 186
価格: 42米ドル〜
レビュー 8.2/10

今すぐ予約!
2012に建築されたJM アパート ホテルは、ワルシャワでも特に有名なホテルです。必ず満足するチョイスとなるでしょう。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 ホテルは便利なロケーションなので、都市の見どころに簡単にアクセスできます。 滞在客が快適に滞在できるよう、JM アパート ホテルは素晴らしいサービスとアメニティを兼ねそろえています。 快適に宿泊できるよう、ホテルにはエレベーター, 空港送迎, バー, ファミリールーム, ペット可 のようなホテル施設が完備してあります。 全室に 禁煙ルーム, ヘアドライヤー, ミニバー, キチネット(簡易台所), 書斎デスク があるので、快適に滞在できます。 一日中、ジム/フィットネス などでゆったりとした時間を過ごせます。 便利なロケーションにある JM アパート ホテルはホテル施設も充実しており、ワルシャワの滞在先としてパーフェクトです。

Babka Tower Suites

00-175 Warsaw · Al. Jana Pawla II 80/D44


建築年: 2000
位置: 地図
ホテルの階数: 25
客室数: 30
価格: 59米ドル〜
レビュー 7.8/10

今すぐ予約!
バブカ タワースイーツは高品質の客室と素晴らしいサービスを提供してくれるホテルです。ワルシャワでの滞在中は、自宅にいるかのように感じるでしょう。 中心部から1 Kmしか離れていないので、多数の観光スポットに簡単にアクセスできます。 このモダンなホテルは、アルカディア ショッピングモール, ウスクラウラッツ モニュメント, モニュメント トゥ モルデハイ アネレウィツ のような観光スポット周辺に位置しています。 一流のサービスを提供し、幅広いアメニティを完備するバブカ タワースイーツでは、滞在する誰もがゆったりとリラックスできます。 バブカ タワースイーツのホテル施設には、ファミリールーム, 公共エリアでのWi-Fi, VIPルーム設備, ツアーデスク, バー などがあります。 全室に アイロン設備, バスタブ, インターネット - WiFi (無料), ミニバー, 電子レンジ があるので、快適に滞在できます。 ジム/フィットネス, ガーデン, サウナ, マッサージ, ジャグジー のようなトップクラスの娯楽施設が充実しているので、1日の疲れを癒すことも、体を動かして汗を流すこともできます。 何でもそろうバブカ タワースイーツは、ワルシャワの中でもクオリティの高いホテルです。

リンク集

  • www.e-warsaw.pl:ワルシャワの公式のページ。英語版などもある。情報が多いからかなり使える。
  • www.warsawtour.pl:ワルシャワの観光局のページ。イベントや見所などについての詳しい情報がたくさんある。ポーランド語と英語。
  • andrzej-k.hp.infoseek.co.jp/warschau.shtml:ワルシャワの写真集。日本語。

ワルシャワについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか?その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。商業上のホームページはお断りです。

Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>