リトアニア:ヴィリニュス


一般的な情報 | 見所 | 周辺 | 宿泊・食事 | リンク集

一般的な情報

地名

ヴィリニュスのロケーションVilnius(ヴィルニュス)。しかし、日本語にはヴィリニュス、そしてビリニュスは一番普及している。歴史的な理由で、色々なバージョンがある。ドイツ語での地名はWilna(ヴィルナ)だが、その名前はもうあまり使われていない。ポーランド語の地名はWilno(ヴィルノ)、イッディッシュ(中世ドイツ語とヘブライ語との混成語)の地名はWilne(ヴィルネ)だ。ソ連時代のとき、この地名はВильнюс(ヴィリュニュス)と書かれていた。ヴィリニュスという名前は多分Vilnia(ヴィルニャ)という市内でネリス川に流れ込んでいる小川の地名に由来している。

位置

バルト三国の内、ヴィリニュスは唯一のバルト海から離れている首都だ。ヴィリニュスはリトアニアの東部の真中にあり、ベラルーシとの国境は東へ40キロしか離れていない。周辺は丘陵地で、その辺には森林が多い。Neris(ネリス川)は町全体を貫流して、そしてKaunas(カウナス)でネムラス川に流れ込んでいる。ヴィリニュスは同名のVilniaus Apskritis(ヴィリニュス管区)の中心だ。その管区はAukštaitija(上部リトアニア)州の一部だ。

人口

2001年の統計によって、人口は54万人ぐらいだ。市民達のリトアニア人の割合は58%だけで、他のリトアニアの地方と比べて低い。それに加えて、19%はポーランド人、14%はロシア人だ。それ以外、ベラルーシやウクライナ、ユダヤ人などの少数民族もある。

町の姿

ラトヴィアの首都リーガとエストニアの首都タリンと同様に、ビリニュスの特徴はうまく保存されている旧市街だ。しかし、一つの主な差異がある:ヴィリニュスにはハンザ同盟風の雰囲気が全くない。首都のStotis(駅)はヴィリニュスの南部にあり、駅から出て左を見ると、大きいAutobusų Stotis(バス・ターミナル)が見える。駅前の広場は大切なトロリーバスとバス停だ。

 

ネリス川の北岸のモダンなビリニュス

ネリス川の北岸のモダンなビリニュス

 

ヴィリニュスのSenamiestis(旧市街)は駅から北へ500メートルだけ離れて、ネリス川まで広がっている。旧市街の北端から南端までの距離は1.5キロぐらいだ。東方の境界はVilnia(ヴィルニャ)小川、西方の境界は長いPylimo St.(ピーリモ通り)というメイン・ストリートの一つだ。西から東までの距離は1.2キロだ。ヴィリニュスの旧市街は比較的に広いが、何でも徒歩で観光することができる。町全体を囲んだ外壁は大体なくなってしまったので、旧市街はどこから始まるかというのは所々で分かりにくい。旧市街の西にはあまりモダンではないNauja miestis(新市街)が広がっている。ネリス川の北岸のほうは高層ビルもある近代的なビリニュスだ。駅の南には殺風景な住宅地や産業地帯などだけがある。

歴史

ビリニュスの創立の目的は強化してきたリトアニア公国の新しい首都の創始だった。場所は完璧だった:丘に囲まれている二つの川がある谷は防衛しやすい。1316年にヴィリニュスの創立を命じたのはゲディミナス大公だった。7年後、ヴィリニュスはリトアニアの首都になった。ポーランド・リトアニア同盟時代にもヴィリニュスは繁栄して、カトリック教とユダヤ教の大切な中心になった。ユダヤ人が非常に多かったから、北のエルサレムというあだ名があった。1579年、リトアニアの最初の大学が創設された。しかし、政治的に意義があったヴィリニュスの重要さは段々少なくなってしまって、この町はただ普通のポーランドの町になった。

ヴィリニュスの平和時代は数百年間かかった。しかし、1702年の大北方戦争のとき、スウェーデンの軍隊はヴィリニュスを攻撃して、町の大部分を崩壊してしまった。戦後、ヴィリニュスはのニスタド講和条約の結果として1915年までロシア帝国の領地になった。その後、大混乱時代が始まった。最初にはドイツはビリニュスを占領した。1918年の撤退の後、リトアニアは独立を宣言してヴィリニュスを首都にした。しかし、1920年、ポーランドはヴィリニュスとその周辺を襲って占領した。1939年、ドイツはポーランドを占領して、それと共にヴィリニュスはまたリトアニアの首都になった。1941年、またドイツの軍隊はバルト三国全体を占領した。ドイツの支配者はまずゲットーを作って、ヴィリニュスに定住していたユダヤ人の大部分を殺戮した。ヴィリニュスの周辺にも大量射殺があったが、ユダヤ人の大部分は強制収容所へ抑留された。

1944年には赤軍がヴィリニュスを”解放”した。ヴィリニュスは初回に共産主義の町になった。1990年まで、ヴィリニュスはリトアニア社会主義ソビエト共和国の首都だった。残念ながら、その時代には旧市街の大部分が荒廃してしまった。1990年、リトアニアは新たに独立を宣言して、首都になったのはもちろんヴィリニュスだった。しかし、流血の事件が発生してしまった。その事件は血の日曜日として有名になった。大きなデモを解散するため、ゴルバチョフは戦車の使用を命じた。結果としてはテレビ塔の周辺で14人のリトアニア人が射殺されたまたは戦車に轢かれた。
独立の後、色々な変化があった。旧市街全体は修復されて、1994年にユネスコの世界遺産に登録された。今ではほとんど誰でも簡単にリトアニアへ行けるから、外国から来る観光客の人数は急増してきた。それに加えて、ヴィリニュスは大切な巡礼地と大司教の所在地として主な役を演じる。

往路と市内交通

外国からリトアニアとビリニュスへの行き方についてはリトアニアの往路を参照してください。ヴィリニュスの旧市街はあまり広くないし、バス・ターミナルと駅はそんなに遠くないから、何でも徒歩で観光することができる。そして旧市街に入るバスなどがあまりない。それ以外はバスとトロリーバスは一番役を立てる交通手段だ。切符はキオスクで販売されていて、普通の切符の値段は 0.80 Lt だけ。バスの運転手も切符を売っているが、それのほうが高い。一日間の乗り放題の切符は4Lt だけかかってお得だ。

見所

上述どおり、ビリニュスの旧市街はリーガタリンの旧市街と全く違う。タリンの旧市街はすごくお洒落だが、堡塁などのせいで雰囲気は所々で少し猛々しい。リーガはハンザ同盟のような町だが、ドイツに与えられた影響は紛れもないものだ。それにもかかわらずリーガは近代的な町だ。それと対照的に、ヴィリニュスは落ち着いたところで、雰囲気は特別だ。それはユネスコの文化遺産になったSenamiestis(旧市街)でどこにも味わえる雰囲気だ。駅から行くと、徒歩で10分ぐらい離れているAušros Vartai(黎明の門)を通過して旧市街に入るのはベストだ。門の前には凄い交通がある大きい交差点がある。門の後ろはバロック様式の世界が始まる。狭い横町と華麗な宮殿、教会や円頭石舗装の道路 ― 門前と門裏の差は渋谷と萩の間の差とほぼ同じ。

 

聖テレサ教会

聖テレサ教会

 

実は昔は九つの門があったが、今まで生き延びた門はこの黎明の門だけだ。門ばかりではなくて、旧市街全体を囲んだ外壁の大部分はなくなってしまった。唯一の残った外壁の一部は旧市街の東南部に立っている。門の中のやや長いトンネルを通過した後、Aušros Vartų(黎明通り)が始まる。右手には小さくて素敵なŠv. Teresės Bažnyčia(聖テレサ教会)という新古典様式で改築された建物が見える。向こう側にはすぐ次の教会が待っている。それはŠv. Trejybės Cerkvė(聖三位一体教会)だ。このバロック様式の建築物は教会と修道院として使われて、東方帰一教会のものだ。東方帰一教会というのは何だろう?昔、正教会の一派とカトリック教会は妥協した。信仰者は相変わらず正教会の教徒だが、教皇の権威を承認している。この教会の一派はブレストの宗教講和の結果だ。

右手には赤紫色の綺麗な門がある。それはŠv. Dvasios Cerkvė(聖霊教会)の入り口だ。この教会はロシア正教会のもので、他の教会と同様に建築的な真珠だといってもいいほど美しい。それは全部ではない:近辺には諸聖人教会や聖カジミエル教会、聖母マリア教会などもある。

 

ヴィリニュスの旧市街の中

ヴィリニュスの旧市街の中

 

上述の黎明通りをもっと北方へたどっていくと、すぐRotušės Aikštė(市庁舎広場)がみえる。当然ながら、ヴィリニュスはの旧いRotušė(市庁舎)はその広場に面しいている。旧市庁舎は南側にみえる。広場自体はあまり広くなくて、昔から旧市街の中心だった。最古の市庁舎は戦争のときに崩壊されたから、18世紀に新しいクラシシズム様式の市庁舎が建築された。それ以外は、市庁舎広場には見所があまりない。もっと北方へ歩くと、Didžioji(ディジョイ)通り-Strasseが始まる。その通りは結局Pilies(お城)通りになっている。それをたどっていくと、数分後ĄiKatedros Aikštė(大聖堂広場)というヴィリニュスの最大な広場に着く。お城通りはかなり狭くて、部分的に屋外市場として使われている散歩しやすい通りだ。

大聖堂広場の真中にはすぐ目立っているArkikatedra Bazilika(大聖堂)とその鐘の塔、そして騎士の立像が立っている。この大聖堂の別名は聖スターニスラウス教会だ。しかし、側または後ろから見ると、それは教会だとあまり見えない。現在に見える大聖堂は18世紀に改築されたもので、クラシシズム様式の建築物だ。14世紀後期まで、同じ場所に雷神に捧げられた礼拝堂が立っていた。今の大聖堂の先駆けは14世紀後期以来作られた教会だった。ヴィリニュスの大聖堂は大司教の所在地だ。教会の正面はクラシシズム様式の典型的な例の一つで、屋根の上にある三人の聖人の立像は面白い。大聖堂は塔がないが、その代わりに、側には別のVarpinė(鐘の塔)が立っていて、その塔の高さは53メートルだ。

 

大聖堂、鐘の塔と騎士の立像

大聖堂、鐘の塔と騎士の立像

 

大聖堂から南へ旧市庁舎方面に歩くと、すぐ大きくて綺麗なVilniaus Universitetas(ヴィリニュス大学)が見える。この大学はポーランドの王様 Stefan Batory(シュテファン・バトリ)が1579年に創立したもので、リトアニアの最古の大学だ。1700年以来、ヴィリニュスはロシア帝国の領地になって、大学は反対運動の本拠になった。そのため、ロシアは100年間ぐらい大学を封鎖してしまった。学園の領地は非常に広くて、特別な市区を作り上げている。ほとんど全ての建物はバロック様式のもので、それに加えて建物の中には沢山の立派なフレスコがみえる。全部で12の中庭があり、書店や食堂、そしてŠv. Jono Bažnyčia(聖ヨハン教会)という18世紀のバロック様式の素晴らしい建物などもある。現在には、約2万人の大学生がいる。大学生のおかげで、ヴィリニュスの中心には”大学の町”のような雰囲気が味わえる。

学園の西には三角のDaukanto Aikštė(ダウカンタス広場)がある。その広場の南側には大きい大統領官邸がある。その官邸は国家的慶弔行事が行われているところだ。

 

ビリニュスの中心にある大統領の官邸

ビリニュスの中心にある大統領の官邸

 

大聖堂の東には古い宮殿の発掘所があるが、廃墟はかなり少なくて大したものではない。その後ろ、珍しい丘が目立っている。丘の上には古い塔が立っていて、その周りは公園になっている。丘の上にはGedimino Pilis(ゲディミナス城)の廃墟がある。ゲディミナスはリトアニアの有名な大公だった。その大公は中世期に首都をトラカイからビリニュスへ遷都して、そのおかげでビリニュスの黄金時代が始まった。お城のロケーションは完璧だ:北側と東側には川があり、その丘の上からの眺望はすごくいい。このお城の創立は同時にヴィリニュスの創立だった。

最初には上部のお城、続いて下部のお城と他の堡塁が築かれた。残念ながら、ロシアは19世紀に要塞全体を取り壊してしまった。特異の建築物としては六角のあまり高くないGedimino Bokštas(ゲディミナス塔)だけが残っていて、塔の上にはリトアニアの国旗が風になびいている。塔は城博物館の一部で、登ることもできる。残念ながら、冬の月曜日には全ての博物館は休館中だ。雨が降ってもお城の丘は行く価値のあるところだ。お城の下にはリトアニア民族博物館と考古学博物館、そして工芸博物館がある。丘の北にはNeris(ネリス)川が流れている。向こう側にはモダンなビリニュスが広がっている(参照:一番上の写真)。

 

ゲディミナス城と六角の塔

ゲディミナス城と六角の塔

 

お城から東方を見ると、Vilnia(ヴィルニャ)小川の向こう側にもう一つの丘が見える。その上、やや珍しいモニュメントがある。この丘はTrijų Kryžių Kalnas(三つの十字架の丘)と呼ばれている。伝説によって、昔には7人のフランシスコ会の修道士が殺され、その内3人が磔にされた。その事件を基づいて、三つの大きな十字架が作られた。しかし、ソ連時代にはこの十字架が壊された。1989年、十字架のモニュメントは立て直されたが、今回三つのコンクリートの十字架が作られた。
ヴィリニュスは昼中ばかりではなくて、夜にも面白い。沢山の旧市街の建物はライトアップされていて、無数の投光装置が点々している。しかし、横町はかなり暗くて、隠されているバーとレストランが多いから夜の散歩は大変お勧めだ。

 

ヴィリニュスの夜景は素晴らしい

ヴィリニュスの夜景は素晴らしい

 

旧市街の一部はヴィルニャ小川の東岸に広がっている。その地区はUžupio(川の向こう側という意味)と呼ばれて、特に芸術家などのボヘミアンの大人気の住宅地だ。修復されていないおんぼろの家などが多いので、雰囲気は他の旧市街とかなり違う。ウジュピスへの橋を越えると、左側にまずUžupio Res Publika(ウジュピス共和国)と書いてあるサインが見える。この辺はちょっとプラハの色々な市区に似ている。

 

新しいものと古いものは混合する場所が多い

新しいものと古いものは混合する場所が多い

 

この旧市街の名所の一覧表は完全なものではない。そして旧市街ではなくて新市街や他の地区にも色々な名所がある。その内、Tarybos Rumai(国会議事堂)という遠くて西にある建築物やKGB(ソ連の国家保安委員会)博物館、北東にある古いŠv. Petro ir Povilo Bažnyčia(聖ピーターとポール教会)という数千個の彫像がある教会、そして新市街にたっているフランク・ザッパ記念碑(有名な70年代のアメリカの歌手)というローカルのラジオ・ステーションが提供した彫像などの見ごたえのある場所がある。

以上ではないが、ヴィリニュスの一番いい観光のやり方はただ旧市街を散歩することだ。中心にいるとき、首都にいる感じが全くしない。平日午後中にも人が少ないし、市民たちはだいたい優しい人だ。そのおかげで、観光客は大歓迎だとすぐわかる。

周辺

ヴィリニュスから数キロ北方へ行くと、Europaparkという遊園地がある。その遊園地の宣伝によって、そこはヨーロッパの真中だ。ヨーロッパには同じことを言い張る町などがかなり多いが、自分の意見によって、文化的にも地理学的にもヨーロッパの真中はウクライナの小町ウジゴロドの周辺にあるところだ。
日帰り旅行したい場合には、トラカイという素晴らしい村+水城はお勧めだ。トラカイはバスで30分ぐらいだけ離れて、必見の場所だ。

宿泊

安宿も最高級のホテルも沢山ある。私たちはまずŠopeno Hostel(住所: Šopeno 通り 12-2)へ行ってみた。一人一泊は 25 Lt(1000円以下)だけだ。道標などがないが、窓にはユース・ホステルの小さいサインがある。 このホステルは駅から徒歩で5分だけ離れている。しかし、冬のとき、このホテルは閉鎖中だ。

次にOld Town Hostelという Aušros Vartai(黎明の門、旧市街の入り口)から徒歩で2分だけ離れているホステルへ行ってみた。そこには地下に共用ルームがある。無料のインターネット、共用キッチンと無料のコーヒーなどがあるから中々便利だ。このホステルはバックパッカーの大人気のところ(実は半分以上は日本人・・・)で、スタッフは親切だ。ドーミトリーのベッドは 32 Lt(1200円)かかり。大きくて、バスとキッチン付きダブルもある。それは100 Lt(一人2000円)かかって、お得だ。部屋は少ないから、特に夏には予約したほうがいいと思う。
住所:Aušros Vartų 20-15a(中庭にある。外には大きいユース・ホステルのサインがあるからとても分かりやすい) 電話: 05-262 5357. メール:oldtownhostels@delfi.lt、URL: www.balticbackpackers.com

AirInn Vilnius

02187 Vilnius · 8 Rodūnios kelias


建築年: 1986
位置: 地図
ホテルの階数: 4
客室数: 115
価格: 93米ドル〜
レビュー 7.9/10

今すぐ予約!
エアイン ビリニュスは高品質の客室と素晴らしいサービスを提供してくれるホテルです。ビリニュスでの滞在中は、自宅にいるかのように感じるでしょう。 市内のエキサイティングなスポットまで 5 kmなので、この3つ星ホテルから観光アトラクションまで簡単にアクセスできます。 ビリニュス国際空港, ザ ¿ ビルディング, ゲイツ オブ ダウン のような主要な観光スポットから近いため、このホテルは多くの旅行者に選ばれています。 一流のサービスを提供し、幅広いアメニティを完備するエアイン ビリニュスでは、滞在する誰もがゆったりとリラックスできます。 この上品なホテルでは、滞在客はランドリー/ドライクリーニング, ルームサービス, バー, 24時間ルームサービス, 公共エリアでのWi-Fiを満喫できます。 全115室から選ぶことができます。どの客室もリラックス空間が約束されます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 エアイン ビリニュスでプロフェッショナルなサービスと充実したホテル施設を満喫して下さい。

リンク集

  • www.vilnius.lt:ヴィリニュスの公式のページ。バーチャル・ツアーなどもある。リトアニア語と英語。
  • www.inyourpocket.com/lithuania/vilnius/en/:ビリニュスの場合にもすごく助かる: InYourPocket のガイド。英語。
  • www.din.or.jp/~takamura/:個人旅行者のヴィリニュスや他のバルト三国の観光地を紹介するページ。日本語。

ヴィリニュスについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか?その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。商業上のホームページはお断りです。

Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>