リトアニアについて


一般的な情報 | 自然 | 歴史 | 旅行案内 | リンク集

一般的な情報

国名

リトアニアの国旗Lietuvos Respublika (リトアニア共和国)。通称はただLietuva (リートゥヴァ)だ。英語にはこの国はLithuania(リフアニア)と呼ばれて、日本語での地名はそれに由来している。伝説によって、この地名はラテン語のLitusに由来して、それの意味はただ「みぎわ」だ。
1940〜41年、そして1944から1991年まで、リトアニアはソ連の15ヶ国の一つだった。そのときの公式の名前はЛитовская ССР (リトフスカヤ社会主義ソビエト共和国)だった。

面積

65,301 km²。リトアニアは北の隣国ラトヴィアより少しだけ大きくて、北海道の8割ぐらいの面積だ。

人口

約361万人。* (2004年現在)。北海道の6割以上だ。しかし、ずっと続いている少子化のせいで、人口は下降の傾向を示している。

民族

80.6%はリトアニア人で、ロシア人は8.7%だけ。他の旧ソ連の諸国と比べて、ロシア人の割合は非常に低い。約7%はポーランド人で、その理由は歴史的なものだ。その他にはベラルーシ人やウクライナ人などの少数民族だ。

宗教

昔から、ほとんど全てのリトアニア人はローマ・カトリックだ。それ以外はプロテスタントや正教会、浸礼派、ユダヤ教などの教徒もいる。

時差

日本より6時間遅れ。サマータイムがあるので、 4月の下旬から10月の下旬まで (大体その月の最後の土日の間の夜から) 時差は日本より7時間遅れるようになる。

リトアニアの地図:クリックしてみてください

リトアニアの地図:クリックしてみてください

言語

リトアニア語。それはバルト族というインド・ヨーロッパ語族の部族の言語で、同じ部族に入るのはラトヴィア語、そしてもう廃れたプロシア語とリーヴ語だけだ。
研究者によって、リトアニア語はもしかすると原インド・ヨーロッパ語に一番近い言語だ。違う言葉でいうと、この言語には色々な昔のままの文法的構造が残ってあり、時々ラテン語との共通点もある。その上、沢山の古い言葉がある。当然ながら、長い歴史の間にはたくさんのドイツ語やロシア語、ポーランド語と最近から英語の外来語が入ってきた。しかし、その外来語や外国の名前などはリトアニア語の書き方に順応されている。

英語と同様に、名詞は小文字と書かれて、そして二つの性がある。「The」のような定冠詞・不定冠詞がないが、その代わりには名詞の語尾は性に応じる。全部で七つの格(英語:0、ドイツ語:4、ロシア語:6)がある。一つの特徴はリトアニア語の過去形だ。過去の出来事について話す場合、一回限りと数回の過去形がある。リトアニア語にはローマ字が使われている。しかし、様々な発音区別符号付き特殊文字がある。こういうふうに、ローマ字はリトアニア語の発音に適合された。その内、上に点があるまたは下にコンマがある母音(大体長母音になるという意味)、そして歯擦音になる子音が多い。詳しくいうと、符号付き文字または読み方は英語と違う文字は次のようだ:

  • Ą (ą) : これはいつも「ラーメン」の中の「アー」として発音されている。「,」がない「A」は時々短く、時々長く読まれている。
  • Ę (ę): 長くて、開いている「エー」。日本語にも英語にも使われていない音だ。「,」がない「A」は時々短く、時々長く読まれている。
  • C (c): いつも「ツ」として読まれている。
  • Č (č) : 「チ」として発音されている。
  • ch: 障害音の内で無声軟口蓋音。日本語にはないが、「ッハ」は近い。
  • Ė (ė): 長くて、閉めている「エー」。日本語の「エイ」とほぼ同じ。
  • Į (į) : 長い「イー」。「,」がない「I」はいつも短い「イ」として読まれている。
  • Y (y) : 長い「イー」。「 Į 」と同じ。
  • O (o) 普通に長くて開いている「オー」として読まれている。外来語だけには短い「オ」として読まれているところもある。
  • Š (š): 日本語の「シ」とほぼ同じ。
  • Ų (ų): いつも長い「ウー」として読まれている。だから「,」がない「U」はいつも短い。
  • Ū (ū): 「 ų 」と同じ。
  • Ž (ž): 日本語の「ジ」とほぼ同じ。

残念ながら、簡単なアクセントのルールがない。アクセントは時々最初の音節、時々最後の音節または真中の音節に置かれている。「A」と「O」以外、ほとんど全部は書かれているように発音されている。しかし、リトアニア語できなくてもリトアニアを旅するのは全然オッケー:ほとんど全てのリトアニア人の若者は上手に英語できる。時々、ロシア語とポーランド語も通じる。

*出典:CIA World Factbook  英語のみ 

自然

リトアニアの景色はエストニアラトヴィアと同じように大体氷河時代によって形成されたもので、標高が高い山が全くないという意味だ。西方にはリトアニアはバルト海に面しているが、海岸の長さは約100キロだけだ。その辺には、Kuršii Neringa (クルシュ砂州)という長さは100キロぐらいの狭い半島だ。この砂州はバルト海とクルシュ潟を分けていて、中々珍しい景色だからユネスコによって世界自然遺産に登録されていた。真中にはロシアとリトアニアの間の国境があるから、ロシアのビザが無いと半分ぐらい見えない。

リトアニアの東部には丘陵地が広がっている。その辺はバルトの連山と呼ばれているが、標高300メートルの山があまりない。北部にもなだらかな丘がある。氷河時代に形成された風景というのは、湖が多い。リトアニアには全部で3000以上の湖があるが、特に大きい湖がない。リトアニアの唯一の長い川は932キロの長さのNemunas(ネムナス、別名:メーメル)川だ。この川はミンスクの南方にある源を発して、500キロぐらいベラルーシを貫流して、そしてリトアニアのクルシュ潟でバルト海に流れ込んでいる。

リトアニアの東北部には唯一の国立公園がある。それはAukštaitijos Nacionalinis Parkas (上部リトアニア国立公園)と呼ばれて、面積は 40 km² 以上だ。その国立公園の特徴は自然のままの森林と湖沼の景色だ。しかし、国立公園の東部の側にはIgnalina (イグナリナ)という小町があり、そこにはかなり古い原子力発電所がある。しかし、EU の加盟の条件の一つは2005年1月1日までイグナリナ原力発電所のシャットダウンだった。
リトアニアは亜海洋性気候と亜大陸性気候の間の天気界にあるところだ。西の海岸沿いの気候は海洋性のもので、内陸に進むと大陸性気候のほうになる。降水量は中欧と同じで、東京の半分以下だ。一番雨が多い季節は夏だ。夏はあまり暑くないが、冬は大体11月から3月までかかって、気温はマイナスになる日が多い。当然ながら、海岸沿いの気温の変化はあまり大きくない。

歴史

他のバルト三国の諸国エストニアラトヴィアと比べて、リトアニアは栄光に満ちた歴史を回顧することができる。リトアニア人の先祖は多分2000年前ぐらい現リトアニアの地方へ移住してきたが、まず国家のようなものを作らなかった。最初の小さな公国が発生したのは多分1000年ぐらいだった。隣国の支配者はすぐリトアニア人をキリスト教に帰依させてみたが、リトアニア人は最初の宣教師を躊躇せず造物主に戻らせた。1236年、リトアニアの部族はチュートン(ドイツ)帯剣騎士団を追い払うために統一した。1253年、Mindaugas (ミンダウガス大公)は強制的にリトアニア地方の公国を合併させて、自分を王位につけた。その前、ミンダウガスはキリスト教の洗礼を受けた。しかし、10年後ミンダウガスは殺されてしまって、リトアニアの部族はアニミズムに戻った。皆は結局キリスト教化されたのは1387年だった ― それはヨーロッパにとってすごく珍しいものだ。

14世紀には特にGediminas (ゲディミナス)大公は主な役を演じた。沢山の弱化されてしまったキエフ・ルーシの公国はリトアニアと統一してまたは強制的に合併された。目標に合致した貴族の結婚仲介の結果として、リトアニアは1385年にポーランドと同盟を結んだ。その固い同盟のおかげで、ポーランド・リトアニア軍は1410年の有名なTannenberg、タンネンベルク)の戦い(それは現 Žalgiris (ジャルギリス)の近辺の場所)でプロシア・リヴォニアの騎士団を殲滅することができた。その時代にはリトアニアは最大範囲に届いた ― リトアニアは現リトアニアばかりではなくて、ベラルーシ全体や現ウクライナの大部分なども含んだ。黒海に面しているオデッサさえリトアニアの領地だった。

 

リトアニアには栄光に満ちた歴史の証が多い

リトアニアには栄光に満ちた歴史の証が多い

 

ただ現リトアニアの海岸沿いの南西部はそのときから1918年までプロシアいわゆるドイツの領地だった(ドイツの国歌の現在に禁止されている詩節によって、ドイツの領地はマース川{現ベルギー}からメーメル川{現リトアニア}まで亘っている)。しかし、それ以来リトアニア・ポーランド同盟の中でポーランドの影響力が増えてきた。リトアニアの言語と文化はずっと繁栄していたが、政治などについて決定を下したのはポーランド人ばかりであった。それでもポーランド・リトアニア同盟は1795年の第三次ポーランド分割(参照:ポーランドの歴史)まで持続した。それ以来、リトアニアはロシア帝国の属州になってしまって、リトアニア人とその文化は段々ロシアの支配に苦しめられた。19世紀には様々な蜂起があったが、それでもロシア化が大規模に進んでしまった。

1915年という第一次世界大戦が勃発した一年後、ドイツはリトアニアを占領した。1918年にはドイツは敗北して、それと共にリトアニアは独立を宣言した。ドイツの軍隊は撤退したが、ポーランドと創立されたばかりソ連はリトアニアを要求した。新しく建国されたリトアニアはポーランドによるビリニュスとその周辺の占領を阻止できなかった。リトアニアは首都をKaunas (カウナス)へ遷都して、弱化されたドイツのMemelland (メーメル川沿い州)を戦略した。1920年、リトアニアの国境はきちんと定まれた。しかし、それ以来リトアニアは段々独裁国家になってしまった。

但し、1939年に大混乱の時代が始まった。ドイツからのプレッシャーは段々大きくなり、リトアニアは結局Klaipėda (クライペダ、ドイツ語: Memel、メーメル)の周辺のメーメル川沿い州をドイツに還した。続いて、リトアニアは他のバルト諸国と同様に独ソ不可侵条約の秘密付属協定の犠牲者になった。1939年以来、ソ連はリトアニアで赤軍を駐留して、翌年にリトアニアを完全に占領した。スターリン風の粛清運動のせいで、数万人のリトアニア人が殺されてしまった。1941年、ナチス・ドイツのウェアーマヒトという軍隊はリトアニアを戦略した。リトアニアには、沢山のユダヤ人が住んでいて、在リトアニアのユダヤ文化は中々有名だった。だがしかし、占領時代のとき、約20万人のユダヤ人は強制収容所へ抑留されて、大部分は殺戮されてしまった。

1944年に、赤軍は再びリトアニアを占領した。ロシア化と強制的集団化、流刑と処刑は日常生活の一部になってしまった。国全体ぐらいは封鎖区域になって、普通の外国人は全く入れなくなってしまった。それは数十年間変わらなかった。ただ1989年前後のペレストロイカはリトアニア人にとって有利な結果になるようになった。最初のソ連の15カ国として、リトアニアは1990年に独立を宣言した。翌年、モスクワの政府はリトアニアの独立を承認した。しかし、それは流血なプロセスだった。1991年1月の血の土曜日、そして1991年の7月には21人のリトアニア人は小さな戦闘で殺された。

独立になった後、リトアニアはかなり早く発達した。民主主義化はあっという間に進んで、経済が回復した。リトアニアは結局 NATO のメンバーになって、そして2004年5月1日に EU に加盟した。しかし、様々の問題が残っている。一つの問題はロシアの飛び領土カリーニングラード州だ。リトアニアはロシアとその州の間にあるが、母国とカリーニングラードの間の交通を妨害する。ロシア人にとって、リトアニアのビザは手に入りにくいので、飛行機だけで行くことしかない。ビザをもらってもリトアニアの入出国は中々難しくてすごく手間がかかるものだ。ちなみに旅行者にとっての状況は逆だ:リトアニアの入出国は全く問題ではないが、ロシアのビザをもらうのはかなり手間がかかる。

旅行案内

前書き

私たちのバルト三国の旅行にはリトアニアは最初の国だった。リトアニアは誰でも聞いたことがある国名だが、それ以外は「ビリニュス」という首都の名前の連想しか出てこない。リトアニアで、首都とそこに近いトラカイという村しか訪問しなかったが、リトアニアは素晴らしいところだとすぐ気づいた。結論は「また行きたい!」だった。

ビザ

日本人やアメリカ人、ほとんど全てのヨーロッパの諸国の人はビザが要らない。パスポートだけでどこから入っても勝手に入国することができる。

通貨

リトアニアの20リトゥーのお札

リトアニアの20リトゥーのお札

リトアニアの通貨はLitas (リタス)、複数: 2〜5 Litai リタイ、 >5: Litų、リトゥー)と呼ばれて、略語はLtだ。補助通貨はCentų (セントゥー)、単数: Centas、2〜5: Centaiで、100 Centų = 1Lt になる。

エストニアスロベニアと一緒に、ラトヴィアは為替相場機構?という協定をサインした。その協定によって、ユーロとの両替レートは次の数年間の間に±15%の変動を超えないはずだ。その基準値は1 € = 3.45 Lt (1Lt ≒ 38円)で、そのレートは厳しく守られている。大きな変化がないと、リトアニアは早くとも2006年の夏にユーロを導入することができる。
硬貨として、1(稀!)、2、5 Centai、10、20と50 Centų、そして1、2、5リタイのコインがある。紙幣として、10、20、50、100、200と500 リトゥーのお札が流通している。
中欧と同様に、どこにも銀行と現金自動支払機があり、普通のキャッシュ・カードとクレジット・カードが簡単に使える。銀行でお金を両替することもできる。主な銀行だったら、日本円が使える。それ以外はユーロは一番便利だ。

物価

リトアニアの物価は比較的に安いが、それでも値段はウクライナなどよりやや高い。選択肢がかなり多いから、物価は旅行のやり方によって違う。要求の少ない旅行者は首都などで 25 Lt (1000円以下)だけで泊まることができる。そして 10 Lt だけで満腹になるレストランなどもある。もっと払うと、リトアニアの旅行はかなり快適になる。

交通費は同じように安い。東部にあるビリニュスから海岸に面している Klaipėda (クライペダ)という西部の町へ行くのはバスで1300円ぐらいだけかかる。毎日観光して、干したパンだけではないものを食べて、森林の中で泊まらない場合には、一日中大きくとも4000円ぐらい使うと安全だ。

往路

リトアニアまでは船、列車、飛行機とバスで行けるが、日本からの直便がまだない。ビリニュスまではヨーロッパの各地から飛行機で行ける。日本から来る場合、中欧の主なエアポートで乗り換えする必要性がある。残念ながら、www.easyjet.comなどの中欧からリーガタリンまで安いフライトを販売するエアラインはまだリトアニアまで行かない。しかし、それは近い将来に変わる可能性が高い。

船舶でリトアニアへ行く場合には、港の町 Klaipėda (クライペダ)は上陸所になっている。ドイツのロストックとキール、スウェーデンの首都ストックホルムからフェリーがあり、インターネットで探すとすぐわかる。

中欧からリトアニアへ行く場合には、列車はかなりいいことだ。残念ながら、ラトヴィアの首都リーガ行き列車は運休している。ポーランドの首都Warszawa (ワルシャワ)からVilnius (ビリニュス)行き列車は最高だ。それはホテル・トレインと呼ばれて、三つの車輛しかない寝台の列車だ(それは冬の話だ・・・夏にはこの列車たぶんもっと長い)。首都から首都までの所要時間は10時間±1時間時差。この列車はワルシャワから奇数日21:42出発して、翌日朝08:50ビリニュスに到着する。そしてビリニュスから偶数日だけに出発する。ご注意:数年前から、この列車はベラルーシの領地を横断していない ― 要するにベラルーシのビザは要らない。運賃は 19.30 ユーロ(2700円)+16 ユーロ寝台料金になる。列車かなり清潔でモダンだが、車輛は石炭で暖房されているのは中々珍しいことだ。この列車は途中で Białystok (ビャウィストク)と Kaunas (カウナス)に止まる。

その他の外国への列車もあるが、毎日に走らない列車もあるので、行く前に時刻表をちゃんと調べたほうがいい。ビリニュスからミンスク行き直行(一日中数本、所要時間は5時間)、そしてカリーニングラード(6時間半)、ペテルブルク(20時間半)、モスクワ(17時間)とハルキフ(東ウクライナ、24時間)行き直行がある。

北方へ行きたい場合、バスで行くしかない。主なバス会社はEurolinesと呼ばれている。この会社は次の町へのバスを経営している:リーガ(4時間、40 Lt)、タリン(10時間弱)、ミンスク(4時間半)、オデッサキエフプラハワルシャワコペンハーゲンカリーニングラードハンブルクアーヘン等など(参照:www.eurolinijos.lt)。全てのバスはかなり新しくてまあまあ便利だ。

国境通過点

北の隣国ラトヴィア、南の隣国ポーランド、東の隣国ベラルーシ、そして西にあるロシアの飛び領土カリーニングラード州と沢山の国境通過点がある。ロシアとベラルーシの場合には、ビザが必要だ。そのビザは国境で発行されていないので、出国する前に手に入るはずだ。

入出国

リトアニアは EU のメンバーだから、入出国手続きは他の EU の諸国と同様に簡単で、数分しかかからない。特別なルールなどがない。

食事

Bulvės(じゃが芋)!沢山のリトアニア料理はじゃが芋に基づいている。一つの例はCepelinai(ツェペリーン)という料理だ:それはベーコン入りじゃが芋の団子で、葉巻の形がするから飛行船の名前をもらった(しかし、リトアニア人はその飛行船の発明の前に何を食べたのかな?そして1700年ごろのじゃが芋の導入の前は!?)。もう一つのじゃが芋はBulviniai Blynaiと呼ばれて、中欧と東欧でどこにもあるじゃが芋のパンケーキだ。そしてbalandėliaiというクリーム付き、挽き肉入りロール・キャベツもかなり普及している。リトアニアだけに作られている食べ物があまりないらしい。Šaltibarščiaiという赤かぶの冷やした紫のスープは珍しいものだが、ポーランドにもよくある。一つの地方の特徴はKibinaiと呼ばれている。それについての詳細な情報はトラカイを参照。

当然ながら、他の肉料理と魚料理などもある。特に大都市(リトアニアの規模!)には沢山の専門店もあるから、イタリア料理なども多い。一般的にいうと、リトアニアのレストランの質はかなりよくて値段は比較的に安い。
リトアニアには隣国と同様にAlus (ビール)が普及していて、種類が多い。しかし、リトアニア製のビールの場合、麦汁エキス濃度は非常に高い種類が多くて、そのビールはやや甘くてアルコール度は高い。”普通”のラガー・ビールの内、Švyturio Ekstraはかなりおいしい。旧ソ連の国だから、ウォッカなどももちろん人気のあるものだ。

リンク集

  • www.lrv.lt/main_en.php:リトアニアの政府の公式のページ。然し、リトアニアの自分で作った地図がないから、政府はロンプラの地図を盗んだ!そりゃかなしい・・・
  • www.tourism.lt:リトアニアの観光局のページ。実はこれはあまり使えないが。英語。
  • www.lietuva.lt:6ヶ国語のリトアニアのウェブ・ポータル。情報が多くて便利だ。
  • www2.gol.com/users/lithemb:在日リトアニア大使館のページ。情報は少ないが、便利なリンクなどがたくさんのっている。日本語。
  • numata01.at.infoseek.co.jp/Lietuva:「リトアニア写真館」といううまくできた、リトアニアをテキストと写真で紹介するページ。日本語。

リトアニアについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか?その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。商業上のホームページはお断りです。

北の隣国ラトヴィアへ ベラルーシの旅はスリルだ ベラルーシの旅はスリルだ カリーニングラードと同名の州はロシアの飛び領土で、ビザが要る! 旅人のスタート・ページへ ビリニュス(ヴィリニュス)というリトアニアの首都へ トラカイという首都に近い素晴らしい村と要塞
Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>