エストニア:タリン


一般的な情報 | 見所 | 周辺 | 宿泊+食事 | リンク集

一般的な情報

地名

タリンの位置

タリンの位置

Tallinn(タリン)。この地名は後期中世期以来に使われて、Taani Linn (ターニ・リン、デンマーク人のお城)に由来している。”タリン”より古い名前はReval(レヴァル)というドイツ人に使われた地名だ。その地名はRävala(レーヴァラ)地方にに由来する。町自体が創立された前、同じ場所でお城があった。そのお城はLindanise (リンダニセ)と呼ばれたが、ロシアではそのお城はKolyvan (コリヴァン)として知られた。

位置

タリンはエストニアの北部の真中にあり、Põhja-Eesti (プフヤ・エースティ、北部エストニア)州の中にある。町自体はフィンランド湾というバルト海の東部を占める海にある小湾に面している。フィンランド湾を北へ渡ると、85キロ離れているHelsinki (ヘルシンキ)というフィンランドの首都がある。タリンの北部ばかりではなく、南部にも水がある。そこにはUlemiste Järv (ウレミステ湖)が亘っている。旧市街は海岸から300メートルぐらいだけ離れて、新市街は特に南のほうへ数キロ広がっている。

人口

実はタリンはあまり大きくない。町自体には約40万しか住まない。しかし、エストニアの人口をみると、三人のエストニア人の内、一人が首都に住んでいる。エストニアは独立を宣言した後、特に沢山のロシア人がタリンから違う地方へ移動したので、町の人口は急に減少してしまった。

旧市街のパノラマ:海のほうをのぞいて

町の姿

タリンの旧市街はとても分かりやすくて、卵形の地域を占めている。その部分はVanalinn (ヴァナリン、古城)と呼ばれ、所々でうまく保存された厚い外壁と色々な公園に囲まれている地区だ。旧市街の北端から南端までの距離は1キロぐらいで、幅は一番広いところで約750メートルだ。その上、旧市街は広い城下町とそれより小さくて、丘の上にあるToompea (トームペア、山の手)という地区に分かれている。トームペアのほうには国会や他の政府の建物がある。

タリンの中央駅はかなり小さい頭端式駅で、Baltijaam (バルティヤーム、バルト駅)と呼ばれて、旧市街から北西へ数百メートルだけ離れている場所にある。旧市街と駅の間にかなり大きい公園がある。フェリーのポートとヘリポートは同じように近くて、旧市街より北のほうにある。実は二つの港がある。一つは小さいLinnahallsadam (リンナハルサダム)(参照:下の説明)で、二番目は東部にある広いReisisadam (レイスィサダム)というヘルシンキとストックホルム行きフェリーが出発する大きい港だ。

タリンのBussijaam (バス・ターミナル)は旧市街やや離れて、町の南東にある Lastekodu (ラステコドゥ)通りに接している。バス・ターミナルから200メートルぐらい離れているところにはトラム停があり、2・4番線はそこから直接旧市街の入り口まで走っている。リーガなどから来る長距離バスはバス・ターミナルという終点に着く前に旧市街の前に止まるところが多い。そのバス停はTammsaare (タッムサーレ)公園の傍にあるオペラの前にある。そこから大通りを渡すとすぐ旧市街に入ることができる。

エストニアの国際空港はただTallinna Lennujaam (タリン空港)と呼ばれて、旧市街から12キロだけ離れている。2番線のバスはそこから15分の間に中心まで走る。町自体はかなりコンパクトだから、タリンは分かりやすい町だ。

旧市街のパノラマ:内陸のほうをのぞいて(上のパノラマの続き)

歴史

現タリンとその周辺には最初の一時的な部落が1000年前に創立された。11世紀以来、Lindanise (リンダニセ)という要塞が現トームペアという丘の上に作られた。しかし、タリンが初めて記録に現れたのは1219年の前ではなかった。そのとき、デンマーク人がタリンで上陸して、リンダニセでエストニア人に打ち勝った。続いて、デンマーク人はトームペアで自分の要塞を作ったので、そのところはそれ以来エストニア人にTaani Linn (デンマーク人の要塞)と称された。

但し、エストニア人はその要塞と周りに発達した町にあまり影響を与えなかった。その代わりに、多くのドイツ人がタリンに移住して、デンマーク人と一緒にその町を支配した。13世紀後半、そのときにReval (レヴァル)と称された町はHanse (ハンザ)という大切な商業同盟に加盟した。レヴァルはハンザと東方に広がったルーシ(別名:オロシア、旧ロシアという意味)の間の貿易関係で主な役を立てて繁栄した。1346年にデンマークはタリンを含んだ北エストニアをチュートン(ドイツ)騎士団に任せた。騎士団はまずレヴァルの堡塁などを拡張した。東の国との商業のおかげ、完全にドイツ人によって管理されたタリンは立派な町になった。その時代には沢山のドイツ語の言葉がエストニア語に受け入れられた。町の黄金時代は15世紀だった。そのとき、数軒の教会が建築されたが、16世紀の初期に宗教革命の運動がタリンに届いた。

16世紀に勃発したリヴォニア戦争は段々南からエストニアとタリンまで広がってしまった。タリンは結局1561年にスウェーデンの軍隊に占領された。数年後、ロシアは二回ぐらい無駄にこの町を戦略してみた。商業の中心としての重要性が減ってきたが、その代わりにタリンは前より大切な要塞の町になった。17世紀、タリンはペストと大火災に襲われた。18世紀の初期の大北方戦争のとき、タリンは無血にロシア帝国に降伏した。こういうふうに損害を受けなかったので、現在のタリンを見るとその無血降伏はありがたかった。それ以来、特権が段々切り下げられ、タリンはただロシア帝国の奥にある田舎の町になった。

しかし、19世紀の産業化と大きな港の建設のおかげで、タリンはまた重要な町になって、1870年にサンクト・ペテルブルクと鉄道で繋がれた。20世紀の初期にエストニア人の国民運動が強化してタリンを運動の中心にした。第一次世界大戦にはタリンとその周辺は大混乱した。ドイツの軍隊はまずタリンを占領したが、数ヵ月後ドイツは戦争の敗北によって撤退した。その後、エストニアの国家主義者とロシアの革命を応援するボルシェビキの間に流血の内戦が勃発した。国家主義者は勝利したので、タリンは1918〜1939年まで初めて独立なエストニア共和国の首になった。1940年、ソ連の赤軍がタリンを占領して、一年後ナチス・ドイツがエストニア全体とその首都を占領した。赤軍は第二次世界大戦のときにタリンを空爆したが、旧市街には爆弾による損害があまりなかった。次の50年間の間、タリンは遮断区域になって、普通の外国人はタリンへ行けなくなった。1991年、タリンは再び独立を宣言したエストニア共和国の首都になった。それ以来、タリンはブームした。ソ連時代の跡は旧市街ばかりではなく、郊外にも見えなくなった。エストニアの歴史についての詳細な情報はエストニアの歴史を参照。

往路と市内交通

エストニア、そしてタリンへの色々な交通手段での行き方についてはエストニアの往路を参照。

タリンの市内にはTramm (トラム)は一番便利だ。全部で五つの線があり、駅までもバス・ターミナルなどへも簡単に行ける。旧市街は狭いので、トラムとバスは入らないが、トラムは旧市街を一周している。普通のバス(空港行きも)もある。切符は乗る前に買うもので、トラム又はバスの中にある改札機に入れるはずだ。そうしないとキセル乗車の罰金の 600 EEKを払わなければならない。切符の値段は 10 EEK だ。

見所

ラボラトーリウミ通り沿いの外壁と見張り塔

リトアニアの首都ビリニュスとラトヴィアの首都リーガと同じく、タリンのVanalinn (旧市街)全体はユネスコの文化遺産になった。旧市街を見ると、その理由はすぐわかる。然し、タリンの雰囲気は上述の首都とかなり違う。銀行の高層ビルなどが密集しているモダンな新市街はすぐ旧市街の傍にわたっているが、旧市街にいると、観光客は中世期に戻った気がする。こういう雰囲気を作るのは特に厚い外壁と見張り塔の様子のおかげだ。その堡塁の設備は旧市街の北西で一番綺麗に見える。外壁の外側にはLaboratooriumi (実験室)通りが走って、そこには様々な見張塔が並んでいる。国会の近くにも堡塁がよく見える。隣にはKiek in de Kök (キーク・イン・デ・ケーク、台所を覗け)というドイツ語の名前の塔がある(写真:エストニアの歴史を参照)。その変な名前の理由は、番人は塔から市民達の台所が見えたということだ。タリンを支配したドイツ人の歴史を物語る、他のドイツ語の名前の建物と場所もある。

旧市街の南西には城下町とその周辺を見下ろしているToompea (トームペア)という地区がある。そこへ二つの行き方しかない。一つはPikk Jalg (ピック・ヤルグ)という旧市街から入る通りで、二番目は坂がきついLühike Jalg (ルヒケ・ヤルグ)という狭い小道だ。

でかいアレクサンダー・ネフスキー大聖堂

トームペアの横町はとても狭くて、迷いやすい。その辺には色々な大使館やビラなどが密集している。どういうふうに歩いても、皆はまずすごく大きいAleksander Nevski Katedraal (ネフスキー大聖堂)という旧市街に全く似合わないロシア風の教会がある。その教会はロシアのツァーの命令によって1901年に建築された。ネフスキー大聖堂はその時代にロシアの権力を示すものだったが、現在にはこの建物は脅威のようにエストニアの国会の前にそびえている。こういうふうに思う人が多いので、その教会を破壊して違う場所で再建する提案もあった。

エストニアの立派な国会はToompea Loss (トームペア城)に入っていて、同じ建物には他の官庁もある。そのため、普通の観光客はタリンのお城に入れない。トームペア城は山の手の南西の部分を占めている。それの一部は高さ50メートルのPikk Hermann (のっぽのヘルマン)の丸い塔だ。このお城はチュートン騎士団が作ったものだ。

トームペアの真中にはもう一つの分かりやすい建物がある。それはToomkirik (トームキリク)というデンマーク人が作った大聖堂で、タリンの最古の教会だ。

トームペアの狭い横町

トームペアばかりではなく、旧市街全体のハイライトは車が入れないほど狭い横町だ。その横町には沢山の色彩が豊富な建物が並んでいて、それをゆっくり見るのは楽しみだ。トームペアは旧市街より25メートル高いところにある。その為、外壁沿いには色々な展望台がある。その内、北部にあるVaateplats (ヴァーテプラツ)ともう一つの北東にある展望台は一番素晴らしい。そこから、旧市街と港、そしてバルト海などがよく見える(参照:上のパノラマ)。その上、トームペアの真中にはEesti Kunstimuuseum (エストニア美術館)がある。特に上述のLühike (ルヒケ)小道沿いには沢山の私立のギャラリーなどがあり、エストニア人が作った美術品を買うために完璧な場所だ。

タリンの城下町はAll-linn (アル・リン)と呼ばれて、その辺に無数の教会や劇場、修道院、お土産の店などがある。

その地区の真中には広いRaekoja Plats (市庁舎広場)がある。そこには色々な比較的に高いカフェーやレストラン、そして旧市庁舎などがある。旧市庁舎の裏側には狭い通りがあり、真中にはRaevangla (旧監獄)がある。中には写真博物館が入っている。その博物館には昔のタリンの撮影、そして無数の古いカメラなどが展覧されている。

港湾方面を覗く

それはタリンの唯一の博物館ではない。その他には自然史博物館、市史博物館、海洋博物館や健康博物館などがある。

 

タリンの沢山のKlooster (修道院)Kirik (教会)は同じように見応えのあるところだ。その内、旧市街の北部に立っているOleviste Kirik (聖オラフ教会)は特に面白い。この教会の建築は13世紀に始まったが、15世紀に大規模の改築が行われた。そのとき、教会の塔は159メートルの高さで世界中の最大な建物だった。しかし、落雷による火災のせいで、その塔が落ちてしまった。現在の形は1840年の建て直しの結果で、高さは124メートル”だけ”だ。聖オラフ教会は今タリンの一番高い建物だ。それより高いテレビ塔があるが、テレビ塔はかなり遠い。

一般的に言うと、タリンを見学するときにはガイドブックがあまり必要ではない。どこにも面白い建物があり、その建物は全て中世期に作ったものではない。

面白いユーゲンドシュティールの建物もある

幅1メートルを超えない小道がいっぱいあるし、あちこちに1900年ごろ建てられた Jugendstil (ユーゲンドシュティーるというドイツの建築様式)の建物も見える。その建物にはよく面白い細部がある。その上、夜には沢山の泥酔したフィンランド人も見える。フィンランドにはアルコールはすごく高いので、エストニアへ飲みに行って来るフィンランド人が多い。それ以外はタリンの夜景は素晴らしい。旧市街にはいっぱいの建物がライトアップされて、レストランとバーが多い。要するにタリンの散歩は何時でもお勧めだ。

 

しかし、タリンの名所は旧市街だけに限られていない。旧市街の北端にはPaks Margareeta (でぶいマルガレータ)という太い塔がある。その隣にはエストニア号の記念碑がある。このモニュメントは黒曜石から作った、真中に空間がある弧だ。その弧の長さは約200メートルだ。エストニア号というのは、1994年9月28日にタリンからストックホルム行きフェリーだったが、そのフェリーはスウェーデンに到着しなかった。

タリンは夜にも魅力的だ

途中で、エストニア号は数分の間に沈没んで、852人が亡くなってしまった。エストニア号のモニュメントは印象的にその「帰還がない旅」を象徴している。

そこから数百メートル北へ歩くと、Linnahall (市民ホール)という醜いコンクリートの塊がある。後ろの部分はヘリポートとして使われ、ヘルシンキへ行くときにフェリーのための小銭がなかったら、ヘリコプターでも行けるだろう。市民ホールの傍には小さい埠頭があり、そこから時々ヘルシンキ行き小船が出発する。

旧市街から南東へ歩いて広い通りを渡ると、すぐ新市街に入ることができる。その旧市街と新市街を結んでいる通りは Viru (ヴィル)通りと呼ばれて、いつも賑やかなところだ。旧市街への入り口の両側には小さい塔が見える。新市街にはまず22階建てのHotel Viru (ホテル・ヴィル)が目立っている。

下の部分には大きいショッピング・モールやスウェーデンのスーパー、そして地下に大きいバス・ターミナルがある。そのホテルの後ろにはモダンな銀行の高層ビルなどがある。

市民ホールから見たタリンの中心

もっと東南へ歩くと、やや汚くて”普通”のタリンが始まる。ピカピカしている銀行のビルの間には木造の素朴なアルメニアの教会がある。やはりアルメニア人のディアスポラ(少数民族)は世界中でどこにもある。要するに、エストニアにはアルメニアの教会があるのはびっくりさせるはずではないが、その教会の建築スタイルはアルメニアの教会にとって珍しい。

 

周辺

タリンから50キロぐらい東方へ行くと、面積 680 km² のLahemaa Rahvuspark(ラヘマー国立公園)がある。この海岸沿いの地域には森や沼地などが多い。それに応じて、黒コウノトリやミンクなどのヨーロッパでほとんど完全に絶滅された種類が見える。

宿泊+食事

銀行の前に建ってあるアルメニアの教会

他の東欧の諸国の首都と比べて、タリンはかなり高い町だ。観光客が多いのに、本当の安宿があまりない。旧市街の近辺に泊まりたい場合には、Uus (ウース)通りは一番いいところだ。この狭い通りは旧市街の東側で外壁と平行して南から北まで走っている。その通り沿いには色々な比較的に安いホステルとホテルがある。南から歩くと、最初の場所はOld Town Backpackers(Uus 14)と呼ばれている。一泊は 225 EEK (約2200円)かかるが、一人部屋と二人部屋がない。その代わりに共用の台所があって、バックパッカーが多い。200メートルぐらいまた北へ歩くと、(Old Town) Hostelという古くて、内装がとてもいいホステルがある。二人部屋として使える部屋もあり、一泊は一人で 325 EEK (2800円)かかる。テレビ付き共用ルームと共用台所もある。その台所の家具は昔のままだから必見!スタッフはすごく親切だ。

住所

Uus 通り 26、 Tel: +372-(0)-6411 281. メール: info@oldhouse.ee, URL: www.oldhouse.ee.

Pilve Apartments

10122 Tallinn · Pilve 4


建築年: 2005
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 36
価格: 81米ドル〜
レビュー 8.7/10

今すぐ予約!
ピルブ アパートメンツはビジネス目的、レジャー目的のどちらにももってこいです。また、トゥニスマギに位置しているので何処に行くにも便利です。 中心部から1.0 Kmしか離れていないので、多数の観光スポットに簡単にアクセスできます。 占領 & 独立戦争博物館, トゥーンピー・キャッスル, キエク・イン・ド・コクタワー のような観光スポットから近い滞在先を探しているなら、このホテルがもってこいです。 滞在客が快適に滞在できるよう、ピルブ アパートメンツは素晴らしいサービスとアメニティを兼ねそろえています。 この上品なホテルでは、滞在客は公共エリアでのWi-Fi, ファミリールーム, 駐車場, ツアーデスク, 空港送迎を満喫できます。 豊富な客室アメニティが揃えてあるので、充実した滞在ができます。 マッサージ, ガーデン のようなトップクラスの娯楽施設が充実しているので、1日の疲れを癒すことも、体を動かして汗を流すこともできます。 ピルブ アパートメンツの一流のサービスとホスピタリティを満喫して下さい。

St. Barbara Hotel

Tallinn · Roosikrantsi 2A


建築年: 1903
位置: 地図
ホテルの階数: 4
客室数: 53
価格: 77米ドル〜
レビュー 8.1/10

今すぐ予約!
タリンの便利なロケーションに位置するサンタ バーバラ ホテルは、この魅力的な都市を観光するのにもってこいの滞在先です。 市内からたった1 km、空港から15分でアクセスできます。 占領 & 独立戦争博物館, キエク・イン・ド・コクタワー, キーク・イン・デ・キョク のような主要な観光スポットから近いため、このホテルは多くの旅行者に選ばれています。 宿泊客は、サンタ バーバラ ホテルの施設とサービスに満足するでしょう。 いくつかのホテル内施設を挙げれば、バレーパーキング, エレベーター, 24時間ルームサービス, 館内ショップ, ファミリールーム があります。 サンタ バーバラ ホテルの雰囲気が客室にも見え隠れします。全室に テレビ, アイロン設備, 書斎デスク, 禁煙ルーム, シャワー などが完備してあります。 喧騒から離れてゆったりできるように、マッサージ のような娯楽施設がホテルには充実しています。 サンタ バーバラ ホテルでプロフェッショナルなサービスと充実したホテル施設を満喫して下さい。

Hotel Dzingel

11213 Tallinn · Manniku Street 89


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 330
価格: 45米ドル〜
レビュー 8.1/10

今すぐ予約!
2005年に改装されたホテル ジンゲルは、タリンのビジネスとレジャーのどちらにも便利な滞在先です。 中心部から50.0 Kmしか離れていないので、多数の観光スポットに簡単にアクセスできます。 このモダンなホテルは、占領 & 独立戦争博物館, キエク・イン・ド・コクタワー, キーク・イン・デ・キョク のような観光スポット周辺に位置しています。 一流のサービスを提供し、幅広いアメニティを完備するホテル ジンゲルでは、滞在する誰もがゆったりとリラックスできます。 ホテル内施設には、レストラン, 公共エリアでのWi-Fi, ペット可, 会議/パーティー設備, バー があります。 全330室の上品に装飾された客室があります。全室に インターネット - WiFi (無料), 禁煙ルーム, テレビ, ヘアドライヤー, シャワー が完備してあります。 疲れた後にリラックスしたいなら、ホテルの サウナ, ジム/フィットネス は理想的です。 ビジネス客、レジャー客のどちらでも、ホテル ジンゲルは滞在先としてもってこいのホテルです。

CRU Hotel

10140 Tallinn · Viru 8


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 15
価格: 114米ドル〜
レビュー 8.1/10

今すぐ予約!
CRU ホテル      はビジネス目的、レジャー目的のどちらにももってこいです。また、タリン旧市街に位置しているので何処に行くにも便利です。 市内からたった0.0 Km、空港から分でアクセスできます。 ホテルは、タリン・タウンホール, サンカサリンパッセージ, タウン・ホール・ファーマシー のような観光名所に近く大変便利です。 一流のサービスを提供し、幅広いアメニティを完備するCRU ホテル      では、滞在する誰もがゆったりとリラックスできます。 目利きの滞在客でも満足できるよう、ホテル内施設が数多く完備してあります。 全室に 洗濯機, ヘアドライヤー, シャワー, 扇風機, バスタブ があるので、快適に滞在できます。 喧騒から離れてゆったりできるように、ガーデン のような娯楽施設がホテルには充実しています。 便利なロケーションにある CRU ホテル      はホテル施設も充実しており、タリンの滞在先としてパーフェクトです。

St.Olav Hotel

10133 Tallinn · Lai 5


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 106
価格: 61米ドル〜
レビュー 8.0/10

今すぐ予約!
タリンをすみずみまで観光する場合は、セント オラヴ ホテル が最高のチョイスです。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 アクティブに観光したい旅行者なら エストニアンヒストリー・ミュージアム・グレート・ガイド・ホール, ピック・タナヴ, チャーチ・オブホーリー・ゴースト がオススメです。 宿泊客は、セント オラヴ ホテル の施設とサービスに満足するでしょう。 ホテルは、快適に滞在できるよう セーフティーボックス, 空港送迎, 会議/パーティー設備, バー, ヘアサロン のようなホテル施設を完備しています。 全106室あるホテル客室の1室に入るとすぐに、インターネット - WiFi (無料), 書斎デスク, シャワー, セーフティーボックス, アイロン設備 のような客室アメニティで日常の喧騒を忘れることができます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 理想的なロケーションと充実したホテル施設といった好条件を兼ねそろえるセント オラヴ ホテル は、とっておきの滞在先です。

Dorell Hotel

10120 Tallinn · Karu 39


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 30
価格: 43米ドル〜
レビュー 7.4/10

今すぐ予約!
観光にもビジネスにも、タリンを訪れる際はドレル ホテルが最高の選択となること間違いなし。 市内からたった1.0 Kmなので、ホテルから観光スポットに短時間で簡単に行くことができます。 アクティブに観光したい旅行者なら エストニアン・ゴルフ&カントリー・クラブ, エストニア劇場 & コンサートホール, カドリオルグ・パレス・カドリオルグ・アート・ミュージアム がオススメです。 タリン滞在を満喫できるように、ドレル ホテルはバラエティに富む施設を完備しています。 ホテルは、快適に滞在できるよう 駐車場, バー, 公共エリアでのWi-Fi, 会議/パーティー設備, ペット可 のようなホテル施設を完備しています。 全30室の上品に装飾された客室があります。全室に インターネット - WiFi (無料), テレビ, 禁煙ルーム が完備してあります。 マッサージ, スチームルーム, サウナ のような充実した娯楽施設がホテルにあります。 ビジネス目的でもレジャー目的でも、ドレル ホテルはタリンの滞在先としてぴったりです。

Olevi Residence

Tallinn · Olevimagi 4


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 49
価格: 57米ドル〜
レビュー 7.2/10

今すぐ予約!
オレビ レジデンスはビジネス目的、レジャー目的のどちらにももってこいです。また、タリン旧市街に位置しているので何処に行くにも便利です。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 ホテルは便利なロケーションなので、都市の見どころに簡単にアクセスできます。 宿泊客は、オレビ レジデンスの施設とサービスに満足するでしょう。 ホテル内にある セーフティーボックス, レストラン, ファミリールーム, 空港送迎, 公共エリアでのWi-Fi を利用できます。 全49室から選ぶことができます。どの客室もリラックス空間が約束されます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 オレビ レジデンスでプロフェッショナルなサービスと充実したホテル施設を満喫して下さい。

Pikk 49 Residence

Tallinn · Pikk 49


建築年: 1700
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 8
価格: 188米ドル〜
レビュー 5.0/10

今すぐ予約!
タリンの中心でレストラン, 観光, 文化なエリアのタリン旧市街に位置するピック 49 レジデンス    は、滞在先として便利なロケーションです。 中心部から0.0 Kmしか離れていないので、多数の観光スポットに簡単にアクセスできます。 また、ハウス・オブブラザーフッド・オブ・ブラックヘッド, オレビスト・ガイドホール, カヌット・ガイド・ホール まで簡単にアクセスできます。 一流のサービスを提供し、幅広いアメニティを完備するピック 49 レジデンス    では、滞在する誰もがゆったりとリラックスできます。 ピック 49 レジデンス    のホテル施設には、公共エリアでのWi-Fi, 喫煙所 などがあります。 全室に バスタブ, 専用ダイニングルーム, キチネット(簡易台所), シャワー, 休憩スペース が完備してあるので、目利きの宿泊客でも満足できます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 ビジネス目的でもレジャー目的でも、ピック 49 レジデンス    はタリンの滞在先としてぴったりです。

Gotthard Residence

10412 Tallinn · Pikk 66


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 59
価格: 54米ドル〜
レビュー 0.0/10

今すぐ予約!
観光とリラックス空間を同時に味わえるゴットハード レジデンス は、タリンのタリン旧市街に位置しています。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 グレイト・コースタル・ゲート・&・ファット・マーガレット・タワー, オレヴィステ教会, サン・オラブ・チャーチ のような主要な観光スポットから近いため、このホテルは多くの旅行者に選ばれています。 一流のサービスと最新設備を兼ね揃えるゴットハード レジデンス での滞在は、きっと忘れられない思い出になります。 この上品なホテルでは、滞在客は障害者用施設, 公共エリアでのWi-Fi, セーフティーボックスを満喫できます。 全59室の上品に装飾された客室があります。全室に ミニバー, シャワー, ヘアドライヤー, 禁煙ルーム, テレビ が完備してあります。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 便利なロケーションにある ゴットハード レジデンス はホテル施設も充実しており、タリンの滞在先としてパーフェクトです。

旧市街のほうで安く夕食を食べるのは無理みたい。然し、どこへ行っても質がかなりよくて選択肢が多い。一つの面白い場所はHell Hunt(Pikk 39)と呼ばれて、ウース通りから徒歩で5分しかかからない。ヘル・ハントはイギリスのパブのようなところで、エストニアの若者とエストニアに住んでいる外国人の中で人気のあるところだ。このレストラン・バーは自分のビールを醸造して、食べ物はかなりおいしい。そこには1300円ぐらいで夕食を食べることができる。ヘル・ハントで知り合ったエストニア人によって、このパブは旧市街の中で一番面白くて安いところだ。

新市街や住宅地などにあるキオスクや食堂などへ行くと、500円でも夕食を食べれる。スーパーも多いので、自分で食べ物を買うのは全く問題ではない。

リンク集

  • www.tallinn.ee: タリンの公式のページ。かなり詳しい情報源で、エストニア語、ロシア語と英語版がある。
  • www.tallinn.info:タリンの観光客向きのページ。デザインがとてもいいが、ブロード・バンドがないとダウンロードがすごく時間かかる。英語。
Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>