チェコ:テレジーン

一般的な情報 | 見所 | 宿泊

一般的な情報

地名

Terezín(テレジーン)。然し、本当の名前はTheresienstadt(テレズィエンシュタット)という名前で、「テレズィアの町」という意味だ。テレジーンはオーストリア・ハンガリー帝国の時代に創立され、ハプスブルク家のマリア・テレジア女帝のためにこの名前をもらった。

位置

テレジーンは3キロだけLitoměřice(リトムニェジチェ)から離れ、それの南にある。首都のプラハは50キロぐらい離れている。テレジーンはOhře(オージェ)川Labe(ラベ別名エルベ)川の洪水地域にあるので、2002年の大洪水のときに氾濫されてしまって大損害を受けた。

町の姿

テレジーンの人口は2千人を超えないので村みたいなところだ。全ての町の建物は要塞に入っているまたはその要塞に関する。テレジーンはOhře(オージェ)川に別れて、その川は色々な濠に給水する。左岸(西方)には、星状の厳密に幾何学模様を反映する町があり、この町は現在にも要塞の外壁を越えない。現在のオージェ川と元オージェ川の川床の中、外壁があまり目立たなくて建物が少ない地区がある。続いて、元川床の右岸には小要塞とその前に国民的墓地、そして博物館になった昔の刑務所などがある。

 

膨大な濠と外壁はテレジーン要塞の特徴だ

膨大な濠と外壁はテレジーン要塞の特徴だ

小史

18世紀の普墺戦争のとき、プロシアの軍隊は何度もボヘミアの中心まで進撃した。プロシアから来たので、その軍隊は当然ながら北西から侵略した。テレジーンに近いLitoměřice(リトムニェジチェ)の要塞は不十分になってしまったので、1757年にボヘミアの園という肥沃な平野の中で近代的な要塞を創設することが決められた。要塞の建築は1786年に始まり、最初に二つの村が完全に崩壊された。建築は早速に進んで、1786年に内部と外部の塁壁が完了された。その後、要塞の内部には様々な建物物が建てられた。その後、特に小要塞のほうは牢獄として使われた。例を挙げると、1914年のサラエボ事件の暗殺者はこの牢獄に収容された。

 

ハプスブルク家の要塞の正門はどこでも同じ

ハプスブルク家の要塞の正門はどこでも同じ

 

1939年のナチス・ドイツがチェコを併合した後、ドイツの守備隊はテレジーンに駐留した。翌年、小要塞は Gestapo(ゲシュタポというナチス・ドイツの秘密国家警察)に牢獄として使用された。1945年まで、その牢獄には約2,500人の囚人が亡くなった。1941年まで、テレジーンの市民たちは完全に他の町へ移動させられた。続いて、大要塞という町自体はユダヤ人のゲットーに変更された。全部で約14万人、それの大部分はヨーロッパの各地のユダヤ人、はテレジーンを通っていた。テレジーンには3万4千人の普通の市民は死亡してしまった。然し、テレジーンから凡そ8万7千人は南ポーランドなどの絶滅収容所へ運ばれ、全体的にテレジーンを通った人の内、戦争を生き延びた人がほとんどいない。ソ連の赤軍はテレジーンを1945年5月8日に解放して、この場所は本当に戦争の最後の日までゲットーとして使われただろう。戦後には、まずズデーテンのドイツ人はテレジーンに抑留されて、その後ドイツへ強制的に移住させられた。それ以降、町は相変わらず軍都であったが、今回はチェコの軍隊の基地であった。テレジーンは徐々に記念館として改装された。テレジーンはユダヤ人のゲットーとしてユダヤ人の悲劇的な歴史を物語り、毎年沢山のそれについて興味のある人の心をとらえる。

 

ゲットーになった要塞の中

ゲットーになった要塞の中

往路

テレジーンに近いLitoměřice(リトムニェジチェ)経由行くのは一番簡単らしい。そこからのバスの所要時間は10分だけぐらい。様々なPrag(プラハ)からリトムニェジチェ行きバスはテレジーンに泊まる。しかし、殆ど全てのバスは小要塞を通過して町自体の中心だけに止まる。

 

要塞の中の長い地下回廊

要塞の中の長い地下回廊

見所

この要塞はMeziéres(メズィーレス)派の模様を使って作られたもので、本当に膨大な砦だ。形や建材などを見ると、他のハプスブルク家の治下に建築された要塞と大変似ている。例を挙げると、Brno(ブルノ)のシュピルベルク城やセルビアのノビ・サドにあるPeterwardein(ペテルワルデイン)城等は共通点を示す。テレジーンの要塞の大部分は修復されなかったので、18・19世紀の雰囲気を見せている。しかし、要塞自体のためにテレジーンを観光する人があまりいない。それより大切だのはユダヤ人のゲットーの生活に関する博物館や展覧会などだ。現在にはまた市民たちが住んでいる大要塞の真中には、大きいゲットー博物館がある。中には展示品と詳細な情報が豊富だ。ゲットーに収容された人たちは酷く粗末な生存条件を無視して子供などのために文化や教育などを推進したのはとても印象的だ。飢えたのに、コンサートや劇興行などが上演され、子供のために学校が作られた。

 

働けば自由になる」 ― 人間軽蔑的な皮肉

働けば自由になる」 ― 人間軽蔑的な皮肉

 

小要塞には、まず軍隊、続いてドイツの秘密国家警察が使用した牢獄を見学することができる。小さい要塞と呼ばれてもかなり大きい施設には暗い囚人房や地下回廊などがたくさんある。現在に入っている展覧会は1939〜1945年までの要塞の歴史だけを示す。要塞の前とその周辺に大きいナチス・ドイツの犠牲者のための墓地がある。全ての博物館を見学したい場合には、総合チケットはお勧めだ。入場料は 80 Kč(学生40)だ。元ゲットーと小要塞はやや離れて、徒歩で15〜20分ぐらいかかる。全部を見る場合には、全部で6時間ぐらいかかるので一日間をテレジーンで過ごすのは一番よい。

小要塞の前の国民墓地とユダヤ人のダビデの星

小要塞の前の国民墓地とユダヤ人のダビデの星

宿泊所

テレジーンの市内には宿泊所は見たことがないので何もない可能性がある。その為、テレジーンに近いLitoměřice(リトムニェジチェ)または周辺にあるキャンプ場に泊まったほうがよいかもしれない。プラハから日帰り旅行でも行ける。キャンプ場なら、色々ないいところがある。例を挙げると、テレジーンの南の数キロだけ離れているBrozany(ブロザニ)という村に同名のキャンプ場がある。周辺の景色はかなりよくて、レストランや小屋などもあるのでテントがなくても泊まれる。小屋に泊まるのは一人で 160 Kčかかる。もちろんテントのほうが安い。一つの利点はオンラインで予約することができることだ!英語版もある。Web: www.autokemp.com

Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>