チェコ:プラハ

一般的な情報 | 見所 | 宿泊

一般的な情報

地名

Praha(プラハ)。ドイツ語の地名はPrag(プラーグ)で、歴史を見るとドイツと不二の関係があるのでドイツ語の名前は世の中に通じる。そのため、プラハは英語圏にもPrague(プラーグ)と呼ばれている。

位置

ボヘミアの真中にある。プラハはVltava (ヴルタヴァ、別名 Moldau、モルダウ)川の両岸に広がっている。プラハは丁度ベルリンとウィーンの間にある。両方の首都は270キロぐらい離れている。プラハの周辺には丘が多くて、市内にも緩やかな坂が沢山ある。

プラハのパノラマ

プラハのパノラマ

町の姿

プラハの人口は約1200万人だが、この都市の通りを歩くと人口はそれより大きいと思ってしまう。しかもプラハは世界のそれより大きい大都市より有名だといえる。実際の大きさより大きそうだという現象の理由は信じられない程訪問者の人数だと考えてもいい。

中欧・東欧を旅行したい方はよく最初にプラハに着いてまずこの町を見学しようとする。プラハは確かに見なければならない場所なので、それはわかるべきだ。然し、人気のある ロンリー・プラネットはプラハについて次のように書いている: ”プラハにいるものすごく多い観光客についての考え方はその前に行った場所によって違う。ロンドン又はパリ、ローマなどの西欧の大都市から入ると、この観光客の人数などは普通だと思うが、他の東欧の都市からプラハへ行くと、この町はまずショックを受けるんだろう。”それは事物の核心をつく。特に1989年前のプラハを知っている人にとって、現在のプラハは大ショックだ。1989年前のプラハは次のようだった:ぼろぼろのところが多くて憂鬱な雰囲気を受け、老け込んだ美人のような町であった。現在のプラハはそれに大変異なって、ピカピカしている市街にネオン灯だらけのキャバレーや為替所、ペテンや終わらない観光客の組などは普通の光景になってしまってきた。個人的に思うのは、東欧を旅行したい方は確かにまずプラハ、続いてブダペストへ行ったほうがよい。他の東欧の町を旅した後にプラハへ行くと絶対がっかりしてしまうという理由がある。

 

町全体を覗く華麗なプラハ城と聖ヴィート大聖堂

町全体を覗く華麗なプラハ城と聖ヴィート大聖堂

 

プラハの広い旧市街は巨大な住宅地と産業地帯に囲まれている。ヴルタヴァ(別名:モルダウ)川は町全体を南から北へ貫流して、市内に大きい孤を描く。市内のJosefov (ユダヤ人の地区)Staré Město (旧市街)と比較的に新しくないNové Město (新市街)はヴルタヴァ川の左岸に広がって、対岸の連丘にはHradčany (お城の地区)がある。両岸は様々な橋に結ばれている。その内の一番有名な話は丁度真中にあり、歩行者限りのKarlův Most (カレル橋)だ。

 

一番有名な眺望だろう:カレル橋、ヴルタヴァ川とプラハ城

一番有名な眺望だろう:カレル橋、ヴルタヴァ川とプラハ城

小史

既に965年に、アラブ・ユダヤ人の商人Ibrahim Ibn Jacob(ヤコブの息子イーブラヒム)はプラハを「石と石灰から作った町」として描写した。ドイツの作家巨匠Goethe(ゲーテ)はプラハをべた誉めした。続いて、クラシックの愛好者の内知らない人がいないSmetana(スメタナ)という作曲家はヴルタヴァ川とプラハを不朽なものにした。要するにプラハは昔から良い点をとって、ずっとボヘミアの第一の都市であった。プラハがあっさりウィーンやローマ、パリなどに遅れを取らぬようにすることができる。疑う余地なくプラハの周辺は数千年間定住された。然し、町自体は紀元870年に始まった。そのとき、最初のお城が作られた。そのお城は次第にPřemysl(プジェミスル家)の所在地になり、それ以来ボヘミアの運命はそこから定められたといえる。最初にプラハが記録に現れたのは上述のイーブラヒムという商人のおかげであった。
11世紀に、まずヴルタヴァ川の右岸に建物が建てられた、それはまずVýšehrad (上のお城)という要塞であった。因みにハンガリーには同名のVisegrád(ヴィシェグラード)と呼ばれている同じように古い町がある。それ以来、徐々に旧市街と城下町が発生した。プジェミスル家の死滅の後、ルクセンブルクのヨハン王はボヘミアの支配者になった。プラハにとってはヨハン王より彼の息子Karl IV.(カレル4世)は大きな役を立てた。同じ人は伝説によってKarlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)の温泉をみつけった。カレル4世は神聖ローマ帝国という昔のドイツ帝国の都をプラハへ移転して、プラハの開発を大変に推進した。そのとき、特に中期ゴシック様式の建物が築かれた。それに加えて1348年に大学が創立された。要するに現在のカレル大学はチェコの真中にあるのにドイツの最古の大学と見られている。世界中で有名なカレル橋や新市街、膨大な聖ヴィート大聖堂は全てカレル4世の治下に発生したものだ。14世紀に、人口は4万人を超えて多分ローマの次いでヨーロッパの二番目に大きい町であった。

カレル4世が死亡した後、プラハは中欧の優位を失って大火に遭ってしまった。特に1541年の火災には町の大部分が焼け尽きた。新しい開発のブームは16世紀末から始まった。そのとき、Rudolph II.(ルドルフ2世)という芸術の愛好家は再び都をプラハへ移動させた。そのとき、Johannes Kepler(ヨハネス・ケプラー)という有名な天文学者はプラハで研究していた。それ以来にもプラハは歴史を作り出した。その内、1618年に起こったプラハの弁務官窓外放出事件があった。その事件をきっかけにしてドイツやボヘミアなどを荒廃させた三十年戦争が勃発してしまった。オーストリアのハプスブルク家の治下に、プラハは政治的の重要性を失ったが、その代わりに町には新しい建築様式が始まった。17〜18世紀には無数のバロック様式の華麗な建築物が作られ、現在まで残っている。1784年に、Joseph II.(ヨセフ2世)は旧市街、新市街、城下町とお城の地区というプラハの歴史的な地区を統一してプラハを三回目に都にした。次の世紀に行われた産業化はプラハにも大規模に推進された。プラハはそのときにボヘミアの全能の中心であったといえる。そのため、19世紀に蘇ったボヘミアの国民意識の起点はプラハであったのは驚くべきものではない。同時に様々な重要な人物はプラハに暮らした。その内、Rainer Maria Rilke(ライナー・マリア・リルケ)という詩人と知らない人がほとんどいないFranz Kafka(フランツ・カフカ)(1883-1924)という1883年から1924年まで生きていた実在主義文学の先駆者がいた。プラハに行く前にカフカの作品を読書するのは大変お勧めだ。カフカの文章を思い出しながらプラハの横町を歩くと、この町は最も印象的な場所になると思う。

 

カレル橋はいつも大混乱している

カレル橋はいつも大混乱している

 

第一次世界大戦の後、プラハは新しく創立された独立のチェコスロバキアの政治的かつ文化的な首都になった。然し、1939年にヒトラーはボヘミアとプラハを占領した。それ以降、プラハは反対運動の首都になったと言える。1942年に、Heydrich (ハイドリッヒ)というドイツのボヘミア・モラビア保護領の保護者はプラハの街で暗殺された(参照:チェコの歴史)。プラハは戦争の一番最後までドイツに占領された。1945年5月5日〜9日のとき、蜂起が勃発してドイツによるの占領を終了した。同時に、ナチス・ドイツは無条件降伏した。ドイツ本国の都市ではなくて占領地の都市であったので、プラハは破滅的な絨毯爆撃を逃れて大損害を受けなかった。それは大運であったといえるだろう。

戦後のプラハは再びいまや社会主義的な共和国になったチェコスロバキアの首都であった。そしてまた歴史を作り出した。1968年に、ソ連やポーランド、東ドイツなどの軍勢は侵略して強制的にプラハの春という自由化の時代を終わらせた。プラハの街路に建っているタンクなどの撮影は現在まで忘れられない眺望だ。社会主義の時代には、他のチェコや東ドイツなどの都市と同じく、旧市街はあまり修理されなくてぼろぼろになってしまった建物が多かった。その代わりに、郊外の殺風景な住宅地が建築された。

1989年に、プラハはまた新聞の大見出しを巻き起こした。今回、東ドイツの数百人の亡命者は垣を越えて西ドイツの大使館に入った。全ての亡命者は結局西ドイツへ行ける事になった。1993年に行われたスロヴァキアからの「ビロードの離婚」というチェコスロバキアの解散の後、プラハは正式のチェコ共和国の首都になった。それ以来、外国からたくさんの芸術家や美術家、そして無数の観光客がプラハへ来た。特にアメリカ人の間にプラハを第二の故郷にする人が多い。観光客の人数は毎年増えてきた。チェコの 統計局によって、2002年には全部で9800万人(日本の人口はそれの1.2倍)の外国人はチェコを入国した。通過した人も含まれているが、4千万人はドイツ人、2千万人はポーランド人、1千万人はスロバキア人、そして700万人はオーストリア人だった。要するに大部分は隣国からの訪問者で、その内プラハまで行った割合は小さいが、その他の国から来た2300万人の訪問者の大部分はプラハを目的地にしただろう。それにもかかわらずプラハに宿泊した人数は1997〜2002年まで激減した。2002年にプラハで大損害を与えた洪水も観光客の人数を減少させたかもしれない。

往路と市内交通

列車でプラハへ行く場合には、到着または出発する駅に注意したほうがいい。何故かというのは、プラハには様々な駅があるという意味だ。一番大きい駅はHlavní nádraží(中央駅)で、切符や時刻表などに大体hl.n.と略されている。この駅はヴァーツラフ広場300メートルしか離れていない。国際的列車の大部分はここから出発する。構内には国際切符売り場、宿泊所を仲介するオフィスや為替所などの店がある。地下には、コイン・ランドリーやインターネット・カフェーなどもある。不可思議なことに、自動現金支払機が一つもない。

但し、ドイツのベルリンドレスデンなどから列車でプラハへ行くと、沢山の列車は中央駅まで走らない。その場合には、列車Nádraží Holešovice (n.Hl.)というプラハに北方にある駅に止まる。その駅の略語は中央駅の略語とすごく似ているので迷いやすい。ホレショヴィツェ駅は中央駅より小さくて店が少ない。構内には、民宿を提供する個人がよく旅行者を待っている。この駅から簡単に地下鉄で市内へ行ける。中央駅は三番目の駅だ。

様々な国内列車は他の駅を終点にする。その内、Praha Smíchovという南方にある地下鉄で行ける駅と東方のPraha Libeňがある。リベニェ駅までは地下鉄がないので、中央駅から各駅停車で行くのは一番早い。プラハではMetro(地下鉄)は一番便利な交通手段だ。全部で三つの線だけがある。線ずつの色は違うので、とてもわかりやすい。乗り換えできない切符は 8 Kč、乗り換え可能のは 12 Kč、そして子供の運賃は 6 Kčだけだ。一日間の使い放題のチケットは 70 Kčかかる。もちろん、その切符でトラムやバスなどでも行ける。ご注意:検札はとても多い。切符はホームに入る前に買うもので、切符がないとホームで検札されたら罰金になる。それは他のヨーロッパの都市と違う。

プラハからは各方面へ国際列車がある。デンマークの Århus(オールフス)、ドイツの(ベルリン)Dresden(ドレスデン)ポーランドの首都 Warszawa(ワルシャワ)、ハンガリーのBudapest(ブダペスト)、ルーマニアの首都Bucureşti(ブカレスト)、ブルガリアの黒海の海岸にあるВарна(ヴァルナ)、そしてもちろんオーストリアの首都 Wien(ウィーン)までへ直行列車がある。もっと詳しい情報はチェコの往路参照。チェコの各地からプラハへの行き方についてはその町についてのページに書いてある。

 

カレル橋には演芸する人が多い:音楽家、画家等々

カレル橋には演芸する人が多い:音楽家、画家等々

見所

プラハの全ての見所を記述することは無理みたいだ。それに加えてプラハについての詳しくていいホームページが多いので、ここでただ色々な名所についてのコメントを出したいと思う。短くいうと、プラハの名所は五つの地区に区別することができる:

Nové Město (新市街)という古い地区の名前は誤解を招きやすい。この地区は中央駅から始まり、旧市街を完全に囲む。名所の内、長くて華麗なVáclavské nám. (ヴァーツラフ広場)というプラハの最高級の店が並んでいる大通りがある。それに加えて、Národní muzeum(国立博物館)や印象的な建物に入っているNárodní Divadlo(国立オペラ劇場)などがあり、中央駅から数百メートルしか離れていない。他の博物館や新市街の市庁舎などの見ごたえのあるところもある。残念ながら、ヴァーツラフ広場は魅力的な雰囲気を失った:どこでもネオン灯がぴかぴかするセックス・ショップ、キャバレー、レートが悪い為替所などが広まってしまった。

市庁舎についているゴシック様式の天分観測時計

市庁舎についているゴシック様式の天分観測時計

 

Staré Město(旧市街)は新市街の北西にあり、あまり広くない。新市街の境としてはNa příkopě, Národní や 28. října などの環状道路のようになる通りがある。要するに旧市街はヴァーツラフ広場の北端に始まる。真中には、いつも数えられない観光客が大混乱しているStaroměstské nám.(旧市街広場)がある。この中世期のままの広場はかわいらしくて雰囲気がとてもよい場所であったが、特に天気がいい日には、人が多すぎて見学するのは全く楽しくない。当然ながら観光客に応じる店などが多いが、値段が高い。

 

旧市街の市庁舎の立派な隣接建物

旧市街の市庁舎の立派な隣接建物

 

旧市街広場にはStaroměstská Radnice(旧市街の市庁舎)という立派な建物がある。外壁には大きいゴシック様式のOrloj(天分観測時計)がつけている。Olomouc(オロモウツ)の市庁舎にもある時計と対照的に、この時計はオリジナルだ。正時ごとに、上にある窓から小さな人形が出てくる。同時に数千人のカメラはぱちんとする。どっちのほうが面白いのは人によって違うかもしれない。それ以外はヤン・フスという宗教革命者の像とバロック様式のKostel sv. Mikuláše(聖ミクラーシュ教会)、そして遠くからわかる無比のMatka Boží před Týnem(聖母マリアのティーン教会)が建ってある。このゴシック様式の教会の現在の形は14世紀からで、80メートルの高さの塔が二つある。特に塔の形は比べられないものだ。そこから東方へ進むと、わかりやすいPrašná brána(火薬門)がみえる。この門を通り過ぎると、新市街から旧市街に入ることができる。「門」より「塔」が相応しい言葉だ。高さは65メートルで、上ることもできる。

すぐ旧市街の北方にはあまり大きくないJosefov(ヨゼフォヴ)という昔のユダヤ人地区が広がる。この地区は北と西にはヴルタヴァ川が境界となっている。ユダヤ人の地区なので、シナゴーグが多くてユダヤ人の墓地などもある。他にはヨゼフォヴの市庁舎などもある。全てのユダヤ人の生活に関する施設は現在にプラハのユダヤ人博物館に組み合わされた。シナゴーグや墓地などへ行きたい場合には、総合入場料は 480 Kč (学生340)で、非常に高いだろう。しかもチェコ人は 50 Kč だけ払う。全部を見学するのは一日間ぐらいかかる。ところで、ヒトラーはユダヤ人の完全な絶滅の後にこの地区で「滅びた民族の博物館」を創立したかった。そのため、ナチス・ドイツは様々なゲットーからのユダヤ人に関する人工物を集めた。陰惨だな。

旧市街から有名なカレル橋を渡ってヴルタヴァ川の左岸へ行くと、すぐMalá Strana(小地区)に入る。Karlův Most(カレル橋)は1357年に建築されたもので、1841年までプラハの唯一の橋だった。橋は全部で30個の像に飾られているが、その像は18世紀の作品だ。自分で歩きながら橋を越えるのはあまりできない。観光客が多すぎて止まりたいときに後ろから押されてしまう程混乱している橋の上には、様々な音楽家や画家などが演奏する。橋の両側には特徴の門のような塔がある。小地区側の塔を上る可能性があり、入場料は 30 Kč だ。

 

お城の前の仕事中の万人

お城の前の仕事中の万人

 

小地区には坂が多い。ここには色々な教会がある。お城方面の北部にはValdštejnský palác(ヴァレンシュタイン宮殿)がある。ヴァレンシュタインという三十年戦争の将帥は1630年にこの華麗な宮殿を自分のために建築したが、完了した4年後、彼はCheb(ヘプ)で卑劣に殺された。今では、チェコの議会はヴァレンシュタインの宮殿の中に会議を開く。小地区の南部には緑が多いPetřínské sady(ペトシーン公園)が広がる。それの中には高さが60メートルの塔がある。その塔はパリのエッフェル塔を真似して一番上には展望台がある。小地区の中心にはMalostranské nám.(小地区広場)がある、そこから始まる通りには喫茶店やレストランなどが並んでいる。然し、それは大体観光客向けのレストランなので、値段は普通より高い。


膨大な聖ヴィート大聖堂の一部

膨大な聖ヴィート大聖堂の一部

 

最終的にHradčany(お城の地区)という小地区の北方にある地区について:それの真中にはプラハ城が聳えている。丘の上に建てられているので、お城はどこからも見える。ここはボヘミアの歴史が始まって、昔からボヘミア、そしてチェコスロバキアとチェコの政治的な中心である。今でもプラハ城はチェコ共和国の大統領の所在地だ。お城自体の建築は9世紀に始まったが、建物は何回も再建と拡張されたので様々な建築様式がある。お城の正門はHradčanske nám(お城広場)に接して、入るとまず狭い中庭がある。それを通過した後に前より大きい第二の中庭がある。その後、広い第三の中庭がある。Pražský hrad(プラハのお城)別名「Hradschin(フラドシン)」にはものすごく大きいKatedrála sv. Vita(聖ヴィート大聖堂)が目立つ(参照:一番上の写真)。この大聖堂は上述の第三の中庭にあり、建築は1344年に始まった。然し、このフランスの大聖堂ゴシックという建築様式の大聖堂は数百年間かかって、完了されたのは1929年であった。それはドイツのケルンにある大聖堂と同じだ。10世紀から、同じ場所で小さい教会があった。聖ヴィートの領地は124×60メートルで、塔の高さは97メートルだ。

その後の部分にはギャラリーや博物館(その内Národní muzeum 国立歴史博物館)、様々な塔や修道院、そして他の教会に関する建築物がある。お城の一番奥にはZlatá Ulička(黄金小路)がある。黄金小路は16世紀末に作られ、小さな民家が並んでいる。その内、カフカの家という建物もある。1990年まで、このところは普通の通りのようなところだったが、今では黄金小路は両側から遮断され、有料になった。それは信じられないことだ。有料になってもものすごく多い観光客が入る。暖かい日には、閉所恐怖症の人は絶対入らないほうがよい程大混乱している。こんなに大切なお城があるともちろん番人もいる。プラハ城を守る番人は正門の前に立て、正時ごとに歩哨の交代をする。それに加えて、毎日12時に大きい正式の歩哨の交代が行われている。それは観光客の内にものすごく人気のあることで、人が非常に多い。お城以外には、お城の地区にロレッタという聖域、もう一つの宮殿、国立美術館や古いストラホフ図書館などの面白い場所がある。

大聖堂の詳細

大聖堂の詳細

上述の五つの地区に入っていない名所の内、小史に述べたVyšehrad(上のお城)という新市街の南方にある場所がある。最初のお城は11世紀に創設されたが、現在に見える部分は17世紀の建築物だ。隣にはSlavín(スラヴィーン)墓地があり、そこにはスメタナやドヴォジャークなどの有名な人物の墓がある。旧市街からやや離れているが、地下鉄のC線で簡単に行ける。もう一つのアトラクションはU Fleků(ウ・フレクー)ビア・ホールだ。この飲み屋は1499から営業して、自分の本当に美味しい黒ビールを作るので有名になってきた。元々いいところであったが・・・あわれ、この素敵な場所は何故こういうふうになってきてしまった?驕慢なスタッフはお客さんをなるべく早く処理して、ロボットのように「チェコの有名なお酒を飲もうよ!飲もうよ!飲もうよ!」と繰り返す。そのお酒はKarlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)で醸造されている「Becherovka」で、普通の店なら25、ウ・フレクーで75 Kč になる。ぼられた感じがする。昔個人的に好きな場所であったが、そこへ行く気がなくなってしまった。

宿泊所

別にお勧めの場所がない。当然ながら、プラハには無数のホテルやホステル、ペンションなどがある。周辺には、キャンプ場もある。私にとって一番方法はチェコに近い町に泊まることだ。例を挙げると、Kutná Hora(クトナー・ホラ)Tábor(ターボル)などの列車で一時間以下離れている町に泊まると、何倍も安くなるしゆっくりできる。

Hotel Columbo

13700 Prague · Milicova 15


建築年: 1905
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 15
価格: 162米ドル〜
レビュー 9.7/10

今すぐ予約!
1905年オープンのホテル コロンボは、この都市の見事なスカイラインを形成するホテルの1つです。 市内からたった0.0 Km、空港から50分でアクセスできます。 ホテルは便利なロケーションなので、都市の見どころに簡単にアクセスできます。 一流のサービスを提供し、幅広いアメニティを完備するホテル コロンボでは、滞在する誰もがゆったりとリラックスできます。 いくつかのホテル内施設を挙げれば、公共エリアでのWi-Fi, ランドリー/ドライクリーニング, レストラン, ファミリールーム, セーフティーボックス があります。 全15室あるホテル客室の1室に入るとすぐに、コーヒー・ティー, 冷蔵庫, シャワー, ヘアドライヤー, ミニバー のような客室アメニティで日常の喧騒を忘れることができます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 ホテル コロンボの一流のサービスとホスピタリティを満喫して下さい。

Santini Residence

11800 Prague · Nerudova 211/14


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数:
価格: 0米ドル〜
レビュー 9.5/10

今すぐ予約!
プラハ01の中心に位置するサンティーニ レジデンスは、プラハ観光にもってこいの滞在先です。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 ホテルは便利なロケーションなので、都市の見どころに簡単にアクセスできます。 他ホテルでは体験できないサービスとアメニティのあるプラハでの滞在は、きっと素晴らしい時間になります。 ホテルは、快適に滞在できるよう ビジネスセンター, ツアーデスク, ルームサービス, 館内ショップ, VIPルーム設備 のようなホテル施設を完備しています。 全室に エアコン, 液晶テレビ/プラズマテレビ, キチネット(簡易台所), アイロン設備, 冷蔵庫 が完備してあるので、目利きの宿泊客でも満足できます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 便利で快適なプラハのホテルを探しているなら、 サンティーニ レジデンスはもってこいです。

Residence Agnes

11000 Prague · Hastalska 19


建築年: 2006
位置: 地図
ホテルの階数: 4
客室数: 22
価格: 125米ドル〜
レビュー 9.4/10

今すぐ予約!
2012年に改装されたレジデンス アニエス ホテルは、プラハのビジネスとレジャーのどちらにも便利な滞在先です。 市内からたった0.0 Km、空港から30分でアクセスできます。 ホテルは便利なロケーションなので、都市の見どころに簡単にアクセスできます。 宿泊客は、レジデンス アニエス ホテルの施設とサービスに満足するでしょう。 ホテル内施設には、コンシェルジュ, ベビーシッター/託児施設, バレーパーキング, 空港送迎, ファミリールーム があります。 全22室の上品に装飾された客室があります。全室に 扇風機, シャワー, ノートパソコン用セーフティボックス, セーフティーボックス, 書斎デスク が完備してあります。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 宿泊の際、いつもリラックスできるレジデンス アニエス ホテルは、プラハでとっておきのホテルです。

DownTown Suites

10100 Prague · Kodanska 13


建築年: 1932
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 13
価格: 88米ドル〜
レビュー 9.3/10

今すぐ予約!
ダウンタウン スイ―ツは、 プラハを観光するのに理想的なプラハ10に位置しています。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 ジリホZポデブロード, イエスのみの聖心教会, フローラ駅 のような観光スポットから近い滞在先を探しているなら、このホテルがもってこいです。 宿泊客は、ダウンタウン スイ―ツの施設とサービスに満足するでしょう。 駐車場, 喫煙所, 空港送迎, ランドリー/ドライクリーニング, ファミリールーム などのホテル内施設が完備してあり、滞在が満喫できます。 ダウンタウン スイ―ツの雰囲気が客室にも見え隠れします。全室に シャワー, 洗濯機, インターネット - WiFi, 液晶テレビ/プラズマテレビ, シャワーと浴槽は別 などが完備してあります。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 理想的なロケーションと充実したホテル施設といった好条件を兼ねそろえるダウンタウン スイ―ツは、とっておきの滞在先です。

Hotel U Cerneho Orla

118 00 Prague · Mostecka 11


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数: 3
客室数: 12
価格: 162米ドル〜
レビュー 9.2/10

今すぐ予約!
プラハの文化, 観光なエリアに位置するHotel U Cerneho Orlaは、ビジネス客とレジャー客のどちらのタイプにもオススメのホテルです。 たった1 kmなので、ホテルから中心部までそんなに遠くありません。混雑してなければ、空港までは約30分です。 ホテルは、マラー・ストラナ・ブリッジ・タワー, ジョン・レノン・ウォール, マルタ広場 のような観光名所に近く大変便利です。 プラハ滞在を満喫できるように、Hotel U Cerneho Orlaはバラエティに富む施設を完備しています。 いくつかのホテル内施設を挙げれば、ファミリールーム, セーフティーボックス, レストラン, ツアーデスク, 公共エリアでのWi-Fi があります。 全12室あるホテル客室の1室に入るとすぐに、ミニバー, アイロン設備, シャワー, テレビ, インターネット - WiFi のような客室アメニティで日常の喧騒を忘れることができます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 便利なロケーションにある Hotel U Cerneho Orlaはホテル施設も充実しており、プラハの滞在先としてパーフェクトです。

Clarion Prague Old Town Hotel

110 00 Prague · Hradebni 9


建築年: 1930
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 93
価格: 0米ドル〜
レビュー 9.1/10

今すぐ予約!
プラハ01に位置するクラリオン プラク オールド タウン ホテルは、プラハとその周辺を探索するのに最高のホテルです。 市内から1 kmに位置しているので、滞在客は多数の観光アクティビティが楽しめます。 郵便博物館, セント・アグネス女子修道院, NoD Gallery のような多数の観光アトラクションの近くに位置していますが、ホテル内ではリラックスした時間が過ごせます。 他ホテルでは体験できないサービスとアメニティのあるプラハでの滞在は、きっと素晴らしい時間になります。 快適に宿泊できるよう、ホテルにはエレベーター, 喫煙所, ビジネスセンター, レストラン, セーフティーボックス のようなホテル施設が完備してあります。 クラリオン プラク オールド タウン ホテルには93室の客室があり、全室に 書斎デスク, バスタブ, セーフティーボックス, インターネット - LAN, ヘアドライヤー が完備してあります。 マッサージ のようなトップクラスの娯楽施設が充実しているので、1日の疲れを癒すことも、体を動かして汗を流すこともできます。 クラリオン プラク オールド タウン ホテルの一流のサービスとホスピタリティを満喫して下さい。

Merchant's Yard Hotel

11000 Prague · Tyn 637/10


建築年: 2010
位置: 地図
ホテルの階数: 3
客室数: 6
価格: 120米ドル〜
レビュー 8.9/10

今すぐ予約!
マーチャンツ ヤード ホテルはビジネス目的、レジャー目的のどちらにももってこいです。また、プラハ01に位置しているので何処に行くにも便利です。 エキサイティングなスポットが、ホテルからたった1 kmです。 ホテルは、Tyn Courtyard, ゴールデン・リングの家, セント・ヤコブ教会 のような観光名所に近く大変便利です。 宿泊客は、マーチャンツ ヤード ホテルの施設とサービスに満足するでしょう。 いくつかのホテル内施設を挙げれば、会議/パーティー設備, レストラン, 空港送迎, 24時間ルームサービス, バー があります。 全室に 飲料水ボトル(無料), コーヒー・ティー, エアコン, 書斎デスク, ミニバー が完備してあるので、目利きの宿泊客でも満足できます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 ビジネス目的でもレジャー目的でも、マーチャンツ ヤード ホテルはプラハの滞在先としてぴったりです。

Abitohotel

14100 Prague · Chodovska 1430/3a


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数: 11
客室数: 65
価格: 38米ドル〜
レビュー 8.6/10

今すぐ予約!
アビトホテルは、 プラハを観光するのに理想的なプラハ04に位置しています。 たった4 Kmなので、ホテルから中心部までそんなに遠くありません。混雑してなければ、空港までは約60分です。 カセロヴ駅, スタディオーン・エデン, ロズティリー駅 のような観光スポットから近い滞在先を探しているなら、このホテルがもってこいです。 一流のサービスと最新設備を兼ね揃えるアビトホテルでの滞在は、きっと忘れられない思い出になります。 目利きの滞在客でも満足できるよう、ホテル内施設が数多く完備してあります。 全室に 冷蔵庫, 電子レンジ, 休憩スペース, 書斎デスク, 液晶テレビ/プラズマテレビ が完備してあるので、目利きの宿泊客でも満足できます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 宿泊の際、いつもリラックスできるアビトホテルは、プラハでとっておきのホテルです。

Best Western Plus Hotel Meteor Plaza

11000 Prague · Hybernska 6


建築年: 1307
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 88
価格: 95米ドル〜
レビュー 8.5/10

今すぐ予約!
観光にもビジネスにも、プラハを訪れる際はベスト ウエスタン プラス ホテル メテオール プラザが最高の選択となること間違いなし。 市内からたった0.0 Km、空港から45分でアクセスできます。 また、プラハ観光ツアーズ, パウダー門, 市民会館 まで簡単にアクセスできます。 フレンドリーなスタッフがクオリティの高いサービスを提供することでBest Western Internationalは有名です。 ベスト ウエスタン プラス ホテル メテオール プラザ滞在は、期待以上の素晴らしい時間になるでしょう。 目利きの滞在客でも満足できるよう、ホテル内施設が数多く完備してあります。 ベスト ウエスタン プラス ホテル メテオール プラザには88室の客室があり、全室に バスタブ, 書斎デスク, コーヒー・ティー, 衛星テレビ/ケーブルテレビ, ミニバー が完備してあります。 ホテルは マッサージ, サウナ, ジム/フィットネス, ジャグジー のような娯楽施設を完備しています。 ビジネス目的でもレジャー目的でも、ベスト ウエスタン プラス ホテル メテオール プラザはプラハの滞在先としてぴったりです。

Palace Road Hotel

11800 Prague · Nerudova 7


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 11
価格: 74米ドル〜
レビュー 8.4/10

今すぐ予約!
プラハ01に位置するパレス ロード ホテルは、プラハとその周辺を探索するのに最高のホテルです。 たった0.5 Kmなので、ホテルから中心部までそんなに遠くありません。混雑してなければ、空港までは約30分です。 ネルドヴァ, セント・ヤン・ネポムツキー, 絶え間ない救いの手の聖母マリア教会 近隣に位置しており、周辺が整備されているホテルなので、滞在先として大変魅力的です。 一流のサービスを提供し、幅広いアメニティを完備するパレス ロード ホテルでは、滞在する誰もがゆったりとリラックスできます。 ホテルは、快適に滞在できるよう ツアーデスク, 送迎, ファミリールーム, 喫煙所, 空港送迎 のようなホテル施設を完備しています。 全室に シャワー, バスタブ, 共同バスルーム, インターネット - WiFi, 禁煙ルーム が完備してあるので、目利きの宿泊客でも満足できます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 何でもそろうパレス ロード ホテルは、プラハの中でもクオリティの高いホテルです。
Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>