チェコ:オロモウツ

一般的な情報 | 見所 | 宿泊

一般的な情報

地名

Olomouc(オロモウツ)。「モ」と「ウ」は二つの音で、長い「オー」ではない。ドイツ語の地名はOlmütz(オルミュツ)だ。時々「Olmuts」または「Olmuc」という昔の書き方も見える。

位置

約270キロ首都のプラハから離れて、チェコの東部にある。オロモウツは中欧モラビアにあり、モラビアの第一都市Brno(ブルノ)は南西へ60キロしか離れていない。町全体は幅が広いHornomoravský Uval (上のモラヴァ川谷)に広がって、同名のMorava (モラヴァ)川の畔にある。

町の姿

オロモウツの人口は10万3千人で、チェコの第五の都市だ。然し、オロモウツはプラハの次にチェコの重要文化遺産の一番高い密度を持っているのはあまり知られていない事実だ。町全体を貫いて流れているMorava(モラヴァ)川と様々な支流の影響でオロモウツの構造は中々珍しい。Olomouc hl. n. (オロモウツ中央駅)は旧市街自体からやや離れていて東部にある。そこから、垂直のMasarykova(マサリコヴァ)通りは1.5キロぐらい北西へ進む。三番目の橋の後、マサリコヴァ通りは1. máje(5月1日記念日通り)になり、その辺りには旧市街が始まる。すぐ近くには膨大なDóm sv. Václava(聖ヴァーツラフ大聖堂)が建ってあるので、とてもわかりやすい。そこから同じ通りをたどって行くと、数百メートル後まずnám. Republiky (共和国広場)、そして中心的なHorní nám. (上の広場)に着く。上の広場はかなり広いが、真中には大きいRadnice (市庁舎)が建ってあるので本当の大きさは最初にわからない。

Horní nám. (上の広場) というオロモウツの中心

Horní nám. (上の広場) というオロモウツの中心

論理的にはDolní nám. (下の広場)の存在を期待してよいだろう。下の広場は市庁舎から200メートルしか離れてそれの南にある。南、西と東ではオロモウツの旧市街は広い公園に囲まれている。そのため、旧市街の境はわかりやすい。然し、範囲は広くて全部を見学することは時間かかる。郊外には住宅地と産業地帯ばかりがあって名所は少ない。

 

素晴らしい聖三位一体の碑のトップ

素晴らしい聖三位一体の碑のトップ

小史

オロモウツはかなり古い町で、最初に1017年に述べられた。そのとき、モラビアはボヘミアと統一された。それに従って、オロモウツには Přemysl(プジェミスル)家のために華麗な宮殿が作られた。それに加えて、聖ペトル教会は建てられたが、この教会はもう存在していない。1078年に、最初の修道院が創立された。

13世紀の真ん中には、厚い外壁で守られていたオロモウツは都市の特権を得た。14世紀に、この地方の辺境伯のは市民達の市庁舎の創設を許した。それ以来、オロモウツは主な市場になってきて、モラビアの第一都市まで上がった。フス戦争のとき、オロモウツは損害を被ったが、それでもずっと発達した。1513年に、市内には大学が創立された。但し、17世紀に勃発した30年戦争はオロモウツにとって大きな災いになってしまった。1642年(戦争がそのときほとんど終わった)スウェーデンの軍隊はこの町を包囲して侵略した。それ以降、オロモウツは8年間スウェーデンの治下であった。戦前には、8千人がこの町に住んでいたが、戦後には2千人だけが町の廃墟に残っていた。結果としてはBrno(ブルノ)はモラビアの首都になった。オロモウツは徐々に回復したが、それでもそれ以来ずっとモラビアの第二の都市であった。

 

市庁舎の傍にある修復された天分観測用時計

市庁舎の傍にある修復された天分観測用時計

 

18世紀、新しいブームが始まった。現在に旧市街で見える建築物は大体そのときに作られたものだ。チェコを含んだオーストリア・ハンガリー帝国で19世紀に行った産業化はまずオロモウツに大きな影響を与えなかった。その理由は町の発達を限る外壁であったといえる。そのため、オロモウツの外壁は色々な他のヨーロッパの町の外壁と同じく崩壊された。因みに19世紀の市民達の三分の一はドイツ人だった。ドイツ人の割合はチェコスロバキアの創立の後に少なくなり、第二次世界大戦の前に三分の一だけであった。戦後には、残ったドイツ人の人口はほとんど完全にドイツへ強制的に移住させられた。

往路

大都市なので、バスと列車の直行が多くて行きやすい町だ。例を挙げると、プラハからは東スロバキアのKošice(コシツェ)までの国際特急がある。プラハまでの所要時間は3時間半で、運賃は 164 Kčだ。特急なので、もっと安い列車もある。コシツェまでの所要時間は6時間半ぐらいで、値段は 740 skr (約2500円)だ。北方へも南方へも列車で行ける。北にある大都市Ostrava (オストラヴァ)(1時間10分)やBrno (ブルノ) (1時間半)などへの直行列車がある。南ポーランドKatowice(カトヴィツェ)までの国際特急があり、所要時間は3時間だけ。オロモウツの中央駅は旧市街から遠いが、トラムの1番線と5番線で簡単に中心まで行ける。

 

オロモウツの狭い横町は魅力的だ

オロモウツの狭い横町は魅力的だ

見所

他のチェコの町と同じく、全ての名所は中心的な広場の周辺で密集している。このオロモウツで「上の広場」と呼ばれている場所には、大きいSloup Nejsvětější Trojice (聖三位一体の碑)が置いてある。このバロックの円柱(参照:一番上の二枚の撮影) は1754年に完了され、高さは35メートルに達する。他のチェコの町にも大体「ペストの記念塔」と呼ばれているものがあるが、ヨーロッパに比べ物がないこのような碑は2000年にユネスコの文化世界遺産に認定された。特にこの碑の細かいところは素晴らしい。

広場の真中に建っているRadnice (市庁舎)は15世紀にルネサンス様式で築かれたが、ほとんど完全に崩壊されてしまった。現在に見えるのは1955年に再建されたものだが、それでも十分きれいな建物だ。北側には、Orloj (天文観測用時計)がある。この複雑な仕掛が入っている時計は明瞭に社会主義的時代に修復されて外見は微妙だ。それに加えて、上の広場には二つのきれいな噴水がある。一つはCaesarova kašna (シーザー噴水)、もう一つはHerkulova kašna (ヘラクレス噴水)と呼ばれている。ヘラクレス噴水は1688年に作られ、この町の最古の建築物の一つである。

 

聖サルカンダー礼拝堂(?)の素晴らしい彫像

聖サルカンダー礼拝堂(?)の素晴らしい彫像

 

オロモウツの”最大”のアトラクションは巨大なKatedrála Sv. Václava (聖ヴァーツラフ大聖堂)だ。このネオゴシック様式の教会の二つの塔の高さは100メートルで、町の最大な建築物であるかもしれない。12世紀から、同じ場所で教会が建っていたが、その教会は何回も崩壊と再建された。現在の形は1890年に完成されたものだ。大聖堂の隣にはPřemyslovský Palác (プジェミスル家の宮殿)が要塞のようにモラヴァ川を見晴らす。上の広場から聖ヴァーツラフ教会までの距離は約1000メートルだ。その間にある地区は面白い。特にメーン・ロードの南方の横町には詳細の飾りが多い民家や教会などが並んでいる。

 

大聖堂とプジェミスル宮殿の一部

大聖堂とプジェミスル宮殿の一部

 

オロモウツの雰囲気は他のチェコの町と比べてなんとなく違う。完全に崩壊され、また違うように修復されたことはそれの一つの理由だ。とにかく二週間以上チェコいる方にとってはこの町は必見だ。

宿泊所

駅と旧市街の間には大きいDasHotel Palác(ホテル・パラーツ)という宿泊所がある。住所は t&#345. 1. Máje 27 だ。内装は古いが、部屋は清潔だ。それに加えて、すぐ隣には聖ヴァーツラフ教会がある。一階にカジノが入っている。ダブルなら、宿泊代は 630 Kč だ。裏側の Komenského 通りにはお勧めのレストランもある。

NH Olomouc Congress

77900 Olomouc · Legionarska 21


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 137
価格: 104米ドル〜
レビュー 9.0/10

今すぐ予約!
オロモーツに位置するNH オロモウク コングラスは、オロモーツとその周辺を探索するのに最高のホテルです。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 また、キノ・メトロポール, 聖三位一体円柱, 市庁舎 まで簡単にアクセスできます。 一流のサービスと最新設備を兼ね揃えるNH オロモウク コングラスでの滞在は、きっと忘れられない思い出になります。 いくつかのホテル内施設を挙げれば、障害者用施設, コンシェルジュ, 駐車場, ルームサービス, エレベーター があります。 NH オロモウク コングラスには137室の客室があり、全室に 禁煙ルーム, 書斎デスク, ヘアドライヤー, シャワー, コーヒー・ティー が完備してあります。 喧騒から離れてゆったりできるように、ジム/フィットネス, 屋内プール, ジャグジー のような娯楽施設がホテルには充実しています。 便利で快適なオロモーツの滞在先を探しているなら、チャーミングなNH オロモウク コングラスは理想的なホテルです。
Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>