チェコ:リベレツ

一般的な情報 | 見所 | 宿泊

一般的な情報

地名

Liberec(リベレツ)。元々ドイツ人がものすごく多い地方なので、Reichenberg(ライヘンベルク)というドイツ語の地名は同じように通じる。リベレツの周辺はドイツに近くて昔ドイツ人のほうが多かったので、このページで周辺の地名はチェコ語でもドイツ語でも書かれている。

位置

首都のプラハの北方へ90キロぐらい。ポーランドとの国境もドイツとの国境も距離は20キロだけだ。町自体はJeštěd (別名 Lausitzer) 山脈Jizera (別名 Iser) 山脈に囲まれて、両方の山脈の標高は1000メートルを超える。山脈の間にはLužická Nisa (別名 Lausitzer Neisse)という川が流れている。ニサ(ナイセ)川はリベレツから北方へ流れて、ポーランドとドイツの間の国境となっている。リベレツとその周辺はチェコ・ポーランドとドイツの一部を含むEuroregion Neisse(ヨーロッパ上の協力地域”ニサ”)のチェコ側の中心だ。

町の姿

リベレツの人口は10万人を超えて、チェコ共和国の第6の大都市だ。町の中央駅は旧市街からかなり離れている。駅から出ると、まず幅が広い1. máje(5月1日)通りをずっと北東へ下がってNové Město (新市街)を横断することが必要だ。ニサ川を渡った後、まずdům kultury (文化の宮殿)とその裏側に大きいTesco ショッピング・センターがある。テスコの後ろには、リベレツのバス・ターミナルが亘っている。そこから左へ向かうと、Pražská(プラハ)通りまたはMoskevská(モスクワ)通りという長い坂を上る歩行者専用通りを辿って中心的なBenešovo nám. (ベネシュ広場)に着く。この広場とその周辺はStaré Město (旧市街)と称され、綺麗な建物や店、そしてレストランなどが密集している。同じ広場には、ツーリスト・インフォメーションがある。旧市街全体は大規模に修理されて、そのおかげでリベレツは見ごたえのある町になった。

 

リベレツの綺麗な市庁舎は・・・

リベレツの綺麗な市庁舎は・・・

歴史

リベレツは最初に1352年に述べられたが、数百年間ただ小さい部落であった。特に旅する商人はこのところを休憩所として使った。15〜16世紀には、この部落は小町になったきた。19世紀に行われたボヘミアの産業化のとき、リベレツは早速に発達して、人口が急に増加した。特に繊維工業はブームしてリベレツをボヘミアの第二の都市にした。第一の都市はそのときにももちろんプラハであった。そのときには、リベレツには全部で50の繊維工場と60の金属工場があった。その内、カーメーカーもあった。

 

・・・ライトアップされるときにも素晴らしい

・・・ライトアップされるときにも素晴らしい

 

チェコの物価はドイツより安いので、今では日帰りでリベレツを訪問するドイツ人が多い。創立したばかりEuro-Region Neisse(ヨーロッパのナイセ地方)は歓迎されることだ。このプロジェクトでチェコのリベレツ地方とポーランドの Jelenia Góra 地方、そしてドイツの Görlitz 地方の間の協力は推進されて、全ての参加する地方にとって有利なことだ。

往路

列車でリベレツへ行くのはあまり簡単ではない。首都のプラハは上述のように遠くないので、一番早い列車の所要時間は2時間45分だ。要するにバスで行ったほうがよいだろう。しかし、ドイツ行き直行列車がある。この列車は各駅停車で、ドイツの都市Zittau(ツィッタウ)までの所要時間は35分だ。運賃は 93 Kč。ドレスデンまでの直行列車がないので、ツィッタウで乗換えをしなければならない。

ランドマークのイェシュチェドというリベレツの南西にある山

ランドマークのイェシュチェドというリベレツの南西にある山

見所

旧市街に入るときには、まず市庁舎は目立つ。このネオルネサンス様式の華麗な建物は1888〜93年に F. Neumann(ネウマン)に計画されて、真中の塔の高さは65メートルだ。特に夜にライトアップされる市庁舎は非常にきれいだ。市庁舎の裏側にはオペラなどのきれいな建物が沢山ある。それ以外は動物園や植物園、ガラス博物館が入っている小さな16世紀のお城などもある。一般的にいうと、この町は素敵な一日を過ごすための丁度いいところだ。町と同じぐらい有名なのはリベレツに近いJeštěd イェシュチェド(Jeschken、イェシュケン)という遠くからわかりやすい標高1011メートルの山だ。頂上には大きくて円錐形の塔がそびえている。この白い塔にはホテルやテレコミュニケーションの設備が入っている。

 

市庁舎の裏側にある町のオペラ

市庁舎の裏側にある町のオペラ

宿泊所

様々なペンションとホテルがあるが、多分国境に近いので他のチェコの都市よりやや高い。それに加えて訪問者が多いが、ほとんど全ての観光客は日帰りで行くので、そんなに沢山の 宿泊所がない。一番安い宿泊所は Unihotel(ウニホテル)という大学寮だ。そこのバスとトイレ付き素朴な部屋は一人で300コルナ(ダブル、シングルなら350)かかる。市庁舎から歩いて10分しかかからないので便利だ。この大学の寮はVoroněžská 通りにあり、かなりわかりやすい。然し、行く前にツーリスト・ インフォメーションで尋ねたほうがよいだろう。学生寮に泊まれない時期もあるし、それ以外のいい場所を教えてくれる可能性もある。

Hotel Babylon

46012 Liberec · Nitranska 1


建築年: 2005
位置: 地図
ホテルの階数: 5
客室数: 407
価格: 134米ドル〜
レビュー 7.4/10

今すぐ予約!
リベレツをすみずみまで観光する場合は、ホテル バビロンが最高のチョイスです。 市内のエキサイティングなスポットまで 0.8 Kmなので、この4つ星ホテルから観光アトラクションまで簡単にアクセスできます。 ホテルは便利なロケーションなので、都市の見どころに簡単にアクセスできます。 一流のサービスと最新設備を兼ね揃えるホテル バビロンでの滞在は、きっと忘れられない思い出になります。 ホテルは、ヘアサロン, カジノ, 喫煙所, ランドリー/ドライクリーニング, ビジネスセンター のような幅広い施設を完備しています。 全407室の上品に装飾された客室があります。全室に テレビ, シャワー, 衛星テレビ/ケーブルテレビ, インターネット - LAN (有料), ヘアドライヤー が完備してあります。 ホテルは サウナ, ジム/フィットネス, ジャグジー, 屋内プール, 子供用プール のような娯楽施設を完備しています。 ホテル バビロンでプロフェッショナルなサービスと充実したホテル施設を満喫して下さい。
Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>