チェコ:ヘプ

一般的な情報 | 見所 | 宿泊

一般的な情報

地名

Cheb(ヘプ)。「Ch」は硬くて「ッへ」のように発音されている。昔からドイツ語の地名がある:「Eger」(エーゲル)。その為、周辺はEgerland(エーゲルランド)と呼ばれている。

位置

チェコの西端にあり、首都プラハから150キロ以上離れている。西にあるドイツとの国境は数キロだけ離れている。ヘプはOhře (オージェ、別名 Eger、エーゲル)川の川谷にある。オージェ川はドイツのバヴァリア州から、北東へ流れて、Litoměřice(リトムニェジチェ)でエルベ川に流れ込んでいる。町自体は山に囲まれ、周辺には二つの大きい貯水池がある。

町の姿

ヘプの人口は3万2千人だけだ。中心は殺風景なコンクリートだらけの住宅地に囲まれている。旧市街には、ドイツに与えられた影響は明瞭だ。旧市街の真中は非常に長いnáměstí krále Jiřího z Poděbrad (ポデブラド城のゲオルク王広場)、そしてChebský hrad (ヘプ城)という名所がある。お城の後ろには、深い谷の中にオージェ川が流れている。中心には全部で四軒の教会が町を聳えている。二つは上述の中央広場の裏側にあり、他の二つの教会はその広場の南方にある。特にその四つの教会の塔はヘプの相貌を作り上げている。所々には昔のヘプの外壁の址が残されている。
ヘプの醜いCheb nádraží (中央駅)は中心から少しだけ離れているが、簡単に歩ける距離だ。中央駅からずっと北へtřída Svobody (自由通り)という店が並んでいるあまりきれいではない歩行者専用通りを辿ると、直接中央広場へ行ける。それは徒歩で10分ぐらいかかる。バス・ターミナルは駅に接する。
ヘプはドイツの国境に近いし、物価はドイツよりひくいのでドイツの日帰り訪問者に応じる店などが多い。特にベトナム人が営業する Asia-Markt(アジア市場)が多くて、そこにはユーロとチェコのお金でアルコールやタバコ、偽物のDVD、安っぽい洋服などのものが売られている。それに加えて、駅の左のほうには大きいドイツのスーパーもある。残念ながら、この町は水商売で”有名”になった。特にヘプへの道路沿いには売春婦がたくさん並んで、その内子供さえいる。この酷い状況はばるべく早く改善されていると望んでいる。

小史

ヘプの歴史は長くて様々な悲劇的な転機があったといえる。この町は1061年に最初に述べられた。そのとき、ヘプはドイツの町であった。チェコいわゆるボヘミアの領地になったのは1322年であった。12世紀に、最初の城塞が建築された。その要塞の一部は現在まで生き残った。中心には、民家とユダヤ人の商人の建物が沢山築かれた。それに加えて、色々な教会も作られた。30年戦争のとき、ヘプは主な役を立てた。そのときの出来事のうち、1634年のAlbrecht Wallenstein(アルブレヒト・ヴァレンシュタイン)という有名な将帥の殺害は大切であった。

Špalíček というかわいらしい中央広場の家屋群

Špalíček というかわいらしい中央広場の家屋群

それ以外はヘプはずっと国境の町であった。17〜18世紀にはバロック様式はヘプで流行っていた。その時代から、ヘプの旧市街にはバロック様式の建築物がヘプの特色ある相貌を作りあげている。特にヘプに生まれたBaltasar Neumann(バルタザール・ノイマン)というバロック様式の建築家が有名になった。オーストリア・ハンガリー帝国時代には、ヘプはズデーテン・ドイツ人の地方の中心になった。その地方はエーゲルランドと呼ばれて、そこに住んでいるドイツ人は自分の訛りや習慣などを持っていた。現在には、ヘプはドイツ人とオランダ人の観光客のうち大人気のところになった。残念ながら、上述通りそれは不利な随伴現象を招いている。然し、ヘプの市政はその状況を改善するために様々な対策を立てた。ヘプはEuroregion Egrensis(ヘプ地方のヨーロッパ上の協力地域)のチェコの部分の中心になった。国境に近いので、2004年5月1日に行われたチェコの欧州連合の加盟はこの町に大きい影響を与えつつある。

往路

ドイツに近いので、ドイツからヘプに入る人が多い。列車、バスと車で簡単に行ける。ドイツのVogtlandbahn(フォーグトランド・バーン)は東ドイツの南にある Plauen (プラウエン)からヘプ経由西ドイツの Marktredwitz (マークトレードヴィッツ)まで走る。この列車なら、ドイツの切符と割引は有効で、自転車の運送も可能だ。Nürnberg(ニュルンベルク)からプラハへの急行もヘプに止まる。それ以外は一日中数本の Karlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)と Plzeň(プルゼニュ)行き列車がある。但し、東にあるプラハまでの列車はまず北方または南方へ行くので、所要時間は3時間以上だ!そのため、バスで行ったほうが良いと思う。

車専用の一番近い国境通過点はSchirnding(シルンディング)にあり、高速道路なので10分しかかからない。

名所

全ての名所は旧市街に密集して、ちょうど真中にあるnáměstí krále Jiřího z Poděbrad (ポデブラド城のゲオルク王広場)の周辺にある。この広場は長くて、坂がある。北端には二つの古くて、かなり傾いている民家の家屋群がある。真中には、ものすごく狭い道がある。この家屋群(参照:上の写真)はŠpalíček(シュパリーチェク)と呼ばれ、「側屋」という意味だ。この民家は13世紀にゴシック様式で築かれ、16世紀以来ユダヤ人の商人の住宅地になった。シュパリーチェクは現在まで完璧に保存されている。
家屋群を右側に通り過ぎると、ほとんど完全に民家に囲まれている教会の中庭に入る。真中にはkostel sv. Mikuláš (聖ミクラーシュ教会)が建ってある。ゴシック様式の教会だが、二つの大きい塔はロマネスク様式なのだ。最古の部分は13世紀のものだ。ちなみにその隣には町の博物館がある。中央広場の家屋群から左へ進むと、川の上に睥睨するように聳えているロマネスク様式のChebský hrad(ヘプ城)が立ってある。真っ黒の塔がついているので遠くからわかる。壕の上に掛かっている橋を渡ると、半分ぐらいが崩壊された要塞の中に入ることができる。中には、中世期の様々な大砲や12世紀の祈祷室の址などの史跡、そして色々な博物館がある。タール付け黒い塔は1222年に作られ、上ることができる。塔から町全体を覗けるので、お勧めだ。中庭に入っている博物館も見応えのあるものだ。一つの展覧会はこの地方に住んでいたドイツ人の習慣と伝統を表して、ヴァレンシュタイン将帥の殺害現場だ。お城の入場料は 40 kč (学生 20)。

周辺

ヘプの周辺は素晴らしくて見所が多いので人気のある観光地だ。3キロしか離れていないところには二つの長い貯水池がある。西方にはSkalka(スカルカ)貯水池があり、ドイツの国境まで広がっている。東方にはJesenice(イエセニツェ)貯水池という丘、畑と森林に囲まれている人工的湖がある。景色は綺麗なので、キャンプ場が多い(参照:宿泊所)。それに加えて魚が飼育されているので、湖の周辺には魚料理のレストランがある。北へ約10キロしか離れていない谷にはFranti&#353kovy Lázně (フランティシュコヴィ・ラーズニェ)という湯治場がある。そこには9℃〜12℃の鉱泉が湧いている。バロック様式の中心とそこに接する公園はきれいなのでお勧めだ。

Dřenice にあるバロック (元々ロマネスク)様式の教会

Dřenice にあるバロック (元々ロマネスク)様式の教会

フランティシュコヴィ・ラーズニェから数キロ北東へ進むと、Soos(ソース)という自然保護地がある。大きさは221ヘクタールで、その区域の中には様々な多様性の炭酸孔(泥火山)がある。ぶくぶく上がる炭酸とそれと共に出てくる泥は妙な景色を作った。大自然に興味がある方にとって絶対散歩してみたい場所だ。Kynšperk nad Ohři (別名:Königsberg)はヘプの東部にあり、15キロぐらい離れている。そこには1188年の素晴らしいお城がある。

宿泊所

上述のように、町に近い貯水池の周辺には様々なキャンプ場があり、バス・車と自転車で簡単に行ける。全てのキャンプ場は大体5月から9月まで営業中だ。キャンプ場には、レストラン、プレイグラウンド、小さい店などがある。ドイツの祝祭日などのとき、キャンプ場は混んでいくので予約したほうが良い。個人的のお勧めのキャンプ場はDřenice (ドジェニツェ)にあり、イエセニツェ湖に接する。周辺は綺麗だし、ヘプの中心は4キロしか離れていない。テニスやバレーボールなどのための施設がある。宿泊代は一つのテントと車で一泊で 190 Kč、プラス人ずつ 30 Kčになる、同じ湖の北端にもキャンプ場があるが、あそこは最低。
キャンプ場ではなくて町自体に泊まりたい場合には、ペンションまたはホテルでも泊まれる。中央広場の南端には大きいHotel Hvězda(フヴェズダ)がある。設備はやや古っぽいだが、部屋は清潔だ。共用シャワーのダブルでの一泊は一人で 450 kč ぐらいになる。同じ建物にはかなりいいレストランがある。ペンションに泊まりたい場合には、nám. krále Jiřího z Poděbrad (中央広場)にあるツーリスト・インフォメーションで尋ねてよいだろう。

Hotel Hvezda

35002 Cheb · Jiri z Podebrad Square 4


建築年: 1978
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 20
価格: 74米ドル〜
レビュー 0.0/10

今すぐ予約!
ヘプの便利なロケーションに位置するホテル ヴェズダは、この魅力的な都市を観光するのにもってこいの滞在先です。 市内からたった0.0 Km、空港から30分でアクセスできます。 ホテルは便利なロケーションなので、都市の見どころに簡単にアクセスできます。 他ホテルでは体験できないサービスとアメニティのあるヘプでの滞在は、きっと素晴らしい時間になります。 いくつかのホテル内施設を挙げれば、ファミリールーム, 公共エリアでのWi-Fi, 喫煙所, ペット可, 会議/パーティー設備 があります。 テレビ, 禁煙ルーム, インターネット - WiFi (無料), バスタブ, シャワー のようなハイクオリティな客室アメニティが完備してあるので、1日の疲れを癒すのにもってこいです。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 何でもそろうホテル ヴェズダは、ヘプの中でもクオリティの高いホテルです。
Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>