チェコ:チェスケー・ブジェヨヴィツェ


一般的な情報 | 見所 | 宿泊

一般的な情報

地名

České Budějovice だが、チェコ語の符号はよく問題になっているので、インターネットと印刷物にただ「Ceske Budejovice」と書かれているところが多い。ドイツ語の名前は(Böhmisch) Budweis(ボヘミアのブドヴァイス)で、「Budweis」だけでも通じる。ビールのおかげで、英語圏で「バッドヴァイズ」として知られている。ちなみにチェコの東部にはあまり知られていないMoravské Budějovice (モラビアのブドヴァイス)という小町があり、間違わないように。

位置

約125キロ離れているプラハの南にある。オーストリアの大都市 Linz (リンツ)は75キロだけ離れている。チェスケー・ブジェヨヴィツェには、Malše & Vltava(マルシェとヴルタヴァ)川が合流する。この町は南ボヘミアの第一の都市だ。

町の姿

チェスケー・ブディヨヴィツェには約10万人が住んでいるが、旧市街はやや小さくて新市街からはっきり区別されている。この町のNádraží(中央駅)は旧市街の東部にあり500メートルしか離れていない。旧市街自体は卵形で400?×500? の範囲だけ亘って、大きいsady(公園)と濠に囲まれている。ヴルタヴァ(別名:モルダウ)川は旧市街の西方で北へ流れて、それより小さいマルシェ川は南西にヴルタヴァ川に流れ込んでいる。旧市街の真ん中には素晴らしいnám. Přemysla Otakara II(プジェミスル・オタカルⅡ世広場)がある。広場の周りには教会と古い建物が密集している。

旧市街の華々しい中央広場

旧市街の華々しい中央広場

 

小史

チェスケー・ブディヨヴィツェは1265年にPřemysl Otakar II.(プジェミスル・オタカル)というボヘミアの王様に王立の町として創立された(参照:チェコの歴史)。この町は南ボヘミアの有力なヴィートコヴェツ家に対して王様の勢力を拡張するために作られたものだ。最初に周辺の市場として大きくなったブディヨヴィツェは中世期に銀鉱、ビールの醸造と塩販売業で豊富になった。
しかし、三十年戦争のとき、町全体は1641年にほとんど完全に焼失した。史記によって、一日間の間に200軒の建物が焼き払われた。戦後には町がバロック様式で再見され、現在の見た目になった。19世紀のチェスケー・ブディヨヴィツェは産業化に与えられ、1832年に最初の鉄道でリンツというオーストリアの町と繋がれた。しかし、その鉄道はまず馬の作業力で動かされて、乗客ではなくて塩の輸送のために使われた。
現在には、この町はビールのおかげで知られている。現地のビールの名前はBudějovický Budvar (ドイツ語:Budweiser Budvar)で、ドイツ語の名前のほうが通じる。オリジナルのブドワイザーは日本やアメリカなどへも輸出されている。残念ながらこのオリジナルよりアメリカ製の「Budweiser」は普及している。チェコのオリジナルの味はアメリカの同名のビールより何倍も美味しい。

往路

チェコの首都プラハとオーストリアの大都市 Linz(リンツ)の間にあるので、両方への列車がある。プラハまでの所要時間は2時間半で、運賃は約 100 Kč。途中には Tábor(ターボル) (1時間、50 Kč 以下)というきれいな小町がある。リンツまでの所要時間は3時間。北西にある Plzeň (プレゼニュ)までも直行列車がある。毎日数本の列車は Český Krumlov(チェスキー・クルムロフ)まで走る。近いのに所要時間は一時間で、運賃は約 25 Kč。そこまでのバスのほうが早い。当然ながら各地へのバスもある。直接ウィーンまで走るバスもある。

見所

上述通り、旧市街はかなり小さくて簡単に徒歩で見学できるものだ。どういうふうに町に入っても、結局一番真中にあるnáměstí Přemysla Otakara II広場に着くのは已む無い。この広場はほとんど正方形で、長さは約100メートルだ。広場沿いの建物は古くてかなり同質なのだ。全ての建物の下には18世紀頃のアーケードが続いている。要するに大雨が降っても傘を使わず広場を一周することができる。中心なので、店や喫茶店などが並んでいる。広場の真中にはSamsonova kašna (サムソン噴水)が建ってある。南西のコーナーにはわかりやすいバロック様式のRadnice (市庁舎)という1731年の立派な建築物がある。

この青いバロック様式の市庁舎はすぐ目立つ。

この青いバロック様式の市庁舎はすぐ目立つ。

中央広場の北方にはkatedrální chrám sv. Mikláše(聖ミクラーシュ大聖堂)と、その裏側に、Černá věž (黒い塔)がある。黒い塔は16世紀に築かれ、高さは72メートルだ。上には展望台があり、そこから町全体とその周辺の眺望は素晴らしい。然し、冬にはのぼれない。塔の中には色々な鐘があり、最大の鐘の重さは約3.5トンだ。

その他にも様々な名所がある。旧市街の西方には、旧ドミニコ会修道院という大きい建物がある。東南には大きな南ボヘミア地方の博物館が見学できる。それに加えて、色々な中世期のままの民家や教会などがある。町を歩くと、チェスケー・ブディヨヴィツェはカトリックの牙城であったということをすぐわかる。それより近代的なブドワイザーの醸造所は中心から数キロ離れていて北の産業地帯の中にある。醸造所の見学することができるが、それは団体だけで可能だ。

宿泊所

旧市街と駅の周辺には沢山のペンションとホテルがある。ツーリスト・インフォメーションで尋ねると簡単にペンションやホテルを探してくれる。市庁舎の中にもプジェミスル広場の南側にもツーリスト・インフォメーションがある。

Pension Minor

370 10 Ceske Budejovice · Skolni 293/8


建築年: 1993
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 10
価格: 52米ドル〜
レビュー 9.7/10

今すぐ予約!
チェスケ・ブデヨヴィーチェの便利なロケーションに位置するペンション ミノーは、この魅力的な都市を観光するのにもってこいの滞在先です。 市内から3.0 kmに位置しているので、滞在客は多数の観光アクティビティが楽しめます。 ホテルは、バドバー・ビール醸造所, ラベンシュテイン塔, チルドリンズ劇場 のような観光名所に近く大変便利です。 一流のサービスと最新の客室アメニティをペンション ミノーは兼ねそろえています。 快適に宿泊できるよう、ホテルにはファミリールーム, コンシェルジュ, 公共エリアでのWi-Fi, 駐車場, 喫煙所 のようなホテル施設が完備してあります。 全10室から選ぶことができます。どの客室もリラックス空間が約束されます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 何でもそろうペンション ミノーは、チェスケ・ブデヨヴィーチェの中でもクオリティの高いホテルです。

Grandhotel Zvon

37001 Ceske Budejovice · Nam. Premysla Otakara II. 90/28


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数: 6
客室数:
価格: 80米ドル〜
レビュー 8.9/10

今すぐ予約!
観光にもビジネスにも、チェスケ・ブデヨヴィーチェを訪れる際はグランドホテル ズボン が最高の選択となること間違いなし。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 プジェミスル・オタカル2世広場, セント・ノコラス大聖堂, ブラック・タワー のような多数の観光アトラクションの近くに位置していますが、ホテル内ではリラックスした時間が過ごせます。 他ホテルでは体験できないサービスとアメニティのあるチェスケ・ブデヨヴィーチェでの滞在は、きっと素晴らしい時間になります。 ホテル内施設には、レストラン, 会議/パーティー設備, 24時間ルームサービス, ヘアサロン, エレベーター があります。 豊富な客室アメニティが揃えてあるので、充実した滞在ができます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 宿泊の際、いつもリラックスできるグランドホテル ズボン は、チェスケ・ブデヨヴィーチェでとっておきのホテルです。
Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>