チェコ:ブルノ


一般的な情報 | 見所 | 宿泊

一般的な情報

地名

Brno(ブルノ)。「R」と「N」の間には、聞こえないぐらい短い無声の「エ」が発音されている。オーストリア・ハンガリー帝国時代からドイツの名前もある:Brünn(ブリュン)。この都市はメッセの町グランド ・プリーというカー・レースの開催地として名声ある。

位置

チェコの南東方にある。チェコの首都プラハから東南へ直線距離180キロだ。ブルノの南にあるウィーンは100キロしか離れていない。この町はモラビアというチェコの東部の真中にある。

町の姿

ブルノの人口は38万7千人で、チェコの第二の都市だ。しかもブルノはモラビアの最大な町である。ブルノは三つの方面から山に囲まれ、南方だけには平野が広がる。その平野にはSvratka(スヴラットカ)という旧市街からちょっと離れている川が流れている。
町自体には様々な丘がある。要するにブルノは要塞を創設するために完璧な場所だったと言える。旧市街の構造は他の古い町と比べて珍しい。昔からの外郭がちゃんとあるが、その真中には一つの広場ではなくて、沢山の広場がある。広場の間の横町の構造はまぜこぜしている。ブルノのバス・ターミナルは旧市街から約1キロ離れて南東方にある。それより近いのは同じ方面にある中央駅だ。中央駅から色々なトンネルがあり、簡単に旧市外に入ることができる。駅前には大きいトラム停があり、トラムで色々な名所まで行ける。駅からMasarykova(マサリコヴァ)通りを北へ歩くと、5分後nám. Svobody (自由広場)という一番範囲が広い広場に着く。ブルノのほとんど全ての名所はその周辺に密集している。この町の誇りhrad Špilberk (シュピルベルク城)は丘の上に聳えて旧市街の西方にある。徒歩で10分ぐらいかかる。どこからも見えるお城と二つの大きい塔のあるKatedrála sv. Petra a Pavla (聖ペトロとパウロ教会)のおかげで町を迷わぬ歩くのは全く問題ではない。

旧市役所から西への眺望:左は聖ペトロとパウロ教会、真中はシュピルベルク城と聖ミハエル教会、右は聖ヤコブ教会

旧市役所から西への眺望:左は聖ペトロとパウロ教会、真中はシュピルベルク城と聖ミハエル教会、右は聖ヤコブ教会

旧市街の範囲は狭いので、全ての名所へ歩ける。しかし、町全体とシュピルベルク城全体を見学したい場合には、かなり時間がかかる(全部で少なくとも3時間)。
ご注意:今では町全体は修理中だ。どこにも大きな工事現場があり、トラムのルートもよく変わっているまたは運休している。現在の様子を見ると、旧市街の修理はこれからずっと続く。(この情報は2004年4月現在)

小史

ブルノの周辺はずっと前から入植された。町自体の歴史は紀元1000年ぐらい幕を開けた。そのとき、現在にStaré Brno (古ブルノ)と称される地方が創立された。古ブルノは上述のスヴラットカ川の一番浅いところに接している。1277年に、既述のシュピルベルク城という名前が始めて出た。それ以来、シュピルベルク城とブルノ市のあいだには切っても切れない関係があると言える。14世紀以降、ブルノは宗教の一つの中心になった。最初にシトー会の修道院が創設された。続いて、ドミニコ会(アウグスティノ会の一族)、そしてカプチン会などのカトリックの教派はブルノで修道院などを創立した。

ブルノの中心にある膨大なシュピルベルク城

ブルノの中心にある膨大なシュピルベルク城

1349年に、この町はモラビアの辺境伯の所在地になって、結局1641年以来モラビアの首都と呼ばれた。1560年から、シュピルベルク城はブルノの一部になった。それ以外もこの町全体の守りが非常に旨く.固められ、15世紀のフス運動の戦士も17世紀のスウェーデンの軍隊も18世紀のプロシアの軍隊も空しくブルノを包囲した。それでも三十年戦争の後にはブルノの人口が5千人を超えなかった。然し、ナポレオンはブルノに達した。約20キロ離れているところにはSlavkov u Brna(ブルノ付近スラヴコヴ)という小町があり、ドイツの地名Austerlitz(アウステルリッツ)としてよく知られている。ナポレオンはそこで1805年に露墺連合軍を撃破した。
19世紀にはオーストリア・ハンガリー帝国はチェコを支配して、ブルノの産業化が大規模に推進された。特に機械工学と繊維工業がブームした。1839年に、ブルノはウィーンと鉄道で結ばれた。同時に、トラム(路上電車)や製造工場などが創設された。要するに19世紀のブルノは非常に進歩的な町であった。ちなみに、そのときにはMendel(メンデル)というアウグスティノの修道士はブルノで植物を研究して、結果としては「メンデルの遺伝法則」という革命的な発明が出た。

城内の有名な装甲監獄

城内の有名な装甲監獄

進歩的な産業以外には、工業大学と一般的な大学が創立された。それに加えて、1928年にはメッセの施設が作られた。他のメッセ以外、1959年以来毎年に国際的な機械工学のメッセが開催されている。1990年に、ブルノはチェコの憲法裁判所の現在地になった。それ以外、テクノロジー・パークが創立された。上述通り、町全体は今修理中だ。ブルノは今でもダイナミックな大都市で、これからもよく発達していると思う。

往路

ブルノはチェコの第二の都市なので、周辺の交通網の真中にあり、何の交通手段でも行ける。空港もあるので、プラハなどから飛行機でも行ける。色々なEuroCity(国際急行)はブルノを通過する。それで8時間にベルリンから直行列車で行ける。プラハからの列車での所要時間は2時間45分で、ブラチスラバというスロヴァキアの首都までは1時間15分かかる。ブダペスト行き列車もある。所要時間は4時間だけ。ウィーンまでは1時間45分。他のチェコの都市にも簡単に列車で行けるが、České Budějovice(チェスケー・ブディヨヴィツェ)Český Krumlov(チェスキー・クルムロフ)などの南ボヘミアにある町へ行く場合にはバスのほうが早い。

見所

観光客としてブルノへ行く一番大きな理由はhrad Špilberk (シュピルベルク城)という旧市街の西方にある大きい要塞の訪問だと思う。13世紀には最初にゴシック様式の砦が建築されたが、その設備は次第に何回も改築と拡張に与えられた。17世紀に、シュピルベルクは堅牢なバロック様式の要塞に建て直された。要するにシュピルベルク城は Terezín(テレジーン)Peterwardein (ペーターワーデイン、セルビア)などにもあるハプスブルク家の主な要塞の一つになって、姿がちょっと似ている。
シュピルベルク城はどこから見えるように丘の上に建ってあり、綺麗な公園に囲まれている。この要塞の一番有名なものはKasematten(ドイツ語、装甲室という意)だ。シュピルベルクの装甲室は17世紀から監獄に用いた。ここには、オーストリア・ハンガリー帝国の一番この監獄にはオーストリア・ハンガリー帝国の一番恐ろしい囚人が収容された。要するにシュピルベルクの装甲室はその帝国の一番恐怖の念を起こさせた場所であった。しかし、牢獄としての使用は1855年に廃止され、その囚人房は1880年から観光客のアトラクションになった。後から恐ろしい拷問室が追加されたが、それは使ったこと時代がない。

古い屋根が揃っているブルノの旧市街

古い屋根が揃っているブルノの旧市街

この監獄は四角形のように作られ、二階がある。現在には、観光客が一階の一部と二階全体を見学できる。大部分は地上に建ってあるのに、ずっと地下にいる感じがする(回ると外にも出る場所もあるが)。長くて暗い廊下で、壁が厚くて窓がほとんどないので「寒い」という感じが強い。それに加えて昔ここに放っておかれた囚人の叫び声を想像するともっと寒くなる。監獄の入場料は 30 kč (生徒・学生 15)。城塞自体はもっと上にあり、中庭に入るためには長いトンネルのような坂道を登ることが必要だ。上には、Muzeum Města Brna (ブルノ博物館)がある。それに加えて、展望台もレストランもある。

こういう眺めはブルノの中心でよく見える (Joštova 通り)

こういう眺めはブルノの中心でよく見える (Joštova 通り)

旧市街全体をジグザグに歩いて見学するのはお勧めだ。どこにも色々な時代の建築物が見えて、ごちゃまぜしている町だ。社会主義時代には、古い建物があまり整備されなかった。その代わりに、他の東欧の諸国と同じく殺風景な住宅地が郊外に作られた。しかし、上述のように旧市街の多くの場所は今修理されて、益々きれいになりつつ。他のチェコの町の中心に感じられる「中世期のまま」の雰囲気はブルノで出ないが、それでも見ごたえのある旅行先だ。他の名所の内、Stará Radnice (旧市庁舎)というZelný trh (緑の広場)の北面に接している建物は素晴らしい。緑の広場というのは、現在にも商人の市場として使われている場所として使われている。旧市庁舎には、妙な形の緑の塔がついているのでわかりやすい。
その塔は登ることができる。上からの眺望は一番上のパノラマのようで、綺麗だ。入場料は 10 Kčだ。別料金で市庁舎にも入ることができる。中庭と外の表玄関も素晴らしい。特に表玄関の姿は中々面白い(参照:下の写真)。

 

眺めを邪魔したのかな・・・

眺めを邪魔したのかな・・・

他の名所の内、Moravské zemské muzeum (モラビア地方の博物館)という駅に近いところ、そしてほとんど黒くてかなり大きいKatedrála sv. Petra a Pavla (聖ペトロ聖パウロ教会)という卓越した建築物がある。同じ場所には11世紀から小さなバジリカがあった。14世紀には現在のゴシック様式のカテドラルの建築が始まったが、20世紀まで色々な改築があった。この教会の大きさとステンドグラスは凄い。

カプチン会の修道士の旧共同寝室!?

カプチン会の修道士の旧共同寝室!?

ミイラを見るために エジプトまで行きたくない方はブルノへ行ってもいい。モラビア地方の博物館と中央駅の間にある同名の通りにはカプチン会の教会がある。この教会の地下には、様々な多少にうまく守られたミイラがある。それはだいたい18世紀ごろの貴族や修道士などの遺体だ。残念ながら、そのミイラの説明は短くてチェコ語だけに書いてある。入場料は 40 Kč (学生 20)。

宿泊

ブルノに泊まったことがないのでお勧めの場所がない。ペンションとホテルが多いが、特に2月・4月と9月にはメッセが開催されているので、そのときに満室になるホテルが多いらしい。周辺にはキャンプ場があるが、車がないと行きにくい。

Barcelo Brno Palace

60200 Brno · Silongrovo namesti 2


建築年: 1857
位置: 地図
ホテルの階数: 5
客室数: 119
価格: 108米ドル〜
レビュー 8.8/10

今すぐ予約!
バルセロ ブルノ パレスは、 ブルノを観光するのに理想的なボーノ市内に位置しています。 たった0.0 Kmなので、ホテルから中心部までそんなに遠くありません。混雑してなければ、空港までは約30分です。 ホテルは便利なロケーションなので、都市の見どころに簡単にアクセスできます。 Barceló Hotels & Resortsが提供する素晴らしいサービスとアメニティで、リラックスして滞在できます。 快適に宿泊できるよう、ホテルにはビジネスセンター, セーフティーボックス, 会議/パーティー設備, VIPルーム設備, エレベーター のようなホテル施設が完備してあります。 全室に コネクティングルーム, ヘアドライヤー, インターネット - WiFi (無料), 液晶テレビ/プラズマテレビ, バスタブ があるので、快適に滞在できます。 喧騒から離れてゆったりできるように、サウナ, ジム/フィットネス のような娯楽施設がホテルには充実しています。 ビジネス目的でもレジャー目的でも、バルセロ ブルノ パレスはブルノの滞在先としてぴったりです。

Hotel Arte

60200 Brno · Drobneho 6


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 15
価格: 101米ドル〜
レビュー 8.5/10

今すぐ予約!
ボーノ市内の中心に位置するホテル アルテは、ブルノ観光にもってこいの滞在先です。 市内からたった1.00 Kmなので、ホテルから観光スポットに短時間で簡単に行くことができます。 ヴィラ・トゥゲントハット, シティ劇場, ラドスト操り人形劇場 のような多数の観光アトラクションの近くに位置していますが、ホテル内ではリラックスした時間が過ごせます。 滞在客が快適に滞在できるよう、ホテル アルテは素晴らしいサービスとアメニティを兼ねそろえています。 ホテルは、ファミリールーム, ペット可, 公共エリアでのWi-Fi, ルームサービス, セーフティーボックス のような幅広い施設を完備しています。 ホテル アルテの雰囲気が客室にも見え隠れします。全室に シャワー, 禁煙ルーム, 衛星テレビ/ケーブルテレビ, インターネット - WiFi (無料), ミニバー などが完備してあります。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 便利なロケーションにある ホテル アルテはホテル施設も充実しており、ブルノの滞在先としてパーフェクトです。

Hotel Vista

62100 Brno · Hudcova 72


建築年: 1990
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 120
価格: 58米ドル〜
レビュー 8.4/10

今すぐ予約!
観光にもビジネスにも、ブルノを訪れる際はホテル ヴィスタが最高の選択となること間違いなし。 市内からたった4.0 km、空港から35分でアクセスできます。 また、技術博物館, パー ゴルフ クラブ ブルノ, プラネタリウム まで簡単にアクセスできます。 滞在客が快適に滞在できるよう、ホテル ヴィスタは素晴らしいサービスとアメニティを兼ねそろえています。 ホテル内にある エレベーター, ランドリー/ドライクリーニング, コンシェルジュ, レストラン, 24時間ルームサービス を利用できます。 全室に 液晶テレビ/プラズマテレビ, テレビ, インターネット - LAN (無料), デイリーニュースペーパー, ヘアドライヤー があるので、快適に滞在できます。 そればかりでなく、ホテルにはバラエティに富む娯楽施設があるので、滞在中飽きることがありません。 ホテル ヴィスタでプロフェッショナルなサービスと充実したホテル施設を満喫して下さい。

Grand Hotel Brno

Brno · benesova 18/20


建築年: 1870
位置: 地図
ホテルの階数: 4
客室数: 105
価格: 91米ドル〜
レビュー 8.3/10

今すぐ予約!
グランド ホテル ブーノはビジネス目的、レジャー目的のどちらにももってこいです。また、ボーノ市内に位置しているので何処に行くにも便利です。 10 kmしか離れていないので、この4つ星ホテルは空港にアクセスするのに大変便利です。 ホテルに滞在すれば、セント・ジョセフ教会, 旧市庁舎, レドゥタ劇場 のような観光名所に簡単にアクセスできます。 他ホテルでは体験できないサービスとアメニティのあるブルノでの滞在は、きっと素晴らしい時間になります。 ホテルは、快適に滞在できるよう 公共エリアでのWi-Fi, 会議/パーティー設備, コンシェルジュ, レストラン, バー のようなホテル施設を完備しています。 グランド ホテル ブーノの雰囲気が客室にも見え隠れします。全室に デイリーニュースペーパー, ビデオゲーム, 書斎デスク, 休憩スペース, キチネット(簡易台所) などが完備してあります。 ジム/フィットネス, サウナ のような充実した娯楽施設がホテルにあります。 何でもそろうグランド ホテル ブーノは、ブルノの中でもクオリティの高いホテルです。

City Hotel Brno

61900 Brno · Videnska 183/124


建築年:
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 71
価格: 61米ドル〜
レビュー 8.0/10

今すぐ予約!
ブルノの便利なロケーションに位置するシティホテル ブルノは、この魅力的な都市を観光するのにもってこいの滞在先です。 エキサイティングなスポットが、ホテルからたった0.1 kmです。 ホテルは便利なロケーションなので、都市の見どころに簡単にアクセスできます。 滞在客が快適に滞在できるよう、シティホテル ブルノは素晴らしいサービスとアメニティを兼ねそろえています。 目利きの滞在客でも満足できるよう、ホテル内施設が数多く完備してあります。 全室に 洗濯機, キチネット(簡易台所), 液晶テレビ/プラズマテレビ, 衛星テレビ/ケーブルテレビ, テレビ があるので、快適に滞在できます。 ジム/フィットネス のようなトップクラスの娯楽施設が充実しているので、1日の疲れを癒すことも、体を動かして汗を流すこともできます。 ビジネス目的でもレジャー目的でも、シティホテル ブルノはブルノの滞在先としてぴったりです。

Parkhotel Brno

63700 Brno · Veslarska 250


建築年: 1998
位置: 地図
ホテルの階数:
客室数: 19
価格: 105米ドル〜
レビュー 7.7/10

今すぐ予約!
ブルノの便利なロケーションに位置するパークホテル ブルノは、この魅力的な都市を観光するのにもってこいの滞在先です。 ここなら市内の何処に行くにも大変便利です。 展覧会会場, プラネタリウム, メンデリアヌム 近隣に位置しており、周辺が整備されているホテルなので、滞在先として大変魅力的です。 ブルノ滞在を満喫できるように、パークホテル ブルノはバラエティに富む施設を完備しています。 目利きの滞在客でも満足できるよう、ホテル内施設が数多く完備してあります。 パークホテル ブルノには19室の客室があり、全室に インターネット - WiFi (無料), 禁煙ルーム, バスタブ, エアコン, ヘアドライヤー が完備してあります。 ホテルは マッサージ, 屋内プール, サウナ のような娯楽施設を完備しています。 何でもそろうパークホテル ブルノは、ブルノの中でもクオリティの高いホテルです。
Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>