ブルガリア:トロヤン


一般的な情報 | 見所 | 周辺 | 宿泊 | リンク集

一般的な情報

地名

トロヤンТроян(トロヤン)。カタカナでは「トローヤン」という書き方もある。ローマ字でTroyanと書かれている。古代の「トロイア」というトルコにある史跡と関係ないと思う。ローマ帝国の時代には、バルカン山脈を越えたVia Trayana(トラヤナ通り)という通商路があって、現在の名前はそれに起源する。

位置

Средна Стара Планина(スレドナ・スタラ・プラリナ、別名は中央バルカン山脈)の北側の山麓にある。要するにトロヤンはブルガリアの真中にある。一番近い都市は30キロぐらい北にあるЛовеч(ロヴェチ)という州都だ。南には、バルカン山脈の稜線とそれを越える大切なトロヤン峠がある(下を参照)。越えた後、山脈の南の山麓沿いにはРозовата Долина(バラの谷)がわたっている。西方にある首都София(ソフィア)は約130キロ離れている。

人口

約2万8千人

町の姿

町自体は中々狭くて近い周辺の中心になっている。トロヤンの窯業はブルガリアで中々有名だ。町より面白いのは周辺にある僧院(下を参照)とバルカン山脈を越える トロヤン峠)だ。

歴史

トロヤンという町はは130年前創設され、すごく若い。しかし、周辺にはそれより古い史跡がたくさんある。中心部から東へ数キロだけ離れている場所には有名なТроянски Манастир (トロヤンの僧院)がある。トロヤンの僧院はРила(リラ僧院)Бачково(バチコヴォ僧院)に次いでブルガリアの三番目きれい且つ大きい僧院だと言われている。この僧院は16世紀の後期に創設され、オスマン帝国の支配下のときにも活発だった。そのとき、対オスマン帝国の反対運動にとってはこの僧院は主な役割を演じた。W. I. レフスキー(1837-1873) というブルガリアの国民英雄になった民主主義者はトロヤンで革命委員会を作ったが、オスマン人はそのためにレフスキーを逮捕して処刑した。

往路

トロヤンは北にあるЛовеч(ロヴェチ)からの鉄道の終点だ。要するにВелико Търново (ヴェリコ・タルノヴォ)とドナウ川にあるРусе(ルセ)から列車でトロヤンまで行くことができる。それより便利な交通機関はバスとマイクロバスだ。バスなら、トロヤン峠を越えて南ブルガリアまでも行ける。南に一番近いのはバラの谷にあるКарлово(カルロヴォ)だ。そこから、Пловдив(プロヴディフ)と首都のСофия(ソフィア)はあまり遠くない。しかし、トロヤン峠は冬に積雪量に応じて不通になる可能性がある。

 

トロヤンの僧院の中

トロヤンの僧院の中

見所

トロヤンの僧院は比較的に若いが、それでも素晴らしい。本館は三つの身廊がある僧院の教会で、中には有名なゾグラフ兄弟が描いたイコンが見える。その聖画像は1847〜49年まで作られたものだ。同じ兄弟はРила(リラ僧院)Бачково(バチコヴォ僧院)などでもフレスコなどを作った。その教会は元々木材から築かれたものだったが、1785年に石材の教会と交換されて1835年に拡張された。中には素晴らしいイコノスタス(聖像で飾られている障柵)がある。そのイコノスタスはブルガリアの伝統的な木版彫刻の著しい例だ。トロヤンの僧院はРила(リラ僧院)Бачково(バチコヴォ僧院)より小さくて華々しくないが、それにもかかわらずお勧めの場所だ。ただ隣にあるトロヤン町自体はあまり面白くないのでここに長く滞在する理由があまりない。

周辺

バスまたは車で南方へ行くと、山が段々高くなる。道路の一番標高が高いところはトロヤン峠だ。バルカン山脈はブルガリアをはっきり北部と南部に分かれる。黒海の海岸に近づくと、稜線は益々低くなり、Източна Стара Планина (東部バルカン山脈)という一番東の山脈の部分の最高峰は700メートルしか達さない。バルカン山脈全体の最高峰は標高2376メートルのБотев(ボテフ)山だ。ブルガリアの北西部ではバルカン山脈の稜線は同時に隣国のセルビアだ。

 

よく雨が降るトロヤン峠にある記念碑

よく雨が降るトロヤン峠にある記念碑

 

峠は戦略的に大切な場所だというのは昔から万国共通だ。ブルガリアの大切な峠は東にある標高が1,326メートルのШипка(シプカ)峠という Розовата Долина (バラの谷)にあるКазанлък(カザンラク)を北にあるГаброво(ガブロヴォ)、そしてВелико Търново(ヴェリコ・タルノヴォ)と結んでいる峠だ。西方にはПетрохрански(ペトロハンスキ)峠Витиня (ヴィティニャ)峠があり、ヴィティニャ峠はСофия(ソフィア)行きの高速道路に越えられているので、一番大切だといえる。南北ブルガリアの中心部の間には、トロヤン峠は一番便利だ。トロヤン峠は1525メートルの標高で比較的に高くて、バルカン山脈国立公園の中にある。

宿泊

同日にまた移動したので、詳しい情報がない。宿泊所は比較的に少ないらしい

リンク集

トロヤンについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか? その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。商業上のホームページはお断りです。

Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>