ベラルーシ:ミンスク


一般的な情報 | 見所 | 周辺 | 宿泊・食事 | リンク集

一般的な情報

地名

ミンスクのロケーションМiнск(ミンスク)。これはベラルーシ語の書き方だが、それよりロシア語での書き方Минск(発音は同じ)のほうが使われている。昔、この町はよくMenesk(メネスク、別名: Mensk )と呼ばれた。その言葉の由来はあまりはっきり知られていない。この地名は町の創立者の名前に由来する、それともロシア語のменять(メニャチ、「交換する」という意味)という言葉に由来するという二つの説明がある。この町は昔から商業地だったので、二番目の説明はあっているかもしれない。ポーランドの支配を受けた時代には「メンスク」は「ミンスク」になった。

位置

ミンスクはベラルーシの首都で、国の真中にある。 ただ北西にあるビリニュスというリトアニアの首都は185キロだけ離れている。違う言葉でいうと、ミンスクはモスクワとベルリンの間にあるが、モスクワのほうが近い。ミンスクは「ベラルーシのアルプス」に囲まれている(それは自分で作った言葉で、大袈裟だ)。そこには標高 300メートルを超える山があり、ベラルーシの唯一の山地だ。Свiслач (スヴィスラチ)川が町を貫流している。10キロぐらいスヴィスロチ川を北西へ遡ると、大きいЗаславское вдхр.(ザスラヴ貯水池)が広がっている。その人造湖の長さは8キロで、幅は約4キロだ。町全体はM 9という循環高速道路に囲まれている。

人口

ミンスクの人口は約173万人(2004年現在)だ。ミンスクはそれでベラルーシの第一の都市で、ベラルーシ人の6人の内、一人がミンスクに住んでいる。ミンスクはミンスク州という首都圏の中心だ。

町の姿

ミンスクは上述の川の両岸に広がって、市内には様々な丘もあるからいいところだ。このベラルーシの首都の中央駅はベラルーシ語でЧыгуначны вакзал (チュイフナチニゥイ・ワクザール)と呼ばれているが、時刻表にはこの名前が出ない。その場合には、旧名Минск – Пас(ミンスク・パッス)のほうが使われている。この駅は中心から数百メートルだけ離れて、南部にある。隣には中央バス・ターミナルがある。そこから、町のメイン・ロードпросп. Францiска Скарыны (スカルィナ大通り)は遠くない。この大通り沿いにはミンスクの”名所”が並んでいる。川を渡ると、左手に旧市街の再建試行の結果が見える。

 

これはミンスク:大通り、灰色の建物、陰鬱な街路

これはミンスク:大通り、灰色の建物、陰鬱な街路

 

先に言ってしまうと、ミンスクはあまり魅力的な場所ではない。そして名所が全くない。ミンスクはスターリン・共産主義式の都市計画の露天実験設備だ。唯一の面白いものはその都市計画のディメンションだ。こんなに大きいスターリンの都市計画を受けた場所は他にはない。ミンスクはモスクワに負けない。然し、訪問者はそれにすぐ飽きてしまう(似ている場所は東欧でどこにもあるから)。どこでも「план города(プラーン・ゴロダ、町の地図) 」が売られて、値段は100円ぐらいだけだ。しかし、不思議なことにベラルーシ語版がない ― 全部はロシア語だ。ベラルーシ語の地名だけが書いてある場所もあるから、地図を持っても迷ってしまう可能性がある。

歴史

ミンスクは初めて1067年に記録に表された、その記録は「メネスクは完全に崩壊された」という内容があった。そのとき、ミンスクはキエフ・ルースの影響範囲にあった。それは最後の崩壊ではなかった。色々な歴史家によって、ミンスクは全部で10回ぐらい戦争によるの大損害を受けた。14世紀、ミンスクはリトアニア大公国の町になった。それ以来、ミンスクは繁栄して主な商業地になった。商人は遠い国からミンスクまできた。その発展は1505年に中断された。タタール人は東からミンスクを占領してまた崩壊した(参照:クリム・タタールの歴史)。

17世紀には次の大災害があった。1654〜1667年までかかった波露戦争によって、ミンスクは再び崩壊されて、その後ロシア帝国の支配を受けた。しかし、ミンスクはそれ以来あまり修復されなくて、主な役を演じなくなった。続いて、フランスの皇帝ナポレオンは1812年にミンスクに着いて町全体を崩壊した。解放の後、産業化が進んできた。1900年、ミンスクはモスクワと鉄道でつながれて、それ以来の発展にいい影響を与えた。そのとき、人口は10万人以下だった。住民達の半分以上はユダヤ人だった。

20世紀、ミンスクとその周辺は相変わらず大混乱中だった。第一次世界大戦とロシアの10月革命の結果として、ドイツとポーランド、そしてボルシェビキ(赤軍)とメンシェビキ(反革命運動)はミンスクを交互に占領したり崩壊したりなどをした。結局ボルシェビキは戦争に勝って、ミンスクをベロルシア社会主義ソビエト共和国の首都にした。1922年以降、ベラルーシとミンスクは公式にソ連の領地になった。それはブームを起こしたが、1941年にナチス・ドイツは攻撃した。ミンスクはまず激しい空爆を受けた。続いて、ミンスクの包囲殲滅戦で赤軍の戦車師団の抵抗が緩められた。結果としてはミンスクは完全に崩壊されて、次の三年間の間に約40万人が殺された。それの大部分はユダヤ人だった。

1944年7月3日にはミンスクは解放されて、その日は現在にも解放の日として国全体で祝われている。戦後のミンスクはスターリン様式で再建されて、産業化は大規模に推進された。1984年、現在にも本当に便利な地下鉄の開通式が行われた。1991年以降、ミンスクは独立を宣言したベラルーシの首都になった。それに加えて、ミンスクは独立国家共同体(CIS)の行政所在地になったという事実を知っている人は少ないだろう。1997年、町の創立930周年の祝祭日が行われた。町の行政はそのチャンスを逃さず掴んで、沢山の正面を美化した。それでもミンスクは近い将来にユネスコの世界文化遺産にならないと思う。

往路

ミンスクはベルリン⇔モスクワの鉄道線の途中にある町なので、国際列車がいっぱいある。全ての列車は上述の中央駅に止まる。隣にあるバス・ターミナルから沢山のバスはベラルーシの各地と外国まで走っている。それについての詳細な情報はベラルーシへの行き方を参照。

ミンスクの近辺には二つの空港がある。それはミンスク?とミンスク?だ。そのミンスク?の空港はベラルーシの国際空港で、中心から約40キロぐらい離れている。ミンスク?はそれより小さくて、市内にある。ミンスクの市内交通は使いやすくて便利だ。バスとトロリー・バス、そして地下鉄がある。普通の切符は 360 BYR (15円)だけかかる。切符は乗る前に買うもので、バスの中でパンチを入れることが必要だ。地下鉄の場合には、プラスチックのチップがある。地下鉄の駅には日本と同じような改札口がある。新しいチップを買わなくても乗り換えすることができるが、実は二つの地下鉄の線しか存在しない。

見所

嗚呼、この町はオーウェル流の悪夢だ。これは巨大なコンクリートのゲット。練馬区マイナス多様性×10。同じような住宅地などはどこにもあるが、ミンスクのコンクリートの砂漠の広さは恐ろしい。それは誰のせいだろう。ナチス・ドイツの軍隊は第二次世界大戦のとき、ミンスクを焦土と化した。だからミンスクをできるだけ早く根本から建て直すことが必要だった。しかし、「ゲット」は大袈裟だ:実はスターリン様式の都市計画にはいい点もある。それは十分広い通り、そして非常に多い緑地だ。ミンスクは色々な市区( район・ライヨン)に分かれていて、その市区の名前はソ連時代のままだ:その市区はフルンゼ区、モスクワ区、10月区、レーニン区、工場区、パルチザン区、5月1日区、ソビエト区と中央区というライヨンだ。

 

勝利広場の夜景

勝利広場の夜景

 

上述通り、幅が広いメイン・ロードはпросп. Францiска Скарыны(スカルィナ大通り)と呼ばれている。この通りは駅に近いпл. Ленiна(レーニン広場)から始まって、数キロ真直ぐに東北へ走っている。郊外でスカルィナ大通りはM 2という高速道路になって、それをたどっていくと、ミンスク-2という国際空港、そしてСмоленскスモレンスクというロシアの大都市へいける。大通り沿い、地下鉄が走っている。この大通りをレーニン通りから1キロぐらい歩いて、川を渡るとпл. Победы(勝利広場)というところへ着く。勝利広場は半円形の膨大な広場で、北部はスターリン様式の長い建物に囲まれている。その建物はライトアップされているので、夜景は面白い。広場の真中には第二次世界大戦の犠牲者の記念碑がある。それは永遠の炎、そして槌と鎌というソ連のシンボルがのっているオベリスクだ。それの地下もモニュメントとして使われている。

 

ミンスクを貫流する川と旧市街

ミンスクを貫流する川と旧市街

 

スカルィナ大通りのスヴィスロチ川を渡る橋の周辺には、色々な川沿いの公園がわたっている。その公園を横断して川沿い北西へ歩くと、もう一つの大きい橋がある。その辺の北岸にはミンスクの旧市街がある。旧市街と言っても昔のままの建物がない。全部は再建されたものだ。旧市街は川の半島を占めて、かなり小さくてあまり面白くない地区だ。しかし、他のミンスクの灰色の地区と比べて、旧市街は散歩する価値のあるところだ。その辺には唯一の戦争を生き抜いたシナゴーグがある。旧市街の東には大通りがあり、その通りの反対側にはпл. Парiжской Коммуны (パリ・コミューン広場)が広がっている。それは大きい公園で、真中には大きすぎる劇場がたっている。

 

ミンスクの旧市庁舎

ミンスクの旧市庁舎

 

旧市街から見ると、対岸にはНямiга(ニャミハ)という地下鉄の駅と広場がある。ちなみに、1999年にその駅の入り口で群衆パニックが起こってしまった。大雨が降り始めたとき、数百人の若者は同時に駅に入ってしまって、数十人の人が死亡してしまった。ニャミハ広場から数十メートルだけ東へ歩くと、пл. Свабоды (自由広場)がある。16世紀以来、それはミンスクの中心だった。現在にも、三つの教会はその時代から残っている。それは聖ドゥハウスキ大聖堂、ベルンハード教会と聖ピーターとポール教会だ。そして再建された旧市庁舎もその辺にある。しかし、そこにもモダンなミンスクのほうが出ている。

 

駅前の広場のスターリン様式の建物

駅前の広場のスターリン様式の建物

 

スターリン様式という建築スタイルは一体なんだろう。ミンスクの駅から出ると、その様式の定義がすぐ見える。Прiвакзальная пл. (駅前広場)に面している建物は全て1950年代ぐらい築かれたもので、同形の同時に建築された建物はミンスクばかりではなくて、モスクワとキエフ、ワルシャワとベルリンの東部などにもいっぱいある。同じような建物はвул. Ленiна (レーニン通り)というミンスクの一番賑やかな通りに並んでいる。レーニン通りはダイナモ・ミンスクというサッカー・チームのスタジアムで始まって、一番高級な店やレストランなどが密集している通りだ。その内、大きいГУМ (中央百貨店)やマックドナルドなどもある。

 

他の建物に似合わないモダンな駅

他の建物に似合わないモダンな駅

 

ミンスクには共産主義時代の単調さを破るところがあまりない。一つの例外はびっくりするほど近代的な中央駅の建物だ。その駅はコンクリートとグラス、鉄鋼の組合せで、周りの建物に全く似合わない。構内には、このモダンな場所を整然と保つ試みが見える。それはあまり簡単ではない課題だ:無数の泥酔したベラルーシ人は駅の中でぶらぶらしている。様々な無礼のスタッフがいるキオスクや新聞屋、荷物の一時預かり所、二つのお金を両替できる銀行の支店などがある。その沢山の酔っている人のせいで、構内は清潔だが何か汚い。駅から二つのトンネルがある。一つは駅前の大通りの反対側への地下道で、二番目は地下鉄の駅へのトンネルだ。上述通り、二つの地下鉄の線だけがある。駅の名前は変更されてしまったが、地図には旧名だけが書いてあるから注意したほうがいい。

 

ミンスクの使いやすい地下鉄

ミンスクの使いやすい地下鉄

 

その他には無数の博物館がある。その博物館の半分以上は大祖国戦争についてのものだ。「大祖国戦争」というのは、ロシア語から訳した「第二次世界大戦」という意味だ。ちなみに、「祖国戦争」という言葉もあり、それは第一次世界大戦んという意味ではなくて、フランスの皇帝ナポレオンがロシアを侵略したときの戦争の名前だ。大祖国戦争はソ連時代に一番人気のあるテーマだった。それでもドイツとの関係はかなり良いというのは驚くべきものだ。博物館ばかりではなくて、無数の同じことに捧げられているモニュメントがミンスクで点々している。その上、沢山の公園やでかくて醜い庁舎などもある(参照:一番上の写真)。

ミンスクは綺麗な町だというのは無理だ。それでもこのソビエト時代の理想都市の模範的な例を見るのは印象的な体験だ。これもヨーロッパだ!大きさは半分だけだったらこの町は全く面白いかもしれない。しかし、この郊外の限りがなさそう住宅地を横断するのは忘れられないものだ。

宿泊所+食事

安宿を見つけるのは本当に難しい。実は沢山の安宿があるが、ベラルーシの旅行案内で書いた通り、外国人の訪問者は普通の値段の3倍または4倍を払う。高級のホテルも。しかし、”安宿”のスタッフは外国人に慣れていないから英語やドイツ語などが全く通じない場所が多い。

ミンスクでの宿泊は問題になるかもしれないと聞いたから、行く前にwww.inyourpocket.comという東欧についての本当に使える情報源を調べた。それによって、ホテル・ゼローニはお勧めで、部屋代は5〜12米ドルだけだ。そのホテルは郊外にあって、中心からかなり離れている(住所: オドイェフスコヴォ 52)。しかし、この情報はもうあってないらしい:外国人なら、ダブルは 70ドルだ。スタッフは私たちのために他のホテルに連絡したが、50ドル以下のダブルがなさそう。

私たちは結局Гостиница 《Академическая》 (ガストィーニツァ・アカデミチェスカヤ、科学院の寮)というところに止まった。ダブルはまあまあ清潔で、ダブルは一人で4500円だった。それは登録の料金を含んでいるから、次の夜は3500円かかるらしい。ホテルはАкадэмiя навук(アカデミヤ・ナヴク)という地下鉄の駅から300メートルぐらい離れている。ホテルのロビーには中華料理のレストランが入っている。レストランの営業時間は13〜23時までだ。コックは本当に中国人で、他のスタッフはかなり親切だ。料理は一応本格的なものだが、材料があまりないとすぐわかる。メインは大体250円かかる。ホテルのスタッフは最初に全然親切ではなかったが、少し話すと優しくなる。ホテルの住所:вул. Сурганова (スルガーノヴァ) 7.電話: (017) 266 2481、 ファックス: (017) 268 4871.

リンク集

  • www.minsk.gov.by:ミンスクの公式のページ。情報が多い英語版さえある!
  • www.geocities.jp/hmichitaka/minsk.htm:個人旅行者のミンスクについての情報と写真。それ以外もベラルーシについての詳しい情報が多い。日本語

ミンスクについての面白いホームページを持っていますかまたはご存知ですか?その際には住所を知らせてください。確認した後、ここにリンクを入ります。商業上のホームページはお断りです。

Twitter0Facebook0LinkedIn0Google+0Email

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>