現在のタグが付いて投稿を参照しています。 伝統

ご注意: 以下の記事は機械によって翻訳されたものです。ドイツ語のオリジナルは 。,,en,隠された年 - 日本のアンダーグラウンド,,de,t.co/Hw9Mu9af0Y,,en,@ midori1kwh,,en,@tonjifan,,mg,日本でも見えます。というのは、日本で見た,,ja,ArteのMediathekで,,ja,あなたに単に日本で周りを取得することはできません - 今日,,de,Matsuko DeLuxe,,ja,t.co/cF3ksO5mJf,,en,t.co/hXp0nVJzR9,,en,ワードプレス,,en

Veranstaltungstipp: Erstmals Mikoshi-Umzug in Berlin am 15. より多くの

5月1日, 2016 | タグ付け , | コメントオフ 上の Veranstaltungstipp: Erstmals Mikoshi-Umzug in Berlin am 15. より多くの | 581 読み込み

Mikoshi bei einem Matsuri (hier in Urayasu, 2008)

Mikoshi bei einem Matsuri (hier in Urayasu, 2008)

An dieser Stelle einmal aus gegebenen Anlass ein Veranstaltungstipp: に 15. Mai wird zum ersten überhaupt in Berlin eine Mikoshi-Prozession durchgeführt. 御輿 Mikoshi sind kleinem tragbare Schreine, in denen shintōistische Götter bei speziellen Zeremonien lautstark durch die Gegend getragen werden. Sie sind wesentlicher Bestandteil der japanischen Matsuri-Tradition. Dieser Umzug findet im Rahmen des Karnevals der Kulturen statt, und die Veranstalter bitten um Unterstützung. Mehr dazu siehe unten. Persönlich kann ich dem Ganzen leider nicht beiwohnen. Aber ich frage mich schon jetzt, ob das Gros der Träger in Berlin genauso betrunken sein wird wie die meisten Miyoshi-Träger in Japan:)

Die folgenden Zeilen stammen vom Veranstalter selbst. また – entweder unterstützen oder selbst dabei sein! Es lohnt sich bestimmt!


für den Karneval der Kulturen am 15. より多くの 2016 wird es diesmal einen besonderen japanischen Beitrag geben: zum ersten Mal in Deutschland möchten wir einen Mikoshi-Umzug präsentieren! Vielleicht könnten Sie uns dabei helfen, dieses Event in der Japan-Liebhaber-Community bekannt zu machen?

何ですか?
Ein Mikoshi ist ein tragbarer Schrein, der bei lokalen Festen in Japan durch die Straßen getragen wird. Wir wollen hier in Berlin den ersten Stein für eine „Berliner“ Mikoshi-Kultur legen und das, ganz im Sinne des Festes, so bunt wie möglich.

各, der Interesse hat, ist herzlich eingeladen. Wir suchen noch viele freiwillige Träger und Helfer, die uns am Tag des Umzugs unterstützen. Wir möchten Menschen aus unterschiedlichsten Hintergründen zusammenbringen und Berlin und der Welt zeigen, dass multikulturelle Zusammenarbeit möglich ist und viel Spaß macht!

Das Mikoshi, das zum Karneval der Kulturen nach Berlin kommen wird, befindet sich zurzeit in der Stadt Montréjeau in Südfrankreich. Nach dem Erdbeben und der Tsunamikatastrophe im Jahr 2011 in der japanischen Region Tohoku kam es durch persönliche Kontakte zu Hilfeleistungen für betroffene Gebiete aus Montréjeau. Als Dank für diese Unterstützung wurde in einer symbolischen Geste ein Mikoshi aus Japan nach Montréjeau gebracht. Seitdem wirkt es dort als eine Art Kulturbotschafter zwischen Europa und Japan und kommt regelmäßig im Rahmen lokaler Feste zum Einsatz. Beim Karneval der Kulturen in Berlin möchten wir die Gelegenheit nutzen, dieses Stück japanischer Kultur einem breiteren Publikum vorzustellen.

Für die Deckung unserer Umzugskosten (Ausleihe und Umbau eines Umzugswagens, Transportkosten von Mikoshi nach Berlin etc.) freuen wir uns auch über finanzielle Unterstützung. Die crowd-funding Webseite ist hier zu finden: http://www.ulule.com/japanese-mikoshi.

Mehr zum Projekt, inklusive Routenplanung, Ablauf usw. 月に明らかに ここで.

シェア:  

神道大学

1月26日, 2016 | タグ付け , | 3 注釈 | 817 読み込み

毎朝私は、プラットフォーム上の大学のこの広大な表示を過ぎて歩きます: “日本語になって, 国の心を反映しています!” 今、私は日本では十分な長さですが、, あまりにも、例外を見つけるにしないために, まだ十分なドイツ語, ドイツの目で見ることが. 私の心の目には、この通知は、その後ドイツに設定されています – ドイツ語 – 前. “ハインリッヒ・-squinters大学でドイツ人のためのコースを完了します”. 狂気. 小さなプリントでは、まだいくつかの詳細です – このように座っての日本の伝統的な方法を学ぶことの重要性など, と呼ばれる 正座 seiza, または箸の正しい取り扱い”.

Anzeige der Kokugakuin-Universität

國學院大學の表示

広告が促進します 國學院大學 Kokugakuin Universität (上の ウィキペディア でもドイツの貢献があります), あなたが意図的に名前の古い文字を選びました (スペルを使用している今日国学院大学). 大学は、少なくとも約ています 11,000 学生と設立されました。 1920. 設立は神道に近いために知られています, ここにいるので、あなたは神道の司祭に訓練することができます.

ディスプレイは確かに目玉であります, 彼女はそれが広告であまりにも完璧な人の通常の日本の画像から表示されます刺します. 一方、私は日本で長い間生きることができます – これらの大きく民族主義スタイルに私はかなり私には使用しない飽きないだろう. しかし、ここだけの異なる規格が適用されます。.

興味深いことに國學院大學で神道事典です, 1は、数十年働いている時に. 完全にパブリック英語版もあります ここで, その中では価値があります, 少し周りを突きます.

シェア:  

10 überflüssige japanische Traditionen

8月7日, 2015 | タグ付け | 6 注釈 | 1731 読み込み

ヤフー! Japan veröffentlichte in dieser Woche eine kleine Studie, bei der 200 20-年, arbeitende Männer und Frauen gefragt wurden, welche japanischen Traditionen ihrer Meinung nach abgeschafft gehörten¹. Mehrere Antworten waren möglich. Das Resultat birgt keine sonderlichen Überraschungen für jemanden, der diese “伝統” 知っている. In der Tat kann man die Liste sehr gut nachvollziehen:

  1. 目上の人へのお酌 meue no hito he oshaku – Ranghöheren Alkohol eingiessen müssen. Mit dieser Tradition konnte ich mich auch noch nie so recht anfreunden. Soll doch jeder so trinken, wie er oder sie möchte!
  2. 飲み会の余興 nomikai no yokyō – der Zwang, beim gemeinsamen Trinken irgendwelche Spielchen machen zu müssen. ああJA. Das ist mein Favorit. Das verleitet zum Absagen.
  3. 義理チョコ giri choko – der Zwang, zum Valentinstag Männern Schokolade schenken zu müssen – とで “ホワイトデー” die Retourkutsche. Wer auch immer auf die Idee kam…
  4. 冠婚葬祭のお返し kankonsōsai no okaeshi Bei Hochzeiten und anderen Feierlichkeiten, aber auch bei Beerdigungen, Krankenhausbesuchen usw. wird Geld gegeben. Die Tradition besagt jedoch, dass man in etwa ein Drittel später in irgendeiner Form wieder zurückgeben muss.
  5. 飲み会などの二次会 nomikai nado no nijikai – der zweite Gang nach einem Zechgelage. Das kann ganz lustig sein, wenn man mit den richtigen Leuten unterwegs ist, aber wenn es zur Pflicht wird, ist das in der Tat lästig.
  6. 結婚式のご祝儀 kekkonshiki no goshukugi – Wird man von einem Freund zur Hochzeit eingeladen, sollte man normalerweise 200 Euro und mehr als Geldgeschenk geben. ウィルheissen, Hochzeitseinladungen gehen richtig ins Geld – das ist umso ärgerlicher, wenn man selbst nicht verheiratet ist.
  7. 職場へのお土産 shokuba no omiyage – das Pflichtmitbringsel für die Kollegen aus dem Urlaub. Eigentlich keine schlechte Sache, aber manche nennen es auch “Schlechtes-Gewissen-Mitbringsel”, weil die Kollegen arbeiten mussten, während man sich amüsierte. In dem Licht betrachtet ist das in der Tat nicht schön.
  8. お中元・お歳暮 ochūgen / oseibo – kleine Geschenke an Vorgesetzte, Mäzene, USW. im Sommer und über Neujahr. Auch das geht schnell ins Geld.
  9. 「大安」「仏滅」など taian, butsumetsu nado – alle Tage gehören zu einer von sechs Kategorien – wobei es Regeln dafür gibt, welche Art Tag gut für was ist (Hochzeiten usw.). Dementsprechend halten natürlich alle am idealen Tag Hochzeiten ab usw.
  10. 故人に戒名 kojin ni kaimyō – Verstorbenen einen neuen Namen ausstellen. Kommt aus dem Buddhismus und bedeutet, dass man Verstorbenen, so sie ein ordentliches Leben führten, einen neuen Namen ausstellt. Den schreibt ein Mönch auf eine Tafel, und das kostet mal eben knapp 100 ユーロ. Streng genommen ist das eigentlich ein Brauch für buddhistische Mönche, aber die Tempel verdienen damit und mit vielen anderen Traditionen Unmengen an Geld.

Als Ausländer sollte man es sich natürlich gut überlegen, ob man eine Tradition im Gastland kritisiert oder nicht. In diesem Falle kann man das aber, da die meisten Japaner (200 Befragte stellen natürlich keine repräsentative Menge dar, aber man kann ziemlich sicher sein, dass das Ergebnis selbst bei 2 Millionen Befragten ähnlich ist) selbst regelmässig ob dieser gesellschaftlichen Zwänge stöhnen.

¹ 見る ここで

シェア:  

Novum: 皇居で開かれている. しかしながら…

12月18日, 2013 | タグ付け , | 5 注釈 | 6387 読み込み

Nijūbashi - Die Doppelbrücke - einer der Eingänge zum Kaiserpalast

二重橋 – ダブルブリッジ – 皇居の入り口の一つ

… にはるかに小さな活字があります. ザ 宮内庁kunaichō – インペリアルHofamt 本日発表された, の機会にすること 80. 来年の天皇の誕生日、公衆に皇居の一部の地域では利用できるようにすべきである. このようなことはまだではなかった – それは感覚である. 最後に、世界最大の都市の一つの真っ只中に、伝統的に強く保護された領域であり、. に 24. と 25. 月、土曜日と日曜日に月上旬中 2014 当日の三つのグループが可能で、それをある, そうでないグループにアクセスできない領域に入ることを許可. 最大 50 人は、グループに属することができるはず. だから作る 50 回 3 回 4 日数= 600 訪問者. そして、抽選で選択される. 私はそれを寝坊しない場合, 私もたくさんの世話をします, チャンスを私は私を見逃すことはありません.

皇室のメンバーの, 言っ帝国Hofamtesとシニア外交官や要人の国民を除いて、誰も、施設に入ることを許可されていない. 一般に公開されてごく小さな領域 – そしてまた、唯一の2回開催, に 23. 12月 (帝国の誕生日) とで 2. 新年の演説のために1月.
もちろん、すべてのエリアが公開されていない – しかし素晴らしいロビー 正殿松の間正殿松のない馬 やホール 豊明殿Hōmeiden長和殿Chōwaden 見られるべきである. 最も重要な聖域 皇霊殿Kōreiden (先祖ホール), 神殿シンデン (神ホール)賢所かしこ-どころ (畏敬の場所) いつものように、これまで閉鎖されたままになります.

そこに宮殿の開口部に続き ここに英語で日本語であるため.

シェア:  

753 リロード

11月18日, 2013 | タグ付け , , | 8 注釈 | 8409 読み込み

日本でも、倍の時間がありました, 多大な苦痛が勝っており、自明ではなかった場合、, その最初の2以上の子供, 3 Lenzeを参照してください. これは現在、ありがたいことに異なっている, しかし、この文脈で伝統は今日まで保存されていること: ダス七五三七五三 (7-5-3) – 儀式, コミットされている, とき男の子 5 歳の少女である 3, し、再度それ以降 7 歳. 親指の少なくとも、ルール, それは地域によって異なりますので、. 一部の地域とそれに対応する家族には男の子がによって儀式を3回行う.

それはすべてのすべてで肯定的な物ですので, これは通常、神社ではなく​​、仏教寺院で処理されます. これは、約: これは、神社に話す (あるいは単にコール), それは11月で、すぐに適切な年齢の子供に達した場合は、 – まもなく達するか、またはすることが. 司祭は取り “予約” に対する, と述べています, もたらすことであった. 非常に重要な: 小さなダニ, として “オルト気持ち”, またGesteをALS. 私たちの部族の神社の場合です, なんて素敵な偶然の一致, 10,000 円, またナップ 80 ユーロ. プロ子wohlgemerkt. そして昨日、私たちはそれらの2を持っていた, ザ “原因” した. 式典では、子どもたちは、かなり一般的にパックされている – 着物やドレスやスーツを着た, として従っ, その両親や祖父母を好む. さて、これは当然の着物のようなものです。: あなたは美しい着物をしたい場合, 数千ユーロのコスト, そして小さなものは、ゼロコンマ·ナッシングで​​栽培されているため、 (や他の機会を欠いている, 着物を着用する – 遊び場で、それは確かに軽度の刺激を引き起こす), あなたはよく問題を考慮する必要があります. 一つは、例えば着物を借りることができます, また、ほとんどの費用 10,000 円. それはこれまでのところだったので、日曜日に私達と, 私たちはラッキーだった: 18 度, 太陽 – 完璧な天候. 大足quengelige, しかし上流階級の子供たちを着て, 写真を撮ることに消極的であることができる. 30 分後のことは終わった, と私が考えるとき, これが最後であることを 753 私の娘のためだった, 私はほとんど少し感傷的だ. なおさら, 当方で私の写真であれば 753 前 4 年間見て – 下記参照.

私がしたいと思いますにわたり詳細 7-5-3 今省略しない, 私は4年前にやったので、 この記事 行われ.

753 vor 4 Jahren...

753 前 4 年…

 

 

... und 2013, dieses Mal mit Verstärkung

… と 2013, この時間利得

シェア:  

かっぱ橋 – 台所の楽園

1月28日, 2013 | タグ付け , | 6 注釈 | 3038 読み込み

Südlicher Eingang zur Kappabashi-Passage

合羽橋路に南側入り口

東京の美しさがある, 特定のサービスや製品についての個々の地区の専門化は、まだ強いことを. 以前は、ドイツの都市でもあった – が、通常はそれらの地名を発表, 地区特化すると.

最もよく知られた例は、日本秋葉原にあるでしょう. ここに第二次世界大戦が闇市場をうなった後, すべてが何とかして必要な場所- または. 実用売ら. これはお店の集まりだった, ELEKTRIK- および電子部品の販売のための製品. しかし、他にもたくさんあり​​ます:

·水道橋 (飯田橋と御茶ノ水の間) 印刷·出版の製品に特化されています
·神保町 (皇居の北) 書店に特化
·Asakusadōri (上野, 稲荷町) イストアウフ仏壇 (Hausaltäre) 専門の
·築地は、魚のお店に特化
·新宿二丁目イストアウフ… 私たちは、みましょう

上野との間に合羽橋もありだろう 東京スカイツリー: ここではすべてを専門としてい, キッチンと美食のニーズに何があるか. Stäbchenablageteilchenの (Hashioki) アップ巨大ポットへ, 緩い1で, 二人の子供が合うことができる, すべてがそこにある, しかし、本当に何かを購入する. これは店にももちろん含まれています, 日本語や日本のセラミックナイフに、例えば特化. 他の店舗はすべてに特化, あなたはとてもコーヒー愛好家として必要なもの – 例えば、誰が彼自身のローストコーヒーを送りたい, ただ正しいことを見つける.

Messerfachgeschäft

ナイフショップ

投票, 観光客のため, の店があります ユニオンユニオン – 優れたナイフがあると 田窑Dengama – 日本のさまざまな地域からの陶器のお店, 最も合理的な価格に, と みくら御蔵, ショップ, 唯一の箸の専門家. 連合はモール·かっぱ橋のほぼ中央の街角に位置しています, 南端Dengama (屋根の上に巨大な調理でデパートに比べ) 御蔵島と合羽橋の北端.

合羽橋への訪問は、しかし、イケアと同一視することができます: あなたは間違いなく何かを買おう – あなたは知っていない場合でも、それまで, あなたは本当にそれを必要とすること. 限り、あなたは後で後悔しそうであるように…

シェア:  

甲子園

8月24日, 2012 | タグ付け , | 7 注釈 | 997 読み込み

九州-後で継続するには. 近代的に今日の数行, 在日ですが、非常に重要伝統. 現在原因から. 今日は、日本の高校野球選手権大会の決勝戦が開催されているので. 私は意図的に高校を書く, なぜなら同じようなまたは非常に限られた日本高校, 缶ドイツのビジネス言語で翻訳.

この最終的な意志は、常にされている (より正確以来 1915) 野球場で 甲子园甲子園 代わりに. 今度の地区であること 西宫西宮, 神戸と大阪の間に位置. と名前が国内で最も人気のあるスポーツのために日本ではまだです (近年のサッカーは追いつくように見えますが) と – 夢のために. 野球は学校のスポーツとして非常に人気があります, それは甲子園に作る人, 主人公に既にある. 彼のチームとそこに誰が勝つか, 汎用のヒーローです – そして何人かのプレーヤーのために、そこに決勝はまた、プロ野球への扉を開きます. 不思議ではない, 4つ以上の競争に参加する’000 学校は全国的に参加する. そして、もう一つは、言わなければならない: スタジアムの雰囲気は巨大です – それはdrummedさ, 宋, した, 行われ. 私たちはサッカーについて何を知っていれば, さらに大きな、より組織化された.

さて、それは面白いです, 気分や参照するには. 聞くこと (私は一度スタジアムを可決, そこに準決勝で開催されましたように). それも、かなり面白いです, テレビでゲームの概要. しかしながら: でも、日本の野球の国ですべてのこれらの年後、私は個人スポーツで取得することはできません. そして、私はまだしっかりと, ファンはそんなに気分を作る唯一の理由, ゲーム中にほかにすることは何もありませんので、. 野球のルールがある, 修道女JA, 消化する最初はハード. 焦点: 投げる人, 野球のバットとキャッチャーの男. ごみ. 取らないで. 捕捉した. ごみ. 取らないで, キャプチャされた… Gääääähn. OUT! 次にPfriemel. ごみ. ああ, した! ボールが飛ぶ. 突然それは蜂の巣のようにフィールド上のように見える. 等. 時間の制限はありません – これは永遠に行くことができます.

しかし、良い – 1安全にこのように野球やサッカーのように記述することができる. そして野球で、ある – 通常は – 勝者, サッカーでは、しかし、しばしばしない. そして、私は野球を甲子園と謎のままになります. 最終選考に残った今年は、大阪の高校だった (またLokalmatadoren) 北は青森からと1高校. 大阪gewann 3:0. 最高の投げの最大ボールスピード: 153 km / hの. 手によってスローされた, あなたの心!

下記の甲子園からのビデオモンタージュです 2011, 意味や感情が非常によくまとめ:

シェア:  

2012 – それは休日に来る悪夢

11月24日, 2011 | タグ付け , | 6 注釈 | 1716 読み込み

星座, で 2012 日本の労働者の演劇, 約ごとにある神に感謝 30 年. 残念ながら、今のところ来年があります. してから再度だけで 2040.

日本の祝日 – 二つの異なる種類があります。. そのような新年、伝統的な休日, など “人工的な” 例えばそのような海の日として休日、. 後者は、多くの場合、日付に正確ではありません, などが、システム “9月第3月曜日”. 幸いなことに、我々は数年前に日本で導入したが、巧妙なスキーム: 休日は日曜日に該当する場合, 次の月曜日祝日. 日は、しかし、土曜日に該当する場合, 一つは単に不運を持っている. とこのような 2012 4倍の場合は、, あなただけの悪い年でそれをしなければならない.

休日の概要 2012 – 休日のグレーのスタンド, ザ 2012 週末に落ちる:

1. 1月 元旦 (元旦) 新年 日曜日
2. 1月 振替休日 (furikaekyūjitsu) 振替休日 月曜日
9. 1月 成人の日 (こんにちはません星人) 成人の日 常にオン 2. 月の月曜日
11. 2月 創設の日付は覚えているの (Kenkoku心なしこんにちは) 建国記念日 土曜日
20. 3月 春分の (こんにちはなしshunbun) 春の日- と秋分 火曜日
29. 4月 昭和の日 (こんにちはなし昭和) 昭和タグ (前の皇帝) 日曜日
30. 4月 振替休日 (furikaekyūjitsu) 振替休日 月曜日
3. より多くの 憲法記念日 (拳法記念日) 憲法記念日 木曜日
4. より多くの みどりの日 (みどりのハイテク) みどりの日 金曜日
5. より多くの こどもの日 (なしこどもこんにちは) こどもの日 土曜日
16. 7月 海の日 (ハイテクの海) タグDES Meeres 常にオン 3. 7月の月曜日
17. 9月 高齢者に対する尊敬の (こんにちはなし敬老) 高齢者に対する尊敬の日 常にオン 3. モンIM 9月
22. 9月 秋分の (こんにちはなしshūbun) 秋の1日- と秋分 土曜日
8. 10月 スポーツの (こんにちはなし体育) 体育の日 常にオン 2. 10月の月曜日
3. 11月 文化の (デビッド·スターキーがないハイテク) 文化の日 土曜日
23. 11月 勤労感謝の日 (ロドkanshaこんにちはなし) 仕事のための感謝祭の日 金曜日
23. 12月 天皇誕生日 (天王tanjōbi) 天皇の誕生日 日曜日
24. 12月 振替休日 (furikaekyūjitsu) 振替休日 月曜日

メモリ内の: と, 多くのがあります, 日本では、それらのいくつかの非常に奇妙な休日. 政府が何年か前に強制的にしたかった, その労働者, 彼らは休暇を取るか、または取得する権利を有しないため、, たまに休むことができる. 悲しい事実です。, 依然として多くの企業が単に休日を無視することに伝播.

シェア:  

夏II: Losglücklosと死のダンス

8月10日, 2011 | タグ付け , | 3 注釈 | 942 読み込み

Summer-Jumbo: Sommer-Sonderziehung

サマージャンボ: 夏の特別引出

私は最近、すでにここで夏について書かれたので, しかし、私は小さいシリーズのように外にすることができます. 一部 1 であった ここで. あなたはあらゆる種類のもので年間そうに慣れる. クリスマス、例えば、. 好むと好まざるとにかかわらず. 私は習慣を作りました, 何かをする夏に, 何私は通常は決して: 大規模な賭博に入る. 毎年夏にあります サマージャンボ宝くじサマージャンボTakarakuji (宝くじ)-特別引出, 途方もない勝つために存在し亿円 – 純一奥EN, また 100 Millionen円 (約 800,000 ユーロ). チケットのコスト 300 円, と私は駅のLosbodeフロントに、毎年夏に着るといくつかのロットを買う方法, 最も连番 (renban – 連続した番号), 私はバラの場合のため (のみ, 非連続ロット) 購入する, 私は非常に多くの異なる番号を同期しなければならない. 毎年のように私はここで得 300 円 – 単一の最後の番号は常に勝つために 300 円, またバイされました 10 連続したものは欠場することは非常に困難である. トール, 10% 割引! 毎年のように私は自分自身がこれを取得する 300 円からでもありません…

地元の盆踊りのステージ

夏 – これはまたの時間です 盆踊り盆踊り (見る ウィキペディア: お盆) – 固定の, 少なくとも何かが面白がってする場合は、死者の魂が保存されない場合がありどこに. 背景には、本当に深刻です, しかし、今一時的にお盆祭りになっている, 踊りは、リラックスして祝われている場所. 盆踊り私はそんなに巨大なお祝いをしないことを意味, 最も顕著な 阿波おどり 徳島県, 近所でなくすべての小政党, しばしば小さな裏庭やミニ公園のようなエリアに閉じ込められ, 途中でドラマーとダンサーと一緒にステージと娯楽のあらゆる種類の、子供たちの周りFreßbuden. これらのフェスティバルで美しい小さなは, あなたは知っていると、一度に多くの人々を満たしていることを, のみ散発的に、個別にそうでなければ見ることができる. 子供たちのために、全部はとても良いです。 – 誇大広告として全く同じ壮観ません, まだ.

年間、私は印象を持っている, それは我々の近所で若いドラマーを欠いている. 説明するために: これらの小政党は、多くのバンドで演奏ポピュラーソングのようなschlagerです。; 大きな和太鼓のドラミングの誰かに, 着物のダンサーの周りのすべてが彼の前でゆっくりと踊りながら、. 経験則: 小さい近傍, ダンサー古い. これによって私は昔本当に古いことを意味… 私は日本への訪問者のみができます, 勇敢である, 8月中旬に日本に移動します, お勧めします, 盆踊りフェスティバル小さな検索. 全国の私の旅で何度も前に、私はそのような第三者にそれを移動, 人が話しているだけ夏を楽しんで、あなたは非常によくそこに得ることができます. ととも​​に 焼きそば と冷たい生ビール.

ポイントをいただければ幸いです, 誰か他の小さい場合, しかし微盆踊りはお勧めすることができます.

シェア:  

Okuizome – 最初の食事

5月29日, 2011 | タグ付け , , | 4 注釈 | 2470 読み込み

多くの儀式や習慣は、日本の子どもたちを中心に展開. これらの一つは、いわゆるです お食い初めOkuizome – ザ “食事の初めに”, 一定のルールを持つ儀式と
シンボルの完全な. この儀式は、のいずれかで行われます 100., 110. または 120. 子の出生後の日. 幸運はそれを持って同じように, 私達と、それに合わせ: 今日はでした 110. Tag. ナダン! 小さいもののためにとして 110 満たす “アウト” まれに実際に何かを食べる, この儀式は、より多くの文字記号を持っている: あれやこれやが、子の口のキャリー, しかし、あなたはものを食べることができない. と同様に、 新年のディナー メニューは、, 別にマイナーな地域差から, 同様に固定, それぞれの料理は、独自の意味を持っています.
食品で構成されています 一汁三菜Ichijū山菜 – スープと3つのサイドディッシュ, 幸せな機会のための食事の伝統的な構成. にすべてのケースで:

1. 赤饭赤飯 (=レッドライス), 日本幸せな場面では必須 (赤飯には小豆ともち米です。. 赤と白は幸運/セレブのためのものです),
2. 吸い物Suimono (隋= saugen, モノ= Sache, ドイツ語へ: 1 [主に薄い] Suppe)
3. 香の物 (KO-お金のかからない, koの=匂い, モノ= Sache) – 漬物
4. (尾頭付き)鱼魚 – すなわち、全体の, 頭から尾まで. 一般的に、人は想定して 鲷太極拳 – Meerbrassen.

でも、ロックはそれらの一つである – 地元の神社からフェッチした後に戻さなければなりません. 石は、願望を表明することになっています, 子供が上にあることを
彼の人生は常に健康な歯を持っている (伝統も超えている 1000 歳 – さらに、彼らは明らかに歯科医を恐れ). 代わりに石のです。
しかし、特に日本の西部と南部でもタコのような (タコ) 撮影, 最後に、咬合力の多くを必要とする. スープは十分である (吸引)おかげで, の意味を参照してください。.
でも、食器は、この伝統に予め決定される: 少年は赤い内装と黒漆のトレイを務めた食品です。; 一方、固体の赤漆トレイ上の少女. これらのうち、子供は3を食べている年长 (3 nenchō – 式典で3最古の参加者) 投与.

Okuizomeの時間経過は、賢明に選択されている: 周りに 100 第一歯の誕生日後には成長し始める, と子に使用される母乳や牛乳代用にちょうど食品以外のものを開始します (日本語で 离乳食rinyūshoku – “離れる – ミルク – 食べ物” と呼ばれる).

ダス写真VOM太極拳 (Meerbrasse) 私は残念ながらここで私を助けることができませんでした: 歯のバーがあまりにも印象的だっ. ローストした鯛もの多くの日本の映画に出演 – それは本当に最も人気があるので、, 冠婚葬祭のシンボリック魚.

シェア:  

« 古いエントリ