現在のタグが付いて投稿を参照しています。 批判

ご注意: 以下の記事は機械によって翻訳されたものです。ドイツ語のオリジナルは 。,,en,隠された年 - 日本のアンダーグラウンド,,de,t.co/Hw9Mu9af0Y,,en,@ midori1kwh,,en,@tonjifan,,mg,日本でも見えます。というのは、日本で見た,,ja,ArteのMediathekで,,ja,あなたに単に日本で周りを取得することはできません - 今日,,de,Matsuko DeLuxe,,ja,t.co/cF3ksO5mJf,,en,t.co/hXp0nVJzR9,,en,ワードプレス,,en

Kyoto-Starbucks im traditionellen japanischen Stil / Tokyo-Tirade in der “時間”

6月28日, 2017 | タグ付け , , , | 6 注釈 | 707 読み込み

Heute stellte Starbucks Japan seine neueste Niederlassung in der alten Kaiserstadt 前¹. Die Filiale öffnet am 30. 6月 2017 ihre Pforten und befindet sich an der altehrwürdigen 二寧坂 Ninen-zaka-Gasse unweit des Kiyomizu-Tempels. Das zweigeschossige Gebäude ist mehr als 100 Jahre alt und komplett im traditionellen Stil aus Holz gebaut. Im Inneren gibt es die obligatorischen Tatami (Reisstrohmatten).

Ein geschickter Schachzug von Starbucks, das muss man den Marketingleuten lassen. スタバ sutaba, wie die Läden in Japan abgekürzt werden, hat hierzulande über 1’000 Filialen und mehr als 3’000 従業員. Die erste Niederlassung wurde 1996 an der Ginza eröffnet. Doch die neueste Filiale in Kyoto sollte auch etwas nachdenklich stimmen. 安全に,,de,ワードプレス,,en, man kann es nicht vermeiden, dass sich globale Ketten in historischen Gassen breit machen – das geschieht überall. Auch McDonalds hat schon vor Jahrzehnten in Kyoto Filialen eröffnet und war sogar kompromissbereit: Man verzichtete auf die übliche, in der Tat sehr aufdringliche rot-gelbe Farbmischung und einigte sich mit der Stadt auf einen Braunton. Doch man kann sich jetzt schon ausmalen, dass nicht wenige Touristen (die meisten davon werden wohl nicht aus Europa sein) einen Besuch in der traditionell japanischen Starbucks-Filiale als ein Highlight ihres Kyoto-Besuches empfinden werden. Und das ist etwas traurig, verliert man doch dabei den ursprünglichen Sinn des Reisens komplett aus den Augen.

Kyoto-Starbucks-Filiale

それらの: Fashion-press.net ( HTTPS://www.fashion-press.net/news/31621)

Das erinnerte mich ein bisschen an den Artikel Im Land der aufgehenden Langeweile erschienen bei Die Zeit und verfasst von Ulf Lippitz. Dort bedauert der Autor auch die Tatsache, dass die Globalisierung auch die japanische Hauptstadt fest im Griff hat. Mehr aber noch erinnert mich der Artikel daran, dass manche Menschen scheinbar nicht mehr die Essenz des Reisens erkennen. Vollgepumpt mit Erwartungen hat sich da der Autor auf die Reise nach Tokyo gemacht und war ganz überrascht, an den absoluten Touristenfallen nicht den Kick zu bekommen, den er erwartet hat. Wie man ein Reiseziel so absolut oberflächlich “durchrennen” 缶, ist mir ein Rätsel (genau so ist es mir ein Rätsel, wie er in ein Restaurant mit “Cover Charge” gelangte – danach muss man eigentlich heute fast suchen). 安全に,,de,ワードプレス,,en, Tokyo muss man nicht mögen – an den meisten Ecken ist es nicht schön. Aber bevor man als bezahlter Korrespondent Sätze wie “Ein Helene-Fischer-Konzert hätte es auch getan” in einer Beschreibung über Shibuya in der Nacht von sich gibt, hätte man sich ja wenigstens ein kleines bisschen Mühe geben können…

¹ 例を参照してください ここで (Starbucks-Pressemitteilung, 日本の) と ここで (ジャパンタイムズ, 英語).

シェア:  

経済産業省のPatriotenporno

4月3日, 2017 | タグ付け , , | 9 注釈 | 685 読み込み

Da bin ich doch neulich über ein zweisprachiges Pamphlet mit dem klangvollen Namen “Wonder NIPPON!” つまずい, das da bereits vor einem Jahr vom japanischen Wirtschaftsministerium (METI) herausgebracht wurde. Der japanische Titel ist viel besser: 世界が驚く ニッポン! – “Worüber die Welt staunt: 日本!”. Auf der folgenden Seite wird man umgehend mit der Schlagzeile “Did you realize that Japan is getting this much attention?” – “Wussten Sie, dass Japan in der Welt so viel Aufmerksamkeit bekommt?” konfrontiert. 何が次のとおり, sind ein paar schöne Fotos, und ein paar Seiten weiter lustlos zusammengewürfelte Grafiken, anhand derer der staunende Leser erklärt bekommt, warum Japan so dermassen einzigartig ist, dass es ganz viel Aufmerksamkeit, gewiss zumindest mehr Aufmerksamkeit als andere Länder, verdient. Das ganze geschieht im Rahmen der Vorbereitungen für die Olympischen Spiele in Tokyo 2020.

Wundervolles Japan. Und die Menschen erst!

Wundervolles Japan. Und die Menschen erst!

Da erfährt man unter anderem, das Japaner (und zwar alle!) die Natur ganz anders wahrnehmen, quasi mit anderen Sinnen fühlen – vorgeführt an “fünf japanischen Schlüsselwörtern, die die Welt beeindrucken könnten” (“Five Japanese keywords that may impress the world”). Man erfährt auch, dass Japaner Farben anders wahrnehmen. Und da darf auch mein Lieblingsthema nicht fehlen: Ganze vier Seiten der 64-seitigen Broschüre sind den 4 Jahreszeiten gewidmet, von denen viele Japaner immer noch glauben, dass diese etwas ganz Besonderes sind. Man glaubt es kaum: Diese vier Jahreszeiten sind: 春, 夏, 秋と冬!

Was seltsamerweise fehlt, ist das in letzter Zeit so gerühmte “omotenashi” – die japanische Gastfreundschaft. In einem interessanten Bogen schlägt diese Kolumne in der Japan Times dabei einen Bogen zu einem wichtigen Aspekt von omotenashi – dem Begriff 忖度 sontaku. Die direkte Übersetzung ist nicht ganz einfach, aber es bedeutet im Prinzip, jemanden einen Wunsch abzulesen/zu erfüllen, bevor selbiger überhaupt geäußert wurde. Damit wurde jüngst im Skandal um die Verwicklung des Ministerpräsidenten Abe nebst Gemahlin bei der Vergabe eines Grundstückes weit unter Wert an den ultrarechten Schulbetreiber Moritomo Gakuen (見る ここで) auch erklärt, wieso das Finanzministerium den Deal um das Grundstück überhaupt absegnen konnte: Der Moritomo-Chef nahm an, その周りに “sontaku” ネゴシエートされた – die Verantwortlichen im Finanzministerium gingen davon aus, Abe einen Gefallen zu tun, ohne das der Ministerpräsident selbst davon wüsste. Anderswo nennt man das Filz oder Korruption, in Japan hingegen wird daraus eine Tugend. Sontaku eben. Oder vorauseilender Gehorsam.

Japan ist etwas Besonderes, 質問はありません. Es ist eben eine Inselnation, die lange Zeit in freiwilliger Isolation verbrachte. Dass Japaner jedoch Farben und dergleichen anders wahrnehmen als andere Menschen, ist hanebüchener Blödsinn. Und ob das Überkippen ganzer Berge mit grauem Beton zum besonderen Naturverständnis der Japaner zählen soll, darf auch diskutiert werden. Das METI könnte deshalb auch gern mal eine andere, vielgerühmte Tugend anwenden: 謙虚 kenkyo. Bescheidenheit. Denn Japan hat auch ohne diese seltsamen Übertreibungen genug zu bieten. Da mache ich mir auch weniger Sorgen um die Ausländer, die dieses Pamphlet lesen – sondern mehr um die Japaner, die das lesen und womöglich alles glauben, was da drin steht. Dennノート: Es soll sogar Orte außerhalb Japans geben, in denen es vier Jahreszeiten gibt. Es soll Gerüchten zufolge auch andere Länder geben, in denen Gastfreundschaft wichtig ist. Und es soll sogar Länder geben, in denen das Essen schmeckt. Kaum zu glauben, しかし、真の.

シェア:  

Kontext, Baby, Kontext…

2月13日, 2017 | タグ付け , | 10 注釈 | 807 読み込み

最近、私は福島の損傷した原子炉の状態についてのニュースを心配へのリンクを含む電子メールやメッセージを取り戻す伝播しました, 多くの場合、注釈付き, 状況が制御不能にそこに着くように見えること (ゆえに: あなたはすべて死んでしまいます!). それ自体で見つかったメッセージのいずれか ハイゼ 例えば. その結果、周り​​の今までに一度も測定された値でした 650 シーベルト/時間が見つかりました。. “約” 従って, 放射線は非常に高いので、, その1は、値のみを推定することができます – 高いエラー率との. この放射線は、誰もが数秒以上に耐えることができません.

これまでのところ, とても良い. コンテキストは、しかしながら、多くのニュースサイトに見えます (その結果、いくつか気になる読者) お見逃し: そこで我々は、しっかりと、初めてこの非常に高い値を作成しました, それが今初めて権利が測定されていますので、, 燃料棒は、かつて存在した場合に. ロボットの画像も表示します, 内側の圧力容器内の通行穴があることを, これを通じて核物質は明らかに食べています. この信じられないほど高い測定値は、したがって、目新しいものではありません – 以来、予想される放射線の強度 2011 同じであること, 1のみがちょうど今そこに浸透させることだけを. 詳細字幕など “でもロボットはから2時間よりも、この放射線を保ちます” 追加の鳥肌のためのコースを気に (これは素人既に測定することができます, 何それは本当に意味).

パニックに陥る理由? いいえはい. Beziehungsweise: 以前よりはありません. 東京電力はまだ拒否しているが, メルトダウンの話します, それは唯一の屁理屈です, 問題が解決しないので、: 高度に照射された原子炉の破滅は、右の太平洋上に立っています, ホーリー反応容器内の溶融燃料棒付き, こんなに早く回復することができません. どのようなリターンの場合と, 強力な津波が起こります? 大量の本ではない部分が海にフラッシュされることになります? 一つは想像できないことがあり. それなのに: 再び前に、言及されています, それが今ではすべて終わったと、状況は劇的に悪化しています, あなたは明らかに文脈に注意する必要があります. そしてセルフセイムのちょうどの本質, 値は約増加していないこと – しかし、その一つは、それがこれまでの値を測定したことがない発見した原子炉の中心部に浸透初めてです.

警察のコンテキストの別のケース: 私は最近、別のウェブサイトのための日本語科目と職業生活へのその後の参照についての記事を書いたとき, 私が言及しました, 特に女性はほとんど自分が後で科目の大学で勉強して使用することはできませんことを, まだ女性の仕事と家庭のために和解することが非常に困難です. 戻るエディタグラフィックから来ました, 表示, その割合 共働き tomobataraki (=両方の作業)-カップルは近年急激に上昇しています, すでに数年前に夫婦の割合, ここで唯一の夫は仕事に行きます, 抜いて. このグラフィックは反論する必要があります, ほとんどの女性は仕事で彼女の研究は、後に適用されない可能性があること. 残念ながら、ここでもコンテキストが完全に見落としました, グラフィックがあったので、 1) 卒業生に限定されるものではありません, と 2) 彼女は全くから何も言いませんでした, これは雇用で、女性がありました: そこは完全に見過ごされています, 他の理由の中で共働きの割合があまり増加させること, より多くの例では、もはや人間の含有量は十分であるため、. また、グラフはない示しています, その多くの女性, 今日は仕事に行きます, ないよう “英米文学のために研究の専門家” アクティブになっています, しかし、主婦のTünnef地元の店の道具で販売します, それに依存しません, 仕事に行きます (または, また、かなり頻繁にあります, 願いが動作するが、, しかし、ことはできません, 彼らは幼稚園を取得していないので、 – または人は望んでいないので、, 女性は仕事に行くこと.

私は過去のための私のブログにしてみてください 11 年, これらの関係を詳しく説明. 私は願ってい, ほとんど成功し. しかし、また、常に関係があります, 私も見落とし. 一つだけを望むことができる, あまりにも多くはありません.

シェア:  

日本の学校でSubsidisedいかさま

2月7日, 2017 | タグ付け , , | 3 注釈 | 823 読み込み

labsaEine Textmitteilung meiner Frau schaffte es heute, mich auf die Palme zu bringen. In der Nachricht klagte sie über vergeudete Zeit in der heutigen PTA-Sitzung. PTA = Parent Teacher Association (私は思う, das hieß? heißt? Elternbeirat im Deutschen). Die PTA besteht aus mehr oder weniger freiwilligen Mitgliedern und veranstaltet Sachen wie “Schulessen – wie es gemacht wird (und wie es schmeckt)” など. In diesem Jahr gab es insgesamt vier Veranstaltungen – in der zweiten ging es um “Kinder und der Umgang mit Smartphones”, ein durchaus legitimes Thema. Bei der dritten Veranstaltung kam eine Vertreterin der 誕生学® – ザ “Geburtenwissenschaft” (man beachte das ®!). Betrieben von der 誕生学協会, ザ “Life and Birth Studies Association”. Ein staatlich als “allgemeinnützig” anerkannter Verein, gegründet von 大葉ナナコ Nanako Ōba, Ex-Model und Absolventin einer Kunst-Kurzuni (zwei Jahre Pseudostudium). Eine Frau ohne jegliche medizinische oder psychologische Ausbildung, die dutzende Bücher zum Thema Geburt, Babymassage und dergleichen veröffentlichte und sich selbst illustre Titel wie “Geburtsberaterin” und dergleichen gibt. Und mit klugen Thesen daherkommt wie:

  • Schangerschaftserbrechen ist bei Frauen mit gelassenerem Charakter weniger schlimm
  • Wehen sind weniger heftig, wenn die Gebährende unter Stress steht
  • Wehenbeschleuniger sollten nur dann eingesetzt werden, wenn der Gebährenden klargemacht wird, dass dies die Freude der Geburt schmälert
  • Bei Müttern, die nicht stillen können, mangelt es an Fürsorge (gegenüber der Mutter)

等. Und so tingeln Vertreter des Vereins dank des eigens ins Leben gerufenen Schulprogramms durch japanische Kindergärten und Schulen und verkünden ihre kruden Botschaften aus Laienmund.

Die Veranstaltung heute war aber scheinbar noch besser: Ein selbsternannter 統計心理学者 – “Statistischer Psychologe” – tauchte heute auf – mit einer lustlos zusammengewürfelten PowerPoint-Präsentation. Beruflicher Hintergrund: Bankangestellter, heute Cafébesitzer. Seine These: Es gibt im wesentlichen vier Arten von Menschen, und das ist bei Kindern genauso. Wenn man nicht weiß, mit welcher Art Kind man es zu tun hat, macht man Fehler bein Loben, Schimpfen und überhaupt. Woran man erkennt, zu welcher Gruppe das Kind gehört? 答え: Am Geburtsdatum. はい, am Geburtsdatum. Einige Mütter baten dann darum, ihnen eine Analyse ihrer Kinder zu geben, oder zumindest zu offenbaren, wo man denn die Ergebnisse der wissenschaftlichen Studie einsehen könne, aber der tapfere Ex-Bankangestellte zierte sich: Er fragte stattdessen die Mütter nach deren Geburtsdatum und legte drauf los. Und sagte zum Schluß, wer seine Kinder aufgrund der Geburtstage analysiert haben möchte, solle in sein Café kommen – er sei öfter dort und könne dann dort Auskunft geben.

心: Eltern zahlen PTA-Beiträge. Und Redner, die dort auftauchen, bekommen eine Aufwandsentschädigung. と: Schuldirektoren und Lehrer müssen die Veranstaltung absegnen. Bei der Geburtenexpertin keine einmalige Sache – sie macht diese Veranstaltung schon seit Jahren in dieser Schule. Einer öffentlichen Schule.

PTA & 共同. verlangen den Müttern in Japan sehr viel Zeit ab – そのくらいです. Japanische Mütter haben dank dieses Systems kaum Zeit, selber arbeiten zu gehen. Dass die Zeit dann aber damit verbracht werden soll, sich so einen Stuss anzuhören, spottet jeder Beschreibung. 安全に,,de,ワードプレス,,en, der Hang zum Metaphysischen ist in Japan besonders stark ausgeprägt (キーワード: Blutgruppenhoroskop), aber das so etwas auch noch staatlich gefördert wird, schlägt dem Fass den Boden aus.

シェア:  

4 X 6 = 24? それを忘れて!

2月17日, 2015 | タグ付け , | 23 注釈 | 2302 読み込み

Mathelehrbuch der 2. Klasse

数学の教科書 2. クラス

先日娘, 第二年生小学校, 少しねじれた家. 実際、彼らは数学もよい, 今回はありませんがあった 100 ポイント, だけ 85. これは悲劇的ではない, 最後に、約かもしれない 85 ポイント以下であること, しかし問題はなかった, 減点の理由は理解されていないことを娘.

“花束は含み 6 フラワーズ. 4花束があります。. どのように多くの花の合計があります?”

応答では娘がそう書いた “4 X 6 = 24”. そして、それは間違っているものです. ただ、次の作業のように:

“あります。 9 ベンチ. ベンチで見る 7 人々場所. 全部で何人座ることができる?”

9 X 7 = 63? Aber nicht doch.

数学はかつて本当に私の得意だった. というか、私はそれで大きな問題がなかった. 初めには、当然のことながら、私は覚えていないことができます, したがって、それは言っても過言ではありません, 私には完全に未知のは減点の理由を表示された場合. ACHので、, と, 次のように推論です:

乗算は、ユニットの番号を書くの, その後何回全体. 真実はそうです:

6 (フラワー回 6) X 4 = 24 フラワーズ

(7 人々X 1 座席) X 9 ベンチ= 63

日本では、ルールは次のようになります:

「1つ分の数」×「いくつ分」

言う: サブユニットの数 * どのように多くのユニット.

見る! 結果は正しくない可能性があります – 重要度は、順に接続されている! 飛行時間は、何かを研究, そして見よ: ウィキペディアでさえ本当に長いエントリがあります 乗算のための命令を出す. そして、そこに読み本当に素晴らしい: ダス文部科学省 (文部省) 例えば、推奨し、, 上記の, “正しい” 教えるため. 最終的に、しかし、文部科学省の学校を残す (または. 教師) 決定, OB “偽” 順序は減点とみなされるべきであるか. 残す? だから、あなたは、日本の学校のXに行く, 彼が基本に会って、その場所 7 回 9 = 63 です。 – あなたはそれが受ける別の学校に転送されます, その 7 回 9 と同じではありません 9 回 7?

Wikipediaのエントリも経験です, それはアメリカの逆の順序でも通知され、 – “違反” 処罰されていません.

その上で、なぜ今、日本ではあまり重視, この “ルール” (彼らの感覚は、私は本当に完全に開きません。) 強制する, 私には不明です。. それ以来、私はおそらくあまりにも非常に結果を重視しています. 安全に,,de,ワードプレス,,en, ヘルプルール – 彼らは助けている場合. しかし、この場合には、一つだけを行うには、ルールのようです: 子どもたちがより多くのを混同し. 日本のインターネットでは非常に多くの親は見える – 対処 – 興奮する. テノール – これは数学の教科書だけでなく真である – です。: “なぜしなければならない子どもたち, 教科書でまったく同じ無意味なコンテンツを書く, ポイントを失わないために?”. 良い質問. しかし、日本の教科書の品質が求められるようにとにかく広くすることができます. 全く自由な発想の人は行われませんので, しかし、はい、男性.

興味深いことに、それは注目すべきである, 全体の数学の教科書その 2. クラスは、この規則の言葉ではない. それはおそらく唯一の添付の資料に記載されます. そして、先生、ルールのどちらかはよく説明されていない, または私の娘は何か他のもので忙しかった. チャンス 49:51. または 51:49?

シェア:  

女ウィスパラー – 東京のはげWIEDER

11月8日, 2014 | タグ付け , | 12 注釈 | 35487 読み込み

あなたは時折それらを参照してください – そして、残念ながら非常に多くの場合、日本で: 傲慢な外国人, 楽園で自分自身を信じる, それは結局あまりにも簡単であるので, 事の女性のすべての種類を開始する外国人のおまけ付き. この種の王は、特定のジュリアン·ブランのようです, ドレスは女性に怪しげなセミナーであなたのお金に値する. 世界のどこでも. 時間は上の少し前に彼のビデオをしないように見えた, 良い主は宣言している, どのように物事がとても女性と日本で実行. 元のビデオは、見つけるのは難しいです, そして私は彼のチャンネルへのより多くの訪問者がコントロールを追加したくない, しかし、短いクリップは日本のチャネル上にここにある:

日本に11月中旬に戻ってくるためにTwitterメッセージジュリアン·ブランによると. そして十分な人がいる, 誰が防ぐしたいと思います – 例えば、参照してください。 ここで. があったとさえ数多くの嘆願書に反している (とのために!) 人々 – 誰が、とりわけ、提供, オーストラリアの会場は、彼が発表しても、彼のビザが取り消されたこと. A 類似の請願 道を進んでいる, 慎重に男で日本語移民局を作るべき.

今、彼も彼のセミナーの訪問者でもない、ブログエントリ、本当に価値がある. あなたが見ればでそうである “ゲーム,de” 不定冠詞 – と呼ばれる “ゲーム” – ただ恐怖と心配があることができます. これはAnmachtricksにはない, しかし、時には残酷な心のゲーム, 部分的に暴力やセルフセイムの脅威と相まって, 人々は自己満足作る. しかし、何が本当に私を混乱させる, 以下の引用文である:

… ちょうど女の子をつかんで、それはのようなものだ (動作) ディック上のヘッド (フーッ) ディック上のヘッド, 上...白です.Every外国人ピカチュウのシャツと「ピカチュウ」叫んでは、これを行います. あなたは1東京の群衆の中に外国人とあなたの目がロックされていることを見て、あなたは彼が知っているし、彼はそれを知っていて、それはあなたの両方のような、この有罪外観は売春婦か何かをめちゃくちゃ。」だということを知ったとき

大丈夫! 一つでも日本語を考える場合, これはそうであること – または悪化 – 彼のセミナーの来場者の一方のみがそれを信じているので、日本への彼の方法を行った場合 – これは間違いなく、コメントする価値がある. 明確な, 偏男. 彼はそれだけの価値はありません, 真剣に取るべき. しかし、それは残念ながら人です, かなり真剣にそれを取る. と女性, 彼は道について知らずに実行している, また、少なくともうらやましい回答をされていません. この意味で、: あなたは歓迎じゃない.

シェア:  

書評: “吐息” ニーナJäckle

7月17日, 2014 | タグ付け , , | 3 注釈 | 3188 読み込み

"Der lange Atem" von Nina Jäckle. ISBN: 9783863510770

“吐息” ニーナJäckle. ISBN: 9783863510770

実は、私は、しかし、内部の私に抵抗してきた、, この本を読む. 唯一の良い3年前との理由距離からドイツ語著者のお得な情報、したがって、東北日本ではまだ非常に若いのトリプル災害. あなたはなにをしているのですか?? 推測のシーケンス? 津波後の生活の奇抜な装飾レポート? 福島でのMoralinsaureの論文? 日本に住んでLEBT WER, 言語を話すと文化を知っている, また、依然として被災地 – 災​​害前と後 – よく知っている, ような気がする可能性が高い.

この本は、災害後のファントム画像調印の視点からの生活について伝えます, 正体不明の写真を基, であるかをより正確にするために, 正体不明の犠牲者は顔を再構築し, 無名の死者に社名を戻す. 背景は本物だ – 本日、日本の警察を試してみました, とりわけ ここで, 犠牲者を識別するために、このように. 安全に,,de,ワードプレス,,en, スケッチ芸術家は、いくつかの通常で, しかし、被害者の膨大な量がストレステストにほとんどのその種の硬化を行った可能性が高い.

しかし、戻って本に. 感謝神は試みで、著者が保持, 日本文化や考え方を探索する, バック. 場所では特別な機能は、ダイビング, あなたが読むことができる場所, まさに研究されたか、その時のメッセージは、作成者を頼ってする手段. しかし、本質的に、それは外の国籍や文化を残し、あまりにも人間を記述: 突然失われた時の衝撃. インポテンス, 人々に影響を与え, 何もそのように一挙にないとき, それはかつてあったように. そして、それはのように小説で起動:

これは、3月第十一だった, そして海が吐き出さ, 田舎に、それが出息してから、再び深呼吸を.

これは非常に一般的な一方で、, まだ非常に表現言語は、この本についての私にとっては特別なものだった. I-物語であなたはすぐに慣れる, また理由, と、多くのセット “私の妻” 始める, であった – 私は突然保守的なんだ, 私は作家のペンから、これを読んだとき – 最初は私をイライラ. しかし、やり方, 本の中で競合を構築する方法, 非常によくやったと続きを読むにはドライブに記載されている.

ほとんどを読む前に私に興味を持ってどのような, 重要だった, 福島に測定する必要があります. 我々は覚えている: 日本にいる間はほとんど 20,000 人々は主に殺さ津波来た, ドイツのプレスで名前だけ福島をエコーし​​、他のすべてがほとんど忘れてみましょう. と驚くなかれ, 等しくなるまで二度のような変異体蝶やフレーズの発話から:

ヨウ素の言葉から, セシウムやプルトニウム、唄はすぐになります, 子どもたちはすぐに学ぶ.

これは非常に詩的に聞こえる, それは、日本以外の何もかもだ. まさにこのまたは似たような起こることはありません, と変異蝶はニュースで一度だけ登場 – 約懐疑をたっぷりと. 災​​害の核の部分に関しては、以下の文章は、しかし、適切な書き込みはありませんでした:

まだ、すべての傷ついた長いそこに生まれていない, 米国.

これまで – 読みながら、私は異常なまで時折会った, 考えさせられるフレーズ, 私は、自分のやり方でスキ – これは、例えば、を含む:

… 誰があなたの背後にある, 子どもたちを呼び出す. それは海です, 子どもたちを呼び出すことはありません.

結論: これは、 170 出版社クレプファーからページの長い小説を & マイヤーはnachdenlichさせられるし、よく研究について読ん 11. 3月 2011 – あなたは日本とかやるべきことがたくさん持っている場合.

ニーナJäckleの1が学習詳しく ここで. そしてもちろん本は品揃え豊富な書店またはからある アマゾン.

シェア:  

映画批評記事: エンペラー – 平和のために戦う

12月23日, 2013 | タグ付け , , | 1 コメント | 5900 読み込み

Filmplakat 'Emperor'

Filmplakat '皇帝’

ビデオレンタルで今日私の炎症を起こし、目を見ていた何: ハリウッドからの新しい映画, 題し 終戦のエンペラー shūsen no emperaa (文字通り: 終戦時、天皇), MITトミー·リー·ジョーンズALSマッカーサー. 私と無知, 私はこの映画のアプローチは、完全にエスケープされました. 今、私は確かに全体の裏話を知っている, もちろん、私はまだあった – またはおそらく理由 – 好奇心の強い, トピックは、梱包されたのと同じよう. 日本でマッカーサーはすべての子供を知っている, 一般戦後日本において中心的な役割を果たしているので. 本質的には、それは日本の天皇の戦争責任についての映画だった. それは第二次世界大戦中に十分な票とした後だった, 皇帝はないに絞首台, これが、少なくとも前に見てみたかった軍法会議. 最後に、すべての日本兵だった天皇の準代わっ “途中で”. 予測する: カイザーbliebのunangetastet, しかし、その状態の神を失った. 確かに犬が懸念されていた, 天皇日本の除去は完全に戦争の勝者に対して適用されているだろう.

現在, 映画が始まる, 彼はスタートしなければならなかったよう: 広島の原爆投下の歴史的映像で. 短い時間後には、トミー·リー·ジョーンズは、シーンに入る – ぶっきらぼうとして, 自己陶酔が、先見の明のマッカーサー元帥. そして、彼はよく彼の役割を果たしている. 彼とのシーンが爽やかで面白いです. また 西田敏行, 日本では非常に有名な俳優, 全般鹿島として輝く. 前に、私は西田のファンではなかった, しかし、私はしばらく前に私の心を変更しました, そして私にとってこの映画はさらなる証拠である, 西田は、そのような役割のために極めて適していることを. また 正人マザー 主御璽木戸は完全に彼の役割を果たしており、また非常に日本でも知られているように.

これまでのところ, とても良い. 戦後最初の数週間で東京の画像が時からの歴史的な写真をapokalytpischや記念して期待されている. 興味深い対話やシーンのかなり多くが決定されるであろう, 必要な時間と歴史的背景を持っているであろう、より照らすことができ. WEHああDOCH – 代わりに、決定された, でも、愛の物語のプロットに組み込む, すなわち准将ボナー·フェラーズ間, マシュー·フォックスが演じる, そしてアヤという名前の日本語教師, Fellersはアメリカの戦争の勃発前に会った. そしてそう多数のフラッシュバックと彼女は間違いなく面白い映画からの会話はアヤとボナー間の愛の物語の中で自分自身をバラバラ. Trümmerwüste東京バーニング – セクション – アヤrennt, 盲目のVO日光, 竹林を通して. これは残酷かつ不穏である. これらのフラッシュバック, またはAYA自体は男を必要としない. あまりにも悪い, このキャストと、このトピックでそれは本当に良い映画であることができるからである.

Randbemerkung: 興味深いことに、 宮城イベントKyūjō事件 – 宮殿事件 フィルムにある程度詳細に説明し: 噂が循環し始めた後, 天皇は、準備ができていたことを, 降伏する, 軍事クーデターで軍の円を試してみました, 天皇に対して直接ターゲットに. しかし、軍の大部分を拒否したが, に参加する, 献身的なリーダー, 一般的な田中, 自殺. また、他の多くの自殺やクーデターに失敗しました. 幸いにも, おそらく言わなければならない, 日本が降伏していなかったので、, 日本の事は確かに改善されなかっただろう. 降伏することで土地は、おそらくドイツのさえ運命を逃れ – heissenます, 国の分割. このクーデターがありません (どのように他の多くの事件も) 日本の教科書, ので、それは非常に歓迎されている, この点で、この映画は少し偵察の仕事を作ること.

シェア:  

なぜ、日本はまだジャーナリズムを介して伝播ない点ではありません?

2月23日, 2012 | タグ付け , , | 33 注釈 | 3026 読み込み

私は最近、夕方のニュースアプリの通常のユーザーとしてつまずいた (ザ, そんなに賞賛がなければなりません, 非常によく行われます) と題する短い記事 “複数の忘却福島“. ビデオもそこまでだった (今はなくなっているように思われる) コメントの数十, 私にとってこれは本当に胸が悪くなった. コメントはそれを見つけることができません. その方法は、おそらくより良いです。.

私はそうで記事を読んで, 私は恐怖に対処するために得る. すべてのニュースのトピックでは、そんなに悪い研究されている? 実際に、一つは、比較的高品質のジャーナリズムARDから期待するべきである, または?

東京に到着した後、私の第一印象はありのままでした: メガ市福島の住民のためにケルンとベルリンの人々として遠く離れたと思われる. 路上で活動がある, 彼女の写真やフィルムから知られているよう.

善 – 報告者の期待されている? 通りを彼の頭の下に、悲しい、悲しいスニークのすべてのガスマスク? 記者があったが、彼の通訳の助けを借りて, 私は彼がそれを持っていた希望, 人々の少なくともカップルにインタビュー! それから彼は、おそらくすぐに考え出したであろう, 人々はまだ骨に差し込まれている災害! ほとんど日は大幅に震えずにで行く. 福島とニュースでほぼ毎日登場. 多くの人々が感じる, すべてがなかったこと. 特にそれが地震になるていないとき, 多くの研究者が最近報告されているため、, その確率, ザ 東京は、かなり近い将来に大きな直撃を体験できる 急激に上昇している.

照射食品に対する関心と感情, 福島原子力発電で袋内のすべてではないこと, 多くの中に存在する. しかし, むしろレポーター, あなたが助言を許可されている三回, 首都はより多くの恐怖を持っているものから: 死者数万人と直接市の下の地震の前に, 破壊された家の数十万, 供給不足の週間などなど, または福島から? 福島コースの前に? 明確である…

夕方に街の明かりがちらつくと, 停電の痕跡なし – ただし今は​​全体の3回 54 国の原子力発電所では、ネットワーク上にある.

それがすべてのように簡単に聞こえる, または? の場合と同様に 54 原子力発電所は楽しみのために完全に運営していた! おそらくそれは小さな脚注で言及されるべきである, 日本は非常に高い代償を支払うこと. 現在の状況に起因するデータの収集時以降に日本初の貿易赤字を報告 1979. 理由? 化石燃料は高価なインポートする必要があります. 結果, ヶ月間の上昇、エネルギー価格の主な原因: 不況. バック. 明確な, 原子力発電なしで、それは良いです – そして最後に 3 あなたは今も静かにオフにすることができます (しかし、それは早く発生しません).

結局、記者は日本の会社としています 南相馬市 危険な, と彼の観察は、一部にはある, 私はそこにどのような経験. 領域は、依然として緊急の状態で伝播されます.

記事にコメントしたよりも大幅に悪化. 貧しい, ドイツと日本はほぼ絶望的で良い文章とそれを説明しようとした, どのような値を日本のために災害のどの部分. 彼女は自然に等しいAtomlobbyistinとして却下されました. 誰が私たちを好きではない, それらのいずれかでなければなりません. 一コメンテーターもかなり確信していた, その直後、日本全体, 韓国とシベリアが汚染されます。.

現在 – 記者の目的であった, 自分自身 “… それの画像を作成, この国では、チェルノブイリ原子炉以来、最大の災害の痕跡を残している – 路上で, 原子炉の周りの都市のフィールドと屋根, だけでなく、人々の心と心インチ” ターゲットは逃した. いつか記者は理解して, 津波 - 3つのコンポーネントが, 地震と原子力災害が - ので、容易に分離するべきではありません? 上の南相馬市だけではあり 400 人々は津波によって殺されている, 約1’000 住民はまだ不足している. nachwievor働く人々でさえ. しかし、地震や津波は、遠く離れたケルンやベルリンなどの抽象的である可能性が高い、と…

シェア:  

すべての同等の教育? 背後で小さな覗き見

2月5日, 2012 | タグ付け , | 15 注釈 | 1861 読み込み

ここ数週間で私は日本の学校システムとほとんどを行うには私の仕事にあった. 理論的には, と実践. 具体的には、日本の大学で言われた. 簡単な紹介: 日本では、学生のみである 6 小学校の年 (小学校, 小学校), 後の 3 中学校の年間の中学校 (中間の) その後高校高等学校へ (上級レベル). 理由- と中学校 (6 年に 15 年) 日本で必要とされる; しかし、高くない学校, しかし、社会的な義務から上位レベルに既にある – ただ 95% 日本の高校に行く (とほぼ 50% 後、大学や. 他の高等教育機関).

今、私は段階的に教育システムの教育出版社に代わって行う必要があったため、システムにもう少し洞察力を得た, それはない非常に、例えば、ドイツのシステムに関係しています: 日本ではパブリックとプライベートの上位レベルがあります – 首都圏以上の例であり、 50% プライベート上位; 国で、しかし非常に少数の私立学校があります. 大都市では、親は私立学校に子供を送る, 自分の子供よりよい教育の機会を与えるために (そして彼らはそれを余裕ができるので、). 田舎では、私立学校は、しかし多くの場合、学生のための最後のチャンスです。, 私立学校に出席する, 彼らは、正規の学校にするためのサービスの不足、管理していない場合.

文部科学省からのレッスン (文部省, 短い文部科学省) 承認された教科書が使用されています. 公式に複数のパブリッシャーから各科目の教科書のためにそこに承認されています. 教科書は使用されている, それは学校のキャリアを決定する: シニア県があります (県立 – 立), 県の教育委員会で決定. それは都会の学校です。 (市立 – ichiritsu), 決めるのは市の教育委員会. 私立学校で (プライベート – 私立) しかし、所有者によって決定される / または教師. これらの正式な教科書が公然と購入することはできません, ので、低価格の出版社と、書籍自体がない利益.

しかし、ここに来る 副教科書 – fukukyōzai – 添付資料 遊びに. 彼らは、省によって承認される必要はありません. と: これらの補足資料は、学生でなければなりません。 (または. もちろん両親) 支払われる - 親なしに発言権を持つことができるので, 理解. 単一の主題の補助材料の合計これまで非常にCAできます。. 100 年間ユーロである. そして、これだけではなく、私立学校に適用されます, だけでなく、公共のために (そして、それは本当に無料) 列車. とだけあり、スポーツ 9 様々な科目. しかし、誰が決める, どのような追加の材料が使用されます? 各科目の出版社の数があります。, 先生の好意裁判所. そして出版社は学校で定期的に代表者を送る, そこに教師をつかむと、彼らは鼻の下に彼らの最新のサポート資料をこすり.

全部は、すべて巨大な市場の後で. 行こう平均的な高校生の学校から: 日本について持っている. 1’000 学生. だから、学校の各学生 “強制的な”, の値については取引価格の年間サポート資料 100 ユーロを購入する, 100になります’000 これらの学校でのユーロの営業担当者. 日本では現在のところ良い5です。’000 アッパーステージ. 今学校から学校へのいくつかの違いがあります: 進学校 (Shingakkō) と呼ばれる, “良い” 評判の学校, 後で良い大学にできるように学生を配置し, より多くの補助的な製品を使用する. 具体的には、次の話しが起こる: これらの学校は公式教材を購入する, これは義務であるとして (でも、私立学校に). これらのレベルとして低すぎると、これらの学校の教科書です。, これらの教科書は実際に使用されていません: 添付資料は、メインの教科書になる.

その逆もあります: ザ 教育と学校の難しさ – -Konnan - 学校の大阪教育大学: “教育の危機の学校”. いくつかの代表は私にこう言ったわ, 彼らはこれらの学校が原則であることを報告する. O-トン: “これらの学校で使用される補助的な製品ではありません. レベルが次のように悪いです。, 悲しみと苦痛といくつかの高校生は、文字に自分の名前を書き込むことができます。” マネージャは、後で配布私に尋ねた, 私は子供を持っている場合、私は住んでいるとどこ. 私は容易に答えた, と彼はすぐに言った “Ah ja. このまたはその学校でどのような状況下であなたの子供を送る!”.

残念ながら、私の研究では、機会を持っていませんでした, 少し深くドリルする. たとえば、質問し, 何、このシステムが実際に潤滑. たとえば、教師がどのような種類の給付金を受け取る, 彼らはそうとパブリッシングを選択した場合? (代表者は、次に簡潔に述べ: “以前はこれがおそらくあった, しかし、もはや).

とにかく - 残念ながら私は、ドイツでのシステムと比較することはできません, 私はそれが十分ではない知っている. しかし、私はいつも、日本の教育制度の不平等を困惑. 同様に、すべての隠れたコストと矛盾: なぜ両親は出版社が素材を伴うために公立学校で子供たちのために支払うのですか - それは、学校及び/または教師などを決定するというだけの理由? と理由も約一般的に私立学校に座る. 40 クラスの生徒? そして、なぜ私だけを気にするよう? トピックにほとんどの日本人だけうなずい - おそらく, 彼らはより良い自分自身を知らないので、.

シェア:  

« 古いエントリ