現在のタグが付いて投稿を参照しています。 カワサキ

ご注意: 以下の記事は機械によって翻訳されたものです。ドイツ語のオリジナルは 。,,en,隠された年 - 日本のアンダーグラウンド,,de,t.co/Hw9Mu9af0Y,,en,@ midori1kwh,,en,@tonjifan,,mg,日本でも見えます。というのは、日本で見た,,ja,ArteのMediathekで,,ja,あなたに単に日本で周りを取得することはできません - 今日,,de,Matsuko DeLuxe,,ja,t.co/cF3ksO5mJf,,en,t.co/hXp0nVJzR9,,en,ワードプレス,,en

人々は、内閣総理大臣を追いかけている場合,,de,t.co/jH6HS0GK4y,,en

10月10日, 2017 | タグ付け , , , | 1 コメント | 490 読み込み

Plakat des geplanten Auftritts in Shinyurigaoka

Plakat des geplanten Auftritts in Shinyurigaoka

Das Land steckt mitten im キャンペーン, und bei diesem Wahlkampf wird natürlich auch seine Majestät MP Abe aktiv und geht auf Tournee. Das erweist sich jedoch als gar nicht so einfach, wie sich spätestens am 5. Oktober erwies. An jenem Tag wollte er eigentlich eine Rede vor dem Bahnhof von 新百合ケ丘 Shin’yurigaoka, einer relativ wohlhabenden Gegend im Westen von Kawasaki, ホールド. Sin’yurigaoka und Umgebung kenne ich sehr gut — es liegt schließlich keine zwei Kilometer von mir entfernt. Doch dann geschah etwas unerwartetes: Der Auftritt wurde urplötzlich verlegt. Und zwar fünf Bahnhöfe weiter, 後の 向ヶ丘遊園 Mukōgaoka-Yuen (私はまた、どのように私の手を知っています,,de,何が起こりました,,de,すでに数週間前に秋葉原/東京醜い場面で阿部外観中にありました,,de,抗阿部運動のサポーターは、繰り返しのようなものを叫びました,,de,帰れ kaere,,ja,家に帰ります,,de,やめろ,,ja,yamero,,ja,いくつかの時点では、安倍あまりにもカラフルでした,,de,彼は彼の信者に言いました,,de,トラブルを指します,,de,こんな人たちに負けるわけにはいかない,,ja,konna hitotachi ni makeru wake ni wa ikanai,,ja,それは許容されません,,de,我々は反対を失うので、,,de,特に,,de,konna hitotachi,,ja,憤慨,,de,非常によくそれを説明,,de,これらすべての阿部はどうでしょう,,de,政治家か,,de,考えます,,nl,彼に反対する人,,de). Was war geschehen?

Schon vor ein paar Wochen gab es bei einem Auftritt von Abe in Akihabara/Tokyo unschöne Szenen: Anhänger der Anti-Abe-Bewegung riefen immer wieder Sachen wie “帰れ kaere” – “Geh nach Hause” または “やめろ!” yamero – “停止” 間で. Irgendwann wurde es Abe zu bunt: Er sagte zu seinen Anhängern, auf die Störenfriede zeigend:

こんな人たちに負けるわけにはいかない – konna hitotachi ni makeru wake ni wa ikanai (Es kann nicht angehen, dass wir gegen die da den Kürzeren ziehen)

Besonders das “konna hitotachi”, 約 “から”, erregte Anstoß, beschrieb es doch ganz gut, was Abe über all jene, Politiker oder nicht, denkt, die nicht mit ihm übereinstimmen. これらの人気はまた、議会に半畳,,de,ヤジ yaji,,ja,阿部は長い間その薄汚い答えを知られています,,de,彼はほとんどZwischenrufallergieを持っています,,de,多くの場合、厚かましい傲慢に現れています,,de,もちろん、阿部さんの対戦相手は、Shin'yurigaokaの彼のスケジュールされた外観を知っていました,,de,ドイツの道に、,,de,新Lilienberg,,de,そして、攻撃を吹きました,,de,特にTwitterで,,de,そんなにので、,,de,彼の顧問は彼がそこに行って思いとどまらせていること,,de,代わりに、向丘・ユンでかわし,,de,新Lilienbergでいくつかの混乱の原因となりました,,de,そして、抗阿部ベアリングコースでの喜びのために,,de,私たちは、そう彼の出現を防止していました,,de,今日ABES別のプログラムが発表されました,,de,計画された公共の出演は、国の北東部にあります,,de ヤジ yaji と呼ばれる, und Abe ist seit langem für seine patzigen Antworten bekannt. Er hat quasi eine Zwischenrufallergie, und die äußert sich nicht selten in einer dreisten Arroganz.

Natürlich wussten Abes Gegner von seinem geplanten Auftritt in Shin’yurigaoka (zu deutsch übrigens “Neu-Lilienberg”) und bliesen zur Attacke – vor allem auf Twitter. Das ging soweit, dass seine Berater ihm abrieten dort aufzutreten, und stattdessen nach Mukōgaoka-Yūen auswichen, was für einige Verwirrung in Neu-Lilienberg sorgte. Und für Freude im Anti-Abe-Lager natürlich, hatte man doch so seinen Auftritt verhindert.

Heute wurde Abes weiteres Programm bekanntgegeben – geplant sind öffentliche Auftritte im Nordosten des Landes, しかし、精密検査に1を実現します,,de,いくつかの公演がキャンセルされたこと,,de,これは、北朝鮮の危機によって正当化されました,,de,それは安全に言い訳として評価できます,,de,北朝鮮では、現在変更されませんので、,,de,いずれにしても何もありません,,de,何それは価値があるだろう,,de,選挙運動を破壊します,,de,TwitterでShin'yurigaoka状況は明らかに非常に悪意にありました,,de,きーんえっぢ,,ja,@_keen_edge_,,en,しかし、それ以外の場合は非常に多くのTwitter上の関連するハッシュタグを循環させます,,de,安倍アラート,,ja,阿部、アラーム,,en,安倍総理を追え,,ja,安倍首相を追います,,de,国難,,ja,国の悪,,de,単語,,de,阿部を使用するのが好き,,de,彼の対戦相手は、それゆえ彼に本当の国の悪を呼びたいです,,de,阿部やめろ,,ja, dass einige Auftritte gestrichen wurden. Begründet wurde dies mit der Nordkorea-Krise¹, doch das kann man getrost als Ausrede bewerten, denn in Nordkorea ändert sich momentan nichts. Nichts jedenfalls, was es wert wäre, den Wahlkampf zu unterbrechen.

Auf Twitter gab es für die Shin’yurigaoka-Situation natürlich viel Häme, たとえば、ここで:

Aber auch sonst kursieren auf Twitter sehr viele relevante Hashtags – 例えば:

#安倍アラート (“Abe-Alarm”
#安倍総理を追え (“Jagt Ministerpräsident Abe”)
#国難 (“Landesübel” – ein Wort, das Abe gern benutzt. Seine Gegner bezeichnen ihn deshalb gern als eigentliches Landesübel)
#阿部やめろ (“阿部停止,,de,詠唱は簡潔な発言で阿部ました,,de,私たちは、その確かに自分が殴られることを許可しません,,de,選択肢は大幅の看板の下でもありました,,de,Moritomo-Spendenskandals,,ja,それは助けにはならなかったので、,,de,森友ボスKagoike ungefragtこと,,de,しかし、ノートのプレスと8の同等と,,de,阿部の妻によって実行の前にあるユーロで満たされた封筒が現れたと大声で言っレストラン,,de,私は今、寄付をお返し,,de,どのような茶番,,de,誰が見て減少傾向にある自由民主党,,de,まだ楽観キャンプへの可能性が高いです,,de,しばらくの間阿部は小池に適切な拮抗薬を発見したかもしれません,,de,その全体は、地方レベルではまだ残っています,,de,国レベルでは、そのような数字はありません,,de”).

¹ 例を参照してください ここで

シェア:  

ごみで日

9月27日, 2016 | タグ付け , | 5 注釈 | 789 読み込み

あなたは上で行うかどう (再び) 絶望的に雨, 休みの日? 正確に, 一つは地元の廃棄物プラントに彼の子供たちと行きます. 子どもたちの要請で気に, クラスが遠足にあったときのため, 娘面白い汚染されたホーム病気でした.

ローカル ゴミ処理センター Müllzentrum 焼却炉で廃棄物の分離システムで構成されてい… そして、接続されています, より多くのイタリア風の名前を持つ大規模プール Yonetti. この奇妙な言葉は日本語の単語から来ています 余熱 yonetsu 同じの説明から残留熱、, 何が焼却炉からの廃熱を発生します. 合理的な考え方.

Müllrampe

Müllrampe

だから雨の休日に、私たちはゴミセンターに電話して尋ねます, システムを見てすることが可能であったかどうか. と, それが呼び出されました – しかし、唯一の再処理工場. 焼却炉については、事前に一日を予約する必要があります. だから我々は戻って歩くと4階に非の打ちどころのレセプションエリアに入ります – ストリートレベルに位置, 小さな谷の斜面に位置するごみセンターため. 3階の巨大な展示スペースと明らかに退屈受付があります, 我々は唯一のゲストであるため、. 展示会では、子どもたちが遊ぶことができます: あなたはクランクをオンにしてから実現することができます, 彼らはちょうどそう動作する家電製品を生産していることができますどのくらいの電力 (クランクはとても小さかったです – 私はヘアドライヤーに来ました; 電子レンジには十分ではなかったです), 接続であったiPhoneは、市内の大きな地図をオーバードライブし、見て、アニメーションの3Dイラストを配置できます, ダそうkreuchtとfleucht USWはありました. 最後に、別のスタッフが来て、私たちを導きました 45 建物によって分, 私たちのごみのランプを示しました, コントロールパネル, ソートエリアなど. そして、忍耐の多くの子供たちのすべての質問に答えました. 実体験, ほとんど. 前記システムは、方法です 450 一日あたりのごみの設計と生産トン 7,500 電気のキロワット時.

Der Kontrollraum

制御室

川崎にありました 1990 廃棄物危機を宣言. 良い万人の住民があまりにも多くの廃棄物を生産します, あなたが何かをしなければなりませんでした. 人口はすなわち、絶えず成長しました, しかし、埋立地や焼却炉は限界に既にありました. 興味深いことに、しかし、上にそこに座っていませんでした, 1は、最初にそれを期待する場所 – 廃棄物の予防に. 一つは、ちょうど彼のPappenheimerと白を知っています, 権利放棄は、日本のすべての精巧なパッケージに実装するのは容易ではないこと. その代わりに、すべてのそれを上に置きます 廃棄物分離 したがって、リサイクル. 異なるアプローチがあります: ドイツに寄託システムが好ましいが (特にOstdeutsche'reように育って), デポジットシステムは、日本ではありません. その代わりに、彼らの威力を分離 – PETによります- プラスチック材料, 異なる色ガラス, 電池, 紙, 他の可燃と不燃性ごみ. なし, また、廃棄物のビンが普及していません, そして彼らはまた、東京のような人口密集地域ではない良いアイデアでした.

Yonetti-Schwimmbad, betrieben mit der Abwärme der benachbarten MVA

Yonettiプール, 隣接するMVAの廃熱を使用して、

日本の廃棄物処理では、まだ多くの可能性があります – 例えば、参照、廃棄防止. しかし、最近の措置でもあります. 特に啓蒙は、少なくとも私にインスピレーションを得ました: アイデア, 博物館や遊園地の混合物に、廃棄物センターを作るために、学校の遠足をカスタマイズするプリマがあります. 私たちは、展示を歩いたように, 方法3訪問者が来ました – 私の娘のクラスメート, 誰が決めました, 見に平和で再びdasganzeに位置.

シェア:  

日本における外国ビール

June 14th, 2016 | タグ付け | 6 注釈 | 832 読み込み

どのような地元のスーパーマーケットで最近、私の炎症を起こして目があっスポッティング, 人里離れた隅に, 通常のみ有機食品の販売目的で提供されています: 特異なラベル付きの小さなビールびん, 私は見たことがありません. しかし、私の完全な注意がボトルにさらに小さなラベルを負っ, 魔法の言葉で “半額 hangaku” – 半額. 熱い場合, 新人はかかりませんでした 480 円, また、高速 4 ユーロ, だけ 240 円. バーゲンそう, ほとんど. 普通の日本のビールなど、それぞれのような高価な.

自宅での戦利品は、夜の饗宴の間に斬首します. “ゴールデンエール” 最初の型と呼ば (私もまだポーターを捕獲します). そして、最初の一口は電化します. アー, ビールは味がなければならないと同じように! ほとんど忘れてしまいました! überteibenがなければ、これは限り味わっビール、日本で最高の一つでした, そして、私はすでに長年にわたって多くのことをしようとした非難してきました. ラベルに投げショート一目: “コップ醸造” 私は最初に何を言われません, しかし、すでに製造現場: カワサキ. そして、ちょうど 7 私から離れキロ. 本当に良いです 地ビール Ji-biiru (地ビール) – 私の町から. もちろん、私が指示する必要があり、その, したがって、この記事では、ここにあります. 広告準, しかし未払い, 気づいている.

Von einem Kalifornier in Japan gebrautes Altbier

カリフォルニアから日本でアルトを醸造

杜氏ので、 ウェブサイトによると 喜んで商品レビュー, 私が知っている誰もが望んでいた私. 私はポーターにポーターのような何か欠けていたが、, しかし、ゴールデンエールは本当に私はうっとりしていました. プロンプトが返事が来ました, 同じことがあっても説明しました, なぜ彼のポーターがあります, それは何ですか, そして、私は本当に倍に止めるべきであること, 私は時間があるとき. それは私が昨日やったことです, カインドへ 2 (我々は彼の愛する息子を呼び出します 1) まだ自宅で水疱瘡と雑多立ち往生.

醸造所は小さいです, 洗練され久慈にあり, 多摩川近く. 外醸造所の証拠はありません – それは完全に正常です, 町工場. 所有者, スコット・コップ, カリフォルニア州から来ています, 非常に彼の技術は、自宅で学習しているsympathischundされます – そしてそこの周り 15 醸造業界で働い年. 彼はそこに会った彼の日本人女性, そして彼らは、当分の間、そこに住んでいました, しかし、両親の健康状態は、彼女がしましょう 2011 決めます, 日本での新しい生活を構築します. それで二人は小さな醸造所を設立しました. 装置の大部分 – それの多くは、ちなみに、ドイツで生産します – 彼らは広島買いで破産醸造所からの可能性.
誰が醸造免許を望んでいます, 自然に日本の官僚の多くに対処しなければなりません. だから証明する必要があり、例えば、, その1は、クラフトを研究しています (どこでもよい, 限り、すべてが翻訳されると) 商用で数年のためによく働いています. また、一方が満足に証明しなければなりません, 少なくとも60’000 年間リットルを生産し、意志することができます – と, ここでは、面白いです – あなたも証明する必要があります, 少なくとも30のそれは、すでにお客さま’000 年間リットルを持っています. 一つは、したがって、ポークに豚を販売する必要があります.

In der kleinen, aber feinen Brauerei

小規模で, しかし、細かい醸造所

醸造所は、今すでに、同様他のいくつかの価格としてだけでなく、スタートアップを実行賞を受賞しました. 80% ビール排出量は全国のバーやレストランの樽で出荷されます, のみ 20% 瓶詰めします. また、ドイツのバー/レストランは顧客に属しています. インポートされたホップの価格が高いです, 大麦, 酵母など. 確保, これらの小さな醸造所は、競争力のある価格から遠く離れていること, しかし、それは確かにケースであり、困難な他の国の地ビールに変更します. 日本では恐ろしく高いビール税がこれにある追加しました: 蔵人が持っている生産毎リットルの場合 225 円 (速い 2 ユーロ) 状態にすぐに盗みます. 計画があったが, 、ビール税を削減 (そして今度は、すべての悲惨なビール誘導体のための税を高めるために), しかし、この計画は、議会のゴミ箱の中に静かに沈みました).

最近、東京のドイツ居酒屋を委託 (名前残念ながら忘れ – 比較的新しいように見えます) コップ醸造順, アルトを醸造します, そして、私は何か絶対に試してみて、既知作成する必要があること, それは、元に近づいているかどうか. 今、私はD'村エリアからないんだけど、それがオーバーおそらくです 10 Jahre her, 私は1つのビールを楽しんだこと, しかし、2つのサンプルがアルトの強力を思い出しました (ないDiebelsへ, むしろ小さい品種へ, あなたはデュッセルドルフのほぼすべてを取得します) そして、非常においしいでした – 深さの多くを持ちます. そしてスコットのようにそこに立って、1からいくつかのクールなアルト’000-試食用の瓶詰めリットルタンク, 彼は世界で最も幸運な人の一人のように私には見えました. 安全に,,de,ワードプレス,,en, 簡単に彼はそれを持っていません, しかし、あなたは彼に情熱を伝えることができます, その結果は非常に成功しています. と – 醸造所の膨張: スコットは、現在計画しています, また、付近の建物を使用するには.

Auch Technik aus Deutschland ist am Start

ドイツでさえ技術が先頭であります

この意味で、 – あなたの時間をタップ東京のまたは他の場所で発見する必要があります, 上の “あふれそうなほど入れたコップ” steht – 常にいくつかのポーションを果たします! それは価値がある.

ちなみに、日本では少なくとも二つのドイツの杜氏もあります (2の1, ステファンRag​​er, です。 “御用達” ドイツ大使館). でも彼らのビールは最高です, しかし、南ドイツの味をよりギヤード.

シェア:  

扇動に対する新規および壮大な法律が発効します

6月1日, 2016 | タグ付け , | 4 注釈 | 848 読み込み

これまでは日本で全く問題なかったと絶対に法的: 大声で宣言しながら、ポスターやメガホンで住宅地を通過, すべての朝鮮民族は、懸濁又は他の方法で殺害されるべきであること. このようなデモは通常小さく、 – 参加者の数は、多くの場合、二桁です, それは3桁で起動した場合. しかし、いずれにせよ、十分なこの種の文, このよう大久保大のような多数の朝鮮民族地域を中心に生息するに久保 (新宿·バイ) 不確実性のために提供するために. また、これは明らかです: 必要に応じて、例えば、自分の子供たちに何かを期待します? このような悪名高いなどの基 在特会Zaitokukai 自然に韓国人の割合が高いかから、京都の場合でも韓国語学校の標的と住宅地を求めて, 目標は、すべての他の過激派と同じであるため、, 非人間的なグループ化: 彼らは恐怖と不確実性を扇動したいです.

日本では中傷や脅威は以前に処罰しました, ない扇動. 日本ratifizierte 1995 あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約 (数回呼ばれる国連人種差別条約としています, ヘイトスピーチに対して作用します, それは遠いために必要と考えられていなかったこと. しかし、現在では、Neujapanischen対策は少なくともでした ヘイトスピーチ hate speech 呼ばれる病気に行わ扇動: 議会での議論の年後、政府と野党が合意しました 24. 一緒に月, ヘイトスピーチに対する法律を通過させます – ザ ヘイトスピーチ対策法 hate speech taisaku-hō (扇動に対する措置法).

Auf einer Anti-Korea-Demo in Japan

日本における抗韓国のデモで

限り, とても良い. しかし、巨大なフックもあります: 法律はヘイトスピーチが管理することはありません禁止しています, および罰金は、それに応じても提供されていません – 抑制するための唯一の方策. そしてそれは、ATべき 3. つかむために6月に始まります. この法律のおかげで、例えば、川崎市長は今が、可能でした, 四半期の桜木でデモを否定する極右グループ. この辺りは、カワサキ独自の韓国人クオ​​ーターです, そのためデモは一つだけの目的を持つことができます: 毒をスプレーすると憎悪を広めるために. に 5. 6月には、適用可能であるべき: 題し憎悪デモ 川崎発!日本浄化デモ第3弾 Aufbruch in Kawasaki: きれいに日本デモ – 第3版 2公園ですべき (Fujimi-Park und Inage-Park) 起こります, しかし、初めて自治体が要求を許可していませんでした. 結局のところ、何か. あなたが見たが場合は、関連するメッセージの下で再びコメント (例えば ここで) 読書によって, 彼らすぐに, その在特会は問題ではありません, しかし、暗闇の中で数え切れないほどのサポーター, 唯一のイチジクは、匿名でのインターネットを表明します. 日本における人種差別は潜在問題ですnachwievor, そして実際にそれについて確立された政治家のどれもが何かをしないようにしたいです. そうでなければ私はそれを説明することはできません, どのよう扇動に法律を採択, その制裁なし.

誰が知りたい, 何それは日本のラリー極端な右のようにのようなものです — 一度だけ ここにYou​​tubeで vorbeischauen – 十分な材料があります. 注意 – それは騒々しいです.

シェア:  

Revolutionäre Entwicklungen im Spielplatzmilieu

5月10日, 2016 | タグ付け , , | 2 注釈 | 666 読み込み

Mitten in der Goldenen Woche lag der “こどもの日” – immerhin ein offizieller Feiertag. Und Schwiegermutter wartete mit dem guten Rat auf: “Heute ist Kindertag! Also unternehmt etwas mit den Kindern! Macht was, was ihnen Spass macht!” 発言, dass wir genau das seit über neun Jahren an jedem einzelnen freien Tag machen, habe ich mir erspart.

Da man den lieben Kleinen hin und wieder etwas Neues bieten möchte, ging es am besagten Tag der kleinen Monster in einen neuen Park, のみ 8 私たちから離れてから. Und damit die Kinder auch ja Freude daran haben, durfte die 9-jährige das natürlich mit dem Fahrrad zurücklegen, denn nichts ist schöner als vor Freude und Bewegung erschöpfte Kinder, die es gegen 9 Uhr abends gerade noch so ins Bett schaffen.

Kawasaki - Kodomo yume park (子ども夢パーク)

カワサキ – Kodomo yume park (子ども夢パーク) – das ist allerdings nur ein kleiner Teil davon

Besagter Park wurde uns von Bekannten empfohlen. Der sei ganz toll, irgendwie anders und sogar noch kostenlos. Schon im Januar hatten wir deshalb unser Glück versucht, nur um dann vor verschlossenen Türen zu stehen. Aus Schaden wird man jedoch klug, also wurde flugs recherchiert – そして見よ, er war geöffnet. Ganz sicher. Fahrrad abgestellt und flugs hereingetreten. Und sofort schoss mir eine einzige Assoziation in den Kopf: Mad Max-Kulisse! Vom feinsten! Eine riesige Schlammkuhle, in der sich scheinbar auf sich allein gestellte, nicht selten nackte Kinder lustvoll suhlten, eine Betonstruktur, bemalt von oben bis unten und architektonisch… 修道女JA, gewagt hergerichtet, und dazu noch offene Feuer, die hier und dort loderten. 手短に言えば: Hätte ganz plötzlich Tina Turner mit Löwenmähne vor mir gestanden, hätte ich das als vollends normal empfunden. Selbst unsere Kleinen, defintiv keine Kinder von Traurigkeit, blieben wie angewurzelt stehen und wussten nicht so recht, was sie von diesem Spielplatz der ausgefallenen Sorte halten sollten.

Es dauerte rund eine Viertelstunde, bis sich der Nachwuchs für das Basteln von … Dingen … entschied. Das ging mit Malen los und nahm mit Holzarbeiten seinen Lauf. Nägel, altes Holz, Sägen und dergleichen lagen ja genug rum. Und man sollte sich mindestens ein Mal im Leben mit dem Hammer auf den Finger schlagen, um die Schwere des Hammers schätzen zu lernen – または? Die Erziehungsberechtigten waren derweilen auch nicht faul und begannen, eine Partie Federball zu spielen. In Sichtweite, 理解. 5 Minuten später sahen wir, wie unser 5-jähriger hochinteressiert von einem der unscheinbaren Aufpasser lernte, wie man ein offenes Feuer entfacht. Wie putzig. Weitere 10 Minuten später bemerkten wir plötzlich, wie eben jener 5-jährige mit voller Kraft versuchte, Holzscheite mit einer Axt zu spalten. 5-jähriger? Axt??? Ohne Aufsicht, mit einem schwer zu deutenden Lächeln auf seinem Gesicht. Der Stift versuchte die heranrennenden Versorgungsberechtigten zu beruhigen und versicherte, dass eine freundliche Dame ihm vorher ganz genau erklärte, wie das zu machen sei – er weiss jetzt bescheid und wir bräuchten uns keine Sorgen zu machen. Ich fragte noch vorsichtshalber nach, ob das “beinahe-mit-der-erhobenen-Axt-über-dem-Kopf-nach-hinten-kippen” と “mit-geschlossenen-Beinen-und-voller-Wucht-das-Holz-verfehlen-und-mit-der-Axt-kurz-vor-dem-Knie-innehalten” auch zum Trainingsprogramm gehörte, bekam aber keine zufriedenstellende Antwort.

Im Hanegi-Park (羽根木公園) in Setagaya-ku, Istanbul

Im Hanegi-Park (羽根木公園) in Setagaya-ku, Istanbul

Immerhin verliessen wir den Abenteuerspielplatz ohne Verlust irgendwelcher Extremitäten. Doch zwei Tage später trafen wir Freunde nebst einer Horde Kinder in einem anderen Park mitten im schmucken Setagaya-Distrikt von Tokyo. と驚くなかれ: Etwas weniger Mad-Max, mehr Wagenburg, aber vom Prinzip her das gleiche: Offene feuer hier und da, die Kinder können über Dächer klettern, Sachen aus Holz basteln und so weiter und so fort. Ein ähnlicher Park wurde wohl zudem in unserer alten Heimat, in Urayasu, gerade eingeweiht. Zwar sind die beiden oben genannten Parks nicht gerade neu, aber das Konzept als solches scheint um sich zu greifen in einem Land, in dem die meisten Spielplätze nahezu steril sauber und sicher sind. Das sind ungewohnte Freiheiten für die Kinder und Eltern – und Eltern müssen da natürlich doppelt aufpassen. Aber so viel steht fest: Den Kindern macht so etwas natürlich mehr Spass als blitzsaubere Parks und Spielplätze mit ellenlangen Listen, was da alles verboten ist (Eis essen! Ball spielen!!). Insofern eine angenehme Entwicklung.

シェア:  

Seltenheit: Integrativer Kindergarten

10月20日, 2015 | タグ付け , , | 3 注釈 | 830 読み込み

Beim Sportfest im Kindergarten

Beim Sportfest im Kindergarten

Wo ich doch neulich erst beim Thema Sportfest war: In den Genuss komme ich selbst jedes Jahr zwei Mal – ein Mal im June an der Schule, und ein zweites Mal im Oktober im Kindergarten. Beim Sportfest des Kindergartens hier in der Gegend war ich zum ersten Mal dabei, und das ganze war regelrecht dramatisch. Das Sportfest sollte am Sonntag stattfinden, und Montag war ein Feiertag (体育の日!). Bei Regen wird die Veranstaltung auf den nächsten Tag verschoben. Und es sah seit Mittwoch schon stark nach Regen am Sonntag aus. まだ: Der Kindergarten bestand auf Sonntag. Also ging der halbe Sonnabend für das Vorbereiten des obligatorischen Picknicks beim Sportfest drauf. Sonntag morgen, に 5:50, kam dann der Anruf vom Kindergarten: Es findet statt. Draussen: Strömender Regen. Wir rufen die nächsten Eltern in der Meldekette an, und so verbreitet sich die Nachricht. に 6:50 dann wieder ein Anruf: それregnet. Wir verschieben auf morgen. Natürlich sind die Reisbällchen und vieles andere bis dahin nicht haltbar, also das ganze noch mal von vorn.

 

Elternstaffel. Der Mann im Pooh-der-Bär -Kostüm ist der 62-jährige Kindergartenbesitzer

Elternstaffel. Der Mann im Pooh-der-Bär -Kostüm ist der 62-jährige Kindergartenbesitzer

Wenigstens war am Montag schönes Wetter. Da der Kindergarten zu gross ist (1’000 子供, das ganze dann ungefähr mal vier: Eltern und mindestens ein Großelternpaar), wird das Sportfest zweigeteilt. 500 子供 – das reicht auch. 15 verschiedene Programmpunkte, の 9 午前中にクロックまで 4 Uhr nachmittags zwei Mal vorzubereiten stelle ich mir auch anstrengend vor, aber man gab sich reichlich Mühe. よく, wir zahlen ja schliesslich auch 300 Euro pro Monat dafür. Was mir jedoch sehr positiv auffiel – und daher schon wieder ein Artikel über ein Sportfest – war die Tatsache, dass der Kindergarten Kinder mit Behinderungen in den Klassen integriert. In der Klasse meines Kleinen gibt es ein Mädchen mit Trisomie 21, und in anderen Klassen Kinder, die sich gar nicht bewegen können und durch den Schlauch atmen müssen. Nichtsdestotrotz werden diese Kinder beim Staffellauf mit einbezogen, halten stolz wie Oskar den Stab, während die Betreuerinnen mit ihnen durch die Kurven fegen und so weiter. これは – 少なくとも日本では – ziemlich revolutionär, denn mit Integration (in jeglicher Hinsicht) hat man es hier nicht so.

シェア:  

Magnetschwebebahn unterm Schlafzimmer?

5月22日, 2015 | タグ付け , | 2 注釈 | 2092 読み込み

Trassenführung des Linear-Shinkansen in Ostkawasaki

Trassenführung des Linear-Shinkansen in Ostkawasaki

Seit einigen Tagen wird in unserer Nachbarschaft so einiges gemunkelt.

“Schon gehört? ザ Chūō-Shinkansen soll direkt durch unser Gebiet führen!"

Der Gedanke ist erschreckend – erst recht, wenn man ein Haus in der Gegend hat und damit mal eben nicht so schnell umziehen kann. Wie bei Gerüchten so üblich weiss natürlich niemand genaues nicht, dabei ist das gar nicht so schwer. Auch in Japan sind Umweltverträglichkeitsprüfungen vorgeschrieben, und sie müssen veröffentlicht werden. So auch im Streckenabschnitt Kawasaki. Kurz also nach リニア新幹線 環境影響 und schon hat man Zugriff auf die neuesten Planungsunterlagen. Ah ja – die Trasse führt in der Tat ca. 800 Meter von uns entfernt in der Gegend vorbei. Und zwar in rund 40 Meter Tiefe. Welche Auswirkungen das wohl haben wird? Vibrationen? Magnetfelder? Den Bau der Trasse kann man auch als grossen Feldversuch betrachten, denn eine Trasse durch so dicht besiedeltes Gebiet in solcher Tiefe dürfte es bisher noch nirgendwo gegeben haben. Wir sind mit unserer Entfernung (ziemlich sicher) aus dem Schneider.

Ein zweiter Blick auf den der Umweltverträglichkeitsprüfung zugrunde liegenden Flächennutzungsplan offenbarte jedoch einen grösseren Schock: Es gab schon seit einer Weile Gerüchte, dass die grosse Trinkwasseraufbereitungsanlage auf der anderen Seite des Tals bald verschwinden soll. と驚くなかれ: Die gesamte Fläche ist nunmehr als 第二種中高層住居専用地域 – Wohnbezirk zweiten Grades mit mittleren bis hohen Wohnhäusern ausgewiesen.

ウィルheissen, noch ein paar Jahre, und auf dem Hügel wird wohl demnächst ein hässliches Neubauviertel über der Gegend thronen. Dann ist es auch hier vorbei mit der noch leicht ländlichen Idylle.

シェア:  

Buschdoktoren am Werk

April 16th, 2015 | タグ付け , | 7 注釈 | 1943 読み込み

Ich brauche nur eine Viertelstunde von meinem Haus immer die Strasse herunterlaufen, bis ich vor einem trutzburgähnlichen Gebäudeensemble stehe: ザ 聖マリアンナ医科大病院 St. Marianna University School of Medicine Hospital. Eine Universitätsklinik. Das klingt schön, wenn man es sich auf Deutsch auf der Zunge zergehen lässt. Doch kaum sind wir in diese Gegend gezogen, hörten wir schon die ersten, warnenden Stimmen: Geht um Gottes Willen niemals zum St. Marianna! Das sind alles ヤブ医者 – Yabu-Isha (Buschdoktoren). Das Krankenhaus ist wohl so schlimm, dass Bürger die örtlichen 公明党-Abgeordneten drängten, etwas zu tun – und so baute schliesslich die Sōka-Gakkai-Sekte in der Nähe ein anderes, vom Ruf her wesentlich besseres Krankenhaus.

Die Gerüchte scheinen sich zu bewahrheiten. Seit gestern geistert das Krankenhaus durch alle Nachrichten¹. Bei einer Untersuchung wurde festgestellt, その 20 Psychiater ihren Abschluss auf unrechtmässige Art und Weise erworben hatten. Allen 20 Ärzten wurde nun die Lizenz entzogen, und es tauchen Geschichten über unrechtmässige Einweisungen und mehr auf. Da fragt man sich freilich, wer denn überhaupt in dieses Krankenhaus geht, wenn der Ruf so schlecht ist.

Aber das ist nichts Neues in Japan: Die Unterschiede zwischen den Ärzten und den Krankenhäusern sind riesig, und das schlägt sich durchaus auch in den Preisen nieder. Wobei das nicht bedeutet, dass schlechte Krankenhäuser billig sind. Sie sind ebenfalls sauteuer – aber die richtig “guten” sind nochmal um einiges teurer. しかし、良い: Ich hoffe doch, so bald kein Krankenhaus von innen sehen zu müssen. Und wenn doch, dann lieber nicht das St. Marianna, auch wenn es gleich um die Ecke liegt.

¹ 例を参照してください ここで.

シェア:  

川崎市Schülermord / 大きな社会的格差

2月27日, 2015 | タグ付け , | 10 注釈 | 2406 読み込み

Anteil der Hochschulabsolventen im Raum Tokyo: Rot: Sehr hoch, dunkelblau: Sehr niedrig. Quelle: http://kishibaru.cocolog-nifty.com/blog/gakureki_top.html

東京エリアの卒業生の割合: レッド: 非常に高い, ダークブルー: 超低. それらの: HTTP://kishibaru.cocolog-nifty.com/blog/gakureki_top.html

に 20. 2月 2015 川崎市の陰惨な発見の東にベビーカーを作った: 背の高い草の中に残酷にカーペットナイフ男の子と殺害の体だった非表示. すぐに少年の身元がわかった: それは川崎で中間レベルの学校ファーストクラスの13歳の学生だった. 加害者として来た – また、非常に高速 – 若者のギャングのメンバーが疑わ. 全体的に、それはおそらく周りにある 4 法の違反者, すべての間で 13 と 18 歳. 本名が原因未成年者の保護にニュースに表示することはできません, しかし、彼らはTwitterの日間循環している: 加害者の一つは、おそらくハーフ日本人です / ハーフアメリカ人と日本朝鮮人に住んで別の1.

それはどのようにこれに来た? 被害者は上にあった 隠岐諸島 鳥取県で生まれ、そこに学校の最初の数年間に行きました, 彼は川崎に彼の両親と一緒に移動するまで. 隠岐諸島? これはおおよそです。, メクレンブルク=フォアポンメルン州でポーランドとの国境に近い小さな村の誰かであるかのように. 少年は、おそらく非常に人気があったし、また川崎高速接続で見ていた. エリアにおいて周知の基を有する知人の彼まで 有害俘虜 (文字通り: “良くない”) – 学生, これ, 否定的な意味で, 規制社会生活からの解放 – た. すべては最初のウェルにうまくいった, グループまで、万引きに彼を扇動し、彼は参加したくありませんでした. それ以来、彼はおそらく暴力何度も何度も暴露された、青、目や自宅で他の傷害と他の人の間で返さ. 指定されたとして、彼はグループから脱退したかった, おそらくグループをしない左, と暴力がエスカレート.

数日前に殺人彼は友達を聞かせて “ライン” (日本人 “WhatsApp”-バリアント) 知っている, 彼は恐れていたこと, グループによって殺害される. クラスの先生は、伝えられるところでは何回かを試してみました, 少年に母親に対処する, これに成功したことはありません. 言う, それが発表と殺人である, 家庭や学校で見事に失敗している. また、簡単に理解できないです, すべての4つの容疑者その, 明らかに名前で知られているが、, 実行にsince're、まだ見つかっていない.

です “俘虜” 本当にそう危険な? 日本は、実際にその安全性のために知られています – または? 現在, そのようなことでセキュリティを備えた. もあります – または特に – 非常に強い社会的な勾配の大都市圏で. 偶然にも、私はちょうど2週間前に川崎を通じて少し自転車に乗って作​​った. 市の西に私にすることで、ベイ、東京の良い次第です 30 キロ, と街並みがかなり変化している: 西は比較的静かですが – と非常に裕福な – です。, それを見, さらにあなたは、東に行く – 悪化から. 安全に,,de,ワードプレス,,en, 市の東に位置する全てのオフィスビル、ショッピングセンターと川崎駅, しかし、あなたはそれらを削除するまでのところ必要はありません, 確認してください, 社会情勢は不安定なものであること. がある “標準以下の”-列車 (日本では、学校における教育の標準とを測定する 偏差値 Hensachi – “標準偏差”), どこで大学の学位を持つ人口の割合は市の東に例えばよりもはるかに低い.

驚くほど少ないが海外で知られている日本では、社会的勾配について, しかし意味するものではありません, それが顕著でいないことを. そして、上記の事件のショー, それは俘虜で翻弄されるべきではない. 個々のそれ, でも、若い年齢で, 男性殺害, 悲劇的で、どこにでも起こる. 自分自身の一つとして大手を振って若い人たちのそのグループ, 理解することは困難である. うまくいけば、ケースは結果をもたらす.

シェア:  

ブレードランナーまたは: 羽田に着陸

1月4日, 2015 | タグ付け , , | 5 注釈 | 2611 読み込み

何者 成田空港 着陸, 通常、最初の水田のパッチワークを参照してください。, 小さな森とのゴルフコース. あなたは東京羽田空港の湾で終わる場合, 通常房総半島に大きなカーブを飛ぶ, ディズニーランドの過去, 羽田で北からタッチダウン. レア南からアプローチからです – それは、横浜と川崎のNeulandエリアを過ぎつながる. これは、, 1にのみ使用1を見て: 業界. 見渡す限り. 残念ながら、ビデオが邪魔に翼を下回っている. しかし、ビデオ, 追加された日付 28. 12月 2014, 特別な機能があります: 絶対Windstille. これはブレードランナーの少しに従った.

安全に,,de,ワードプレス,,en, 空港でのよりロマンチックなアプローチの手順があります. 一方、人は文句を言うことはできません: 日本は工業国に何が起こる, そして印象的にここで提供証明される.

業界全体を見ることができる前に – 少なくとも右シーズン – もちろん、さらに – 1は、南から来る, 大島、例えば、, または島に頻繁に喫煙火山 三宅島 Miyake-Jima:

Miyake-jima aus 10 km Höhe

から三宅島 10 キロホーエ

そしてもちろん、また古き良き富士山があるだろう:

Fuji-san vom Flugzeug aus

面からの富士山

Fuji-san aus der Luft

シェア:  

« 古いエントリ