現在のタグが付いて投稿を参照しています。 ヘルスサービス

ご注意: 以下の記事は機械によって翻訳されたものです。ドイツ語のオリジナルは 。,,en,隠された年 - 日本のアンダーグラウンド,,de,t.co/Hw9Mu9af0Y,,en,@ midori1kwh,,en,@tonjifan,,mg,日本でも見えます。というのは、日本で見た,,ja,ArteのMediathekで,,ja,あなたに単に日本で周りを取得することはできません - 今日,,de,Matsuko DeLuxe,,ja,t.co/cF3ksO5mJf,,en,t.co/hXp0nVJzR9,,en,ワードプレス,,en

喫煙天国日本 – 変更します? かどうか?

2月9日, 2017 | タグ付け , | 1 コメント | 666 読み込み

前 11 私は数年というタイトルの記事を持っています 日本での喫煙のためのハード回 オンライン投稿 – その後、あなたが開始しました, 東京の一部地域で路上喫煙を禁止. しかしながら – 喫煙者, 日本では近年、下降しています, それを確認することができます: 日本はまだ喫煙者のための楽園であります – 他の多くと比較して少なくとも, 西洋諸国. 不思議なことに、それはしかし、路上での喫煙、日本で駆動しません, むしろ、他の方法: Man verjagt sie von der Straße ins Innere.

Natürlich ändern sich auch die Zigarettenpreise, doch der Anstieg ist im Vergleich zu anderen Ländern eher moderat: Zahlte man vor 20 Jahren rund 270 Yen pro Schachtel, sind es heute eher um die 440 円. Ein Anstieg auf 1’000 Yen ist seit Jahren im Gespräch, doch man befürchtet damit einhergehende Steuereinnahmen. Und mehr und mehr Cafés und Restaurants ergreifen Maßnahmen, um Nichtrauchern entgegenzukommen – manchmal durch Rauchverbote, mehr aber durch 分煙 bun’en – “Rauchtrennung” – durch gesonderte “Abteile”. In den meisten Bars und Restaurantkneipen wird jedoch weiterhin fröhlich gequalmt. In dieser Woche nun brachte das Gesundheitsministerium eine Gesetzesvorlage im Parlament ein, nach derer das Rauchen in öffentlichen Bereichen, inklusive Restaurants, gänzlich verboten werden soll. Bei einer ersten Diskussion im Parlament schlug dem Ministerium jedoch heftiger Protest entgegen: Vor allem Vertreter der regierenden Liberaldemokraten halten die Maßnahme für zu radikal und argumentierten sogar damit, dass das Gesetz womöglich verfassungsrechtlich bedenklich sein könnte, da es die Rechte der Menschen einschränkt. Man solle sich eher auf Maßnahmen wie besagte Rauchtrennung beschränken.

Letztendlich wird Japan sicherlich in Sachen Nichtraucherschutz den gleichen Weg wie andere Länder einschlagen. Nur eben nicht so radikal. Das kann man gut am Flughafen beobachten: Während man zum Beispiel im gesamten, riesengroßen internationalen Flughafen von Peking nirgendwo rauchen kann (das geht erst, wenn man ins Land eingereist ist – und dann nur außerhalb des Terminals), gibt es in Japan sogar einen kleinen, abgetrennten Raum in der großen Gepäckhalle des Internationalen Terminals von Haneda, 東京. Omotenashi für Raucher eben.

シェア:  

日本の学校でSubsidisedいかさま

2月7日, 2017 | タグ付け , , | 3 注釈 | 823 読み込み

labsaEine Textmitteilung meiner Frau schaffte es heute, mich auf die Palme zu bringen. In der Nachricht klagte sie über vergeudete Zeit in der heutigen PTA-Sitzung. PTA = Parent Teacher Association (私は思う, das hieß? heißt? Elternbeirat im Deutschen). Die PTA besteht aus mehr oder weniger freiwilligen Mitgliedern und veranstaltet Sachen wie “Schulessen – wie es gemacht wird (und wie es schmeckt)” など. In diesem Jahr gab es insgesamt vier Veranstaltungen – in der zweiten ging es um “Kinder und der Umgang mit Smartphones”, ein durchaus legitimes Thema. Bei der dritten Veranstaltung kam eine Vertreterin der 誕生学® – ザ “Geburtenwissenschaft” (man beachte das ®!). Betrieben von der 誕生学協会, ザ “Life and Birth Studies Association”. Ein staatlich als “allgemeinnützig” anerkannter Verein, gegründet von 大葉ナナコ Nanako Ōba, Ex-Model und Absolventin einer Kunst-Kurzuni (zwei Jahre Pseudostudium). Eine Frau ohne jegliche medizinische oder psychologische Ausbildung, die dutzende Bücher zum Thema Geburt, Babymassage und dergleichen veröffentlichte und sich selbst illustre Titel wie “Geburtsberaterin” und dergleichen gibt. Und mit klugen Thesen daherkommt wie:

  • Schangerschaftserbrechen ist bei Frauen mit gelassenerem Charakter weniger schlimm
  • Wehen sind weniger heftig, wenn die Gebährende unter Stress steht
  • Wehenbeschleuniger sollten nur dann eingesetzt werden, wenn der Gebährenden klargemacht wird, dass dies die Freude der Geburt schmälert
  • Bei Müttern, die nicht stillen können, mangelt es an Fürsorge (gegenüber der Mutter)

等. Und so tingeln Vertreter des Vereins dank des eigens ins Leben gerufenen Schulprogramms durch japanische Kindergärten und Schulen und verkünden ihre kruden Botschaften aus Laienmund.

Die Veranstaltung heute war aber scheinbar noch besser: Ein selbsternannter 統計心理学者 – “Statistischer Psychologe” – tauchte heute auf – mit einer lustlos zusammengewürfelten PowerPoint-Präsentation. Beruflicher Hintergrund: Bankangestellter, heute Cafébesitzer. Seine These: Es gibt im wesentlichen vier Arten von Menschen, und das ist bei Kindern genauso. Wenn man nicht weiß, mit welcher Art Kind man es zu tun hat, macht man Fehler bein Loben, Schimpfen und überhaupt. Woran man erkennt, zu welcher Gruppe das Kind gehört? 答え: Am Geburtsdatum. はい, am Geburtsdatum. Einige Mütter baten dann darum, ihnen eine Analyse ihrer Kinder zu geben, oder zumindest zu offenbaren, wo man denn die Ergebnisse der wissenschaftlichen Studie einsehen könne, aber der tapfere Ex-Bankangestellte zierte sich: Er fragte stattdessen die Mütter nach deren Geburtsdatum und legte drauf los. Und sagte zum Schluß, wer seine Kinder aufgrund der Geburtstage analysiert haben möchte, solle in sein Café kommen – er sei öfter dort und könne dann dort Auskunft geben.

心: Eltern zahlen PTA-Beiträge. Und Redner, die dort auftauchen, bekommen eine Aufwandsentschädigung. と: Schuldirektoren und Lehrer müssen die Veranstaltung absegnen. Bei der Geburtenexpertin keine einmalige Sache – sie macht diese Veranstaltung schon seit Jahren in dieser Schule. Einer öffentlichen Schule.

PTA & 共同. verlangen den Müttern in Japan sehr viel Zeit ab – そのくらいです. Japanische Mütter haben dank dieses Systems kaum Zeit, selber arbeiten zu gehen. Dass die Zeit dann aber damit verbracht werden soll, sich so einen Stuss anzuhören, spottet jeder Beschreibung. 安全に,,de,ワードプレス,,en, der Hang zum Metaphysischen ist in Japan besonders stark ausgeprägt (キーワード: Blutgruppenhoroskop), aber das so etwas auch noch staatlich gefördert wird, schlägt dem Fass den Boden aus.

シェア:  

そう、日本でどのような子どもたちをバンプ

2月1日, 2017 | タグ付け , | 4 注釈 | 876 読み込み

子供をお持ちの方,de, 問題を知っています. 小さなものとの幼稚園や学校からないだけではなく、どちらか一方面白い画像, だけでなく、様々な疾患. 小さな言語練習として、私はトップたら今日したいです 10 現在. 事の方法についての興味深い何ですか, あなたは常に名前をできないこと 1:1 翻訳することができます.

胃腸炎Ichōen – 胃腸風邪


胃腸風邪 (また、胃腸炎). クラシック. 良いことは、しかし, あなたが見ています, 少なくとも日本語版のため, 大人はほとんど感染しないように, または時, 通常、軽度のを実行します. しかし、胃腸インフルエンザが異なる原因を持っています, 最も恐れているの前にここにあります ノロウイルス Noro-Virus, 幼稚園や学校によって定期的に日本で見物. ワード 嘔吐OTO (病気) 両親に、すぐアラーム信号をトリガ. そして、私は確認することができます, 子どもたちはノロウイルスとは大きな楽しみをしないこと.

おたふく風邪 Otafuku-Kaze – おたふく風邪


実際の名前は流行性耳下腺炎RyūkōseiJikasenアンです, 誰もがお多福-風のみを呼び出します (風は冷たいを=). 日本でも、それに対するワクチン接種があります, しかし、強制ではありません. 研究は示しています, の1 1,000 おたふく風邪病気の子供は後に聴覚障害者であります – したがって、大きなおたふく風邪の恐れあり.

りんご病 Ringo-byō – Ringelröteln


実際の名前です 伝染性紅斑 Densensei Kōhan etwa: 感染性風疹). コースから彼女はむしろ無害, しかし、日本でも、私たちは、もちろん知っています, この疾患は、まだ生まれていない子供たちのために危険であることに, なぜ、特に妊娠中の女性は非常に慎重です.

RS(ウイルス) これらAaru (uirusu) – RSウイルス


用語の一つ, どのように容易に変換することはできません, 病原体以来 (動物愛護Respiratorische Synzytial-Virusの) 疾患と呼ばれていません. ほとんどの場合、一つのRSが、RSウイルス、日本で考え (RSV) 引き起こされる急性気管支炎. そして、それは間違いなく、特に小さな子供たちと喜びを行うものではありません: 高熱, 面倒な咳など. USF. 大人も注意しなければなりません. 無結節性肺炎に少なくとも私と一度開発した子どもたちのRSV疾患によりドラッグされています.

溶連菌 yōrenkin – 連鎖球菌


繰り返しますが、未知の理由を私から病気の名前を日本人は使用しないでください, しかし、病原体へ. 特に2疾患が意図されています: 扁桃炎と緋色. 連鎖球菌は、簡単に抗生物質で治療されているので、, この病気で最も急速に耐えました.

はやり目 hayarime – Augengrippe


Der wissenschaftliche Name lautet 流行性角結膜炎 ryūkōsei kakuketsumakuen – Keratoconjunctivitis epidemica – im Englischen gern auch als pink eye 指定された. Kennzeichen: Extrem ansteckend. 子供, bei denen das diagnostiziert wird, müssen mindestens zwei Wochen, gern aber auch einen ganzen Monat zu Hause bleiben. Wir haben dieses Jahr zur Abwechslung mal mit dieser Krankheit begonnen – 3 von vier Familienmitgliedern hat es erwischt. Dauert mit Medizin zwei Wochen und ohne 14 日.

Wir lassen uns den Spaß nicht durch eine Augengrippe verderben!

Wir lassen uns den Spaß nicht durch eine Augengrippe verderben!

インフルエンザ infuruenza – Grippe


Grippewellen sind auch in Japan sehr häufig. In den meisten Kommunen gilt: です。 10% (manchmal auch 20%) der Schüler einer Klasse an Grippe erkrankt, そこに 学級閉鎖 gakkyū heisa – grippefrei.

マイコプラズマ maikopurasuma Mycoplasma


Auch hier nennt man in Japan nur den Erreger, die Mykoplasmen. 結果: Mehr oder weniger schwere Erkrankung der Atemwege, nicht selten bis hin zur atypischen Lungenentzündung.

手足口病 teashikuchibyō Hand-Fuß-Mund-Krankheit


Gehört zu den weniger gefürchteten Kinderkrankheiten, da sie meist harmlos verläuft und selten auf Erwachsene überspringt.

ロタウイルス rota-uirusu Rota-Viren


Schwerer Durchfall und Erbrechen – vor allem bei Kindern unter 3 年. Laut Wikipedia erkranken daran in Deutschland pro Jahr 50,000 人 — 対照的に、日本 800,000 (公式数字, 見る ここで). Gehört zu den unangenehmsten Kinderkrankheiten hier. Es gibt zwar eine Impfung, aber die ist recht teuer.

シェア:  

Japans Start in die kommerzielle Raumfahrt | Syphilis im Kommen

11月25日, 2015 | タグ付け , , | 2 注釈 | 861 読み込み

Im Hafen von Tanegashima: Man ist stolz auf sein Raketenzentrum.

Im Hafen von Tanegashima: Man ist stolz auf sein Raketenzentrum.

Japan hat heute zum ersten Mal in seiner Geschichte einen ausländischen Satelliten ins All geschossen – und zwar einen kanadischen Kommunikationssatelliten. Und das auch noch erfolgreich. Damit meldet sich JAXA (Japan Aerospace Exploration Agency) erstmals auf der internationalen Bühne, denn man möchte langsam mit der Raumfahrt Geld verdienen und den Russen, Amerikanern und Europäern Konkurrenz machen. Erstaunlicherweise spielte ja Japan trotz all der Technikfreudigkeit international gesehen bisher eher eine untergeordnete Rolle. Der erfolgreiche Start heute war, wie es in Japan so Usus ist, die Nachricht des Tages und wurde in allen Medien gebührend gefeiert. Das geht wahrscheinlich so lange, bis die erste japanische Rakete beim Start explodiert.

Die Raketen werden übrigens von der Insel Tanegashima in der Präfektur Kagoshima abgefeuert – denn je näher man dem Äquator ist, desto weniger Energie braucht man, die Raketen ins All zu schiessen. Die Starts kann man auch von der nahegelegenen Insel Yakushima gut sehen, wo sich zu diesem Anlass jeweils die halbe Inselbevölkerung auf halber Strecke einer Bergstrasse einfindet. Man kann es verstehen – faszinierend ist der Anblick bestimmt.

Eine andere Nachricht des heutigen Tages war der Vormarsch der Syphilis in Japan: In diesem Jahr wurden bisher gut 2’000 Fälle der auch in Japan meldepflichtigen Geschlechtskrankheit registriert – im letzten Jahr waren es wohl nur 1’600 Fälle. 不思議ではない, 一つは考えるかもしれない, wo doch Präser oder andere Vorsichtsnahmen in Japan nahezu unbekannt sind. Allerdings gab es im bevölkerungsärmeren Deutschland in den letzten Jahren rund 5’000 neue Fälle pro Jahr. Damit ist die Krankheit also weniger häufig anzutreffen. Interessanterweise nennt man die Krankheit auf Japanisch 梅毒 baidoku (文字通り: Pflaumengift). ならず者, wer da… aber die Wortgenese ist wohl anders. Die Furunkel auf der Haut im fortgeschrittenen Stadium ähneln in Grösse und Farbe den Bergpfirsichen, und in dem Wort kommt eben das Schriftzeichen “梅” (BAI, 梅 – alleinstehend: 梅) 前. ゆえに: Immer schön aufpassen.

シェア:  

Buschdoktoren am Werk

April 16th, 2015 | タグ付け , | 7 注釈 | 1938 読み込み

Ich brauche nur eine Viertelstunde von meinem Haus immer die Strasse herunterlaufen, bis ich vor einem trutzburgähnlichen Gebäudeensemble stehe: ザ 聖マリアンナ医科大病院 St. Marianna University School of Medicine Hospital. Eine Universitätsklinik. Das klingt schön, wenn man es sich auf Deutsch auf der Zunge zergehen lässt. Doch kaum sind wir in diese Gegend gezogen, hörten wir schon die ersten, warnenden Stimmen: Geht um Gottes Willen niemals zum St. Marianna! Das sind alles ヤブ医者 – Yabu-Isha (Buschdoktoren). Das Krankenhaus ist wohl so schlimm, dass Bürger die örtlichen 公明党-Abgeordneten drängten, etwas zu tun – und so baute schliesslich die Sōka-Gakkai-Sekte in der Nähe ein anderes, vom Ruf her wesentlich besseres Krankenhaus.

Die Gerüchte scheinen sich zu bewahrheiten. Seit gestern geistert das Krankenhaus durch alle Nachrichten¹. Bei einer Untersuchung wurde festgestellt, その 20 Psychiater ihren Abschluss auf unrechtmässige Art und Weise erworben hatten. Allen 20 Ärzten wurde nun die Lizenz entzogen, und es tauchen Geschichten über unrechtmässige Einweisungen und mehr auf. Da fragt man sich freilich, wer denn überhaupt in dieses Krankenhaus geht, wenn der Ruf so schlecht ist.

Aber das ist nichts Neues in Japan: Die Unterschiede zwischen den Ärzten und den Krankenhäusern sind riesig, und das schlägt sich durchaus auch in den Preisen nieder. Wobei das nicht bedeutet, dass schlechte Krankenhäuser billig sind. Sie sind ebenfalls sauteuer – aber die richtig “guten” sind nochmal um einiges teurer. しかし、良い: Ich hoffe doch, so bald kein Krankenhaus von innen sehen zu müssen. Und wenn doch, dann lieber nicht das St. Marianna, auch wenn es gleich um die Ecke liegt.

¹ 例を参照してください ここで.

シェア:  

政府資金による花粉症

4月7日, 2015 | タグ付け , | 7 注釈 | 2137 読み込み

Sicheltannen - hier in Kashima (Chiba)

シーダーズ – 鹿島でのhier (マリファナ)

毎年2月に私達は行く: マスクされた上昇の数が急に. いくつかは、実に恐怖かもしれ, 彼らは前にフルフェイスマスクとゴーグルで突然あるとき. ゾロの日本の変種? または放射性粒子の人々は恐怖を行う, 福島での原子力災害後のいくつかの記者が推測として? おそらくない. その理由は、ほとんどの場合である , 非公式にスギと正式にスギと呼ばれる. 俗ラテン語の呼び出し スギ. このツリーは、花粉症、特に暴力的変異体の原因物質である. それが推定されている, その 25 へ 40 鎌万円日本のモミ花粉症に苦しむ. もし疾患名 “広範な疾患” 獲得した, この. 多くは、月から4月まではほとんど彼女の目で見ないとこのと別の世界の間のどこか浮いている. 私は右のそれを覚えているなら, 私はおそらく私のサークルでない人よりも、この花粉アレルギーを持つ多くの人々を知っている.

今日、私はプログラムを持っている テレビがタックル 武 “ビート” 北野を学ぶ (とテレビはあなたが知っているにない、), 全て日本にもかかわらず、その年々 15 万人の新たなスギの木を植え. 正式に – 70% 杉の林も、税金で支払われている. これらは、年間ユーロの数千万です. 場合、それらは – 遠くに識別から上記のように – これらの事実花粉アレルギーの被害者に直面, これらは、当然のことながら非常に熱心だった: 自分の, 毎年恒例の再発は、自分の税金で発売される. 欲求不満は理解できる. 安全に,,de,ワードプレス,,en, 木はほとんどが山で植えられている, それが判明している, その花粉料理が上手 300 キロは遠く飛ぶことができる.

もちろん、ツリー選択のための理由がある: 木は非常に迅速に成長する, 非常に安定しており、木材は、建物に最適です, 日本で非常によく知られており、, 木で多くを構築され. =増加地すべり危険成長の早い木いいえ (日本ではほとんどどこでも潜伏) =危険で建築材料としての木材の自然な供給. しかし、全体のことはすでに不気味です, 医療制度のコストだけでなく、労働時間の損失は驚くべき寸法を実現する必要があるため. この意味では、何も非常に速く変化する可能性がない.

シェア:  

病院でラフな口調

1月30日, 2015 | タグ付け , , | 6 注釈 | 2205 読み込み

今週、鳩 – 最初は、少なくともひそかに記録された – YouTubeでのビデオ, 現在、非常に高い意思波. 背景: ブラジルの父親は、静岡県の市岩田の病院の緊急治療室で彼の病気の幼児を連れ (そこに住む非常に多くの日系ブラジル人). 医師は子供を見て、その後思った, それは深刻な何もなかった, そして父は定期的に医師に再び翌日までに停止する必要があります. その後、父が求めた 診断書shindansho – 証明する, しかし医師は断った, 文書を発行する – 理由で, そのようなことは、緊急治療室には存在しません.

しかし、気になる父のために満足しなかった. 当然のことながら. それが後で判明したように, 彼が持っていた 5 子供, と子どもたちの1は、すでに非常に若い死亡していた. そして、彼は壊れたで話した, しかし多くの医師に丁寧な日本のケータリング: “今何が起こる, それは悪いものである場合?” 彼は医者に尋ねた, その、そこで簡潔に “そして、私たちを訴えるが、” 答え. 医者は彼の携帯電話に電話を受けたとき, 彼はつぶやいたとの父だった くそ野郎 kusoyarō (文字通り: くそったれ) 彼の同僚を継続する. また、おそらく言葉だった 死ね (滅びる!). 父は、残念ながらすでに彼の携帯電話のカメラになっていた, そしてそのようにすべてのものをビデオにきれいに存在している.

しばらくすると、看護師が来た, ポルトガル語の缶, 加えて、仲介し始めた. 父親は最終的に明らかにした, 彼が撮影することを, これは恥ずかしい医師見える. 全体の事は確かにある、医師は本当に愚か行きました: それは仮定することができます, 彼は確信していたこと, 移民は悪い言語を理解していないこと. しかし、彼は理解し.

この外国人排斥はありますか? 言い難い. しかし、一つのことは確かである: 急性の場合 息の脳 医師の一部に. だから、話をしない. ていない患者との, かかわらず、彼らは同じ言語を話すかどうかに関係なく. そして、確かに若い子の心配父親と.

iwata-krankenhaus

シェア:  

日本の医療の生中継

5月28日, 2014 | タグ付け , | 13 注釈 | 16438 読み込み

私は長い間、本当に病気ではなかった, とさえ私の歯の周りを占めた 10 年間問題なく. これは疑わしい. 決定した時間が非常に厚いが来る, 私はそう思った. と驚くなかれ. 土曜日にそれがオフに行く必要があります. どういうわけか口蓋は変な感じ. 私は、私を燃やしていたかのように、. 痛みは波のように来て. 日曜日には、は良いがありませんでした, 痛みが始まったので、, 歯と頭に放送される. ウィルheissen, ていない歯を傷つける, しかし、同じ時間 10. オーデルそう. プラス頭痛. もっとGaumen, 火にように見えた. 皮肉なことに、日曜日に.
しかし、それをどこに置くか? 歯科医? ENT? 戦争ロサンゼルスだった? 最初の歯科医. しばらくして私が発見, 日曜日に開いている. だから私は自転車でそこに行くでしょう – 2 キロ山と谷, segender太陽と爆発先頭. 一度は, 私が気づく, 私はここに私の健康保険証を持っていない. 私はいつも持っている他の, 本当にいつもそこに. しかし、ちょうど今日ではなく、. それが十分であるか否か, 私の妻はそれの写真を送信するとき? 彼女はこれをしなかった, しかし、愛の医者は言った, 彼はむしろ、元を必要としてい. また 2 バックキロ. 再び 2 キロホアヒン. 10 分後には、すぐに口の中で私を見て, 結局、カメラで, と述べています: “一つは、何も見ない. 多分少し焦げ?” 私はノーと言う. それから彼は右に触れた: 寒気. ああ, ここツタンカーメンWEHです, と? 楽器のためにもう一度押す: ここで, と? Haaaaaaaaaai! 私は悪い一緒に涙でなければなりません. Diagnose: だから、離れすぎて歯からです, 歯科によって決定されていない. 目的としているだけで粘膜にイライラ – それは、再び自身が離れて決定だ. それがない場合は, 彼らはまたしても数日後に来る, 私は専門家に彼らの紹介を与える!”
独特のコミカルな気持ちで私が払う 950 円インフィートルック料と私を制御する. ていない歯? これは良いです。. 私は歯科医を憎む. しかし、それは、次に何ですか? スキャンおよび空気への暴露のおかげで、痛みは確かなものに進化してきた, 記述することが困難である. 私は確かに全く力がない, まだ別の医者に診て.
よく. だから私は月曜日に取り組み、一般開業医への道を行くために自分自身をドラッグする. 私はかなり確信している, 私の味覚が腫れていること, それは口蓋の自然の中で, あなたは、これらの困難な自分自身を見ることができる. と, 唯一つのミラーでそれを試してみました! だから私はすぐ隣に私たちのオフィスに一般開業医に行く. “Hmm, だから、何も見えない. あなたが痛い目に遭うかもしれません? 私は彼らにうがいするために何かを処方. 再び自身が離れて決定され – ない限り、, 私はあなたの専門家のための紹介を書く”.

最初の! 医師二人, 意見. どちらも、考えているようだ, それ以来、ちょうど心気症で低下した. それは私のコースのほとんどを支援, そして爆発頭は、プログラミングが複雑に, 翻訳する, 会計記録や会議、すべて非常に. だから私は広尾に地元Krankenkausを呼び出す. 私は口との約束かどうか, パイン- そして顔面外科医を得ることができます. “だから、今週は何もありません… オーノー, 待つ! 金曜日? ということ?”. 行かないで. またerstmal DOCH, しかし、私は確信している, 金曜日を経験していない, これが続けば、. それは緊急事態だった場合, 私もすぐそこ電話して求めることができる, それ以上であるか否か.

それは緊急事態だった. ただし, 離れていることから, その食べ物, 飲む, 嚥下と睡眠はほとんど不可能だった, 私は実際にまぶしいそこに行きました. だから私は、私の状況を説明. もう一方の端の看護師は強調しているように見えた. しかし、私の説明は、明らかに十分なプラスチックだった. 彼女はに頼ま, 簡潔に待つ, そして最後に該分: “これで来なかった? 医者は言った, 彼は正午前で見ることができる”. 私ができた. それ以外は待たなければならなかった.

10 分後. 私はそこに初めてですので, 私は病院で最初に自分自身を登録. それから私は、専門家に出て行くよ. 再度フォームに記入 (アレルギー? 彼らは酒を飲んで? …) – 無 5 分後、合計の1の医師私を呼んで 7 しかし、唯一のカーテンボックスを分離. だから私は座る, 説明する – 限りただ腫れ口蓋と一緒に行く – 私の場所. 彼も純粋に見える, 簡単に押し上げと述べています: “Ah ja. これはボリュームたっぷりです! 私たちはすぐに、メスで切断する必要が”.

気持ち, ショックを受け、同時にワクワクする, 私はそれまで発音しませんでした. 男は知っているようだ, 彼が何をするか! 彼は長いとハードを説明, ダ·ロス戦争があった. 麻酔薬, などカット. USF… そして彼は、X線のためにすぐに私を送っ, 歯科CTと血球数. EINマラソン, これ最終的にはほぼ 3 時間を取る必要があります. しかし、少なくともハッピーエンドで: 改善は、数時間後に自分自身を提示. 安全に,,de,ワードプレス,,en, それはかなりありませんでした, そして私はおそらくいくつかの時点で、歯科医で定期的にゲストになります… 確かに上記に記載されていない. 11,000 円 (約 80 ユーロ) 貧しい, しかし、途中で幸せな私は最終的にオフィスに戻ってチェックすることができ.

すべての悪い事の後, 私は日本の病院について聞いたことがある, 私が最初に陽性とそれとの私の最初の経験を分類する必要があります. 速く引き下がるわけではないので、私は、しかし、ご希望のように….

シェア:  

対中国医学. コー​​ルド

2月18日, 2011 | タグ付け , | 13 注釈 | 1975 読み込み

Geboren am 7. Feb 2011: Lou三日前、彼はほぼ東京の夜に落ちたウォン 10 雪のCM (結局のところ!) – コー​​スの雪の最悪の種類, ビッグ·ウェット·フレーク, 場所で、雨と混合. 何がその半分都市の人口になります? 正確に, 風邪をひく. 私は再び自分自身の同時代を自嘲し、滴下完全な車で毎日旅行のおかげで整列しました.
通常、私は完全に、私の寒さからそれを味わう – 理由の一つ週間苦しむことはない, 薬の場合にのみ 7 晩年? この時私は、しかし、医療のための例外を決定した – 私の子供たちのためにと何とかまだそこに期待されるため、, にできるように全体を短縮.
私はすでに知っているので, 私の中で普通の日本の風邪薬が絶対に何も発生しません (多分, 彼らは上にあるため、 50 kgを、平均的な日本人が調整されています? ちょうど疑い), 私は魔法の武器にこの時間を使用しました: 汉方かんぽ. これは伝統的な, 漢方薬, 非常によく、日本で, 非常に一般的である. あなたはどこにそれらを得ることができる, 処方するか否か. これまでに有望な材料の音: 様々なハーブとに加えて 胃石グー それ – 兆候はのためのものです “牛肉” と “黄色”. それまで不審な音 – それはまたです。. 愛から牛の胆石があります。. ナダン! ESあなたGottseidank Kapseln, 胃の中で溶ける. 薬はのどの痛みに役立ちません, 頭痛, 微熱, 鼻水と悪寒. それは本当に役立ちますかどうか? 良い質問. さらに悪いことに、それは私ではありません. はるかに良いではなくよく. 次回は、おそらく自虐的な変形のために再度まだ決定します.
問題は、信仰によって決定されます. なし, 私は信じていない, すべての薬を助けること. 私は知っている, 抗生物質ダスz.B. かけがえのない、非常に迅速なヘルプです。, 風邪のために本当の治癒? それはむしろ、おそらく睡眠がたくさんある, 今、ホットレモン、よりスポーツを防ぐ. 後者は、残念なことに、私は、現時点では欠けている.

シェア:  

日本におけるホメオパシーの終わり

10月6日, 2010 | タグ付け , | 10 注釈 | 2173 読み込み

最近、我々は頻繁に日本にホメオパシーを読ん – しかし、良いん. 日本でもこの種の治療法の支持者を持っていた – 医療の間で. ホメオパシーの状態, により硬化可能である疾患, 薬剤を投与することにより、, 病といつものように健康な人で同様の症状を引き起こす. ここで、活性成分は、通常、特定のスキームに希釈され. ホメオパシーの問題について意見をウィキペディアでのドイツ語の資料が一緒に非常に短いと乾燥を保持:

類似の原理ハーネマン (=ホメオパシー, 作成者) 科学的批判に耐えません。. potentisationの儀式の手順を介して所望の効果の疑わしい選択拡張は、科学的知識と矛盾する.

今、私は貿易の少ない, 客観的に全体を評価することにできるようにするには. 安全に,,de,ワードプレス,,en, 行動原理は大きなごまかしのためにサウンドトラックを行います, それはホットではありません. 個人的に私はいつも魅惑的な、しかし、それは非論理的見つける, 人工的な物質の邪悪な性質とは対照的に、天然物質のプラスの効果について話をするだけであまりにも幸せいくつかの同時代人として – それは健康に有害である可能性があるが、一般的に, あなたがキノコのウォッカから指ぬき以上の何かをあまりにも多くを吸う場合に注いで来る. それは問題ではありません – すべては自然から来ている, したがって、良好でなければならない.

トピックに戻ります。: 昨年、少女は数日山口県の出生後に死亡した. ビタミンKの投与が容易に解くことができると健康上の問題が考えられ, しかし、地元の助産師は、それに対して決定し、代わりにホメオパシー治療の. と述べた結果と. これは、新しい研究プロジェクトや議論の数をトリガ – 今週まで、日本学術会議会長 (日本学術会議) 日本では金沢は荒唐でホメオパシーの医師や方法を警告无稽 (琴mukei) と題し – ナンセンスできるだけ多くを意味する. 多くの医療団体は、コールに参加 – メディアが日本ではこの方法を行う必要があり、意見の気候と一緒にされ、事実上終止符を打つ.

今日の単語: 漢方 かんぽ. ザ “中国の方法” – 中華料理, 伝統的な医学. いつも日本ではとても人気があり、継続的に – そのようなホメオパシーないよう流行、.

シェア:  

« 古いエントリ