現在のタグが付いて投稿を参照しています。 テレビ

ご注意: 以下の記事は機械によって翻訳されたものです。ドイツ語のオリジナルは 。,,en,隠された年 - 日本のアンダーグラウンド,,de,t.co/Hw9Mu9af0Y,,en,@ midori1kwh,,en,@tonjifan,,mg,日本でも見えます。というのは、日本で見た,,ja,ArteのMediathekで,,ja,あなたに単に日本で周りを取得することはできません - 今日,,de,Matsuko DeLuxe,,ja,t.co/cF3ksO5mJf,,en,t.co/hXp0nVJzR9,,en,ワードプレス,,en

人, um die man in Japan einfach nicht herumkommt – 今日は: Matsuko DeLuxe

6月2日, 2017 | タグ付け , | 4 注釈 | 656 読み込み

In einer losen Folge möchte ich an dieser Stelle einmal Personen vorstellen, um die man in Japan einfach nicht drumherum kommt. Weil sie allgegenwärtig sind, etwas Besonderes geleistet haben und/oder meinungsbildend sind.

Heute geht es um マツコ・デラックス Matsuko Deluxe, einem Schriftsteller und Fernsehunterhalter, der seit vielen Jahren als seine eigene Kunstfigur durch die Landschaft tobt. Der 44-jährige Mann taucht nur in weiten Frauenkleidern auf und hat eigenen Angaben zufolge die perfekten Körpermasse: 180/180/180. Begonnen hat Matsuko Deluxe, 年 1972, seine Karriere als Schriftsteller, mit Beiträgen für ein Schwulenmagazin.

An Matsuko muss man sich erstmal gewöhnen. Seine Stimme, seine Erscheinung, seine Körperfülle, sein Lachen, dass durch Mark und Bein dringt. Matsuko sprengt – vollkommen bewusst – alle Geschlechtergrenzen. Er ist nicht Mann, er ist nicht Frau – er ist Matsuko (ein Frauenname). Das ist in Japan, wo gleichgeschlechtliche Liebe zwar bekannt und nicht verboten ist, wohl aber totgeschwiegen wird, eine besondere Leistung, auch wenn Matsuko bei weitem nicht der Erste ist (andere bekannte Personen aus dem Genre sind Haruna und Ikko, um nur zwei zu nennen). ザ “ザ” ist dabei gewußt gewählt – er bevorzugt die Anrede mit männlichen Personalpronomen.

Bemerkenswert ist seine Allgegenwar im japanischen Fernsehen. Lediglich am Sonntag hat Matsuko sendefrei, an den anderen Tagen hat er eins, an manchen Tagen auch zwei Programme, die alle am Abend oder in der Nacht laufen. Dafür braucht man sehr, sehr viel Energie, zumal er in allen Programmen mehr oder weniger die Hauptrolle spielt.

Matsuko kann man mögen oder nicht. Manchmal kann ich ihn mir antun, aber jeden Tag wäre zu viel. Persönlich ganz interessant finde ich 夜の巷を徘徊する yoru no chimata o haikai suru (“durch die nächtlichen Gassen ziehen”) – läuft jeden Freitag in der Nacht auf TV Asahi und zeigt Matsuko, wie er mit dem Kamerateam (das auch in die Sendung einbezogen wird) durch diverse Gassen streift und wahllos in Geschäfte reinspaziert. Das kann er gut – er ist äußerst direkt, nicht selten unverschämt, aber meistens auf seine Art erfrischend. Er scheut sich auch nicht vor Konflikten – bleibt aber in seinen Ansichten meistens recht neutral. In Berlin jedenfalls würde man ihn einfach “ein Orijinal” コー​​ル.

Matsuko Deluxe ist dabei gleichzeitig der lebende Beweis, dass es vollkommen okay ist in Japan, schwul zu sein: Solange man nur schrecklich schrill und extravagant ist.

Hier zur bildlichen Veranschaulichung drei ziemlich amüsante Werbespots mit Matsuko Deluxe:

シェア:  

Buntes Allerlei: 地震 | 雪 | Abe’s Fehlgriff und Geschichtsstunde

11月24日, 2016 | タグ付け , , , | コメントオフ 上の Buntes Allerlei: 地震 | 雪 | Abe’s Fehlgriff und Geschichtsstunde | 980 読み込み

Unerhört: Schnee in Tokyo im November

とんでもない: 11月に東京で雪

いつか昨年, 11月か12月に, 気象局の報告 東京の雪 不定冠詞. これは非常に珍しかったです, 東京で回雪が降る場合ので、 (リコール – 東京は、チュニスと同じ緯度にあります!), むしろその後、月に24. と驚くなかれ – 雪が降っていませんでした, そして間違った予測が正当化されました, “それが十分に冷えていなかったこと”. なるほど. 今日しかし、経過. 雪は東京の中心であったが、ほとんどありません, おそらく国境地域で, 私の小さな庭を含みます. そして、それは特別なものです: 前回, 11月に東京の中心に雪が降ったこと, であった 1962 – 前のように 54 年. 交通の混乱がありました, しかし、それはかなり限られたままでした.


ナチュールについて: 火曜日に, ザ 22. 11月, 朝直前 6 クロック, それは東京エリアで感じ横に振りました — これは、によるものでした 地震 強度6.9¹ 福島沖 – まったく同じ, 1は、むしろ数十年では大きな地震を期待しないであろう場所. でもありました 津波警報 編集済みの, しかし、津波は、最終的に最大でした 1.5 メートルの高さと重大な損傷が発生することはありません. 被災原子力発電所では、報告するおそらく何もありませんでした. ドイツのメディアでは、そのようにひどくすべてを読みますが, そのFacebookやCoの程度はかなりおびえ多数の知人. 運賃, すべてがOKだった場合. 私はあなたに非常にうれしく思います, しかし、それは最終的に比較的無害な地震でした.


そして、そこはまだだろう 安倍首相, ニューヨークに今週急い, ドナルド・トランプに別の国の話の状態の第1のヘッドにすることができます. それはおそらく非常に重要な阿部のように見えました, 自宅で怒りをなだめるために, 理由として、 ここで説明, あなたも日本の大きな関心事に見えるのです, 何トランプ外- そして、経済政策は、すべての原因になります. どうやら、彼らはまだ楽観 – 簡単に急落した後、株式市場は上昇し日間です, 信じがたいです, 状況はトランプで改善されることを. 今日どのような場合に明るみに出ました, 安倍は彼の荷物に特別な贈り物を持っていたこと: 黄金のゴルフクラブ会社本間ゴルフ株式会社. 彼はブランドの特異性と品質を望んでいました “日本製” 下線. 全体が一つだけ欠陥を持っていました, 中国メディアは今週喜んで述べたように²: 本間ゴルフは前に行ってきました 11 年が壊れ、その後、中国のビジネスマンによって引き継がれました. のみ, ゴルフクラブではまだ日本語は何ですか, 旧会社名です “Honma”.


真珠日本の知識、最後にまだあまりにも良いです. プログラムをザッピングすると、私は他の日は、名前付き気づきました 戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜 (Sengoku-nabe TV – [動画, これであなたは何とか歴史のビットを得ることができます’ 上の. キラキラローブでボーイ・バンドは、ユーモアの多くとそこに歌い、さらに多くのこじつけで様々な日本の氏族の承継 17. ダウン世紀. 神に目を向けるのは簡単でした. 残念ながら、それが唯一のプログラムと思われます 2 与えられた年持ちます – それがあった生産 laut Wikipedia の 2010 へ 2012 ローカル放送局のテレビ神奈川, しかし、現在リピートが時々あります. ドイツの下のビデオは見えそうであればどのくらいの時間のためのものであるかどうか, 私は残念ながら、知りません. しかし、とにかくそれを試してみてください:

結論: 興味深いアプローチ. 想像できます, 一部の人々は、この出荷のおかげで何かを本当に学んだこと.

特に、参照¹ ここで
² 例を参照してください ここで

シェア:  

Vom Niedergang der japanischen Fernsehnachrichten

4月12日, 2016 | タグ付け , | 5 注釈 | 1112 読み込み

Hodo Station - mit Furutachi. Quelle: http://matome.naver.jp/odai/2142458479436089401

Hodo Station – mit Furutachi. それらの: HTTP://matome.naver.jp/odai/2142458479436089401

Morgens auf dem Weg zur Arbeit die Tagesschau, manchmal SPON. Während der Mittagspause BBC, manchmal auch andere, englischsprachige Nachrichtenquellen. 夕方に, nach der Arbeit, japanische Fernsehnachrichten. So sieht meine Nachrichtendiät seit vielen Jahren aus. Sicher nicht perfekt und viel Mainstream, aber wenigstens verschiedene Facetten.

Doch mittlerweile weiss ich nicht mehr, welche japanischen Nachrichten ich noch schauen kann. NHK, dem staatlichen Fermsehsender, traue ich schon lange nicht mehr. Dort wird zu viel einfach totgeschwiegen, と was dort an der Spitze los ist, ist einfach nur suspekt. Früher habe ich, vor allem weil die Sendezeit (23 クロック) günstig war, News Japan, die Nachrichten auf Fuji TV, 見て. Doch der Sender driftet immer deutlicher Richtung rechts ab, und in jüngster Zeit hat man sich gänzlich vom letzten Rest seriösen Journalismus’ losgesagt: Jetzt unterlegt man alle Videobeiträge mit unterschwelligen Geräuschen und konzentriert sich nahezu vollständig auf Verbrechen: Je gruseliger und abstruser, um so besser. Vor allem die musikalische Untermalung bringt mich umgehend auf die Palme und wirft die Frage auf, für wie blöd die Macher den Zuschauer eigentlich halten, ihn mit solch billigen, manipulativen Tricks zu foltern. なし, ich möchte keine Antwort auf diese Frage.

News Zero begann vor ein paar Jahren, und zu dieser bunt-flippigen, sogenannten Nachrichtensendung gibt es nicht viel zu sagen. 唯一のあまり: Die Reihenfolge der beiden Wörter im Namen der Sendung sollte vertauscht werden, das würde das Programm besser beschreiben.

Also verlegte ich mich auf 報道ステーション Hōdō Station テレビ朝日で: Eine recht kritische Nachrichtensendung, die zwar auch mitunter stark vom Bildungsauftrag eines Nachrichtensenders abschweifte, aber wenigstens hin und wieder kritisch hinterfragte. Die Sendung lebte von ihrem Sprecher, Ichirō Furutachi, der die Sendung 12 Jahre lang führte und, so wollen es die Gerüchte, sich letztendlich mit den Oberen überwarf, von denen wiederum aus der Politik gefordert wurde, sich mit der Kritik an der Regierung zurückzuhalten. Die war nämlich für japanische Verhältnisse recht scharf in der Sendung. Dass Furutachi die Dinge neutral betrachtete, konnte man ihm jedenfalls nicht nachsagen – es ging recht deutlich gegen Kernkraft, gegen Verfassungsänderungen, gegen die Wirtschaftspolitik… Dass zwischen Politik und dem Sender Asahi brodelte, deutete sich vor fast genau einem Jahr bereits bei diesem Vorfall an. Leider fiel der Sender jedoch auf einen Schwindel rein: So beschäftigte man ein Jahr lang den selbsternannten Business-Consultant mit dem klangvollen Namen Sean McArdle Kawakami als Kommentator, bis herauskam, dass sowohl der Name als auch der Lebenslauf purer Schwindel waren: Sean K. であった, wenn auch eloquenter, Hochstapler wie aus dem Bilderbuch.

Heute schaute ich zum ersten Mal die neue Version von Hōdō Station mit den neuen Nachrichtenvorleser. Die Sendung begann mit ein paar Sekunden Nachrichten, dann gab es ein 10-minütiges Exklusivinterview mit dem japanischen Schwimmhelden Kitajima, der heute seinen Rücktritt bekanntgab, gefolgt von 2, 3 Minuten Inlandspolitik, gefolgt von einem Interview mit einem Ex-Baseballprofi, der heute in den japanischen Selbstverteidigungskräften arbeitet und über die Hilfe der Truppe nach der Erdbebenkatastrophe sprach. Was für eine Entwicklung! Bleibt nur noch die Sendung News 23 Cross auf TBS, それが見える, aber auch die ist eher mangelhaft. Man kann heute bei den japanischen Nachrichten quasi auswählen, ob man mehr über japanische Spitzensportler oder Spitzenverbrecher lernen möchte. Kritische Berichterstattung aus dem Inland ist hingegen Mangelware.

手短に言えば: Mit seriösen Nachrichtensendungen sieht es in Japan immer schlechter aus. Das ist besorgniserregnend – してください, ich kann mich nach Alternativen umschauen, aber viele machen das nicht und lassen sich so von schlecht gemachten, manipulativen Sendungen einlullen. Keine schöne Aussicht.

シェア:  

Angriffslustigerジャガー

8月8日, 2014 | タグ付け , | 1 コメント | 6233 読み込み

先日私はジャガーのための巨大な広告として、六本木に落ちた: 広告スローガン:

ドイツもこいつも、刺激が足りない。
[独逸は、電力をコイツできる, 茂樹tarinai]

非常に緩く翻訳: “他のすべては、単純に笛を欠いている”.
通常の広告スローガン, 特に自動車メーカーの高級のため. 言葉 “独逸” と “コイツ” 属する KO-SO-致し-言葉, 1は、発現すると, どこでどのような人やで:

私の- 手段 “ここで”, だからスピーカー
そう- 手段 “の”, ほとんどのスピーカーの光景の中
1- 遠くを意味, 主に視力のうち
インクルード- に使用され, 依頼する, ここで何かがある.

したがって、コチラ/ sochira /食用カンナ/ dochiraがある (ここで, そこに, あそこに, これ?) あるいは単にコイツ (ここにタイプ), soitsu (デル·標準·ダ), ハント (ザ – 存在しない – タイプ) ウント独逸 (実際に: どのタイプ?”). 私は意図的に単語を使用しています “タイプ”, の “ハント” USW. 実際にこのニュアンスで使用されている.

Jaguar-Werbung in Japan

日本ではジャガー、Werbung

戻る広告へ: “独逸は、電力をコイツできる” 本当の意味 “すべてのタイプ”. 上記のスローガンのいいところは、しかし、である, その “独逸” カタカナで書いて, それが唯一の外国名に本当にあなたを作る. 書かれた, 手段 “独逸” 結局 “ドイツ”.

これは私の意見では、非常に想像力豊かな呪文、ジャガーが試さ, ドイツの競争にこすり. 彼らがやるべきことがたくさんあるがたくさんあるので, ドイツ車のため – すべてvoranメルセデス, いくつかの時間も非常に強く、アウディとBMWやポルシェのために – 日本ではすべての質量付加にわたって人気があります. したがって、ドイツの競争は非常に問題であることができます. どのとにかく怠惰なものではなく、右のアウト日本に魅力の広告をもたらす: 下記参照, MITスーパーマリオ:

シェア:  

文化 (!?): クレヨンしんちゃん

5月14日, 2014 | タグ付け , | 9 注釈 | 14106 読み込み

Crayon Shin-chan見てみましょう, テレビで見られるようにどのようなピン: ひつじのショーンは何年も激怒している. Paulchenパンサー, ドイツ語コースに. ウルフウント長谷, 大間ウントオーパが主催 (だけでなく、ショーンのDVDの数). 日本では、衰え: はなkapahaka. ドラえもんは見逃すことはできない. そして、私は他の日に気づいた何のため: 子供たちが見えた クレヨンしんちゃん. 私が以前に気づいアニメ. と無意識のうちに不快な, 文字は、, 修道女JA, 慣れる, 何とか醜い描か避ける. もちろん、私が最初に持っていた 5 セットと分を表示するには, それは何ですか. 現在, それは5歳の男の子についてです, 狂気に彼の厚かましいやり方で両親を駆動準毎日. 私が知っていますか, 私はテレビではありません. とすぐに私が振り返るように, シーンを実行している, ここで少年が家と最初に来る “おかえりなさい” コー​​ル. もちろん、間違っているもの, 持つために帰ってくる “ただいま” sagen – 答えは “おかえりなさい”. 私は笑わずにはいられなかった, ミスをするので、, それが見える, 最初にすべての子ども. でも、少年のコメントはこじつけとは全く本当の何でもあり. 分後、人の子は、彼のお尻をむき出しにし、それを周り小刻み. クラス, 私の子供たちはとても大きいのとき, 何もすることはできません.

しかし、ありません – 元々が開発していたが 1990 へ 2000 むしろ大人のためのアニメシリーズを実行していると思った, わいせつな発言の不足がないため. しかし、あなたはまた、興味深いトピックを扱ったい – その付​​加価値税の増加に伴って他の日, そして、人々がそれにどう反応するか. 非常に面白い, 全体. 特に私はスピーカーが好き. だからアニメは実際にそこにある, 私は自主的に見ることができる! それは時間の急性不足のためではなかった.

クレヨンしんちゃんは、海外ではかなり人気があるようです – でも、ドイツ語での大きな記事があります ウィキペディア.
尚、クレヨンしんちゃんの署名, 義人臼井, 事故で死亡しながら、日本のロッククライミング. このた 2009, そして彼はちょうどだった 51 歳. 私はまだについてのニュースを覚えている. それにもかかわらず、クレヨンしんちゃんを継続, そして新しいエピソードがある, 私の知る限り伝えることができるように, 劣らず面白い.

シェア:  

人種差別主義者? ティーカップでの嵐

2月7日, 2014 | タグ付け | 7 注釈 | 2562 読み込み

日本は、多くの場合、多かれ少なかれ潜在人種差別があると言われて. と全日空のための新たな商業, 2日本の大手航空会社の一つ, 優秀な証拠であると考えられる. だから、二人の日本人は、羽田の空港にあり、セルフセイムの話. 最終的には、2の1は言います “私はあなたに抱擁を与えなければならない?”, 洗濯物から他の困惑ルックス、そこで. その後、潜在的なハガー氏は述べています: “これは典型的な日本の反応である”, もちろん返信のそれ、そこで: “私も日本人です”. 答え: “その後、私たちは変更してみましょう, 日本人は海外で考えられているように”. とあら不思議, 躊躇長いプラスチック製の鼻と上のブロンドのかつらを持っている.

抗議の直後に嵐 – 特に外国人. このスポットは人を傷つけるだった偏見. 実際には、多くの日本人は、ヨーロッパや米国からの外国人の最初のだと思い 金のぬりえ (金髪=ゴルハール, すなわち “ブロンド”)高い鼻 (加熱ロール – 高い, または. 長い鼻). しかし、あなた自身のための裁判官 – スポットが半分を受け取り、CAから始まり. 25 秒:

離れて時間, このコマーシャルは、理にかなっていないことを, 私は実際に渦を理解しない. 我々はどこになります, あなたが他の人々は泥を介してビットを引いてもよいしないとき? と正直に言うと, それは、描かれたのはさらに有利, 一と判断した場合, 日本と他の東アジア諸国は、海外で戯画される, しかし、絵でも目の前で確実にすべての人を持って. 政治不正確少しは今まででなければなりません.

期待と同じように, もちろん、これらの商業上の有道レリッシュを急落, しかしながら、興味深い他の場合であるれている, 同様のピッチを有する: 新興インターナショナルアジアのハブとして羽田空港でのANA広告, 白人白人に - 「日本のイメージ」の変更について協議!.

現在, 個人的に、私は本当に気にしない, ブロンドの偏見にするかどうか, 彼の長い鼻、青い目の外国人を振って周り. その手のひらにはなく、私をもたらし, です。, 現在、広告業界の新しいトレンドと思われるもの: 日本herumstammelnde外国においてものすごく悪い (非常に強調した, 厄介なカタカナの発音). ヘイ, すべての外国人はいない! 多くは日本語が話せない! そして、いくつかの非常に良い! ただし, 瞬間… なし, 実際の多くは実際には自分自身にとして口ごもる. ああ, 我々は忘れる. これは、単なるマーケティングだ.

シェア:  

東京… であった?

2月15日, 2013 | タグ付け , | 10 注釈 | 1969 読み込み

Tokyo Kazoku - zur Zeit auf der Berlinale

東京家族 – 現在はベルリンで

私はコンピュータの前に座っていたとして昨夜, ラジオで教えてくれました, 私のケースでRadioeins (ベルリンの駅), ベルリン国際映画祭で日本映画とその一つはチケットを獲得するために歩くことができる. 熱い映画 東京克子. なるほど, 名前は何とか私のところに来て … 少なくとも、日本の前に. 今日、私は、被写体までの日本の貢献と会った, フィルムが言及されている中で: なるほど. 東京家族 – 東京家族 (すなわち: このようなKasoku) 意図された.

現在, 1は確かにすべてのプレゼンターを期待することはできません, 彼らはライン上のすべての外国の名前を取得することを. 最後に、数千の言語があります. しかし、あなたはまだ、少なくともアイデアのように可能性, その “の” としてではなく、ほぼすべての言語で “ZETT”, しかしソフト “の”, 英語を話す, 読みます.

議論の面白いところはある, その特定の名前の中, あなたはいつもされているので、, こうしてまた時間通りに, あなたは本当に言語を学んだ前に, 難しいteutonisierten議論から離れて歩くことができる. A “柔道” (すなわち: 柔道) 私は感じる, 私は日本語の単語を読んでいない, それでも簡単に唇から, オリジナルのALS: “dschuudoo”. そしてしばらく前に私は自転車に一度見て、名前を見た “シマノ” – 自転車アクセサリーの世界最大のメーカーの一つ. おなじみの名前, 私, ラテンアルファベットで読むように, すぐに典型的な “schiMAAno” ザ, これは、もちろん真実ではありません – 理由はありません, ザ “1” ストレスへと長引かせることに加えて.

しかし、戻って映画を見に行って – レビューはかなり良いです. フィルムはのリメイクです “東京物語” 小津 (なし, しない “ottsu” 読む, てください。!), 日本で最も有名な監督の一人. からのコースのフィルムについては非常に有用な批判は、私の同僚である 日本キノ, ので、私は楽しみにしています, 私に “東京家族” 早くすることができますを見る. うまくいけば、それはいつものTränendrüsenmassiererには関係ない…

シェア:  

マスコットマニア

12月12日, 2012 | タグ付け , | 3 注釈 | 1227 読み込み

鳴り物入りで宣伝する: 許可, Kumamon!

世界の鏡に 9. 12月、日本郵政公社を引き継いだように重要ではなかった – それはマスコット程度であった. のような無知のコメント “とんでもない数字は、すべての状況での援助を与える”, それはよく礼儀または少なくとも中立的な何かを表現することもできます, バラバラに, マスコットの狂気にかなりよくできた貢献. ランゲの巣, それの短い: 日本ではすべてのものと皆のためのマスコットがあります. 各都道府県には1つあります, 各都市, jedeカンパニー, 社会, グループ… それはマスコットであふれ. 例県 熊本県: 地元のマスコットが呼び出され くまモンKumamon (くま= BAR) とあった 2010 人生に投げ込ま. と明らかにそれは非常によくで来た: 熊本で一日退屈, あなたは毎ターンで動物を見ることができます, 数千の製品で、私はどこで何を知っていますか. Kumamonハイアー, Kumamonダ. Kumamonはを持って 自身のウェブサイト nebstブログ (ウントFanartikelladen, もちろん), 長いヤード 記事アウフウィキペディア.

私は日本では数え切れないほどのマスコットに会ったよ, 通りで, お店で、私は場所を知っている. それぞれのケースは私にプライマル本能をつかむ, 非常に明確に、このビデオに示されている:

なし, また私は自分自身を一緒に引っ張ることができる. しかし、いつか…
マスコットと間違っもちろん、何もない. それが役立つなら – そして、例えば、子供や高齢者はそれを楽しんで、その多少に優れた、感謝を覚えている – fein. ないのはなぜ.

シェア:  

作業時間は、本当に貧しい

11月8日, 2012 | タグ付け | 14 注釈 | 1218 読み込み

コマーシャルがあります, ここで私の足の爪はカールアール. 通常4つの理由のいずれかから:

1. ひどい音楽
2. アイデアの貧困
3. 製品/現実については言及ない
4. 悪い製品.

商業新生銀行は、ほぼすべての要件を満たし, つまり典型的な. サービスの広告 “湖” – 1 “カードローン”, カードはそう, これであなたは、特定の条件にお金を借りることができます. メモリ内の: 日本は事実上、グループ化のためのクレジットを持っていません.
それはそれで良いのです. 確かに、一つ以上の他の利点は、いつか. しかし、商業はただ残酷である: 良いゆうが歌うように, 彼女のキャラクターの歌手とモデル, また “仕事上で再び一日あまりにも多くのストレス, ビジー状態, と手遅れ再び – 問題ない!”. するようになりました, 問題ない? で, 湖には、電話の上に適用することができるので、迅速にお金を借りる! 理由? 知らない. タクシーの自宅を駆動するには? 夜durchzuzechen? ソープランドに行く? 我々は知らない.
しかし、何それはOKであるべき, あなたはあまりにも多く働いている, シックなスーツと領域を通ってジャンプ, 深夜まで苦労 – その後、まだお金を借りる必要, 私にはわからない. 私は気にしないので, OB YU “カワイイ” 存在していないか、または – この広告は、単にひどいです. しかし、一体何. tootling主なもの, あなたの頭から抜け出すことができない:

シェア:  

YouTubeや日本のユーモア部分soundso上の注意

10月20日, 2012 | タグ付け , | 5 注釈 | 1299 読み込み

時々, もしすべての退屈, 我々は、iPadを持ち出すと、YouTubeで子供のための1つまたは2つの面白い動画を探して. PSYの “江南スタイル” 絶対的なお気に入りは現在ありませ, もすでに古い歌 “楽慈悲はない” – 文字通り “作業車両”. あなたはつまり、かなりきちんとしたごみ収集車ができるので, 消防士, バガーのUSW. 見ることができます. ほぼ2歳の男の子のための饗宴そう. 全体は次のようになります。:

現在, 歌はのように聞こえる, それは何ですか. あなたは車のためのすべての名前を聞く, そして歌は説得力のある古い音. とママあなたは余暇をクリーンアップできませんでした, ただ聞くためやカラオケテキストを読むために. しかし、最近では、我々は困惑していた. 単語は何を行います “おっぱい” (最も適切な翻訳, それは大人を使用しています, 重要性と利用規約にある “鑑賞”, それはまた、幼児の言語です “乳房”) 車についての歌で探す? 私の妻は、より密接に見て.

のりものあつまれ
いろんなくるま
それらの様々な車両,
自分を集める
どんどんでてこい
はたらくくるま
すべての出てくる, 彼女の
作業車両
こわれたにもつを
あつめるゆうびんしゃ
1 kapputtenは、物事のすべてを統合
ポストバス
まちじゅうきれいに
たいらにブルドーザー
美しい街を作る
プラット – デア·ブル​​ドーザー
おおきなおっぱい
うごかすレッカーしゃ
大きな胸は
けん引して移動
ガソリンまんたん
はしごしょうぼうしゃ
ガソリン満タンを持っている
ワゴン
いろんなくるまが
あるんだな
そう多くあります。
別の車
いろんなしごと
あるんだな
非常に多くの異なるがあります。
やるべき仕事
はしるはしる
はたらくくるま
乗る, 乗る!
彼らの作業車両
けがにんびょうにん
あげさげフォークリフト
傷病アール
上の- 上下フォークリフトから
じめんのにもつは
おまかせせいしょうしゃ
床の上のものはに任されている
清掃車
はがきやおてがみ
はこべるきゅうきゅうしゃ
カードや手紙
救急車を輸送
ビルのかじにはつっこむダンクローリー 家の火災で急落
タンカー
(そして再びコーラス)

興味深いのは、YouTube上のビデオへの反応である: 265 ウントが好き 191 嫌い. そして、多くのコメンテーターがまた明らかに、または聞いていない. に沿って読んで. コメントは本当に典型的な日本人です: “テキストは意図して書き直されました!?” 時々、あなたは日本人だけユーモアを愛することができる. そして、ちょうど素朴ユーモアの点で.

シェア:  

« 古いエントリ