現在のタグが付いて投稿を参照しています。 ブログ

ご注意: 以下の記事は機械によって翻訳されたものです。ドイツ語のオリジナルは 。,,en,隠された年 - 日本のアンダーグラウンド,,de,t.co/Hw9Mu9af0Y,,en,@ midori1kwh,,en,@tonjifan,,mg,日本でも見えます。というのは、日本で見た,,ja,ArteのMediathekで,,ja,あなたに単に日本で周りを取得することはできません - 今日,,de,Matsuko DeLuxe,,ja,t.co/cF3ksO5mJf,,en,t.co/hXp0nVJzR9,,en,ワードプレス,,en

Karte der Bahnlinien von Tokyo und Umgebung Teil 1

10月12日, 2017 | タグ付け , , , | 19 注釈 | 683 読み込み

Es gibt so viele schöne Karten der Bahnlinien von Tokyo und Umgebung – aufwendig erstellt und schematisiert, um das ganze Wirrwarr auf engstem Raum unterzubringen. Was mir allerdings irgendwie fehlte, war eine maßstabsgetreue Karte, und dem wollte ich immer schon mal Abhilfe schaffen. Das Ergebnis ist eine Karte der Innenstadt von Tokyo und Teilen der angrenzenden Präfekturen Kanagawa, Chiba und Saitama – im Maßstab 1:36’000 (sprich 3cm entsprechen ungefähr einem Kilometer. Natürlich ist das Ergebnis ein Monster – bestehend aus 97 verschiedenen Bahnlinien und 959 Bahnhöfen. Schaut man sich die ganze Karte an, sieht man natürlich nicht viel:

Karte aller Bahnhöfe und Bahnlinien im Raum Tokyo

Karte aller Bahnhöfe und Bahnlinien im Raum Tokyo

Im Detail betrachtet wird die Sache schon etwas klarer, aber naturgemäss sieht auch das etwas chaotisch aus – vor allem im Zentrum von Tokyo:

Streckenlinien-Ausschnitt

Streckenlinien-Ausschnitt

Mit dieser Karte habe ich noch einiges vor — sie ist im SVG-Format erstellt, und hinter der Karte steckt eine Datenbank, in der aufgelistet wird, wie viele Menschen zum Beispiel im jeweiligen Bahnhof ein- oder aussteigen, wann der Bahnhof erbaut wurde/wann die Bahnlinie entstand und so weiter und so fort. Dazu bald (うまくいけば) mehr auf diesem Sender. 私は願ってい, dass irgendjemand meinen Enthusiasmus für dieses Projekt teilt. Den Rest muss ich zu meiner Verteidigung daran erinnern, dass ich eigentlich, ja eigentlich, Geograph bin…

シェア:  

道路上のライト,,de,香川についての新しいページ,,de,t.co/t220laVFPb,,en,t.co/XGmQg54Q3X,,en,爽やか,,de | Neue Seiten über Kagawa

9月14日, 2017 | タグ付け , , | 4 注釈 | 639 読み込み

Heute gab die japanische Polizei einen Aufruf an die Presse durch, dass Autofahrer doch bitte etwas eher ihr Licht anschalten mögen¹. Grund für den Aufruf war die Erkenntnis, dass ein Sechstel aller Verkehrstoten in der Stunde vor Sonnenuntergang verunglückten – besonders im Herbst. 図中の: 2015 kamen in ganz Japan 4’113¹ Menschen bei Verkehrsunfällen ums Leben, in Deutschland waren es im Vergleichszeitraum 3’459 Verkehrstote³. Das ist nicht schlecht, 一と判断した場合, dass Japan rund 50% mehr Einwohner hat als Deutschland. Aber es sind dennoch genau 4’113 Tote zu viel. Der Aufruf mit dem Licht ist durchaus berechtigt, und vielleicht löst es ja auch ein anderes Problem: In japanischen Städten sind auch reichlich viele Fahrer mitten in der Nacht gänzlich ohne Licht unterwegs, und die sind natürlich noch gefährlicher. Der Grund liegt in der fast überall reichlich vorhandenen Straßenbeleuchtung – viele Fahrer merken offensichtlich nicht, dass sie kein Licht anhaben, da es ohnehin ziemlich hell ist. Aus leidlicher, eigener Erfahrung weiss ich, dass es sich dabei fast immer um Frauen handelt, die ihre Männer vom Bahnhof abholen. So richtig schön mit Vorfahrt missachten, Bordstein überfahren und dergleichen.


Eine kurze Notiz noch in eigener Sache: Ich habe es jetzt endlich geschafft, einen Teil des Sommerurlaubs aufzuarbeiten. Das Ergebnis sind zwei nagelneue Seiten – eine über Naoshima und eine andere über die Stadt Kanonji. Aus gegebenem Anlass gibt es deshalb noch ein Foto der etwas anderen Art aus Kanonji – aufgenommen bei Ebbe am Seto-Binnenmeer.

Watt und Sonnenuntergang bei Kanonji, Shikoku

Watt und Sonnenuntergang bei Kanonji, 四国

¹ 例を参照してください ここで (ジャパンタイムズ, 英語).
²それらの: 見る ここで.
³それらの: 見る ここで.

シェア:  

Und die 10 beliebtesten Reiseziele in Japan sind…

6月5日, 2017 | タグ付け , , | 4 注釈 | 1055 読み込み

Vor einem guten Monat erfolgte auf diesem Blog eine Leserumfrage über die beliebtesten Reiseziele in Japan (die Umfrage und der Artikel befinden sich ここで). Die Frage lautete:

WAS SOLLTE MAN IN JAPAN UNBEDINGT GESEHEN HABEN?

約 400 Stimmen wurden abgegeben. Natürlich muss man die Umfrage mit Vorsicht genießen – schließlich habe ich die Auswahl getroffen, und über die lässt sich natürlich streiten (zum Beispiel indem man Ise in der Präfektur Mie mit Shibuya in Tokyo austauscht). Interessant ist das Ergebnis trotzdem, wenn auch nicht unbedingt überraschend: Der schwimmende Torii von Miyajima bei Hiroshima landete mit großem Abstand auf Platz 1, vor Shinjuku in Tokyo. Die Antworten würden sicher auch anders aussehen, wenn man zum Beispiel nur Städte nennt (東京, 京, 神戸市…).

Unschlagbar die Nummer 1 in der Beliebtheitsskala: Der schwimmende Torii von Miyajima

数ビート,,de,人気の面で,,de,宮島の鳥居浮動,,de,あなたは正しく日本を見ていない場合,,de,この場合,,de,観光スポットを精練していません,,de,あなたはそう言うことができません,,de,私は宮島への日本への4または5の訪問までではなかっ管理しました,,de,しかし、それは部分ですでに一度でした,,de,観光名所の反対であります,,de,可能性がありました,,de,リストに追加します,,de,ありました,,de,他の提案,,de,こうした東京の秋葉原など,,de,新宿ので省略,,de,または屋久島、鹿児島県,,de,遠すぎるので省略,,de,のリスト全体,,de,あなたは今見つけることができます,,de,このページ,,de,それは参加のために私は再びすべての感謝します,,de,そして2冊の本はすでに抽選されています,,de,そして途中で,,de 1 in der Beliebtheitsskala: Der schwimmende Torii von Miyajima

Hat man Japan nicht richtig gesehen, wenn man diese 10 Sehenswürdigkeiten nicht abgeklappert hat? 明確な解答: なし, das kann man so nicht sagen. Ich habe es auch erst beim vierten oder fünften Japanaufenthalt nach Miyajima geschafft, war dafür aber zu der Zeit schon in Gegenden, die das Gegenteil von Touristenattraktionen darstellen (四日市市 例えば), 途中で.

Da es die Möglichkeit gab, die Liste zu ergänzen, gab es auch über 25 andere Vorschläge, wie zum Beispiel Akihabara in Tokyo (ausgelassen wegen Shinjuku) oder Yakushima in der Präfektur Kagoshima (ausgelassen wegen zu weit weg).

Die gesamte Liste von 1 へ 10 findet man ab sofort auf dieser Seite.

Ich danke noch mal Allen für’s Mitmachen – und die zwei Bücher sind auch schon verlost (und auf dem Weg).

シェア:  

Ehre was Ehre gebührt

5月11日, 2017 | タグ付け , | 6 注釈 | 659 読み込み

Schon lange wollte ich mich an die Arbeit machen und einige neue Seiten erstellen, die sich um den kulinarischen Aspekt Japans kümmern. Der vor vielen Jahren erstellte Artikel über die 日本料理 ist zwar als Einstieg schön und gut (und oft gelesen), aber es gibt so viel mehr darüber zu schreiben. Neulich war es dann auch so weit: Während der Goldenen Woche landeten wir in einem Soba-Restaurant, in dem der Meister die Nudeln selbst herstellt. Und zwar nicht nur den Teig – selbst das Mehl (siehe Mahlstein im Hintergrund auf dem Photo). So viel Hingabe zum Essen, wie man sie oft in Japan findet, gebührt Ehre.

Soba-Meister bei der Arbeit. Im Hintergrund: Der Mahlstein.

Soba-Meister bei der Arbeit. Im Hintergrund: Der Mahlstein.

Die Seiten werde ich dann, so angemessen, auch mit ein paar Rezepten garnieren, so zum Beispiel auf der Seite über 見積もる – ein meiner Meinung nach im Ausland definitiv noch nicht ausreichend bekanntes Gericht. Aber auch Grundzutaten wie Katsuobushi,,ja,ました,,de sollen nicht zu kurz kommen.

しかし、心配する必要はありません: Der Blog wird sich demnächst nicht plötzlich nur ums Essen drehen – dies sind nur Ergänzungen zum Japan-Almanach. Wer jedoch sehr an japanischer Küche interessiert ist, sollte öfter mal auf der Hauptseite des Japan-Almanachs oder auf der FacebookのSeite vorbeischauen. この意味で、: itadakimasu!

シェア:  

Umfrage: Welche Orte sollte man in Japan gesehen haben?

5月1日, 2017 | タグ付け , , | 21 注釈 | 1388 読み込み

Aus reiner Neugier möchte ich hier mal eine kurze Umfrage starten: Es geht um die beliebtesten Reiseziele in Japans. Das können entweder Reiseziele sein, あなたはどこと思います, dass sie auf gar keinen Fall ausgelassen werden sollten – oder Reiseziele, die man selbst auf jeden Fall sehen möchte. Bis zu drei Orte können ausgewählt werden – und eigene Vorschläge können zugefügt werden.

Bei der Gelegenheit möchte ich auch gleich noch zwei Exemplare meines letzten Buches verlosen: Was Sie dachten, NIEMALS über JAPAN wissen zu wollen: 55 erleuchtende Einblicke in ein ganz anderes Land

条件: Eine Teilnahme an dieser Umfrage UND ein Like der FacebookのSeite des Japan-Almanach. Bei Interesse bitte einen Kommentar hinterlassen. Ende Mai werden die Gewinner bekanntgegeben!

シェア:  

Was gibt’s Neues im Japan-Almanach?

2月16日, 2017 | タグ付け , | コメントオフ 上の Was gibt’s Neues im Japan-Almanach? | 548 読み込み

In letzter Zeit habe ich mich wieder ein bisschen mehr mit dem eigentlichen 日本 - 年鑑 忙しい – also dem Nicht-Blog-Teil über Japan. Der Bau dieses Abschnitts begann immerhin schon 1998 (der Umzug auf die Domain tabibito.de fand dann 2001 代わりに), also vor fast 20 年. Dank Archive.org kann man sich ここで auf Zeitreise begeben.

Webdesign 1998 - leider sind Teile nicht mehr erhalten

Webdesign 1998 – leider sind Teile nicht mehr erhalten

Was hat sich also in letzter Zeit getan? 現在, es sind einige neue Seiten hinzugekommen, und in die habe ich viel Zeit investiert, zum Beispiel durch das Erstellen eigener Karten, wie zum Beispiel auf den folgenden, neuen Seiten:

Vor allem das Erstellen der Seite über Yakushima hat viel Spaß gemacht: Je mehr ich darüber nachgedacht habe, desto mehr reifte in mir der Entschluss, definitiv wieder dorthin zu fahren bzw. zu fliegenvon Yakushima hatte ich sehr viel erwartet, und das wurde sogar noch übertroffen.

Neu sind auch ein paar Seiten über diverse Stadtviertel in Tokyo, so zum Beispiel die über

Dem neuesten Trend, seinen Lesern Rankings um die Ohren zu schlagen und dabei duzenderweise mitzuteilen, was sie zu tun und zu lassen haben, werde ich mich allerdings auch in Zukunft verweigern. とと, 私は知っている, Rankings sind gut für das Suchmaschinenranking, aber da bleibe ich altmodisch.

Endlich habe ich es auch geschafft, eine interaktive Japan-Karte zu erstellen (basierend auf der Karte von Wikipedia). Ich brauche jetzt einfach nur noch die Längen- und Breitengrade zu den einzelnen Reisezielen hinzufügen, und schon tauchen die Reiseziele automatisch auf der Karte auf (die Punkte sind anklickbar):

Als (A)heimlicherFoodie”, wie es ja so schön heisst, werde ich auch gelegentlich kurze Beiträge über diverse japanische Lebensmittel und Gerichte posten, aber das werde ich wohl nur ad hoc machen können (der erste Beitrag ist ここで).

Wer Ideen hat, was im Japan-Almanach sonst so geschehen sollte – immer her damit!

シェア:  

Kontext, Baby, Kontext…

2月13日, 2017 | タグ付け , | 10 注釈 | 807 読み込み

最近、私は福島の損傷した原子炉の状態についてのニュースを心配へのリンクを含む電子メールやメッセージを取り戻す伝播しました, 多くの場合、注釈付き, 状況が制御不能にそこに着くように見えること (ゆえに: あなたはすべて死んでしまいます!). それ自体で見つかったメッセージのいずれか ハイゼ 例えば. その結果、周り​​の今までに一度も測定された値でした 650 シーベルト/時間が見つかりました。. “約” 従って, 放射線は非常に高いので、, その1は、値のみを推定することができます – 高いエラー率との. この放射線は、誰もが数秒以上に耐えることができません.

これまでのところ, とても良い. コンテキストは、しかしながら、多くのニュースサイトに見えます (その結果、いくつか気になる読者) お見逃し: そこで我々は、しっかりと、初めてこの非常に高い値を作成しました, それが今初めて権利が測定されていますので、, 燃料棒は、かつて存在した場合に. ロボットの画像も表示します, 内側の圧力容器内の通行穴があることを, これを通じて核物質は明らかに食べています. この信じられないほど高い測定値は、したがって、目新しいものではありません – 以来、予想される放射線の強度 2011 同じであること, 1のみがちょうど今そこに浸透させることだけを. 詳細字幕など “でもロボットはから2時間よりも、この放射線を保ちます” 追加の鳥肌のためのコースを気に (これは素人既に測定することができます, 何それは本当に意味).

パニックに陥る理由? いいえはい. Beziehungsweise: 以前よりはありません. 東京電力はまだ拒否しているが, メルトダウンの話します, それは唯一の屁理屈です, 問題が解決しないので、: 高度に照射された原子炉の破滅は、右の太平洋上に立っています, ホーリー反応容器内の溶融燃料棒付き, こんなに早く回復することができません. どのようなリターンの場合と, 強力な津波が起こります? 大量の本ではない部分が海にフラッシュされることになります? 一つは想像できないことがあり. それなのに: 再び前に、言及されています, それが今ではすべて終わったと、状況は劇的に悪化しています, あなたは明らかに文脈に注意する必要があります. そしてセルフセイムのちょうどの本質, 値は約増加していないこと – しかし、その一つは、それがこれまでの値を測定したことがない発見した原子炉の中心部に浸透初めてです.

警察のコンテキストの別のケース: 私は最近、別のウェブサイトのための日本語科目と職業生活へのその後の参照についての記事を書いたとき, 私が言及しました, 特に女性はほとんど自分が後で科目の大学で勉強して使用することはできませんことを, まだ女性の仕事と家庭のために和解することが非常に困難です. 戻るエディタグラフィックから来ました, 表示, その割合 共働き tomobataraki (=両方の作業)-カップルは近年急激に上昇しています, すでに数年前に夫婦の割合, ここで唯一の夫は仕事に行きます, 抜いて. このグラフィックは反論する必要があります, ほとんどの女性は仕事で彼女の研究は、後に適用されない可能性があること. 残念ながら、ここでもコンテキストが完全に見落としました, グラフィックがあったので、 1) 卒業生に限定されるものではありません, と 2) 彼女は全くから何も言いませんでした, これは雇用で、女性がありました: そこは完全に見過ごされています, 他の理由の中で共働きの割合があまり増加させること, より多くの例では、もはや人間の含有量は十分であるため、. また、グラフはない示しています, その多くの女性, 今日は仕事に行きます, ないよう “英米文学のために研究の専門家” アクティブになっています, しかし、主婦のTünnef地元の店の道具で販売します, それに依存しません, 仕事に行きます (または, また、かなり頻繁にあります, 願いが動作するが、, しかし、ことはできません, 彼らは幼稚園を取得していないので、 – または人は望んでいないので、, 女性は仕事に行くこと.

私は過去のための私のブログにしてみてください 11 年, これらの関係を詳しく説明. 私は願ってい, ほとんど成功し. しかし、また、常に関係があります, 私も見落とし. 一つだけを望むことができる, あまりにも多くはありません.

シェア:  

8. 一般的なブロガーサミット

9月23日, 2016 | タグ付け , | 18 注釈 | 802 読み込み

bloggergipfel2016Und schon ist wieder ein Jahr rum – Zeit für ein neues Bloggertreffen! そして、これはすでに第八版です. Der Name “Bloggergipfel” soll dabei niemanden abschrecken – gerne sind auch Blogvoyeure eingeladen.

前の年とは異なり、この時間は、空間内であっても、特定の日付です: 土曜日, ザ 5. 11月. 次の土曜日 (12. 11月) またAusweichterminとして行くだろう, あまりにも多くの人々ではない上の場合 5. 11月することができます. ルールはいつものようにあります:

1. Das Treffen findet in Tokyo statt – innerhalb oder nahe der Yamanote-Linie
2. ボウリング, Billard oder was weiss ich, als Vorspiel quasi, sind machbar.
3. パートナーは次のように来ることができます – 人として, これだけ簡単にしたいです.

そのため、最初のラウンドでの質問: WERは意志? 誰がすることができます? 任意のローカルの提案はありますか? Bessere Vorschläge als die obigen? また, お友達に転送するこの記事を喜ばコメントを残す, それはあなたに合った、それはあなたに合った場所とき!

誰かが今年の幹事を作りたい場合, 登録してください! ボランティア前!

シェア:  

2015 – Ein Abgesang / Gesundes Neues Jahr!

12月31日, 2015 | タグ付け , | 11 注釈 | 900 読み込み

この時点で, traditionsgemäss, 必須年次レビュー. だからここに終了する事業年度の簡潔な概要です 2015:

ポリシー
----
それはヨーロッパのエンタブレチュアとクランチをknarkstながら, 日本で優勢まだ一般的な麻痺状態. 野党が見えてまだありません, そのためより多くの自由民主党は、別の後に法律をむち両院の過半数判決で飽和 – 容赦なく、さらには人々の意志に反して気に入りました. これは新しいが含まれて 安全法, を試みています, 平和憲法を覆します.

しかし、また、正の驚きがあります: このように、上 28. 12月に報告, それは最終的に韓国と日本との間の合意に慰安婦の面で与えました (例えば、参照してください。 ここで) – マイナーな感覚と驚くべきUターン, それは以前に慰安婦堅牢なコンピューティングに関する主張をオフにブラシをかけていました. それは巨大な進歩であろう, いくつかの矛盾があるようですが、.

経済
----
日本経済 – そしてここでは再び退屈します – 停滞, しかし、それは悪いことだったかもしれません, それはわずかな減少が予想されたため、. その代わりに、1は中約半数%増を期待します 2015. これは、一年以上の比較的弱い円とりわけサポートされています. Das Jahr 2016 約束, 激動の年になります – 消費者のためのような企業のための – 一部のための導入 My Number-システム.

職業
----
ステータス: 変わらない. 今年は非常に骨の折れるでした, 多くの成功とし、, 数で測定, 有意に少ない挫折.

ファミリー
----
グリーンすべて. すべては、川崎市の西に彼らの新しい家によくで落ち着いて. 娘は明日です 9 歳Sohnemannその後すぐに 5. どのくらいの速時間ハエ…

Kinder mit Kulisse...

背景を持つ子供…

旅行
----
それが今年は旅行になると平均しました: それは行きました (再び) 後の 群馬県 9月中と – 最後に – へ Insel Yakushima (そして、種子島に応じて). 私は島から多くのことを期待していました, そして、私はすべての失望はなかったです. まもなくクリスマス前に、それはまだ後に最終的でした マレーシア 数日間. 夏に 2016 それはすべき – zum ersten Mal seit 3 年 – 最終的にドイツに戻ります. でも二週間のためのこの時間、. 限り、私は以上のためにそこにあったように 10 歳、しないより.

ブログ α
----
今年あった 84 新しい投稿のあった 508 コメント. これらは、 7 以上の貢献 2014 - 昨年とほとんどとして多くのコメントで. これは驚くべきことではありません. 私はすべてのコメントのために非常に感謝していますが、, 私は、残念ながら、一般的には時間が不足しています, 個別にすべてのコメントに応答します. 私はすべての時間のために申し訳ありませんことを, 私は、残念ながら、変更することはできません。.

全体的に、約があった 145,000 ページビュー (ブログ) 今年 - それは15です’000 超える 2014. 滞留時間はある 2 分 45 秒 - 30 昨年より秒. 2016 私はなる – so einer meiner guten Vorsätze – 試す, このブログもう少し愛情を与えるために. 最後に、2記念日があるでしょう: ザ 10. ブログや1の記念日’000. 記事.

終わりに、私ができるだけで, 私は心から私達の読者やコメンテーターのすべてに感謝, と私は願ってい, あなたは、来年には私に忠実で!

この意味で、私はすべての読者に、新年おめでとう! 2016, 申年! 勇敢なる!

シェア:  

2014 – Ein Abgesang / Gesundes Neues Jahr!

12月31日, 2014 | タグ付け , | 11 注釈 | 2536 読み込み

この時点で, traditionsgemäss, 必須年次レビュー. だからここに終了する事業年度の簡潔な概要です 2014:

ポリシー
----

安定性は、日本ではその方法を発見した – しかし、残念ながらそれはあまりにもポジティブ何の意味もない: 自由民主党は、今まで以上にしっかりと鞍に座る, 反対はとても弱いので, 近い将来には大きなA」の変更は沖でされていないこと. 公使社長阿部はもちろん知っていた, かなり突然彼は、 新しい選挙 招集これも勝っerwartungsgemäss. 唯一の銀の裏地は事実である, 新しいこと, かなり右翼政党の次ä¸-»£ã®å...âの€Sは、「将来の世代のために党がきちんとしたスプリングを残している. 外交政策では、今年はあまり行われていない: 韓国や中国との関係は、まだかなり悪いです, とさえそれはとても速く変更されません.

経済
----

に 1. 4月、VATはによって計画された 5% 上の 8% 増加 – これは、の一部であった Abenomics 経済政策は言った. 増税も迅速な行動だった: 内部貿易は崩壊し、日本経済は、いくつかの%ポイント縮小した 2. 四半期と少し 3. 四半期. また、円で墜落: 一年前の周りに支払われた 90 円プロドル, すでに今年がある 120 円. また、12月に、信用格付けをA1に下げた – Outlookの負. 2015 日本経済は、さらにいくつかの見出しのために良いである可能性が高い. 私が唯一恐れる, これらの見出しは必ずしも正ではないこと.

職業
----

ステータス: 変わらない. 今年は新オフィスへの移転を開始しました, そしてそれはかなり多忙だった. しかし、日本経済は縮小するものの、, 我々はそれをやった, 成長する. 今年以来、私はまた、同社の株主だ – それは、コースの動機.

Tabibito nebst Familie wünscht ein gesundes neues Jahr 2015!

旅人と彼の家族はあなたに幸せな新年を希望する 2015!

ファミリー
----

家賃を払い続ける? メイクや鋲? この質問は、私は自分自身に尋ねた – 再び – 期首. とした, それはおそらく優れていること, 後者を選ぶこと. このように、様々な理由のために、我々はより多くの後に3月に移動 8 年 浦安市 (マリファナ) に – カワサキによる (見る ここで). だから私たちは以来、もはや家賃を払う – しかし、銀行への毎月の住宅ローンの支払い. ここまでは、とにかくそれを後悔していない: 一戸建て住宅は、単にはるかに優れています, あなたが子供を持っている場合. キンダーについて: どちらも、繁栄する, 健在であり、右の変換が対処している.

旅行
----

そのため、移動の際の過剰な量ではなかった, しかし少なくとも、それがあった (再び) へ 伊豆半島, 後の 湯沢 スキー, ついにへ インゼル佐渡, 後の 燕三条 と妙高高原. そして、国のクリスマスに #53 – ベトナム. そして、それはまた、年間の集大成準だった.

ブログ α
----

今年あった 77 新しい投稿のあった 504 コメント. これらは同じくらい多くの投稿です 2013 – しかしはるかに少ないのコメント (2013 それが周りにいた 750 注釈). それは確かに思考の糧ブロガーであるべき. 問題は十分に刺激的でない場合? 読者はあまりにも少し含まれています? どこで読者との相互作用はありません? 特に最後の二つの質問が明確にリンクされている “と” 回答する, 残念ながら、ここでの時間の不足を口実として機能することがあります.

全体的に、約があった 130,000 ページビュー今年 – これよりもわずかに小さい 2013 (145,000). 滞留時間はある 2.5 分 – 昨年よりも少ない (また、ではない良いニュース). 2015 私はそれに対応してみます, 再びこのブログもう少し愛情を与えるために. 日本ブログは、ほとんど偶然になりました 9 歳があります 860 投稿.

おそらく、言及する価値, 10月ポストでそのI ユニティデイ - しかししてください、ない暴徒! ドイツの大使による召喚状をeinhandelte. ああ、いや, 全く召喚ません, しかし招待状! だから、東京でセルフセイムの居住地のドイツ大使とテテ-à-テットのために12月初旬にあった – それは非常に興味深い会話でした, しかし、その多くは前置きなしに解除できません, しかし単なる事実, 大使は個人的に新しいニュースメディアとしてのブログを扱っていること, 私は個人的に好き.

終わりに、私ができるだけで, もちろん再び誠実にすべての読者やコメンテーター私に感謝したいと, と私は願ってい, あなたは、来年には私に忠実で!

この意味で、私はすべての読者に、新年おめでとう! 2015, 羊の年! 勇敢なる!

シェア:  

« 古いエントリ