ご注意: 以下の記事は機械によって翻訳されたものです。ドイツ語のオリジナルは 。,,en,隠された年 - 日本のアンダーグラウンド,,de,t.co/Hw9Mu9af0Y,,en,@ midori1kwh,,en,@tonjifan,,mg,日本でも見えます。というのは、日本で見た,,ja,ArteのMediathekで,,ja,あなたに単に日本で周りを取得することはできません - 今日,,de,Matsuko DeLuxe,,ja,t.co/cF3ksO5mJf,,en,t.co/hXp0nVJzR9,,en,ワードプレス,,en

印刷

Was Sie dachten, NIEMALS über JAPAN wissen zu wollen: 55 erleuchtende Einblicke in ein ganz anderes Land (+ E-Book inside)寿司, ゴジラ, strahlende Atomkraftwerke und gebrauchte Damenwäsche aus Automaten – skurrile Gerüchte und bizarre Vorurteile gibt es über das Inselreich am Rande des Pazifiks wahrlich genug. Was allerdings die Wenigsten wissen: Die japanische Realität ist von all dem gar nicht weit entfernt.

Wussten Sie zum Beispiel, dass man in Japan rund ein Drittel eines Geschenkes in irgendeiner Form wieder zurückgeben soll? Oder dass es nichts Ahnungsloseres gibt als einen Taxifahrer in Tokyo? Dass Japaner ihre eigenen Orts- und Personennamen oftmals nicht lesen können? Und dass es kein elektrisches Gerät gibt, dem die Japaner mehr vertrauen als dem Fax?

で 55 unterhaltsamen, aber auch nachdenklichen Kapiteln klärt dieses Buch auf über das wahre Japan, das sich hinter dem fernöstlichen Schleier verbirgt und sich dem Fremden oft erst nach vielen Jahren erschließt. Trotz aller Exotik werden Leser dabei schnell merken: Japan ist skurril, Japan ist anders, aber auch in Japan kocht man nur mit Wasser – und einem Schuss Sojasoße, 理解.

Das Buch erschien am 1. 4月 2016 beim Verlag Conbook Medien und kostet 9,95 ユーロ. Erhältlich ist es unter anderem bei アマゾン.


月に 2012 私は自分の名前の下の最初の本を出版. この本は非常に小さな出版社から発行され、残念ながら比較的高価である (私は、価格に影響を及ぼさなかった). 本の簡単な説明:
特にの地震津波原子力災害以来 - について、日本は常にメディアで多くの報告されている循環 11. 3月 2011. この本は、日本からの多数の深刻な状況などの奇妙なニュースの集合体であり、, 移民によって書か, 主に日本での日本人の話. この本のためによくあった 100 フォン·高速 700 "ジャパン·アルマナック"のブログエントリ, 以来成る 2006, 選択して改訂. 本の最後の第三は、社会に、直接および間接的な影響として、震災後のイベントの記録、ドイツと日本のメディアにおける災害の共振で構成されています. 北日本で福島でのイベント、さらに、それは、著者の生活に大きな影響を持っていたし、彼の家族. 社会や経済の問題とは別に、多くの記事はまた、言語を扱う, インナー- 日本で外国人として、また外交と生活.

本は、他の間で、Amazonで入手可能です – 見る ここで. 出版社からのお問い合わせ (オンデマンド印刷のうち、) 私は一般的に開いていると 連絡 すべての回.


midoriから 2009 私はのために書く MIDORI – 鯉のための雑誌, 池- と園芸. とではないのkoisについて, 池や庭園, しかし日本では、これとそれについてコラム. 変更の場合は、いわば. 雑誌は季刊発行されて、本を、品揃え豊富さ- ドイツや文房具店, オーストリア、スイス利用. 一部の列は、ブログに自分の道を見つける – 見る , しかしほとんどはのみ利用可能ですもっぱらみどりで出版.

 

もう一つは、約みどり学習 ここで.

シェア: